マーケティング研修

マーケティング思考は今やマーケティング職だけでなく、どの部署でも必要なスキルとなっています。このページでは、マーケティング研修のポイントやSchooのマーケティング研修の特徴について、ご紹介します。

マーケティング研修の評価・受講者数

総合評価

3.8
     
  •  
  •  
  •  
  •  

受講者数

52950
※パッケージに含まれる全講座の評価を合計したものです

マーケティングとは

マーケティングの定義は人によって様々ですが、アメリカ・マーケティング協会では下記のようにマーケティングを定義しています。「マーケティングとは、消費者、顧客、パートナー、および社会全体にとって価値のある提供物を創造、伝達、流通、交換するための活動、一連の精度、およびプロセスをいう」
また、一方でマーケティングの発明者と言われる、フィリップ・コトラーはマーケティングを「ニーズに応えて利益を上げること」と定義しています。

このようにマーケティングの定義は人によって様々ではあるものの、コトラーの定義を用いるのであれば、いわゆる広告運用や集客のことだけがマーケティングではなく、消費者や顧客のニーズに応えて、利益を上げることをマーケティングというのです。

マーケティングとWebマーケティングの違いは?

Webマーケティングとは、マーケティングの中に内包されているWebに特化した1つの手段のことです。

インターネットがインフラ化したことにより、Webへの接客時間が増え、Web上でのマーケティング活動の重要性が高まったため、Webマーケティングという言葉が生まれました。しかし、マーケティング戦略は顧客視点で考えるべきものであり、Web独自のマーケティング戦略がある訳ではないのです。そのため、基本的なマーケティングのフレームワークや、カスタマージャーニーなどの概念は、Webマーケティングを普段担っている人でも必要なスキルだと言えます。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

マーケティング研修のお悩み・課題感

実務での活かし方がわからない

マーケティング研修というと、4P分析やSTP分析、SWOT分析など数々の分析法やフレームワークがあり、それらを知識としては知っているものの、実戦で活かすことができていないという悩みはよく聞かれます。また、これらはマーケティングの上流でよく使われる手法であり、実際の業務で利用する機会が少ないということも実務での活かし方がわからない原因かもしれません。

マーケティング思考を身につけさせたい

マーケティングの考え方は、どのような部署でも必要不可欠なスキルとなってきています。
例えば、採用を担当している人事の方であれば、母集団形成や採用広報など、マーケティングの考え方を利用しているのではないでしょうか。母集団の質を上げるためにターゲティングを考え、採用広報でどのような内容を発信するべきか、それを広く知ってもらうためにどのような媒体で発信するかと言ったように、マーケティング思考は今や全社員必須のスキルと言っても過言ではありません。
しかし、マーケティング思考が身についていない社員も少なくはなく、企業の成長のためにマーケティング研修を行いたいという企業も増えています。

データドリブンの会社にしたい

DXという言葉が昨今取り上げられることが多くなりました。しかし、データを活用したUX改善や業務効率化を実現するDXのためには、そもそもデータに対する考え方について全社的に見直していく必要があります。データの取得目的の明確化や、必要データの洗い出し、データの取得や保管方法などを初期段階で検討しておくことが大切です。これらの準備を怠ってしまうと、いざデータ分析をしようとした際に、データが煩雑で欲しいデータが取得できていなかったり、データ整理に大幅な工数が必要となってしまう、という事態になりかねません。マーケティング研修を通じて、データに対する正しい知識を身につけてもらうことが重要です。

マーケティング研修のポイント

実務で活かせる実践的な研修内容にする

マーケティングのフレームワークなどを学んでも、実務で利用しなければ知識として留まってしまいます。そのため、マーケティング研修は業務で使うことを念頭に置いた実践的な内容でなければなりません。学んだことをアウトプットする機会も合わせて研修を設計するようにしましょう。研修内で「マーケティング思考を活用して日々の業務を改めて分析してみる」ような取り組みがあると、実務で活用するイメージが持てるようになり、効果的な研修になるのではないでしょうか。

各部署に沿った研修内容にする

マーケティング思考はどの部署でも必要です。そのため営業職には営業職向け、人事には人事向けのマーケティング研修を設定すると効果的でしょう。各部署に最適化された研修内容にすることで、学んだことが実務でどのように活かせるのかをイメージしやすくなるだけでなく、マーケティング思考の必要性を社員に感じてもらいやすくなります。

具体的な戦術も学ぶことができる

マーケティングというと概念的な考え方やフレームワークの話に収束しがちですが、各戦術についても学ぶ必要があります。例えば、SNSで拡散されるためのコンテンツ作成と、Googleで検索されやすいコンテンツ作成はメソッドが異なるため、どの媒体に適したコンテンツを作成するかによって学ぶ内容が異なるのです。もちろん、その上流の話としてSTP分析などがあり、どのようなセグメントでターゲティングをして、どのようなポジショニングを獲得したいという前提の話があります。そのため、マーケティング研修は上流から下流まで網羅的に学習できるようにしましょう。

スクーのマーケティング研修の特徴

マーケティングの上流から下流まで学ぶことができる

スクービジネスプランにはマーケティングのフレームワークや考え方を学ぶ上流の授業から、広告運用やSEOといった各戦術のノウハウを学べる下流の授業まで幅広い内容が揃っています。そのため、階層別や職種ごとに適したマーケティング研修を設定することができ、効果的にスキルアップをすることができるでしょう。

業界の専門家が講師として登壇

スクーの授業は各業界の専門家が登壇しています。マーケティング研修で言えば、電通や博報堂といった広告代理店から、LINEやTwitterのようなツールベンダーまで、その業界のトップランナーといえる方々が授業を行なっています。そのためマーケティングのフレームワークだけでなくケーススタディなども学び、実践的なマーケティング研修を行うことができます。

マーケティング研修だけでなく、自己啓発としても利用可能

スクービジネスプランではマーケティング研修だけでなく、社員の自己啓発を目的として活用することもできます。研修では会社が必要と思う授業を選定して社員に受けてもらい、自己啓発では自分のキャリアプランやスキルを考え、自発的に学びたいことを習得するといったような使い方もできるのがスクーの魅力です。
特にマーケティングに携わる社員は、デザインの知識であったり、プログラミングの知識であったり、求められるスキルや知識の幅が広い傾向にあります。そのため、約6,000本の動画が受け放題というスクーの特性を活かして、マーケティング研修と自発学習を組み合わせ、中長期的なキャリア形成を行うことができます。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

マーケティング研修ラインアップ


無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,600社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ