4/13(Tue)

今日の生放送

インフラ・ネットワークエンジニア向け研修

ITインフラの設計・構築・運用保守を担当するインフラエンジニア。また、その中でもネットワークの領域を担当するエンジニアはネットワークエンジニアと呼ばれ、どちらもITを活用したビジネスを行う上では欠かせない人材となっています。ITに関する幅広い知識が必要なため、育成に時間がかかるため、インフラ・ネットワークエンジニアの育成に悩む企業も少なくないと思われます。
このページでは、インフラ・ネットワークエンジニアの現状や発生している課題や、研修のポイント、Schooの研修の特徴などについて解説します

インフラ・ネットワークエンジニアを取り巻く環境

IT技術の進化により、従来まで必要不可欠とされてきた知識・スキルが別のサービスによって置き換えられたりと、システム・ネットワークエンジニアの環境は大きく変化しています。それでは、どういった点が変化しているのか、ここではインフラエンジニアとネットワークエンジニアに分けてそれぞれを取り巻く環境について解説します。

・インフラエンジニア

従来までは各企業が自社でサーバーを購入し、設定から運用保守を担当することがインフラエンジニアの主な仕事になっていました。しかし、昨今ではITインフラの基盤をクラウド上のサービスで構築する企業も増えていることもあり、これまでのインフラ・ネットワークエンジニアの技術分野と実際のニーズにギャップが発生しています。そのためインフラエンジニアはサーバーのようなハードウェアの管理が必要ではなくなり、クラウドサービスなどのソフトウェアをいかに最適化して運用できるかが求められるようになっています。またクラウド化に伴い、これまではインフラエンジニアにあまり求められてこなかったプログラミングスキルが求められていることも変化の一つです。

・ネットワークエンジニア

インフラエンジニアと同様に、ネットワークエンジニアもハードウェアの設定などの必要とされていたスキルは少なくなりつつあります。そのため、ネットワークが常に正常に稼働するように運用保守を行うことが求められています。また、最近では外部からの不正アクセスや通信量の増加によるネットワークトラフィックの解消といった、運用上で発生する障害にいち早く対応できる人材が求められています。特に不正アクセスによる情報流出は多く報道されており、企業の信頼性に関わるものです。

インフラ・ネットワークエンジニア研修の課題

インフラ・ネットワークエンジニアが実際の業務や環境の変化によって抱えている課題にはどのようなものがあるのでしょうか。これについては、企業側と現場で働く社員でそれぞれ考える課題が異なると思われます。そこで、ここでは双方の立場で発生している課題について解説します。

・企業が抱える課題

企業が抱えている課題としては、若手と中堅以降の社員とで知識やスキルにギャップがあるという点ではないでしょうか。昨今のクラウドサービスの普及により、若手のシステム・ネットワークエンジニアはクラウド技術についてはある程度詳しいものの、実際のサーバーを触った経験がないという人もいるようです。従来の社内サーバーを管理することはなく、インフラ設備に関する複雑な問題はクラウドに代替されましたが、そのスキルや経験は完全に不要というわけではありません。社内サーバーに関する様々な基本理論や、物理構成を理解していなければ、クラウド環境上で障害が発生した場合に、要因が企業側にあるのかクラウドサービスの提供側にあるのかを特定することができなくなります。そういった意味では、社内サーバーのような物理インフラを扱う際の知識や経験は必要とされるものと言えます。また、一方で中堅以上の社員についてはクラウド技術については詳しい人は多くないため、社員によってスキルのバラつきが激しくなっていることが考えられます。

・システム・ネットワークエンジニアが抱える課題

システム・ネットワークエンジニアがIT技術の変化により抱えている課題としては、学習・育成環境の整備が挙げられます。人材が不足していることにより、自己研鑽や新人教育のための時間の確保、常に最新の技術を学習できる環境が必要です。前述した通り、クラウド化によってこれまで必要とされてきたスキル・経験だけでなく、新しいプログラミング言語の習得やクラウドサービスの設定、運用方法についても身に着ける必要があります。まだ自社サーバーでITインフラを運用している企業であっても、クラウド化を進めるに当たり、最新のスキルについての知見のある人材を育成していく必要があるのです。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

インフラ・ネットワークエンジニア研修のポイント

インフラ・ネットワークエンジニア研修には、いくつかポイントがあります。効果的な研修を実施し、少しでも早く一人前のインフラ・ネットワークエンジニアとして活躍してもらうために、ここでご紹介する内容を参考にしてみてください。

・スキルマップを作成して社員のスキルを把握しておく

スキルマップとは社員のスキルを管理するために多くの企業で使われているツールです。業務で必要なスキルを洗い出して、一覧表のようなものを作成します。その表をもとに、不足しているスキルを可視化し、計画的な人材育成を図ることが可能になります。また、社員としても自分に足りていないスキルを把握することができるため、成長意欲やモチベーションの向上にも繋がります。

・振り返りの機会を適度に設ける

できる限り早期の戦力化を図りたい場合、しっかりと振り返りをする機会を設けることが重要です。毎日業務をこなしながら、自分の行動や考えを客観的に振り返ることは難しいことではあります。しかし、日々の経験を成長に変えるためには、振り返りを実施することは欠かせません。振り返りの方法としては、日報や週報などを作成してもらい、育成担当者がフィードバックをするという形式でも良いでしょう。そうすれば、育成担当者としても社員ごとに抱える課題を把握することができます。

・研修の形式はオンラインがおすすめ

インフラ・ネットワークエンジニアの場合、企業によっては客先に常駐してプロジェクトに参加するところも多いと思われます。その場合、研修のために会場に集めるという方法は、時間やコスト面でも受講者の負担になりかねません。研修をオンラインで実施できるように整備しておけば、客先で研修に参加することができます。また、録画した動画を視聴する形であれば、自宅での学習も可能なだけでなく、研修担当者としても何度も研修を実施する必要がなくなるため、研修を効率化させることが可能です。

スクーのインフラ・ネットワークエンジニア研修の特徴

Schooビジネスプランでは動画を用いたオンライン研修サービスを提供しており、時間や場所を選ばず個々人が自分に合ったペースで学習することが可能です。インフラ・ネットワークエンジニア研修のカリキュラムもご用意しているので、効率的に研修を行うことができます。ここではSchooの研修パッケージを利用するメリットについてご紹介します。

・インフラ・ネットワークエンジニアに必要なスキルを網羅的に学習できる

Schooのオンライン学習サービスでは、LPICやCCNAなどの試験対策からサーバーー設計の実践、クラウドの基礎知識など、インフラ・ネットワークエンジニアの育成に活かせる幅広い研修動画を提供しています。また、大手研修会社の研修で教鞭を執られている方やビジネスの第一線で活躍されている方などプロの講師から学べるので、より実践的なスキルを身につけることができます

・インプットだけでなくアウトプット型の研修もご用意

ただプログラミング知識をインプットしても、実際の業務に活かすことができなければ意味がありません。そのため、Schooのインフラ・ネットワークエンジニア向け研修ではプログラミング言語ごとによって実践研修パッケージもご用意しています。インプットした内容をすぐにアウトプットできるため、効率的に学習を進めることが可能です。また、動画研修となっているため、理解ができていない点は再度視聴して復習ができるため、効果的にスキルを習得できます。

・プログラミング以外のスキルも学習可能

Schooでは、インフラ・ネットワークエンジニア向けの研修コンテンツはもちろんのこと、基本的なビジネススキルも学習可能です。例えば、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルなど、インフラ・ネットワークエンジニアと一口に言っても、担当している業務によって必要なスキルはそれぞれ異なります。個々人が必要に応じて学べるよう、豊富なコンテンツをご用意していることもSchooのオンライン研修サービスの特徴です。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

インフラ・ネットワークエンジニア向け研修ラインアップ

インフラ・ネットワークエンジニア研修のQ&A(よくある質問)

Q1.インフラ・ネットワークエンジニア向けの授業にはどんなものがありますか?

スクーでは、LPICやCCNAなどの試験対策からサーバー設計の実践まで、インフラエンジニアの育成に活かせる幅広い研修動画をご用意しています。
一例をご紹介すると「LPIC/LinuC(レベル1)試験対策 」や「さくらのVPS入門」、「VPN/VLAN入門」などの授業があります。
このほかにも、サーバー運用や設計・構築、AWSやGCPのクラウド基礎知識についての授業などもご用意しています。

Q2.スクーのインフラ・ネットワークエンジニア研修のポイントは何ですか?

スクーでは、システムエンジニアの育成に活かせる幅広い研修動画をご用意しています。またエンジニアスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。
例えばチームとしての力を磨くためにエンジニア職におけるマネジメントについて学んだり、社内や常駐先での円滑な業務のためにコミュニケーションについての授業を受けるなどの学び方ができます。
いつでもどこでも授業を受けることができるので、システムエンジニアとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。
また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

Q3.スクーのインフラ・ネットワークエンジニア研修の他社にはない強みは何ですか?

スクーでは4500本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。
また、コミュニケーションスキルアップやデザインの基礎、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。エンジニアスキルだけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

Q4.インフラ・ネットワークエンジニア向けの授業がたくさんあるようですが、どのように選んだらよいですか?

スクーではWebエンジニア向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。
一例をご紹介すると、「IT資格対策研修パッケージ」や「サーバー運用研修パッケージ」、「クラウド基礎知識(AWS編)研修パッケージ」などがあります。

Q5.当社の状況を踏まえたインフラ・ネットワークエンジニア研修パッケージは作れますか?

授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

Q6.1つの授業を受講するのにどれくらいの時間がかかりますか?

1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。
スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。
また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。
また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

Q7.スクーの法人プランは何人から契約が可能ですか?

20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q8.授業をする先生にはどんな人がいますか?

スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。
そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

Q9.スクーのオンライン研修についてより詳しく知りたいのですが?

以下よりお問い合わせください。

問い合わせる

追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。
またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

Q10.研修後、受講者が取り組む課題を設定することはできますか?

オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。
授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,600社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ