プログラミング研修

─社内のプログラミング力を底上げして業務効率を向上─

プログラミング研修でよくあるお悩み

  • プログラミングを指導できる人がいない
  • 業務効率を上げたい
  • 社内のプログラミングスキルを底上げしたい

Schooのプログラミング研修の特徴

  • 01

    プログラミングについて経験豊富な講師から学べる

    Schooでは、ビジネスの第一線で活躍する講師が多数指導を行っています。そのため質の高い研修を通して、プログラミングに必要な知識をきちんと身につけることができます。

    Schooでは、ビジネスの第一線で活躍する講師が多数指導を行っています。そのため質の高い研修を通して、プログラミングに必要な知識をきちんと身につけることができます。

  • 02

    業務の効率化に必要なスキルが幅広く学べる

    業務効率化のための仕事術や時間術からPythonによる業務自動化まで、さまざまな授業をご用意しています。プログラミングスキルについても入門レベルから学ぶことができるので、プログラマーでなくてもそスキルアップを行い、生産性を向上させることができます。

    業務効率化のための仕事術や時間術からPythonによる業務自動化まで、さまざまな授業をご用意しています。プログラミングスキルについても入門レベルから学ぶことができるので、プログラマーでなくてもそスキルアップを行い、生産性を向上させることができます。

  • 03

    専門職以外もプログラミングスキルを身につけられる

    プログラミング研修について、幅広い言語を入門レベルから学ぶことができます。 また、「Pythonでどのような業務自動化ができるのか」など、専門外の方でもイメージしやすい話題から学習が始められるので、初めて学ぶ方でもスキルを身につけることが可能です。

    プログラミング研修について、幅広い言語を入門レベルから学ぶことができます。 また、「Pythonでどのような業務自動化ができるのか」など、専門外の方でもイメージしやすい話題から学習が始められるので、初めて学ぶ方でもスキルを身につけることが可能です。

プログラミングに必要なスキル

  • 1.Ruby

    Ruby入門研修では、WebエンジニアとしてこれからRubyを勉強したいという方に向けて、基礎から学んだ知識を活用してWebアプリケーション作成を学ぶことができます。オンラインで研修を受けられるため、新卒エンジニアなどにオススメの研修です。

    主な課題

    • ・Rubyについて学びたい
    • ・Rubyを使ってコードが書けるレベルにまで到達したい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは、WebエンジニアのためにRubyやPHPなど、幅広いプログラミング言語の研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、業務のスキマ時間を活用した学習や自宅での自学などスキル向上のために自由に学習することができます。

    《Rubyスキル向上におすすめの研修》

    • Ruby入門研修パッケージ

      Rubyの基本文法を理解し、自分でプログラムを呼び出して使えるようになる研修パッケージです。初めてRubyの基礎を勉強するエンジニア初心者の方や、Rubyを改めて体系的に学習したいエンジニアの方におすすめです。

      【合計:10時間】 受講者人数:2,027人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.Java

      この研修パッケージでは、Javaに興味のある方や、業務で必要となる新卒のWebエンジニアの方を対象に、Javaの要素やプログラムの書き方といった基礎を学んでいきます。知識のインプットだけでなく、実際に手を動かしながら学ぶ内容もあるので、初心者でも基本的なプログラムが書けるレベルまで到達することができます。

      主な課題

      • ・一からJavaについて学びたい
      • ・Javaを使ってコードが書けるレベルにまで到達したい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、Webエンジニアになりたての方のために、Javaプログラミング入門など、幅広いプログラミング研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、学習したいときにその場で学習できる環境のもとでWebエンジニアにも教育することができます。

      《Javaスキル向上におすすめの研修》

      • Java入門 初級研修パッケージ

        Javaの歴史と基本的な構文を理解し、Javaの基礎的なスキルを学ぶことができる研修パッケージです。これからプログラミングを勉強したい方、HTMLなどはやったけどJavaは難しそうとお考えの方におすすめです。

        【合計:10時間25分】 受講者人数:17,210人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.PHP

      Webサービスを作るためのプログラミングの方法を学びます。PHPで実際にtwitter風掲示板を作りながら、Webプログラミングの基礎を学ぶ事が出来ます。HTML・CSSはかけるけどプログラミングは初めてという方、Webサービスを作成したい方におすすめです。

      主な課題

      • ・動的なWebページを作成できるようになりたい
      • ・PHPの基本技術を使えるようになりたい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、PHP初学者のために「【PHP初級】Twitter風掲示板を作りながらプログラミングを学ぶ」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、実務で必要なスキルを一から短時間で学習することができます。

      《PHPスキル向上におすすめの研修》

      • PHP 入門研修パッケージ

        動的にWebページを生成することができるサーバーサイドのスクリプト言語PHPを基礎から学べる研修パッケージです。この研修では、四則演算・if文・While文といったPHPの基本技術を学べるだけではなく、実践を通じて、実務で役立つスキルを会得することができます。

        【合計:6時間】 受講者人数:3,065人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのプログラミング研修の
評価・口コミ

4.5

【総合評価】

    • 年齢 :40歳|性別:男性|都道府県:東京都
    • 企業業種:サービス
    • 従業員規模:1000名以上

    5.0

    【総合評価】

    プログラミング研修として、25カリキュラム159時間の研修ですが、必要な内容が網羅されており良い研修だと感じます。もし余裕があれば、『システムエンジニア向け』『プログラマー向け』とセットで3つの研修を受講すると、この研修の学習効果をより高めることができると感じました。3つの研修で同じ内容のカリキュラムも入っておりますし、お互いに親和性があるので、まとめて受講することが受講者の知識習得がしやすいように感じます。弊社ではそのようにしてみようと考えます。

    • [内容の理解度]

      ボリュームが多く、159時間あります。しかし、冗長に長いということではなく、プログラミングの習得には159時間の学習時間が必要だ、ということでもあります。そのボリュームを受けやすくするよう、細かく25のカリキュラムに分類していることが、配慮ある研修に感じました。講座単位ではおおよそ1時間ですので、約159コマは長い道のりではありますが、必要部分だけを1時間単位で細切れに受講し、プログラミングを学べることは、内容のわかりやすさに繋がっています。

    • [満足度]

      満足度につながると思います。満足度の根源は、豊富な研修ボリュームにあるように感じます。159時間もの豊富でリッチな研修は、受講者が学びたい、という気持ちを持っている場合、その気持ちにきちんと対応できるボリューム量です。1日1時間受講したとしても、全部の受講に約8か月必要です。これは、その業種をはじめて学ぶ人にとっては大変頼もしく、ある種のメンターとの言えます。自身のスキルアップにつながる研修に満足度は高いと思います。

    • [内容の充実度]

      Java関連が22時間・ JavaScript 関連が28時間・Ruby 関連が25時間。全体の5割弱を占める主要研修がこの3種類の知識スキルです。この3種は是非習得してほしいと考えている知識スキルであるため、研修の中でもこれだけのボリュームを割いていることは大変助かりますし、一つずつ丁寧な説明により講義されているので理解しやすく学べるように感じます。もちろん、他にも、SQL・PHPはじめC#・Python など網羅的に学習できるので、各自の業務に合わせて必要内容を学ぶことができると思います。

    • [業務に役立つか]

      役に立ちます。研修当初はこの領域の知識がない方だったとしても、159時間の研修の後には、『プログラマー』と名乗ってもいいレベルにはなれると思います。また『プログラミング研修』に加えて『プログラマー研修』159時間もセットで受けていれば、より盤石になっている気がします。人によって受講スピードは異なると思いますが、早い人で半年、一般的スピードで9か月、少なくとも一年以内、という幅で受講完了すると推測されます。約1年で、プログラマーとして実務で活躍できる土台は整うのではないかと思います。

    • [利用意向度]

      是非活用させていただきたいと思います。弊社においては、『システムエンジニア向け』『プログラマー向け』『プログラミング研修』の3つの研修をセットで受講を検討したいと考えます。3研修合計で、46カリキュラム387時間のボリュームですが、3つの研修で同じカリキュラムも複数入っています。職種的にもすべて学んだ方がよい内容であるため、3研修セットで受講し、同じ内容は スキップ/早送りも可として、効率的な学習を推奨したいと考えました。

    • 年齢 :36歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:1000名以上

    4.0

    【総合評価】

    総じて、WEBプログラミングに必要な知識とスキルを丁寧に学習できる専門性に特化した内容だと感じました。これらの職種に関わる人が抑えておきたい内容を幅広くカバーしており、実践に使える技術力を磨くことができる講座が多い印象を受けました。講座内容は分かりやすく充実しており大変よかったのですが、その一方で、カリキュラムの構成順序に違和感を抱くものが数か所あり、入門と実践の学ぶ順序を改善していただけると、さらに受講者の理解度が上がるのではないかと思いました。

    • [内容の理解度]

      総じて、WEBプログラミングに必要な知識とスキルを丁寧に学習できる専門性に特化した内容だと感じました。これらの職種に関わる人が抑えておきたい内容を幅広くカバーしており、実践に使える技術力を磨くことができる講座が多い印象を受けました。講座内容は分かりやすく充実しており大変よかったのですが、その一方で、カリキュラムの構成順序に違和感を抱くものが数か所あり、入門と実践の学ぶ順序を改善していただけると、さらに受講者の理解度が上がるのではないかと思いました。

    • [満足度]

      基礎から忠実にプログラミングについて学べる点がとても良いと思いました。カリキュラムは、入門が多いですが、身に付けるべき技術は専門性に富んでいるので、初心者が一から分かりやすく学ぶのに適した研修だと感じました。ことさら、プログラミングを始めたばかりの人は、スキルだけでなく特殊なプログラミング用語に頭を悩ますこともあるかと思いますが、受講者が抱えがちな様々な疑問を丁寧に解説した授業が多く、受講者の不安を解消できるという面でも非常に分かりやすいよい内容だと思いました。

    • [内容の充実度]

      プロ講師による、本番の構築環境を想定したアプリケーション作成や、プログラミングを実演する場面があり、プログラマーが仕事上で運用しやすいパターンが具体的に紹介されていました。やはりプログラマーにとっては、プログラミングを使ったより実践的な問題解決方法やスキルを学びたいと思うので、そういった観点から学習できることは、受講者の満足度に繋がる優れたポイントだと思いました。数ある基本アプリケーションを無駄なく学ぶことが出来る充実した内容だと思います。

    • [業務に役立つか]

      総じて、学んでほしい内容が凝縮されており納得感がありました。具体的に、プログラマーの必須スキルとして求められる内容は、技術的なプログラミングスキルだけでなく、物事を順序だてて考え一つに構築していく論理的思考スキルも挙げられます。こちらの研修では、ただ単にテクニックを学ぶのではなく、その裏側にある思考力も一緒に身に付けることができるので、応用力を鍛えることもでき、受講者のためになるとても良い内容でした。

    • [利用意向度]

      プログラミングの基本技術や応用知識はプログラマーの仕事の幅を広げるために大変役立つと感じました。研修を通して、プログラミングにおける複雑な構造を掴みながら、業務に落とし込むテクニックが的確に解説されており、プログラマーの業務に多いに活用できる研修内容だと思いました。強いて言えば、プログラミングを構築した後に、作り上げたモノを上手く相手(上司・顧客)に伝えるコミュニケーション力をもう少し養える場面があると、さらに業務に活かされると思いました。

    • 年齢 :40歳|性別:男性|都道府県:大阪府
    • 企業業種:教育
    • 従業員規模:1000名以上

    4.6

    【総合評価】

    これからの学校教育や社会で大切になっていくプログラミング的思考を学ぶ上で必要な知識が詰まった内容となっていると感じました。入門編の講座の充実具合は圧巻です。各プログラミング言語をほとんど網羅することができている状態です。各プログラム言語をより使いやすく操るためのスキルの紹介が多くされています。しかし、全てを学び切ろうとするのではなく、必要となるスキルを習得するために受講計画を別途用意することが良い使い方のように思いました。

    • [内容の理解度]

      講座の中でワークをしながら進めていくことが多いので、そのワークを実際に自分でやってみることで自身のスキルの状態が見える化されていきます。そのため座学だけのスタイルよりも理解が深く進みます。実際にプログラミングを書き上げていく場面を想定して講座が進むので、初心者にとっては入門編であっても難しく感じることがあるかもしれません。もう少し多めに受講者のコメントを拾って質疑にこたえる時間を設けても良いのかもしれません。

    • [満足度]

      さまざまなプログラミング言語の講座が用意されているので、どのような学びを研修に求めても十分な満足を得ることができると思います。一方でレベルの高い受講生にとっては入門編は簡単な内容となるかもしれませんが、決して無意味なものではなく、自身の埔里グラミン具の基礎力を底上げできる内容になっています。また、映像内の受講生のレベルは高いので、質問の内容はハイレベルであることが多いです。長く勤務している従業員にもチャレンジしてもらいたい内容です。

    • [内容の充実度]

      研修の場でコードを書いてみるという経験を学べる研修を探していました。そのニーズに合致しており、学んでほしい内容を学ぶことができるカリキュラムとなっています。現場で学ぶことも大切ですが、映像で学ぶことで何度も見ることができるメリットをコードの書き方を会得するまで存分に活かしてほしいとも感じますし、コードを書いてプログラミングを構成することの楽しさも学んでもらえると現場に配属されてからも楽しく仕事ができるイメージが湧きます。

    • [業務に役立つか]

      同じ業務をする訳では無いので100%役立てられると言い切れませんが、予備知識として無駄な内容は一つもありませんので、知識として持つことは業務に役立てることに繋がっていきそうです。教えると時間のかかる専門用語の多いプログラミング言語ですが、自学の形式で学びたい言語の講座を受講できることは業務効率の向上にも繋がるのではないでしょうか。しかし、講座の情報が2017年の内容もあり、最新情報とは言えなくなってきています。実際の業務に役立てていこうと思うのであれば、情報の更新が必要になるのではと思いました。

    • [利用意向度]

      総合的観点から考えると、ぜひ研修として取り入れたい内容です。プログラミング的思考を理解するところから始まる初心者向け入門研修、そして様々なコードを駆使してプログラミングを作り上げていく上級者向け研修など幅広い階層に向けて活用するイメージを持つことができました。各講座の内容はどれも実践的なので講座をみながら自身のスキルを上げる活動も可能です。自社に置き換えても現場でOJTする時間帯、必要な時間を削っていくことを考えています。

Schooのプログラミング研修
テーマ別カリキュラム一覧

  • 効果的なプログラミング研修を行うためのポイント

    • 01

      各社員のレベルに応じた内容にする

      プログラミング研修を受ける人には、未経験者もいれば経験者もいるでしょう。そのため、それぞれのレベルに合わせた研修内容を設定することが、効果的な研修を行う上で非常に重要です。研修として時間を確保しなくてもいい社員は、実務の中で自分の課題を見つけ、そこを補うようなフォローをするだけで十分という可能性もあります。

    • 02

      社内リソースの確認

      社内で研修を行うと、教える側である先輩社員のマネジメント力の向上や、チーム内のコミュニケーションを増やすことができるなどのメリットがあります。しかし一方で、既存業務の進行に影響するというデメリットもあります。そのため社内リソースを確認し、人的工数が充分でない場合は外部研修などを上手に活用することも視野に入れる必要があるでしょう。同じ講師から同じ内容の講義を受けることで、研修の質が均一化し、受講者の理解度のばらつきも抑えることができます。

    • 03

      非エンジニアにも対応した研修が必要

      昨今、プログラミングスキルはエンジニアだけのものではなくなってきています。デザイナーやマーケターなどの他職種でも複数の言語を使えるようにすることで、効率的に業務を進めていくことができるでしょう。そのため、非エンジニアでも習得できるようなプログラミング研修も考える必要があります。その場合、業務で必要となるプログラミング言語や、プログラミングの活用方法などを学べるような内容の研修にすると良いでしょう。 またエンジニア以外もプログラミング研修を行うことによって、エンジニアと共通言語で話すことができるようになり、コミュニケーションエラーなどを回避できるというメリットもあります。

  • プログラミング研修の目的

    • 01

      プログラミング技術を身に付け、ITスキルを上げる

      幅広いビジネスシーンで必要とされるのが、ITに関するスキルや知識の向上です。それによって自社のサービスや商品をより深く理解し効果的に営業を行うことができるなど、様々な場面でのパフォーマンス向上を行うことができます。プログラミングの仕組みについて学ぶことは、ITスキルを向上させることへとつながります。プログラミング技術を身に付けてITスキルを向上させることで、結果的に業務効率を上げながらより多くの利益を出すことができるのです。

    • 02

      システムエンジニアを育てる

      プログラミング研修で学ぶ内容には、エンジニアになる上でも欠かせない知識が多くあります。必要な知識が身に付いていない状態で現場に携わっても、エンジニアとしての土台を築くことは困難です。社内で活躍できるエンジニアを着実に育成する為に、研修を通して基本的なプログラミング言語や技術について学習を行いましょう。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーのプログラミング研修では、C#やJava、Python、Rubyなど、様々なプログラミング言語について基礎から実践まで学ぶことができる講座や、アプリ開発に役立つプログラミング授業を幅広くご用意しています。 一例をご紹介すると「C#入門 」やJavascriptについて学べる「JavaScript入門」、iOSアプリ開発の方法を学ぶ「iOSアプリ開発入門」などの授業があります。 このほかにも、PythonやRubyについての授業などもご用意しています。

  • スクーではプログラミングスキルを身につけたい方向けに、様々なプログラミング言語について入門から実践まで学べる授業を多数ご用意しています。 また、スクーでは研修担当者が受けてほしいコンテンツだけではなく、受講者一人ひとりが「学びたい」と感じた分野での自主的な学習を促す研修も多数ご用意しています。そのため受講者の興味に合わせてプログラミングをさまざまな角度から学ぶことができます。 さらに、 研修担当者は管理画面から受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーの強みは7,000本以上の授業をご用意しており、一人ひとり伸ばしたいスキルに合わせて研修や自己学習を行うことができる点です。そのため個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、コミュニケーションスキルについての授業やプログラミングの授業、デザインの授業など多種多様な授業をご用意しています。プログラマーだけど取引先との円滑なやりとりのためにコミュニケーションスキルも学ぶ、営業だけどより説得力のあるプレゼン資料を作成するためにデザインも学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではプログラミングを学びたい方向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「Ruby入門」「Python超入門」「Kotlinで始めるAndroidアプリ開発入門」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

  • Schoo for Businessは、20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーでは、各言語の授業を入門から応用まで用意してあります。ソフトのダウンロードから学ぶことができるので、未経験の方でもプログラミングを使えるようになります。

  • スクーでは、アーカイブに入っている授業を何度でも見返すことが可能です。そのため、少し難しいと感じる部分や分からないと思った部分は、自分の好きなタイミングで反復学習できるので、ついていけないと感じることは少ないと思います。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ