ロジカルシンキング研修

─個々の課題に沿った研修で効果的にロジカルシンキング力を磨く─

ロジカルシンキング研修によくあるお悩み

  • 新入社員にロジカルシンキングを身につけてほしい
  • 社員の課題解決力を向上させたい
  • 「わかりやすく伝える力」を向上させたい

Schooのロジカルシンキング研修の特徴

  • 01

    ロジカルシンキングの基本が
    きちんと身につけられる

    ロジカルシンキングについて、ビジネスの第一線で活躍する講師が多数指導を行っています。そのため質の高い研修を通して、基本スキルをきちんと身につけることができます。

    ロジカルシンキングについて、ビジネスの第一線で活躍する講師が多数指導を行っています。そのため質の高い研修を通して、基本スキルをきちんと身につけることができます。

  • 02

    課題解決に必要なスキルが
    広く学べる

    課題解決に必要な課題設定力や解決力について学べる授業をご用意しています。課題解決について様々な視点で学べるので、実務で役出つスキルが身につきます。

    課題解決に必要な課題設定力や解決力について学べる授業をご用意しています。課題解決について様々な視点で学べるので、実務で役出つスキルが身につきます。

  • 03

    わかりやすく相手に伝える力が
    身につく

    Schooではロジカルライティングの授業や、論理的かつ簡潔に伝えるプレゼンの授業など、様々な場面での「伝える力」について学ぶことができます。状況に応じて相手に、わかりやすく伝える力を身につくことができます。

    Schooではロジカルライティングの授業や、論理的かつ簡潔に伝えるプレゼンの授業など、様々な場面での「伝える力」について学ぶことができます。状況に応じて相手に、わかりやすく伝える力を身につくことができます。

ロジカルシンキングに求められるスキル

  • 1.ロジカルシンキングスキル

    業務に使えるマインドセットの習得を目指します。 「思考」「実行」の2つの視点で、ビジネスに必要な力を伸ばすことは必要不可欠です。ロジカルシンキングを鍛え、若手社員の生産性向上を図ります。

    主な課題

    • ・自身で課題を身につける能力を身につけさせたい
    • ・説得力のある意見を出せるような社員を育成したい

    ここがポイント

    ロジカルシンキングに必要な思考法について学び、論理性を高めて業務を遂行していく際に必要な思考法を身につけます。

    《ロジカルシンキングの向上におすすめの研修》

    • ロジカルシンキング研修パッケージ(中級編)

      論理に問いを立てる事で物事を正しく解決する「批判的思考法」や、類似点から着想を得る思考術アナロジカルシンキングを学ぶことで、論理的思考力を高め、実践で活用する方法を身につけることができます。論理的思考のトレーニングや事例を通じて学ぶことができるので、自ら考えながらロジカルシンキングスキルを磨くことができます。

      【合計:10時間】 受講者人数:38,591人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.ロジカルプレゼンテーションスキル

      自分の意見や主張が通るようになるためのコツや言いたいことが短く魅力的に伝わるようになるためのロジカルプレゼンテーションを学びます。他者に何かを提案し、動いてもらう際に使える論理的な伝え方を学ぶことができる授業です。ロジカルに話すスキルを身につけることによって、交渉力を高めることができます。

      主な課題

      • ・論理的思考力を伸ばして欲しい
      • ・説得力を伸ばしたい

      ここがポイント

      スクービジネスプランでは、意見や主張を相手にわかりやすく伝え、気持ちよく納得してもらう方法を学ぶ授業「意見・主張が通る「伝え方」 - 「論理」プラス「感情」で、説得力のある、わかりやすい伝え方になる-」や、実践で学びながら論理的に簡潔に伝えるプレゼン技術を学ぶ授業「プレゼン特講 -伝えたいことを論理的に簡潔に伝える特訓-」など様々な研修動画をご用意しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、効率的に論理的で相手に伝わるプレゼンテーションスキルを身につけることができます。

      《ロジカルプレゼンテーション力の向上におすすめの研修》

      • ロジカルプレゼンテーション研修パッケージ

        管理職としての役割理解をはじめとして、管理職に必要な基礎スキルを身につけることができるカリキュラムです。目標管理や業務改善、メンバーマネジメントやリーダーシップなどについて学ぶことができます。

        【合計:8時間】 受講者人数:42,592人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.ロジカルライティングスキルの向上

      リモートワークが普及するにあたって、メールやチャットなどテキストコミュニケーションも比例して増えています。ロジカルライティング研修で、論理的思考をベースとした「わかりやすい」文章を書くための方法を学び、業務を円滑に進める力を身につけましょう。

      主な課題

      • ・リモートワークになってから、チャットやメールにかける時間が増えた
      • ・話や文章がわかりにくいと言われてしまう

      ここがポイント

      スクービジネスプランのロジカルライティング研修では、現代文の講師を務め、国語力や論理力などに関する書籍を多数刊行する大学客員教授や、数多くのベストセラーを手掛ける編集者など、文章作成のプロからわかりやすい文章作成のコツについて学ぶことができます。だからこそ研修を通じて効果的に論理的思考法を身につけ、伝わるビジネス文書の作成力を磨くことができます。

      《ロジカルライティング力の向上におすすめの研修》

      • ロジカルライティング研修パッケージ

        この研修パッケージでは、全6時間の授業でロジカルシンキングの基礎から、論理的な「伝わる」文章の作成方法まで学ぶことができます。リモートワークが普及するにあたって、メールやチャットなどテキストコミュニケーションも比例して増えています。ロジカルライティング研修で、論理的思考をベースとした「わかりやすい」文章を書くための方法を学び、業務を円滑に進める力を身につけることが可能です。

        【合計:6時間】 受講者人数:7,202人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのロジカルシンキング研修の
評価・口コミ

4.6

【総合評価】

    • 年齢 :26歳|性別:女性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:人材サービス
    • 従業員規模:100名

    4.6

    【総合評価】

    全体を通して、ロジカルシンキングという固い内容ですがどのスタッフでも前向きに取り組んでいけるくらいわかりやすく説明・解説してくださっており非常に扱いやすいです。特に社会経験の浅い若手のスタッフは感情的になってしまったときの対処方法がわからずネガティブに走ってしまうケースが多いです。離職を抑えるという意味でも必ず必要になってくるロジカルシンキングについて、自己分析も含めて学ぶことのできる研修なので取り入れることによるメリットは大きいと感じました。

    • [内容の理解度]

      ロジカルシンキングについての研修ですが、初級と中級に分かれており初級は基礎、中級は基礎をさらにレベルアップをさせた内容となっています。練習問題を踏まえて研修が進んでいくのでスタッフもメモで書き起こしながら学ぶことができ、効果的だと思います。難しい内容でもわかりやすいよう図を用いてテンポよく研修が進んでいくので、すんなり頭に入ってくる点も非常にわかりやすく扱いやすくなっていてスタッフも安心して研修に取り組むことができるのではないかと思います。

    • [満足度]

      ロジカルシンキングに特化した研修はなかなかないので、スタッフも求めている研修内容だと思います。ただただ講師の話を聞いて学ぶだけでは実践に繋げづらいですが、この研修ではクイズのように問題を考えながら少しずつ実践に近づけていくことができるので、あまり論理的思考が苦手なスタッフでも苦手意識なく研修を受けることができます。また、タイムライン上のコメントを読み上げるシーンも素朴な疑問やスタッフが考えそうな意見が出てくるので、親近感を持って研修に取り組めるので斬新で良いと思いました。

    • [内容の充実度]

      社会人として、論理的考えしっかり自分の意見を持って一つ一つの業務に取り組むことは必ず必要になってくるものです。トラブルをなくしていくためにも自分はどんな考え方なのか、客観的にみることができるのもこの研修で学ぶメリットだと思います。一から学ぶことができ、そもそもなぜロジカルシンキングが必要なのかという初歩的なところから学ぶことができるので、非常に取り組みやすく学ぶべきものを学べるカリキュラムだと感じました。

    • [業務に役立つか]

      業務を取り組む上で自分の頭を整理して、感情や状況を整理するという意味でもどの職種でも必ず活かせる内容です。相手を考えて動くことももちろん大切ですが、まず第一ステップとして自分の自己分析から始めることができるので、業務の中での他社とのコミュニケーションなどにも役立てることができ、人事としても感情的になっているスタッフのフォローの際「ロジカルシンキングの研修で学んだことを実践してみよう」とフォローしやすくなるのではないかと思います。

    • [利用意向度]

      実際の研修の中でロジカルシンキングに特化したものはなかなかできないので、中途社員の研修や、リーダー研修、新卒研修などでも役立てていきたいと思える内容でした。しっかり自分を振り返り、自分どのような思考で動いているのか考え直す機会にも繋がるので、実際にワークとして書き込ませる時間などは別途用意し、アウトプットの時間も設けうまく研修の中に取り入れていきたいです。また、チェックリストを用意させて整理させるよう指導していくとさらに効果的だと思います。

    • 年齢 :28歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:金融
    • 従業員規模:50名

    4.8

    【総合評価】

    ロジカルシンキングというと、感情で動きがちな人にとっては感覚を掴むまで難しく、逆に、自身では「論理的思考を持っている」と思っていてもロジカルを勘違いしている人も多く居るように思います。ロジカルシンキングをできるようになる、というのは難しい課題ではありますが、初級編と中級編に分かれていたことで、基礎的なところから学べたことがよかったです。トレーニングが必要な思考方法だと思いますのでもっとたくさん初級編の講義で例題をこなしたいいう気持ちになりました。

    • [内容の理解度]

      中級編の講師、塚原美樹さんが、淡々としている一方回りくどくなく非常にわかりやすい説明で、中級編と言えどもロジカルシンキング初心者にも伝わりやすい内容となっていました。初級編については例題が非常に多く、ロジカルシンキングのトレーニングになりました。例題、実務に近いような内容で「会社で弁当を支給したい」というようなケースだったため、自社の状況に置き換えてイメージを沸かせることが容易くなりました。聴くだけでなく。自分の頭もフル回転させる講義でした。

    • [満足度]

      弊社は創業期のベンチャーということもあり、やらなくてはいけないタスクが漏れていたり、タスク管理に何を抱えています。最新のタスク管理サービスなどを取り入れたりなどもしましたが、小まめにマイルストーンを敷き直したり、期日を設定し直したり、「タスクを管理するためのタスク」が増えてしまいうまく行きませんでした。マインドマップを取り入れればタスク管理も容易いし、自身の頭も整理されて新たに「これもやったほうがよりよくなるな」という思考に繋がると感じるので従業員にも「なるほど納得」してもらえそうです。

    • [内容の充実度]

      個人的には「ロジカルシンキングとは言われた余計な感情を入れず今ある情報だけを元に判断すること」だと思っていましたが対話者の言葉の行間を読んだり依頼の背景を汲み取ることも必要で、相手の言葉の先にはどういう目的があるのか、その目的を考えた思考=ロジカルシンキングなのだということがわかりました。それを汲み取るためには普段からやはりコミュニケーションが必要ということ。すべての仕事はコミュニケーションから始まるのだなと学びました。

    • [業務に役立つか]

      上司に論理的な説明ができず「〜を提案しても通らない→風通しの悪い会社だ」と思い離職してしまう社員がおります。”自分が提案したことが通らない”のではなく、筋が通っていれば通る話も勿論あると思うので、説明や提案の方法を本講座から学んで、提案の方法を改善してほしいと思いました。本来であれば「上司に通る提案の仕方」などは先輩が教えてくれるものなのかもしれませんが、そういった教育担当が居ない弊社のような会社では本講義から、「上司への提案の仕方」を学ぶことが可能だと感じました。

    • [利用意向度]

      実際に研修に取り入れ従業員にロジカルシンキングを身につけるよう、本講義でトレーニングして欲しいと思うのですが、やはり自分の身に染み付いた思考方法はなかなか取り払うことが難しいと思います。それを取り払うにはたくさんトレーニングをしないとせっかく講義で学んだことが活かせなくなってしまうな、と感じました。もっとケーススタディのようなカリキュラムがたくさんあると、非常に勉強になると感じます。結局の所人の意識次第なのかもしれませんが・・。

    • 年齢 :38歳|性別:男性|都道府県:石川県
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:300名

    4.4

    【総合評価】

    ロジカルシンキングという難しいイメージのため敬遠されがちなテーマに対し、対話形式で、かつ、平易で分かりやすい事例を用いて説明が進められており、理解しやすい内容となっています。また、単なるフレームワークの説明に留まらず、講座の最初に設定された課題を一歩一歩進めていくため全体の理解と実務への応用もデザインされています。気になる点を一つ挙げるとするならば、受講者の声を取り上げるシーンにおいて、趣旨と異なるコメントが読み上げられる場面がいくつかあり、混乱を生むように感じました。その場の受講者のモチベーションにつながることは理解できますが、視聴者にとっては役立たないこともあると感じました。

    • [内容の理解度]

      ロジカルシンキングは難しいイメージで捉えられがちですが、身近な事例を元に解説されていたので、とても分かりやすかったです。また、思考のプロセスを一つ一つ丁寧に、図や表を交えながら説明してくれる点も良かったと思います。ただ、最初の導入部のところで、ロジカルシンキングが一体何の役に立つのか(問題解決に役立つということ)を一言で説明してくれると、目的や意義が分かり、カリキュラムによりスムーズに入っていけるのではないかと感じました。

    • [満足度]

      仕事では様々な問題が発生し、また、お客様や上司から提案を求められる場面が多くあります。そういった場面で問題解決に役立つのがロジカルシンキングです。初級編のカリキュラムでは最初に課題が設定され、各講座で学んだフレームワークを用いて一つの提案を完成させる内容となっています。各講座を丁寧にフォローしていくことができれば受講者の満足度につながると思います。ただし、初級編の3つ目の講座で学ぶ演繹法および帰納法については、実際の仕事に応用する際には工夫が求められる難しい内容のため、いかに理解してもらうかがポイントになると思います。

    • [内容の充実度]

      ロジカルシンキングの肝であるMECEについてレクチャーされているため、学んでほしい内容はしっかりと盛り込まれていました。様々な場面で応用できるテーマであるだけに、本研修で考え方の基本をインプットしておくことができれば、学んだことを実務に活かしていけると思います。また、問題はそれを捉える人によって見方が変わってくるという点は、案外と見落としがちなのですが、それについても初級編の最初の講座で触れられていたので上級者にとっても意味のある内容となっています。

    • [業務に役立つか]

      ロジカルシンキングはフレームワークの習得です。特に、MECEについては、これを学ぶ前は、自身の今までの経験や常識、固定観念に影響されて思考が狭くなっていたり、一つの傾向に偏っていたりすることが多いため、本研修は実務では非常に有用だと思われます。ただ、初級編のカリキュラムの事例では事実の分類方法を例にロジカルシンキングを説明していましたが、実務ではなぜそうなるのか?今後どのようにしていけばよいか?という問題の方が多いため、ロジックツリーについても学習できるとより理解が深まるのではないかと感じました。

    • [利用意向度]

      カリキュラムの中で応用に関する講座は実務でもすぐに利用できると感じました。講座の最初に設定された課題を各種フレームワークを用いて分析し、提案に持っていく流れは、実務にもリンクする部分が多く、イメージもしやすかったです。一方、ロジカルシンキングとは何かを説明する最初の講座は、非常に身近で平易な事例が挙げられているため、ビジネスパーソンにとっては却って理解しづらいと捉えられる恐れがあります。もう少し実務に近い例で説明していただけると、学習しやすいのではないかと思います。

  • 効果的なロジカルシンキング研修を行うためのポイント

    • 01

      なぜロジカルシンキングが必要なのかを理解してもらう

      研修でいきなりフレームワークや思考法を教えられても、受講者はロジカルシンキングの重要性を理解できておらず、自分の業務との関連性を感じることができずに学習効果が低下してしまいます。まずは、ロジカルシンキング研修を実施する意義を受講者に理解してもらうようにしましょう。ロジカルシンキングの習得によって「実務でどのようなメリットがあるのか」を理解してから、具体的な内容を学ぶことによって、実務への結び付けを受講しながらイメージすることができます。

    • 02

      本質的な学びを意識する

      ロジカルシンキングの習得と言うと、MECEやPEST分析のようなフレームワークを使いこなすことに焦点が当たりやすいですが、それは手段に過ぎません。ロジカルシンキング研修の目的は、あくまでも論理的に物事を考え、筋道を立てることのできる人材を育成することです。手段が目的とならないように意識しましょう。

    • 03

      実戦で使えることが何よりも大事

      ロジカルシンキング研修を受けて、MECEや3C分析のようなフレームワークは理解したが実務で使用する機会が少ない、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。しかし、日々の業務においてロジカルシンキングは重要な役割を担っています。例えば、売上が足りない時に着手するべきアクションを抜け漏れなく洗い出すことも、ロジカルシンキングと言えるのです。大事なことは、ロジカルシンキングを実務のどのような場面で活かせるのかを意識して、研修のための研修にならないようにすることです。

  • ロジカルシンキング研修の目的

    • 01

      相手の意図を汲み取る力をつけ、意思疎通をスムーズにする

      研修を通してロジカルシンキングスキルを向上させることで、相手の意図を正確に汲み取り、自分の伝えたいことをわかりやすく伝えられるようになります。ロジカルシンキングを学ぶことで、筋道を立てて話すことはもちろん、相手の立場に立った言葉選びや話題提供ができます。相手にとっても理解しやすい形でコミュニケーションを取ることで、よりスムーズに意思疎通することが可能になります。

    • 02

      話の内容に説得力を持たせる

      せっかく伝えたい内容が定まっていても、論理的に順序立てて説明できなければ相手に正確に伝えることはできません。ロジカルシンキングのスキルを習得することで、感情論にならず、根拠を持った説明で相手を納得させることができるようになります。ビジネスシーンにおいて議論に感情が入ってしまうと、本来議論すべき内容に焦点が当たらず相手と必要以上に対立してしまう可能性があります。論理的に話す力を磨くことでそういったリスクを防ぎ、より高いパフォーマンスを発揮することができるのです。

    • 03

      自分で考え、決定する力をつける

      組織としてより効率よく業務を行うためには、社員一人一人がただ与えられた仕事をこなすだけでなく、自分で考え判断する力を養っていく必要があります。特に、経験を重ねて立場が上になると重要な場面での意思決定が多くなります。重要な決定を短い時間で下し、ほかの社員に分かりやすく指示を出さなければいけません。ロジカルシンキング研修で論理的思考力を養うことで、そういった場面でも客観的な視点で物事を捉え、的確な判断ができるようになります。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、ロジカルシンキングの基本から実際にロジカルシンキングを活かしたライティングやプレゼンテーションができるようになるまで幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「ロジカルシンキング入門」や「論理を徹底的に詰める「批判的思考法」」、「論理的に考える技術を仕事に活かす」などの授業があります。 このほかにも、説得力向上プログラムやロジカルプレゼンテーションについての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、ロジカルシンキング研修に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またプログラミングのスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、ビジネスパーソンとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。ロジカルシンキングだけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではロジカルシンキング研修向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「ロジカルシンキング初級研修パッケージ」や「ロジカルプレゼンテーション研修パッケージ」、「ロジカルシンキング中級研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ