11/24(Tue)

今日の生放送

フォローアップ研修

スクー(Schoo)のフォローアップ研修に関して、具体的なカリキュラムや特徴をご紹介します。

フォローアップ研修の対象者

フォローアップ研修の多くは新入社員を対象者として実施します。社会人になって間もない新入社員は、PDCAを回すという習慣がないため、新入社員研修とセットでフォローアップ研修を実施する企業は多いのです。

フォローアップ研修のお悩み・ニーズ

・PDCAの回し方がわからない
・社員に振り返りの重要性を認識してもらいたい
・研修で教えたことの定着度を測りたい

フォローアップ研修によって、このようなお悩みやニーズを解決することができます。振り返りを行うことでスキルがきちんと身につき、また振り返りの習慣づけにもつながります。

フォローアップ研修のポイント

フォローアップ研修を効果的に行うために、以下の3つのポイントを抑えておきましょう。

1:PDCAサイクルの徹底

PDCAとは、 Plan(計画)・ Do(実行)・ Check(評価)・ Action(改善) の頭文字をとった用語で、全てのビジネスパーソンに必須のスキルと言えます。フォローアップ研修では、過去の研修で学んだことを実施できているかを確認し(Check)、次の行動(Action)を決めるので、そもそも過去の研修時に計画(Plan)と実行(Do)ができていないと効果は期待できません。 そのため、フォローアップ研修を効果的に実践するためには、全ての研修や業務において計画・実行というステップを踏んでおく必要があるのです。

2:第三者からのフィードバックを大切に

フォローアップ研修を効果的にするためには、第三者からのフィードバックを大事にしましょう。同じ研修に参加していた社員と振り返り内容を共有し、他者の意見を参考にすることで深い学びを得ることができるはずです。例えば、同じロジカルシンキング研修を受けた人でも、実務への活かし方は人それぞれです。他の人の例を参考にすることや、自分の例を他者に共有することが最大の学びになるでしょう。

3:フォローアップが必要なのは新入社員だけではない

「PDCAは大事」。誰しもが言うことですが、実際にPDCAを常に回して業務改善を進めている人は、あまり多くありません。プロジェクト単位で実施している人はいるかもしれませんが、日々の業務でPDCAを回している人はなかなかいないでしょう。仕事のやり方が定着してきてしまっている中堅社員・管理職ほどフォローアップ研修で再度振り返りの意識を持つことが重要かもしれません。

スクーの効果的なフォローアップ研修とは

スクーのビジネスプランでは、PDCAサイクルや振り返りに必要なスキルを、ビジネスの最前線で活躍する現役のビジネスパーソンから習得することができます。効果的にPDCAを回す方法から、思考の整理法まで、実務に活かせる授業を幅広く受講することができます。

また、録画授業を何度でも自分の好きなタイミングで受講することができます。1回の受講でなかなか理解できなかったという人は、自分のタイミングで何回も受講することができるので、スキルをきちんと身につけられます。

フォローアップ研修ラインアップ


無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,500社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ