AI研修

─新規事業を創出できる人材を育成─

AI研修でよくあるお悩み

  • AI・機械学習について知見のある人材が不足している
  • AIや機械学習で何ができるのか知ってほしい
  • 新規事業を創出できる人材を育成したい

SchooのAI研修の特徴

  • 01

    AIについて経験豊富な講師から学ぶことができる

    ビジネスの第一線で活躍する講師から、AIについて学ぶことができます。AIについて学び始めの方も、入門レベルから学習することができるので、AIや機械学習に関わる人材育成のファーストステップを踏むことができます。

    ビジネスの第一線で活躍する講師から、AIについて学ぶことができます。AIについて学び始めの方も、入門レベルから学習することができるので、AIや機械学習に関わる人材育成のファーストステップを踏むことができます。

  • 02

    AIや機械学習で何ができるのかが学べる

    「AI×ビジネス - 現場主義で実用的なAIビジネス思考-」など、AIの活用についてイメージができる授業をご用意しています。 AIによる社会の変化や、AIを活用することによってどのようなビジネスが生まれるのかなどを学ぶことができます。

    「AI×ビジネス - 現場主義で実用的なAIビジネス思考-」など、AIの活用についてイメージができる授業をご用意しています。 AIによる社会の変化や、AIを活用することによってどのようなビジネスが生まれるのかなどを学ぶことができます。

  • 03

    新規事業開発に必要なスキルをバランス良く学べる

    AIの基本から企業に変革を起こすために必要な能力まで、多角的に学ぶことができます。 AIやDXの基礎知識のほか、イノベーションスキル、リーダーシップやマネジメントなど、必要に応じて新規事業創出のための学習が可能です。

    AIの基本から企業に変革を起こすために必要な能力まで、多角的に学ぶことができます。 AIやDXの基礎知識のほか、イノベーションスキル、リーダーシップやマネジメントなど、必要に応じて新規事業創出のための学習が可能です。

AI人材に求められるスキル

  • 1.AIに関する知識

    AI社会でも活躍する人材を育てるために、現場で使えるAIでビジネス実践論を学ぶことは必要不可欠です。「AIが今後の私たちにどう関係してくるのか」、「どのようなビジネスでAIは拡大していくのか」などAI人材が抑えておくべき知識をまとめて学ぶことができます。

    主な課題

    • ・会社全体でDXを推進していきたい
    • ・AIの知見を深めて欲しい

    ここがポイント

    現場目線でのAI導入について学べる授業「AI×ビジネス - 現場主義で実用的なAIビジネス思考-」や、ゲームAIの活用事例について学べる授業「Techキーワード超解説」などの研修動画をご提供しています。パソコンやスマートフォンで効率的にスキルアップできるオンライン動画だからこそ、効果的にAIについての知識を習得できます。

    《AIの知識向上におすすめの研修》

    • AI研修パッケージ

      AIについての知識を習得できる、AIについて初めて学ぶ方や文系人材向けの研修パッケージです。研修を通じて現場目線でのAI×ビジネスの作り方や、AIの実情と未来、文系人材がAIを活用するためのステップなどについて学ぶことができます。

      【合計:5時間】 受講者人数:3,936人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.機械学習・ディープラーニングの知識

      基礎スキルとして機械学習やディープラーニングの知識が必要であることは共通しています。機械学習は、コンピューターを使って膨大なデータを学習し、その中にあるパターンを導き出し、アルゴリズムやモデルを構築する技術です。また、ディープラーニングは機械学習の中に含まれる技術で、膨大なデータからデータの特徴を発見するための技術です。AIの中に機械学習、ディープラーニングが含まれることになるため、AI人材には必要不可欠な知識と言えます。

      主な課題

      • ・機械学習・ディープラーニング、IoTを改めて学びたい
      • ・漠然とした機械学習・ディープラーニングの知識から脱却したい

      ここがポイント

      新規事業の立ち上げなどで最新の技術を学びたい中堅エンジニア向けに、AIや機械学習、IoTを基礎から学ぶことができる研修となっています。AI・機械学習の基本的な用語理解から、AI・機械学習で可能なこと/不可能なことの把握、原理原則の理解など、AI・機械学習における基礎的なことを学ぶことができます。

      《機械学習・ディープラーニングの知識向上におすすめの研修》

      • エンジニアのための今更聞けないAI×機械学習×IoT入門

        この研修パッケージでは、新規事業立ち上げのために、AIや機械学習など新しい技術を学びたいが、時間や機会を作れない中堅エンジニアの方を対象に、AIや機械学習、IoTを基礎から学ぶことができます。AIを学ぶ上で陥りがちな壁やAIを活用した事例などの学習を通して、ご自身の会社で活かせるようにしていただくことが研修の目的です。また、基本的にオンラインでの研修になるため、業務で忙しい方でも安心して受講いただくことが可能です。

        【合計:2時間】 受講者人数:6,235人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.コミュニケーション力などのビジネススキル

      AIに関する知見が必要なことはもちろんのことながら、実際のビジネスに展開していく必要があります。そのためコミュニケーション能力や企画力といったスキルも求められます。特にAIプランナーなどのAI人材の場合、取引先に提案したり、AIを活用したサービスを企画することも少なくないでしょう。そういった点から、ビジネスにおける汎用的なスキルも持ち合わせておく必要があります。

      主な課題

      • ・コミュニケーションスキルを身につけてほしい
      • ・コミュニケーションを円滑にしてマネジメントに活かして欲しい

      ここがポイント

      要点を簡潔に話すのが今でも得意ではない、大勢の人のまで話すときはいつも緊張してしまう、部下が仕事をしない、などといった課題のために、「真・コミュニケーション能力」の教科書、指示待ち部下が自ら考え動き出す!、などが学べるオンライン研修をご用意しました。

      《コミュニケーション力向上におすすめの研修》

      • コミュニケーション力向上研修パッケージ

        若手社員や中堅社員を対象とした、コミュニケーションスキルを向上させることができる研修パッケージです。褒める力や雑談力などのコミュニケーションスキルを伸ばすことで、メンバーマネジメントや後輩指導などに活かすことができます。

        【合計:5時間】 受講者人数:20,844人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

SchooのAI研修の
評価・口コミ

4.6

【総合評価】

    • 年齢 :40歳|性別:男性|都道府県:東京都
    • 企業業種:サービス
    • 従業員規模:1000名以上

    5.0

    【総合評価】

    効率的で効果的な研修だと思いました。5カリキュラム5時間のコンパクトな研修で、文系社員へのAI知識のインプットと意欲醸成を実現できるのならば、費用対効果は高く、十分元が取れる投資になると感じました。研修自体は文系社員向けに作られていると思いますが、もしかすると理系社員はじめAIに明るい社員で、周囲に文系社員が多数いる環境にある方は、こういった研修で、文系社員に対するコミュニケーション方法を学ぶ、という受講目的も面白いかもしれません。

    • [内容の理解度]

      大変わかりやすいです。そもそもの研修コンセプトが、文系出身に対するAI研修、だけあって、テクニカルな内容によりすぎることなく、文系が理解しやすいようなインプット動画になっているように感じました。演出も、マスクをかぶられた講師の方・書籍出版社・複数人による座談会形式の講座…などなど、文系の方のアレルギー反応が出ないような工夫もあり、AI知識を紐づく世の中トレンドとあわせてわかりやすく学べると思います。

    • [満足度]

      文系社員の満足度を高く獲得できるのではないでしょうか。もちろん例外はありますが、一般的には文系社員のゼネラリスト人材においては、AIや最新技術トレンドにアレルギーを持つ方も多いです。そのような文系社員が満足度を高めていただける要素は、『わかりやすくりかいできること』『新しい知識が身についている実感』だと思います。その手応えが満足度につながりますが、この研修は難しい専門知識・専門用語が使われることなく、文系社員でも理解できる言葉でAIの世界を学べるため、満足度は高いと思います。

    • [内容の充実度]

      学べると思います。人事としては、『AIの世界とはどのようなものか』を文系社員が、自分なりにイメージを持ち、多少不理解があったとしても自分の言葉で説明ができることができれば、文句なく合格と感じます。さらに言えば、まずは、AIに興味関心を持つ、という状態になれば、それだけでも十分に合格かもしれません。記載したGOAL感に対し、今回の研修は、十分に到達できる、『楽しみながら学べる』研修になっている、と思いました。

    • [業務に役立つか]

      役に立ちます。今回の研修で、文系社員が一番役に立つのは、『AIの世界の全体観がわかること』だと思います。文系社員にとっては、その全体観がわかれば、その先にある細かな各論知識は、必要に応じて、濃淡つけて自ら学びに行くことができるはずです。文系社員にとって業務に役立つとは、自分が動くための指針を身につける、ということだと考えております。今回の研修ではその全体観を十分身に着けられると思うので、役に立つといってよいのではないかと考えております。

    • [利用意向度]

      利用したいと考えます。この研修は、5カリキュラム5時間と、比較的ボリュームも少なく短時間です。コンパクトに、文系社員がAIの世界へのアレルギーをなくし、全体観を持ち、ポジティブな反応を示すようになるのならば、とても価値ある研修として受講を進めたいです。人事としては、是非利用し、文系社員がより関心を持つ兆しが見えるようになれば、その後さらに専門的な知識やスキル向上機会を提供するか、継続して考えたいと思える研修でした。

    • 年齢 :37歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:人材会社
    • 従業員規模:1000名以上

    3.8

    【総合評価】

    どの講座に関してもAIがビジネスシーンにどのように活躍してきたのか、これからAIをどう活用すればいいのかという過去未来の視点があり、主語が「日本」というグルーバルな内容だったのが印象的でした。おのずとAIをテーマにするだけで専門的な内容になりますが、身近なAIへの概念理解につながる講座だったので、積極的に業務に活用できるヒントにしていきたいと考えています。 特にAIのビジネスニーズにおいては広い分野での実績解説は、非常に勉強になりました。

    • [内容の理解度]

      昨今のAIに関するトレンドが理解できる専門的な内容でした。社会的視点とビジネス的視点で「AI活用」を捉えており、ややウンチクが多い印象は受けるもののカリキュラム全体を通してイメージ画像のスライドなどを用いて丁寧に解説していたので、わかりやすい内容になっていました。いくつかの講座で取り上げられていた「過去5年間のAIの進化」は、講師やテーマによって見え方(内容)が異なるため、カリキュラム構成にもう少し一貫性があってもいいかなと感じました。

    • [満足度]

      AIに関しての研修は、社会的関心の高さも追い風となるため研修満足度は高いと感じます。一言でAIといっても各産業やジャンルにおいて様々な活用実績の紹介があるため、ビジネスシーンに活用できる、又はクライアント先でネタにできる点でも、十分「ためになる」研修になっています。ただ、今トレンドであるはずのAI研修が「全5講座」というカリキュラム構成としては、少しボリューム不足という印象に繋がってしまうのではないでしょうか。

    • [内容の充実度]

      やはりAIはIT業界の中でも非常に関心の高いワードですので、トレンドの把握という点では、どの講座も積極的に学んで欲しいと感じます。ただ、網羅的というより幅広い視点からのカリキュラム構成だったので、もう少し基礎編〜応用編といった流れでカリキュラムを細分化して、しっかりと入り口がわかるような構成にしてもらえると、より充実するはずです。個人的には、イメージ画像が多く解説がわかりやすいため、「勉強すれば誰にでもできるという感覚になる」という点が特に良かったです。

    • [業務に役立つか]

      どんな業務を行うかにもよりますが、総合的に見ると、実際の業務に「即実戦」として活用できることは少ないですが、AIをより深く理解することで「自分の働き方」や「5年後の働き方」などは変わると思います。その点でAIについての5W1Hという考え方のフレームワークは理解度に直結するため、積極的に取り組んでみてほしいです。あとは「AIを使ったどのようなビジネスが今後考えられるか」などのテーマが多く、そういったビジネスのヒントはたくさん見受けられたので研修を通して「きっかけ」探しはしやすいと思います。

    • [利用意向度]

      総合的に考えると、研修では是非利用したいです。研修といっても、どんな業界でもまずはトレンドや現状を知ることが重要だと思うので、今回のAI研修で学べることは多いと感じます。グルーバルな大きな視点での捉え方ももちろん重要ですが、個人的には、オンラインショップのリコメンド機能のような身近な活用例をしっかり把握し、AIに対する理解を深め、ビジネスに活用できる「考え方」を養っていってもらいたいです。さらに各講師のちょっとしたコメントの中にもAIのビジネスシーンに関するヒントも多い印象だったので、細かく理解する姿勢を持って研修に参加してみてください。

    • 年齢 :35歳|性別:男性|都道府県:奈良県
    • 企業業種:教育
    • 従業員規模:500名

    5.0

    【総合評価】

    AIの現状を正しく理解しながらビジネスの中でどのように活用していくのかを考えることができる研修内容になっています。全体的にどの講座も現在のAIを発展途上だと捉えて、今後のビジネスモデルや自身のキャリアを考えていく内容となっています。入社前にこの内容を学んでおくことで最新の世相を考え方の中に反映させ、変化に敏感になることができるように思います。AIというまだ流動性の高い情報を元にした研修なので、まずは興味のあるタイトルから順番に視聴するのが良いのではないかと感じます。

    • [内容の理解度]

      AIとはそもそもいったい何者なのかという素朴な疑問の解決から、自分たちの仕事が次々と取って代わられていくという事実を分かりやすく解説してくださっています。講座中は簡単な言葉を使っているので初心者が受講してもベテランが受講してもどのレベル層にも分かりやすい内容でです。人間が仕事を取られるという発想ではなく、人間に出来ない仕事をAIに代わりにやってもらうという発想を持って講座を聞いているとより分かりやすく感じます。

    • [満足度]

      これからの時代を先読みする内容となっているので、これからの会社のあり方、仕事のあり方、そして自分自身のあり方を考える内容になっているのが良いと思いました。現時点ではゴールを設定するのが非常に難しい分野ですが、AIの活用事例を集めていくことで、漠然とした不安を解消し満足度を上げていくことに繋がると感じます。AIの専門家だけで考えるのではなく、性能以外の面(使いやすさ・個人に適しているかなど)の実例が多く紹介されており、AIに対する知識を多く吸収できる内容となっています。

    • [内容の充実度]

      現時点で考えられるAIについての知識、世界の動きを学ぶことができる内容となっていて、従業員に学んでほしい内容が含まれています。入社の前後に関わらず、能動的にアクティブラーニングとして学んでほしいと考えていますので、より事例に即した実務に直結する内容が提供されると良いのではないかと感じました。講座内の質疑応答は今、AI化について学んでほしい内容を文系理系に分けて考えてみたりすることについて、多くの質問が寄せられており、活発な議論を巻き起こす方法の学びにも繋げられるという期待を持つことができます。

    • [業務に役立つか]

      今後の業務を遂行する上で避けて通ることができない内容です。実際の業務に役立つ内容しかないという印象です。今後のAI活用がビジネスシーンでどのように出現していくか、受講生の疑問に答える形で参考書籍などが紹介されるので、実務に即した学びとなっていくように感じます。しかし、講義形式の内容が多かったので、業務に取り組む前に業務に役立てるために何を学んだのか、それを今から何を活かすのかを自身でも考える必要がありそうです。基礎を固める場面では即時役立てられるイメージを持っています。

    • [利用意向度]

      入社前の導入研修の一環としてAIについて学ぶ機会として導入していくことを考えています。また、講座内ではIT関連資格の紹介もあり、それは一体どんな資格なのか、いつまでに取得することをおすすめするかといった点は、受講生共通の疑問点の解決に繋がると考えられるので自社にも研修として導入したいと考えています。AIに関しての明確なゴールが見えない中でも自身のキャリアを見つめる研修として活用していきたいと思います。

  • 効果的なAI研修を行うためのポイント

    • 01

      幅広い知識を学べるカリキュラムが必要

      AI人材には機械学習などに対する知識に加えて、ビジネス力も必要とされます。そのため、幅広い知識を学ぶためのカリキュラムを作成する必要があります。また、AIの研究者やエンジニア、コンサルタントについてはAI分野のスペシャリストとして深い知識が求められるため、基礎的な内容だけでなく応用についても学べるようにカリキュラムを整えておく必要があります。

    • 02

      実践的な研修内容にする

      AI人材の育成を効果的に進めるためには、座学中心のインプットだけでなく、実践的な内容を研修に取り込むことも重要です。その例としては、ケーススタディが挙げられます。実際の自社における課題やデータをもとに取り組むことでアウトプットすることで、知識の活用方法を学ぶことが可能です。

    • 03

      継続的に学習できる環境構築

      AI技術は日々進歩しています。一度身に着けた知識やスキルが廃れてしまうペースも早いため、常に新しい技術を学べる環境が必要です。また、育成する対象の人材も日常の業務をこなしながら学習を進めることになるため、研修のオンライン化など手軽に学べて継続しやすい学習環境を整備することが重要です。そして、AIは様々な業種で活用されており、他業種であっても参考となる事例も少なくありません。そのため、情報共有や人材交流の機会を設けることも効果的な育成に繋がります。

  • AI研修の目的

    • 01

      AIに関する基礎知識を習得する

      AIやビッグデータなどの新しい技術は、業務の効率化や利益の最大化に有効です。しかし一方で、難しいイメージが先行しなかなか取り入れられない企業も多いのが現状です。そこで、AIに関する基礎知識を研修で体系的に学ぶことで、いち早く社内への導入を行うことができます。あらゆるものがデータ化されていく今、AIについての知識が必要なのはIT業界だけではありません。社員に基礎的なAIスキルを習得させることで、組織全体の進化につなげることができます。

    • 02

      AIエンジニアを育てる

      AIの導入を管轄する社員や、実際に開発に携わるエンジニアなど、より実践的なAIの知識とスキルを必要とする社員も多くいます。データ分析の方法やディープラーニングなどの技術は、用語を頭に入れただけではなかなか実行に移せません。AI研修ではそういったスキルを実演的な形で学ぶことも目的の1つです。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、AIの基本から実際にAIを使った機械学習ができるようになるまで幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「エンジニアのための今更聞けないAI×機械学習×IoT入門」や「AI×ビジネス - 現場主義で実用的なAIビジネス思考-」、「今さら聞けない「ブロックチェーン」とは何か」などの授業があります。 このほかにも、ディープラーニングについての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、AI研修に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またAIに関するのスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、ビジネスパーソンとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。AIに関する知識だけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではAI研修向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「AI研修パッケージ」や「エンジニアのための今更聞けないAI×機械学習×IoT入門」、「ブロックチェーン研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ