11/24(Tue)

今日の生放送

コーチング研修

スクー(Schoo)のコーチング研修について、具体的なカリキュラムや特徴をご紹介します。

コーチングとは

コーチングとは、自分で考えて実行できるように支援することを言います。ティーチング(teaching)と混合されることが多いですが、コーチングの目的はそれぞれの社員のスキルやモチベーション、長所を引き出すことです。そのため、コーチングする側の上司や先輩社員は、部下とコミュニケーションを円滑に行い、部下の潜在的なスキルや表面に出てこないモチベーションの根源をつかむことが大切です。

コーチング研修の対象者

コーチング研修は、主に中堅社員や管理職を対象として行われます。コーチングスキルだけを伸ばすというよりも、マネジメントスキルの1つとして研修内容に組み込まれることが多いです。

コーチングのお悩み・ニーズ

・部下の指導方法がわからない
・褒めたり、指摘したりするタイミングが難しい
・部下とのコミュニケーションが上手くできない

コーチング研修によって、このようなお悩みやニーズを解決することができます。

コーチング研修のポイント

コーチング研修を効果的に行うために、以下の3つのポイントを抑えておきましょう。

1:コーチングは教えるのではなく「引き出す力」

コーチングを教えることと考えている人もいるでしょう。しかし、コーチングは教えるのではなく、部下のパフォーマンスを最大限引き出すことが目的です。そのため、コーチング研修というと指導方法を学ぶように思わる傾向にありますが、部下とのコミュニケーション方法を学ぶ研修という捉え方が正しいかもしれません。

2:目を向けるべきは長所

短所と長所では、短所に目が向く傾向にあります。部下を指導する際も長所を伸ばそうとするより、短所の矯正や改善に力を注いでしまう管理職の方も多いでしょう。もちろん短所を把握することや改善を進めるのは重要ですが、長所をさらに伸ばすことも意識する必要があります

3:コーチングに必要なのは質問力

一方的に指導するのではなく、部下や後輩に問いを投げかけることがコーチングには欠かせません。そのため、質問力はコーチング置いて非常に重要なスキルと言えます。質問と解答を繰り返す中で、至らなかった部分が明確になっていき、フィードバックもより具体的で本質的なものができるようになるはずです。

スクーの効果的なコーチング研修とは

スクーのビジネスプランでは、コーチングの習得に必要なスキルを、ビジネスの最前線で活躍する現役のビジネスパーソンから習得することができます。部下のパフォーマンスを最大限引き出すための会話術から、フィードバックの仕方まで、実務に活かせる授業を幅広く受講することができます。また、録画授業を何度でも自分の好きなタイミングで受講することができます。1回の受講でなかなか理解できなかったという人は、自分のタイミングで何回も受講することができるので、着実なスキルの定着ができるでしょう。

コーチング研修ラインアップ


無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,500社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ