チームビルディング研修

─強い組織・チームをつくる─

チームビルディング研修でよくあるお悩み

  • 社員の心理的安全性を向上させたい
  • チームの結束力を高めたい
  • チームで成果を出すことを学んでほしい

Schooのチームビルディング研修の特徴

  • 01

    聞く力・話す力・察する力を底上げし、心理的安全性の高いチームに

    Schooではチーム内の心理的安全性を高めるための授業やコミュニケーション力改善についての授業をご用意しています。これらを学ぶことで組織内の信頼関係を向上させ、心理的安全性のある職場環境づくりを行うことができます。またオンライン集合学習機能でみんなで学び、コミュニケーションを取ることができるので、チーム内の関係性づくりにも活用できます。

    Schooではチーム内の心理的安全性を高めるための授業やコミュニケーション力改善についての授業をご用意しています。これらを学ぶことで組織内の信頼関係を向上させ、心理的安全性のある職場環境づくりを行うことができます。またオンライン集合学習機能でみんなで学び、コミュニケーションを取ることができるので、チーム内の関係性づくりにも活用できます。

  • 02

    チームビルディングを学べる授業が200本以上

    Schooには「ストレングスファインダーから考えるチームビルディング」や「いまのメンバーで仕事が面白くなるチームビルディング」など、チームビルディングの授業を多数ご用意しています。個人での成果から一歩進み、チームで成果を出すために必要なことを学ぶことができます。

    Schooには「ストレングスファインダーから考えるチームビルディング」や「いまのメンバーで仕事が面白くなるチームビルディング」など、チームビルディングの授業を多数ご用意しています。個人での成果から一歩進み、チームで成果を出すために必要なことを学ぶことができます。

  • 03

    オンライン集合学習機能でチームの結束力を向上

    オンライン集合学習機能でみんなで学び、コミュニケーションを取ることができるので、チーム内の関係性づくりにも活用できます。チーム全員で学び合いながら、チームをより良くする方法を考えることがで、それぞれがチームビルディングの一端を担っていることを理解するだけでなく、心理的安全性も同時に構築することができます。

    オンライン集合学習機能でみんなで学び、コミュニケーションを取ることができるので、チーム内の関係性づくりにも活用できます。チーム全員で学び合いながら、チームをより良くする方法を考えることがで、それぞれがチームビルディングの一端を担っていることを理解するだけでなく、心理的安全性も同時に構築することができます。

チームビルディング力向上に求められるスキル

  • 1.リーダーシップ

    チームが同じ方向を向いて走るためには、そのチームが達成する目標や展望を全員が共有する必要があります。チーム力を向上させるには、リーダーシップを持ってチームメンバーにこれらを浸透させることが必要です。

    主な課題

    • ・チーム力を向上させたい
    • ・主体的に業務に取り組んでほしい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは、チームビルディングについて学ぶことができる様々な研修動画をご用意しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、いつでもどこでも効率的にスキルアップすることができます。また、自社制作の動画を研修パッケージに加えたり、社員一人ひとりに合わせて対象とする研修動画を変えることができるため、個々のスキルレベルに合わせて能力開発をしていくことが可能です。

    《チーム力・リーダーシップ向上におすすめの研修》

    • チームビルディング研修パッケージ(初級編)

      この研修パッケージでは、チームビルディングとは何かといった基礎的なことから、チームで成果を出すために必要なこと、現場力を上げていくための仕掛けづくりなどを学ぶことができます。これからチームを作っていく役目を担う中堅社員の方や、チームの一員として働く若手社員の人にもおすすめの研修パッケージです。

      【合計:6時間】 受講者人数:21,462人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.アサーティブコミュニケーションスキル

      相手のことを尊重しながらも自分の意見をきちんと主張することができる「アサーティブコミュニケーション」について学び、チームビルディングを手助けします。ビジネスにおける対人関係を良好にするためのコミュニケーションのポイントや具体的なノウハウを身につけることができます。

      主な課題

      • ・職場でのコミュニケーションを円滑にしたい
      • ・部下に指摘しつつもモチベーションを上げるスキルを身につけて欲しい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、「忙しい上司とも話ができる相談の仕方」や「相手との良い関係を持続する断り方」、「言いづらいことを伝える方法」など、実際のビジネスシーンで活用できるアサーティブコミュニケーションについて学べる研修動画をご用意しています。その他にも、相手の本音をひき出し、人を巻き込み、意見を通す「質問力」を磨くことができる研修動画などもご用意しています。

      《アサーティブコミュニケーション力向上におすすめの研修》

      • アサーティブコミュニケーション研修パッケージ

        「アサーティブコミュニケーション」について学べる研修パッケージです。「相手を尊重しながら主張する方法」「仕事を有利に進めるスキル「質問力」」などビジネスにおける対人関係を良好にするためのコミュニケーションのポイントや具体的なノウハウを身につけることができます。

        【合計:6時間】受講者人数:8,665人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.組織マネジメントスキル

      チームの力を最大化するマネジメント法や、部下育成時のお悩みに対するアプローチ方法を学ぶことでチーム全体の生産性を上げることができます。管理職やリーダーにとしてマネジメントスキルをつけたい方や、部下のモチベーションを向上させて業績を上げたい方におすすめのスキルです。

      主な課題

      • ・組織運営やチームビルディングを任せられる管理職を育成したい
      • ・組織としての力を向上させたい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、マネージャーのために「組織マネジメントにおいてのマネージャーの役割」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、日々の忙しい業務のスキマ時間を活用して組織マネジメントに関して学習することができます。「管理職が何を心掛けて組織をリードしていったらよいのかわからない」、「レイヤーに応じて考えるべき組織運営とは何か」、といった課題のために、「管理職のための組織運営力」や「課長の役割と業務」などが学べるオンライン研修をご用意いたしました。

      《組織マネジメント力向上におすすめの研修》

      • 組織マネジメント研修パッケージ

        新任の管理職やマネージャーを対象として、組織マネジメントについて学ぶことができる研修パッケージです。管理職の役割や業務、目標管理やマネジメントについてなど、管理職に必要な知識やスキルを幅広く学ぶことができます。

        【合計:6時間】 受講者人数:19,722人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのチームビルディング研修の
評価・口コミ

4.5

【総合評価】

    • 年齢 :36歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:1000名以上

    5.0

    【総合評価】

    組織の中でのマネジメントの役割を理解しながら、現場力を上げていくために必要となるリーダーシップをとる力を中心に体系的に学ぶことが出来る充実した内容です。全体的なカリキュラムの特徴として、それぞれの講座の要点が短時間で簡潔に纏められた研修となっており、忙しいマネージャークラスの受講者でも効率的に学べる配慮がされていてよいと感じました。部長・課長クラスのマネージャー向けの研修に最適な内容だと思いました。

    • [内容の理解度]

      管理職が身に付けておくべきマネジメント知識と組織内でのコミュニケーション方法がコンパクトにわかりやすく凝縮されておりシンプルな授業構成がとてもよかったです。コミュニケーションがテーマの講座は、受講者が抱える課題背景も様々であり、そのため授業の具体例も抽象的になりがちですが、こちらの研修では部下とのやり取りを前提とした具体例や、上手くチームワークを形成するを課題としたミニワークを取り入れており、工夫が凝らされていました。

    • [満足度]

      今勤務をしている会社においては繋がる可能性が非常に高いです。現職はキャリアがある社員もいますが、中間層も多く、今後その層がリーダー層になれるかどうかが今の課題となっています。リーダーシップは通常業務でもある程度身に着けることは出来るかもしれないが、研修などがないと知識や経験が部署のごとにばらつきが出てしまい、結果的にうまくいかなくなる可能性があります。しかし、このコンテンツはリーダーシップとは何かというものしっかりと明示してくれているので共通認識を持った上で成長させることが出来ると思うので、満足度に繋がると感じました。

    • [内容の充実度]

      学べました。まずはリーダーシップとは何か基礎的な部分を学ぶことが出来、その後はシチュエーションによってケースバイケースの対応についてまで学べるので不足がないと感じました。また、偉人やキングダムを用いた回についてはその時の関係性から言葉などを紐解いてレクチャーしてくれるので新しい気づきや発見にもつながり、偏った考え方ではなく、多角的な物事の捉え方や見方をすることが出来るので、人に合わせたリーダーシップを出すことが出来るのではとイメージしました。

    • [業務に役立つか]

      ファシリテーションスキルなどリーダーをして必要不可欠な要素をもらうすることが出来るので非常に役に立ちますし、実際に導入しても良いと検討しています。別の場所でも書きましたが、今現在の職場の課題はリーダー層の育成です。中間層がいかにリーダーシップを身に着けられるかによって今後の会社の方向性は変わってくると感じています。そのため、この多岐にわたる内容を含んでいる研修を使うことによってその問題解決に繋がり、より会社の勢いをつけることが出来るのではとポジティブな気持ちになっています。

    • [利用意向度]

      是非利用させていただきたいです。今の会社ではリーダー研修といったものはなく、それぞれが実践で学ぶというスタイルのため、育成といった部分が難しいと感じています。そのため、ファシリテーションや物事の考え方捉え方(偉人やキングダムなどから)を動画で学ぶことが出来るのは学ぶ質に差がなくなるので、リーダー育成にとても効果的です。強いて求めるのであれば、会社によって求めるリーダー像が異なってくる可能性もあるのではないかと思うので、そういった差異についても学べるとキャリア形成の補助になると思いました。

    • 年齢 :36歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:1000名以上

    4.0

    【総合評価】

    組織の中でのマネジメントの役割を理解しながら、現場力を上げていくために必要となるリーダーシップをとる力を中心に体系的に学ぶことが出来る充実した内容です。全体的なカリキュラムの特徴として、それぞれの講座の要点が短時間で簡潔に纏められた研修となっており、忙しいマネージャークラスの受講者でも効率的に学べる配慮がされていてよいと感じました。部長・課長クラスのマネージャー向けの研修に最適な内容だと思いました。

    • [内容の理解度]

      管理職が身に付けておくべきマネジメント知識と組織内でのコミュニケーション方法がコンパクトにわかりやすく凝縮されておりシンプルな授業構成がとてもよかったです。コミュニケーションがテーマの講座は、受講者が抱える課題背景も様々であり、そのため授業の具体例も抽象的になりがちですが、こちらの研修では部下とのやり取りを前提とした具体例や、上手くチームワークを形成するを課題としたミニワークを取り入れており、工夫が凝らされていました。

    • [満足度]

      大変満足できる内容だと思いました。その理由として、マネジメントとリーダシップという二つの視点から、マネージャとしての在り方を体系的に理解することができ、日々の組織運用にうまく活用するためのノウハウを習得できる点が挙げられます。管理職が、チームメンバーとの信頼性をうまく構築していくことは、よい組織を築いていくための一つのカギとなると思うので、そのあたりの視点を意識した授業が含まれているという点でも、良いと思います。受講後、マネージャの持つ悩みと解決に上手く役立てていくことが出来る印象を持ちました。

    • [内容の充実度]

      会社として、管理職に期待する役割の一部は「部下の人材育成・業務管理」と「現場の活性化」が含まれております。こちらの研修では、マネージャーに期待するそういった課題をしっかりと補いながら、業務の問題点を的確に見つけ出し改善管理していくという観点から、業績と人材マネジメント力を同時に学べることができ、魅力的な印象を持ちました。総じて管理職に学んでほしいポイントを広範に身に付けることのできる、とてもよいカリキュラムだと感じました。

    • [業務に役立つか]

      総合して、管理職の課題のひとつでもある「チームを統率する力」を中心に学ぶことができ、マネージャーが知りたい「理想的なリーダー」になるためのポイントが詰まっています。部下のモチベーションを上げて生産性を向上するための仕掛けづくりや部下との信頼関係を強化するために役立つとともに、業務管理の運用に有益な知識を養うことの出来る充実した内容だと思いました。潜在的な部下の自主性を促しながら、チームが同じゴールへ向かうために必要な講座が充実しているため、マネージャーが持つ課題解決に繋がる内容です。

    • [利用意向度]

      課長・部長クラスのマネージャーが中長期的な目線を持ちながら、チーム内の成果を継続して生み出すための知識を学習することができる内容にとても満足しました。将来を見据えて管理職の質をさらに向上していきたいので、社内研修の一環として取り入れたいと感じました。ただ、管理職といっても様々な階層が存在するため、具体的にどのレベルの管理職(マネージャー)がこちらの研修対象なのか予め明記していただけますと、利用する際にとても助かります。

    • 年齢 :28歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:金融
    • 従業員規模:50名

    5.0

    【総合評価】

    講義を聞いている中で、「あぁ、弊社はこれもできていない、これもできていない。だから業績が中々上がらないのだ・・。」と思うことが非常に多く、耳が痛い気持ちでいっぱいでした。 講師の方の仰ることは実に的を得ており、弊社事業がうまく回らないのは経営者すらこのチームビルディングの視点がないからだということに気付かされました。経営者も従業員としての労働経験がほぼなく、従業員も管理職〜一般職までほぼ非正規雇用のパートでしか就労経験のない弊社では、意識しておきたいマインドがたくさんありました。いい講義でした。

    • [内容の理解度]

      セクションごとにまとめを入れて要点をつかませてくれるカリキュラムがあったり、 適宜視聴者に「現在の職場での立ち位置」「〇〇(役職)のイメージとは?」という質問を投げかけることで視聴者にも考えさせる場面が多くあり、ただ講義を聴くだけでなく、もし強制的に講義を見ることを義務付けられている従業員が視聴したとしても飽きずに聴き続けることができると感じました。ただ、「管理職のための組織運営力」の講義では「管理職はこういう役割である」というようなことを説明してくださるのですが、具体的にどうしたらよいのか?の説明が抽象的な説明が多く、イメージが掴みづらく感じました。

    • [満足度]

      従業員を前職までの実績ではなく人柄のみで採用している弊社では、今までの就労経験として非正規雇用での就労経験しかない、というような従業員ばかりしかおらず、職務分掌という概念がありません。皆、組織というものを理解せず自由にやりたいことをやっており、管理職にはマネジメント力がないというような状況なので、すぐに会社に展開して、「企業とはこうあるべきだ」ということを示したいと感じました。が、自我の強い弊社ではこの講義を見ても、満足より「こんなことを意識するも自由な発想が社会を変える!」などと思う従業員が多そうで大きくため息をついてしまいました。

    • [内容の充実度]

      本当に参考になるお話ばかりで、特に「課長のための〜」の3カリキュラムについては上に立つものはこういう行動をすべきだということが非常に伝わりやすい講義でした。 弊社で言うと経営層の人間にも見てもらいたい講義でした。弊社には一応、形式上の役職はあるものの「職務分掌を無視して皆がやりたい放題やっているため統率も取れないし指揮命令者がぶれていることでPDCAが回らず課題が改善に向かわない」のだということをこの講義を通して学んでほしいと感じました。

    • [業務に役立つか]

      非常に役立つと感じます。大多数が「チームビルディングなんて必要がない」と思っている弊社では皆に学んでほしいことばかりです。 創業期の会社ゆえにお客様対応で手一杯で、人材管理、能力育成の目線がない弊社管理職には、人材管理、能力育成は避けては通れない道で、遠回りのようだが在籍するメンバーで事業を大きくするためには人材管理、能力育成の方法を学ばなくてはならない、そうしないと事業の成長はない、と本講義を通じて学んでほしい限りです。

    • [利用意向度]

      すぐに取り入れたいと感じます。 会社全体でschooを契約しようかと本当に検討するくらい心に響いた研修です。 日々弊社経営陣は「なんで事業がうまくいかないのか。」「どうして人がついてこないのか」と頭を抱えておりますが、答えはチームビルディングにあると思います。 事業がうまくいかないのもPDCAがうまく回せておらず経営方針がコロコロ変わるから。人がついてこないのも、PDCAを回す中で切り離せない「業務割り振り・教育」が出来ていないから。非常に弊社では取り入れたい研修でした。

Schooのチームビルディング研修
テーマ別カリキュラム一覧

  • 効果的なチームビルディング研修を行うためのポイント

    • 01

      コミュニケーションを取りやすい空気づくりをする

      チームビルディング研修では、メンバー同士の交流を深めるためのミニゲームやワークショップなどを行います。チーム内でのコミュニケーションを活発にとることで、メンバー同士の連帯感が生まれる為です。実際の業務においても、周囲の社員とのコミュニケーションは欠かせません。特に組織内でトラブルが起きた際など、社員同士の連携なくしては解決できない場合も多くあります。チームビルディング研修を行うことで、業務は個人単位だけではなく、チームで協力して行うものなのだということを体験を通して認識することができます。

    • 02

      メンバー一人一人に当事者意識を持たせる

      チームで協力して業務を行う場面でも、一人一人の社員が当事者意識を持っていなければ業務効率が低下してしまいます。誰か一人だけが責任を自覚していても、ほかの社員にその責任感がなければチーム全体の目標に向かって進むことはできないからです。チームビルディング研修では社員に、具体的にどのような当事者意識を持つ必要があるのかを理解してもらうことが大切です。その為にはチーム内での社員一人一人の役割を明確にするなど、個人のパフォーマンスを向上させる工夫を行いましょう。 チーム全体で共有し、メンバー全員がそれぞれの強みを最大限に活かせる役割を決めましょう。メンバーの弱みについては、別のメンバーが補えないか検討する必要があります。

    • 03

      メンバーとの相互理解を深め、全体で目標やビジョンを共有する

      組織が一丸となって効果的に業務を行うためには、チームの足並みが揃っている必要があります。チームで達成したい目標やメンバー同士の考え方、価値観をしっかりとすり合わせしておくことで、共通のゴールに向かって協力し合うことができます。 チームビルディング研修ではメンバーが重視したいと考える価値観や物事の判断軸などを、コミュニケーションを取りながら共有しあっていくことが大切です。全員の意見が反映された目標を掲げることで、個人のモチベーションアップにも繋がります。また、決定した目標やチームとして大切にしたい考え方などは明文化しておくことで、認識がずれてしまうのを防ぐことができます。

  • チームビルディング研修の目的

    • 01

      チームのパフォーマンスと生産性の向上

      チームビルディング研修の目的として、組織全体の生産性の向上が挙げられます。生産性を上げる為には個人のスキルを高めるだけでなく、チームで連携を取ることで個人の力を最大化し、目標を達成する「チームビルディング」が大切です。研修を通して受講者にチームで団結する重要性や一人一人の意識の持ち方を伝えることで、実際の業務の効率化を図ることができます。

    • 02

      コミュニケーションの活性化

      チームビルディング研修には、社員同士のコミュニケーションを活発化させるという目的もあります。チームで協力して目標を達成する為には、十分なコミュニケーションを取る必要があります。研修を通して、積極的な意見交換や有意義な話し合いを行いやすい環境を作りましょう。チーム内での対話が多ければ団結力が高まり、共通目標の達成につながります。

    • 03

      主体性とリーダーシップの定着

      主体性やリーダーシップを身に付けるのも、チームビルディング研修の目的です。研修ではゲームなどにチームで取り組む中で、自分の役割を認識して主体的に行動したり、リーダーシップを発揮したりすることができます。しかし、それがゴールではありません。そういった過程を経て、主体性やリーダーシップを定着させることに研修の目的があります。ゲームやワークを行った後のフィードバックや各自の振り返りなど、受講者自身が自分の主体性やリーダーシップを認識する時間を確保しましょう。チーム内での役回りなどをしっかりと自覚することで、実際の業務に活かすことができます。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、チームビルディングの基本からチームや組織をマネジメントまで幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「チームワークの教科書」や「課題解決するファシリテーション」、「管理職のための組織運営力」などの授業があります。 このほかにも、チーム内でのコミュニケーション方法やコーチングについての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、チームビルディング研修に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またチームワークなどの基礎的なスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて段階的にレベルアップして学習することが可能です。 例えばチームに貢献するためのチームワークやコミュニケーション方法だけでなく、チームを運営し、チームで成果を出すためのコーチングやマネジメントについて学ぶなど、柔軟な学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、チームで働く上で必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは、ロジカルシンキング研修に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またそのほかにも、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、ビジネスパーソンとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーではチームビルディングについて研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「チームビルディング研修パッケージ(初級編)(中級編)」や「アサーティブコミュニケーション研修パッケージ」、「組織マネジメント研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ