11/24(Tue)

今日の生放送

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキング研修は新入社員から経営層まで、全てのビジネスパーソンに必要とされるスキルです。このページでは、ロジカルシンキング研修の対象者・スクーのロジカルシンキング研修の特徴・実施する際のポイントなどをご紹介します。

ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングとは、物事を論理的に考える思考法です。論理的に物事を考えたり、筋道を立てて説明したりする能力は、全ての社会人にとって必須のスキルのため、多くの企業がロジカルシンキング研修を取り入れています。

ロジカルシンキング研修の対象者

主に新入社員を対象として、ロジカルシンキング研修は行われます。論理的に物事を考え、筋道を立てて説明する能力は新入社員の間に身につけておくことで、業務の様々な部分で役に立つことが多いためです。

ロジカルシンキングのお悩み・ニーズ

・報告・提出した内容に矛盾があると指摘される
・考えておくべきケースや内容が抜けていることが多い
・部下の報告が筋道が立てられていないため理解しにくい

ロジカルシンキング研修を行うことによって、このようなお悩みを解決することができます。

ロジカルシンキング研修のポイント

ロジカルシンキング研修を効果的に行うためには、以下の3つのポイントを抑えておきましょう。

1:なぜロジカルシンキングが必要なのかを理解する

いきなりフレームワークや思考法を教えられても、受講者はロジカルシンキングの重要性を理解していないので、自分の業務との結びつきを感じられず、学習効果は低下してしまいます。まずは、ロジカルシンキング研修を実施する意義を受講者に理解してもらうことに努めましょう。ロジカルシンキングを習得すると、実務でどのようなメリットがあるのかを理解してから、具体的な内容を学ぶことによって、実務への結び付けを受講しながらイメージすることができます。

2:本質的な学びを意識する

ロジカルシンキングの習得と言うと、MECEやPEST分析のようなフレームワークを使いこなすことに焦点が当たりやすいですが、それは手段に過ぎません。ロジカルシンキング研修の目的は、あくまでも論理的に物事を考え、筋道を立てることのできる人材を育成することです。手段が目的とならないように意識しましょう。

3:実戦で使えることが何よりも大事

ロジカルシンキング研修を受けて、MECEや3C分析のようなフレームワークは理解したが実務で使用する機会が少ない、という感覚を持っている人も少なくないのではないでしょうか。しかし、日々の業務においてロジカルシンキングは重要な役割を担っています。例えば、売上が足りない時に着手するべきアクションを抜け漏れなく洗い出すことも、ロジカルシンキングと言えるのです。大事なことは、ロジカルシンキングを実務のどのような場面で活かせるのかを意識して、研修のための研修にならないようにすることかもしれません。

スクーの効果的なロジカルシンキング研修とは

スクーのビジネスプランでは、ロジカルシンキングの習得に必要な知識を、ビジネスの最前線で活躍する現役のビジネスパーソンから学ぶことができます。もちろんMECEやピラミッドストラクチャーのようなフレームワークから、論理的に物事を伝えるためのコミュニケーションスキルまで、実務に活かせる授業を幅広く受講することができます。また、録画授業を何度でも自分の好きなタイミングで受講することができます。1回の受講でなかなか理解できなかったという人は、自分のタイミングで何回も受講することができるので、着実なスキルの定着ができるでしょう。

ロジカルシンキング研修ラインアップ


無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,500社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ