プログラミング研修

プログラミングスキルは、今やエンジニア以外にも必要なスキルとなってきています。このページでは、プログラミング研修のポイントや、Schooのプログラミング研修の特徴について、ご紹介します。

プログラミング研修の評価・受講者数

総合評価

3.9
     
  •  
  •  
  •  
  •  

受講者数

191375
※パッケージに含まれる全講座の評価を合計したものです

プログラミング研修のよくあるお悩み・課題感

社内でプログラミング研修を行うと工数がかかる

社内でプログラミング研修を実施しようとすると、講師役となる社員の選定や会場の手配など、様々な準備工数が必要となります。またプログラミングスキルに特化しており、かつ指導ができるような講師を手配するには時間も費用もかかるというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
またエンジニアの人数が少ない会社の場合は、育成に時間をかけることが難しく、既存業務とのバランスを保つことが困難だという課題もあるでしょう。

指導の内容や質が均一ではない

社員が講師役やメンターを担う場合、誰が教えるかによって内容や質が異なるという課題があります。特にプログラミングは個人の癖が出やすく、早く綺麗なコードを書ける人に指導された社員は、それが普通のものとしてプログラミングを習得していきますが、コードを見やすく書くことが苦手だったり、スピードが遅かったりする人に指導された場合は、同様のやり方に終始してしまう可能性があります。

エンジニア以外にもプログラミングスキルが必要

昨今ではエンジニア以外にもプログラミングスキルを通常業務で使う人も少なくありません。例えば、HTMLやCSS、Java ScriptなどはWebデザイナーやマーケターでも使う場面が多くあり、特にエンジニア不足が課題である企業ほどプログラミングスキルをエンジニア以外が習得することで、業務を前進させことへとつながります。また、データ分析で使用されるPythonなどの言語を、エンジニア以外の社員が使いこなすことで、よりDXを推し進めることができるでしょう。

プログラミング研修のポイント

各社員のレベルに応じた内容にする

プログラミング研修を受ける人には、未経験者もいれば経験者もいるでしょう。そのため、それぞれのレベルに合わせた研修内容を設定することが、効果的な研修を行う上で非常に重要です。研修として時間を確保しなくてもいい社員は、実務の中で自分の課題を見つけ、そこを補うようなフォローをするだけで十分という可能性もあります。

社内リソースの確認

社内で研修を行うと、先輩社員のマネジメント力の向上や、コミュニケーションの数を増やすことができるなどメリットもありますが、一方で既存業務の進行に影響するというデメリットもあります。そのため社内リソースを確認し、人的工数が充分でない場合は外部研修などを上手に活用することも視野に入れる必要があるでしょう。同じ講師から同じ内容の講義を受けることで、研修の質が均一化し、受講者の理解度のばらつきも抑えることができます。

非エンジニアにも対応した研修が必要

昨今、プログラミングスキルはエンジニアだけのものではなくなってきました。デザイナーやマーケターも複数の言語を使いこなし、業務を進めていく必要性が出てきたのです。そのため、非エンジニアでも習得できるようなプログラミング研修も考えなくてはなりません。その場合には、業務で必要となるプログラミング言語や、プログラミングの活用方法などを学べるような内容の研修にすると良いでしょう。

またエンジニア以外もプログラミング研修を行うことによって、エンジニアと共通言語で話すことができるようになり、コミュニケーションエラーなどを回避できるというメリットもあります。

スクーのプログラミング研修の特徴とは

プログラミングの基礎から応用まで幅広い内容

スクーのビジネスプランは約6,000本の授業があり、プログラミング研修に関する授業も基礎から応用まで幅広く揃っています。そのため、未経験者であっても経験者であっても、その社員に適したプログラミング研修を行うことができるでしょう。また言語もHTMLやCSSといった簡単なフロントサイドのものから、PHPやRubyなどほとんどの言語が揃っているため、スキルの幅を広げたいというニーズにも対応できるのが特徴です。

非エンジニアでもプログラミングを学べる

スクーでは文系人材や初心者向けの業務効率化や、データ分析を目的とした研修パッケージもご用意しています。そのためエンジニア職以外の方でもプログラミングを学び、実務で活かせるスキルが身につきます。プログラミング初心者の方でも学べるように、各言語でそれぞれ基礎から授業が揃っているので、誰でもプログラミングを挫折せずに学ぶことができるでしょう。

第一線で活躍する講師陣

スクーに登壇されている先生は、各業界の第一線で活躍しています。プログラミング研修では、「Pythonスタートブック(技術評論社)」の著者である辻真吾先生や「WordPressをちゃんと使うための教科書」や「よくわかるPHPの教科書」などの著者たにぐちまこと先生など、専門家からプログラミングを学ぶことができます。そのため効果的にプログラミング研修を行うことができます。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

スクーのプログラミング研修カリキュラム(対象・テーマ別)

プログラミングのレベルや言語の違い別にスクーの研修カリキュラムをご紹介します。


Ruby研修パッケージ

Rubyが学べる研修パッケージをレベル別にご用意しています。

Ruby入門研修パッケージ

Rubyの基本文法を理解し、自分でプログラムを呼び出して使えるようになる研修パッケージです。初めてRubyの基礎を勉強するエンジニア初心者の方や、Rubyを改めて体系的に学習したいエンジニアの方におすすめです。

Ruby実践研修パッケージ

動くプログラムを手を動かして書くことを原則とし、Rubyを使ってプログラムを作成しながら、概要や利用するための原理原則、応用知識、開発実践を学ぶ研修パッケージです。Rubyのプログラミングスキルを伸ばしたい方におすすめです。

Ruby - Ruby on Rails 入門研修パッケージ

RubyやRuby on Railsを活用する目的や意義を理解し、簡易なWebアプリケーション研修パッケージです。基礎からRuby on Railsを学び、Webアプリケーションを開発してみたい方におすすめです。


Java研修パッケージ

Javaが学べる研修パッケージをレベル別にご用意しています。

Java入門 初級研修パッケージ

Javaの歴史と基本的な構文を理解し、Javaの基礎的なスキルを学ぶことができる研修パッケージです。これからプログラミングを勉強したい方、HTMLなどはやったけどJavaは難しそうとお考えの方におすすめです。

Java - Struts2 / Spring Framework4 入門研修パッケージ

Javaで使用されているフレームワークの種類、概要、環境構築、プログラムの方法を学ぶことができる研修パッケージです。Javaを使用してWebアプリケーションの構築を学んでいる方におすすめです。


JavaScript研修パッケージ

JavaScriptが学べる研修パッケージをレベル別にご用意しています。

JavaScript 入門研修パッケージ

プログラミングの経験はないけれど、HTMLとCSSを触るだけのウェブデザイナー・マークアップエンジニアから一歩踏み出したい、という方を対象とした研修パッケージです。実際にコードを書きながら学ぶことができます。

JavaScript - React.js 入門研修パッケージ

React.jsの概要や利用方法などをはじめとして、簡単なWebアプリを作成を通して、全体像をシンプルに解説してもらうことで基礎知識を学ぶことができる研修パッケージです。React.jsの初学者などの方におすすめです。

JavaScript - React.js 実践研修パッケージ

React.js入門の応用編として、ES2015などの新しいJavaScriptの文法や、運用・保守に欠かせないテスト、複雑化する開発環境について学べる研修パッケージです。React.jsの基本的な知識は持っているけど、より実践的な知識を学びたいという方におすすめです。

JavaScript - jQuery 入門研修パッケージ

jQueryでできることなど、jQueryの基礎を学ぶことができる研修パッケージです。初めてという方はもちろん、改めて勉強したいというプログラマーの方にもおすすめです。

JavaScript - Node.js 入門研修パッケージ

JavaScriptを使ってサーバーサイドのコードを書くことができるNode.js研修パッケージです。Node.jsの概要や、Node.jsでアプリケーションの作成方法を学びます。JavaScriptでフロントエンドの実装をしている方、サーバサイドを学びたいWebデベロッパの方におすすめです。

JavaScript - Backbone.js 入門研修パッケージ

フロントエンドJavaScriptフレームワーク、Backbone.jsの開発手法を学べる研修パッケージです。jQueryの経験のある方で、構造化されたWebアプリの開発や新しいJavaScriptの文法である『ECMAScript 2015』での開発に興味がある方におすすめです。


PHP研修パッケージ

PHPが学べる研修パッケージをレベル別にご用意しています。

PHP 入門研修パッケージ

Webサービスを作るためのプログラミングの方法が学べる研修パッケージです。PHPで実際にtwitter風掲示板を作りながら、Webプログラミングの基礎を学ぶ事が出来ます。HTML・CSSはかけるけどプログラミングは初めてという方、Webサービスを作成したい方におすすめです。

PHP - Laravel 入門研修パッケージ

Laravelというフレームワークを使ったWebアプリ開発を実際にハンズオンで経験しながら、フレームワークの理解と基礎的な開発スキルの習得を目指す研修パッケージです。PHPの基礎的な知識は持っていて、PHPフレームワークの基礎を学習したいという方におすすめです。


Python研修パッケージ

Pythonが学べる研修パッケージをレベル別にご用意しています。

Python 入門研修パッケージ

超入門編として、プログラミング言語の種類やPythonの特徴、インストール方法などの基礎知識から学ぶことができます。初めてプログラミングを学ぶ方におすすめの研修パッケージです。

Python - Flask 入門研修パッケージ

Python製のWebアプリケーションを作るためのフレームワーク「Flask」を使いながら、ミニブログを作成する研修パッケージです。Python初心者だけどある程度プログラムを書けるようになった方、Webアプリを作ってみたいという方におすすめです。


C#研修パッケージ

Pythonが学べる研修パッケージをレベル別にご用意しています。

C#入門研修パッケージ

C#の基本的な構文や関数について学習し、開発言語としてC#を操るための基礎を学ぶことができる研修パッケージです。C#を1から学びたい、実務でC#を利用できるようになりたいという方におすすめです。

C#実践研修パッケージ

WPF、UWP、Xamarin、ASP.NETというC#を用いたアプリケーションを実際に作成しながら、C#やXAMLについて学べる研修パッケージです。実践的なプログラミングスキルを習得したい方におすすめです。


Linux研修パッケージ

Linuxが学べる研修パッケージを初心者向けにご用意しています。

Linux 入門研修パッケージ

ソフトウェア開発で必要なローカル開発環境の構築方法、Linuxの基礎知識や基本操作を学び、ソフトウェア開発者やインフラエンジニアの土台を固めることができる研修パッケージです。ソフトウェア開発者やLinuxエンジニアを目指す方・Linuxに興味のある方におすすめです。


MySQL研修パッケージ

MySQLが学べる研修パッケージを初心者向けにご用意しています。

MySQL入門研修パッケージ

データベースの概要と、代表的なデータベースシステムであるMySQLの基本操作を学べる研修パッケージです。Webサービスを作りたい方や、MySQLの基本操作を身につけたい方におすすめです。


SQLite研修パッケージ

SQLiteが学べる研修パッケージを初心者向けにご用意しています。

SQLite入門研修パッケージ

データベースやテーブルの作成、データの追加や取得といった基礎的な内容を中心に、体系的にSQLiteの知識を学べる研修パッケージです。モバイルアプリでデータベースを使ってみたいと考えている方、SQLiteの基礎を初めて勉強するエンジニア初心者の方におすすめです。


Unity研修パッケージ

Unityが学べる研修パッケージを初心者向けにご用意しています。

Unity入門研修パッケージ

Unityを使ったゲーム開発について学べる研修パッケージです。受講を通して基本的な使い方や特徴などの知識を身につけることができます。ゲームを開発してみたいと考えているUnity未経験の方におすすめです。


COBOL研修パッケージ

COBOLが学べる研修パッケージを初心者向けにご用意しています。

COBOL入門研修パッケージ

COBOLの基本から学習し、開発言語としてCOBOLを活用できるための基礎を固められる研修パッケージです。初歩的なプログラミングスキルから実践的なスキルを学びたいという方におすすめです。


iOSアプリ開発研修パッケージ

iOSアプリの開発が学べる研修パッケージをレベル別にご用意しています。

iOSアプリ開発 入門研修パッケージ

iOS用アプリの開発ニーズも年々高まっている今、簡単なiOSアプリ開発を通じてViewの概念やXcodeの使い方などを学習できる研修パッケージです。iOSアプリ開発の基礎からしっかり学びたい方におすすめです。

iOSアプリ開発 実践研修パッケージ

オリジナルのSNSアプリを実際に開発しながら、iOSアプリ開発の全体像を学習することができる研修パッケージです。実践を通してアプリを開発する方法を学びたいという方におすすめです。

プログラミング研修ラインアップ

プログラミング研修のQ&A(よくある質問)

Q1プログラミング研修の授業にはどんなものがありますか?

スクーのプログラミング研修では、C#やJava、Python、Rubyなど、様々なプログラミング言語について基礎から実践まで学ぶことができる講座や、アプリ開発に役立つプログラミング授業を幅広くご用意しています。
一例をご紹介すると「C#入門 」やJavascriptについて学べる「JavaScript入門」、iOSアプリ開発の方法を学ぶ「iOSアプリ開発入門」などの授業があります。
このほかにも、PythonやRubyについての授業などもご用意しています。

Q2スクーのプログラミング研修のポイントは何ですか?

スクーではプログラミングスキルを身につけたい方向けに、様々なプログラミング言語について入門から実践まで学べる授業を多数ご用意しています。
また、スクーでは研修担当者が受けてほしいコンテンツだけではなく、受講者一人ひとりが「学びたい」と感じた分野での自主的な学習を促す研修も多数ご用意しています。そのため受講者の興味に合わせてプログラミングをさまざまな角度から学ぶことができます。
さらに、 研修担当者は管理画面から受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

Q3スクーのプログラミング研修の他社にはない強みは何ですか?

スクーの強みは6200本以上の授業をご用意しており、一人ひとり伸ばしたいスキルに合わせて研修や自己学習を行うことができる点です。そのため個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。
また、コミュニケーションスキルについての授業やプログラミングの授業、デザインの授業など多種多様な授業をご用意しています。プログラマーだけど取引先との円滑なやりとりのためにコミュニケーションスキルも学ぶ、営業だけどより説得力のあるプレゼン資料を作成するためにデザインも学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

Q4プログラミング研修の授業がたくさんあるようですが、どのように選んだらよいですか?

スクーではプログラミングを学びたい方向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。
一例をご紹介すると、「Ruby入門」「Python超入門」「Kotlinで始めるAndroidアプリ開発入門」などがあります。

Q5プログラミング研修のカリキュラムを、当社の現状を踏まえた形で作ることはできますか?

授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。
またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

Q61つの授業を受講するのにどれくらいの時間がかかりますか?

1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。
スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。
また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。
また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

Q7スクーの法人プランは何人から契約が可能ですか?

20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q8プログラミング研修の授業をする先生にはどんな人がいますか?

スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。
具体的には、MBAエンジニア講師であり、独立・起業過程でエンジニア人材の不足を痛感し、プロのエンジニアになるために挑戦する人がチャンスをつかめる「DIVE INTO CODE」を創業された野呂浩良さんや、Javaの黎明期から、Javaを利用したWebアプリ開発の業務に従事した経験を活かし、Javaを中心としたトレーニング講師として研修業界に長く携わっており、Apple認定トレーナーでもある青木宏之さんなどが登壇しています。

Q9スクーのプログラミング研修についてより詳しく知りたいのですが?

以下よりお問い合わせください。

問い合わせる

追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。
またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

Q10プログラミング研修後、受講者が取り組む課題を設定することはできますか?

オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。
授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

Q11プログラミング研修の費用について教えてください。

スクービジネスプランは、20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q12プログラミングが未経験の新人に対しての研修はありますか?

スクーでは、各言語の授業を入門から応用まで用意してあります。ソフトのダウンロードから学ぶことができるので、未経験の方でもプログラミングを使えるようになります。

Q13プログラミング研修についていけないことはありますか?

スクーでは、アーカイブに入っている授業を何度でも見返すことが可能です。そのため、少し難しいと感じる部分や分からないと思った部分は、自分の好きなタイミングで反復学習できるので、ついていけないと感じることは少ないと思います。

Q14プログラミング研修に助成金を利用することはできますか?

助成金を活用することも可能です。ただし、助成金の申請などは利用者様にお任せしておりますので、ご留意くださいませ。

無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,600社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ