プレゼンテーション研修

─相手の行動変容につなげるプレゼンテーション力を身につける─

プレゼンテーション研修でよくあるお悩み

  • プレゼン力が不足している
  • 個々の課題がバラバラで研修がしづらい
  • プレゼンに必要な情報収集力・分析力を向上させたい

Schooのプレゼンテーション研修の特徴

  • 01

    プレゼンテーションについて効果的にスキルアップできる

    プレゼンテーションについて、基礎から強化まで様々なレベルの授業をご用意しています。 また、その道のプロからプレゼンテーションスキルについて学ぶことができるので、効果的にスキルアップが可能です。

    プレゼンテーションについて、基礎から強化まで様々なレベルの授業をご用意しています。 また、その道のプロからプレゼンテーションスキルについて学ぶことができるので、効果的にスキルアップが可能です。

  • 02

    個々のプレゼン課題に最適化した学びで効率的に学習できる

    Schooではプレゼンテーションスキルのほか、ヒアリング力や仮説構築力についての授業など、様々なカテゴリの授業をご用意しています。 そのため個々人の課題に沿って学習し、効率的にスキルアップしていくことができます。

    Schooではプレゼンテーションスキルのほか、ヒアリング力や仮説構築力についての授業など、様々なカテゴリの授業をご用意しています。 そのため個々人の課題に沿って学習し、効率的にスキルアップしていくことができます。

  • 03

    実践的なプレゼンスキルが学べる

    情報収集やデータ分析の方法など、実践的なスキルが身につく授業を多数ご用意しています。 入門から学ぶことができるので、新入社員の基礎的スキルの習得から、若手・中堅社員のスキルアップまで、様々な活用方法が可能です。

    情報収集やデータ分析の方法など、実践的なスキルが身につく授業を多数ご用意しています。 入門から学ぶことができるので、新入社員の基礎的スキルの習得から、若手・中堅社員のスキルアップまで、様々な活用方法が可能です。

プレゼンテーションに必要なスキル

  • 1.相手を動かすプレゼンテーションスキル

    プレゼンテーションの目的は、相手に行動を起こさせることです。相手を惹きつける話し方や論理的でわかりやすい伝え方などを身につける必要があります。聞き手を動かすための基本的な考え方や、ポイントを学びます。

    主な課題

    • ・プレゼンへの苦手意識を無くしてほしい
    • ・聞き手の行動変容につながるようなプレゼンスキルを身につけてほしい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは、プレゼンテーションスキルを向上させたい方のために、「1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-』」や「「真・コミュニケーション能力」の教科書 -論理的に話す力編- 」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、効率的にプレゼンテーションスキルを学習することができます。

    《プレゼンテーションスキル向上におすすめの研修》

    • プレゼンテーションスキル基礎研修パッケージ

      人前で話すときのポイントや論理的に話す力、シンプルに伝えて相手を動かす技術について学び、プレゼンテーションの基礎を身につけることができる研修パッケージです。プレゼンについて初めて学ぶという方だけでなく、プレゼンに苦手意識がある方やわかりやすいプレゼンの方法について学びたい方にもおすすめです。

      【合計:9時間】 受講者人数:92,737人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

  • 2.ヒアリングスキル

    ヒアリング能力を向上させることにより、顧客に対してより良い提案をする能力を身につけることができます。お客様の満足度を高める質問、“売らず”に“売る”方法などプレゼンテーションを円滑に進めるスキルを学んでいきます。

    主な課題

    • ・営業職の質問力を伸ばしたい
    • ・顧客から様々な情報を引き出す力をつけて欲しい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは、ヒアリングに苦手意識を抱える方のために、「話し下手ほどうまくいく、聞く技術『アクティブリスニング』」や「相手を課題解決へと導く『質問力』の鍛え方」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、効率的にヒアリングスキルを学習することができます。

    《ヒアリングスキル向上におすすめの研修》

    • 顧客ニーズの引き出しに活かす!ヒアリングスキル向上研修パッケージ

      ヒアリングに苦手意識がある方を対象とした研修パッケージです。アクティブリスニングなどのスキルを身につけ、ヒアリング能力を向上させ、顧客に対してより良い提案をする能力を身につけることができます。

      【合計:7時間】 受講者人数:103,474人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.説得力

      ロジカルシンキングを身につけることにより、プレゼンテーション全体の説得力を上げることができます。文系出身だから数学などのロジックが弱い、答えがないものをどう進めていけばいいかわからない、といった課題のために、「Why型思考ーAIに代替されない課題設定力ー」「論理を徹底的に詰める「批判的思考法」、などが学べるオンライン研修をご用意いたしました。

      主な課題

      • ・自身で課題を身につける能力を身につけさせたい
      • ・説得力のある意見を出せるような社員を育成したい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、新入社員や若手社員のためにロジカルシンキングの思考法など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、スキマ時間を上手く活用しながら将来のマネージャー候補にぜひ身につけさせたいロジカルシンキングを教育することができます。

      《説得力向上におすすめの研修》

      • ロジカルシンキング中級研修パッケージ

        この研修パッケージは、基本から一方進んだロジカルシンキングスキルを身につけたいという方向けの研修内容となっています。論理に問いを立てる事で物事を正しく解決する「批判的思考法」や、類似点から着想を得る思考術アナロジカルシンキングを学ぶことで、論理的思考力を高め、実践で活用する方法を身につけることができます。論理的思考のトレーニングや事例を通じて学ぶことができるので、自ら考えながらロジカルシンキングスキルを磨くことができます。

        【合計:10時間】受講者人数:38,591人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 4.プレゼン作成力

      実践的な資料作成スキルを身につけ提案力の強化を図ります。PowerPointとはどのようなソフトで、資料作成に必要な前提条件などを解説しています。またスライドのコピーの仕方や図形の挿入方法、効果的なプレゼンテーションを行うために必要なアニメーションの付け方を中心に解説しています。

      主な課題

      • ・PowerPointの基礎スキルを身につけてほしい
      • ・PowerPointで資料作成ができるようになってほしい

      ここがポイント

      Schoo for Businessのプレゼンテーション資料作成研修では、企業向けにOfficeトレーニングや企業内活用セミナーを行っており、実務レベルトレーニングを得意とする講師や、チーフデザイナーとして企業資料のリデザインやクリエイティブチェックを行なっている講師など、経験豊富なプロから基礎知識を学ぶことができます。だからこそ、実践的な資料作成スキルを身につけることができます。

      《プレゼン作成力向上におすすめの研修》

      • プレゼンテーション資料作成入門研修パッケージ

        全6時間でPowerPointでの資料作成方法を学ぶことができる研修パッケージです。「PowerPointとは」から教えてくれる授業のため、これまでPowerPointを全く触ってこなかったという人でも1から学ぶことができます。また、PowerPointを用いた資料作成の基本的な知識も学ぶことができるため、PowerPointの基礎スキルはこのプレゼン研修パッケージで全て身につけることができるはずです。

        【合計:6時間】 受講者人数:34,988人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのプレゼンテーション研修の
評価・口コミ

4.5

【総合評価】

    • 年齢 :48歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:ITサービス
    • 従業員規模:300名

    4.6

    【総合評価】

    まずはこのカテゴリーの膨大なカリキュラムに圧倒されました。紹介動画だけでも数十時間程度のボリュームがあり、話し方や相手に対する理解度促進といったコミュニケーション、プレゼン資料に落とし込む時の考え方、ビジュアルの見せ方、そして基本的な操作、考え方、作り方など非常に多岐に渡っていました。その中から必要な所を閲覧することが出来ます。そういった意味でも、非常に選択肢が多いという観点から、総合評価は高いと考えています。新入社員から応用を改めて復習したい、またプレゼンの理論を改めて学んで行きたいベテラン社員までに効果が高いと思います。

    • [内容の理解度]

      平易なものは勿論非常に分かりやすく説明されているものが多いです。特にプレゼンの動作が必要なものについては、動作説明を細かく数時間を掛けてやってもらえると、初めてツールを使う新入社員にも非常に丁寧な作りだと思います。今は新入社員も入社前の大学時代に触れているので、本当に学んだことがない、また細かい所から改めて学びたいなどのニーズにも対応しています。さらに、常に伝える事、プレゼンする事を仕事にしている方が講師なので(もちろん、講座でもプレゼンしている)、非常に伝え方も分かりやすい講師が多く、聞く方も聴きやすいです。

    • [満足度]

      総合的に見ると満足度は高いと考えていますが、社員の中では、カリキュラムにないようなスキルを学びたい方もいる印象でした。勿論一般的に大切なプレゼンについて講義をされているので対象ではないですが、ニッチなところで行くと、例えば投資家に対して数字が多めのIR資料を説明する必要がある社員や、同じくグラフの効果的な見せ方やビジュアル重視のコミュニケーションを行いたい者などです。定性的なフレームワークだけではなく、定量的なプレゼンの際に効果的なポイントなども充実して頂けると社員満足度は更に上がりそうです。

    • [内容の充実度]

      カリキュラム内の内容が多岐に渡っているため、自身が必要な内容を考えて学んで行く必要がありそうです。そのため、そこに上手くはまる場合は学んで欲しい内容が提供できると思います。プレゼンは得意苦手なポイントが、論理的なプレゼンがしっかりと出来るか、聞く側の立場に立って理解しているか、一方的に伝える内容になっていないか、またビジュアルが分かりやすいものになっているか等、社員それぞれですが、そこに少しでもフィットすれば学べている印象です。

    • [業務に役立つか]

      研修の内容をいわば丸々そのまま踏襲して実施すれば実務ですぐに役立つと思います。あとは逆に、自分がプレゼンテーションで困った時に、どういった研修があったかを振り返ってその内容を思い出す形で活用するというのもあります。いわばマニュアルに近い形のカリキュラムであるため、どの講座も比較的実務には直結しています。あとは、講師自体がそれぞれのプレゼンの経験を基に講義をしているので、その講師の話し方、考え方、振舞い方などをそのまま真似てみるというのも実務に活かす一つの方法であると思います。そのあたり社員が実践してくれれば人事としても一つの研修成果として位置づけることが出来ます。

    • [利用意向度]

      最初はプレゼンは職種に紐づく特性があると考えていたので、部門内での研修で効果的であるとイメージしていました。しかしながら、カリキュラムの中の研修テーマを見ると、テーマと参加する従業員の相性にもよりますが、セールス向け、管理部門向け等の部門向けとともに、新人向け基礎スキル、マネージャー向け論理的思考など、階層別研修としても使えると改めて思いました。利用するならまず職種向けになりそうですが、人事としてはプレゼンはあらゆる部署で重要な要素と捉えているため、階層別というタテとヨコの観点でも考えられるという新たな発見も今回ありました。

    • 年齢 :28歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:美容
    • 従業員規模:50名

    4.8

    【総合評価】

    「学びたい内容である」と個人的に感じました。おそらく多くの人が学びたい内容でもあるとも感じます。というのも、 企業で生きていくにあたり、上長に提案する、大きな場面でプレゼンテーションをするというのは避けて通れない道であり、多くの方が「説得力のあるプレゼントは」という悩みを抱えていることと思います。その中でも本講義ではプレゼントは「要点力」「ファクト」「説明力」が大事なのだということが具体的に伝わる講義でした。

    • [内容の理解度]

      コロナ禍での放送になっているからかもしれませんが、リモートで行われているカリキュラムもあり、講師の方の音質が少し気になると感じたことと、少し時差的な感じでアシスタントの方とやりとりのリズムが気になると感じました。また、資料もオンライン会議ツールで出されているため、「資料+講師の方」という構成になっていてアシスタントの方の表情などを見れず、残念だったなと感じました。リモートでない講義については概ね満足でした。

    • [満足度]

      研修のパッケージとして「基礎」「向上」「強化」と大きく3つのパッケージに分かれており、自分の実力にあった講義を選べるため、従業員も「自分の状況に見合ってないな」という感情を持たず飽きずに聞くことが可能な研修でした。特に全体を通して「プレゼンはファクトも大事だが、ファクトだけでなく相手に響くストーリーを組み建てた説明」が必要だということを学べる講義でしたのでそのような力を身につけることができる研修だと感じました。

    • [内容の充実度]

      特にプレゼンテーション資料作成入門のカリキュラムは従業員全体に学んでほしい内容でした。 若い社員が多い弊社ではOAスキルの無い従業員が多く、資料を作成させると、資料に色が多く、何が大切なのかが全く分からない資料になって完成されることが多くあります。それを見て「色が多く文字が多い資料はわかりにくい」と言って回る日々ですが、それが正義だと思う社員が多く、言っても言っても母数が多すぎて中々全社的には改善しない状況です。ですので、ぜひ皆に本講義を見てもらい、著名な先生の力を借りて「このような資料は見づらいのだ」というような事実を突きつけてそこから改善してほしいと感じました。

    • [業務に役立つか]

      役立つ内容ばかりでした。仕事柄、士業の先生を相手にプレゼンを行うような機会も多くありますが、士業の先生相手に説得力のある説明をすることに苦手意識を感じている従業員が私を含めたくさんおります。先生を納得させないと業務に差し支える中、納得してもらえないことが多く心が折れるような毎日でしたが、相手方も忙しい中で時間を割いてもらっている以上、「要点を掴んで」「筋道を立てて」「アウトプットを分かりやすく」説明することが必要でそれによって相手に納得感を持った説明ができるのだな、と本講義を聞いて私自身にも自信が沸いてきました。

    • [利用意向度]

      業務で上のレイヤーへの説明が必要な職責にある従業員や、顧客に対して納得性のある説明をしなくてはならない業務担当者にぜひ利用してほしい研修だと感じました。上長への説明や顧客への説明力に苦手意識を感じる従業員も多いため、本研修を受講し、苦手意識を改善してほしいです。また、資料作成のカリキュラムなどは、資料作成が苦手な一般社員にとっても、会社のためのみならず自身のスキルアップになるような内容でしたので、自身のスキルアップのために役立ててほしい研修でした。

    • 年齢 :38歳|性別:男性|都道府県:石川県
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:300名

    4.2

    【総合評価】

    プレゼンテーションに必要な各種テクニックを総合的に順序立てて学ぶことができます。新入社員に「どんな仕事が難しいか?」と尋ねると、かなり高い確率で「プレゼンテーションの仕事が難しい」という返事が返ってきます。これまでの人生において何かのテーマについて資料をまとめて発表し、評価を受けるというプロセスを経た経験が少ないからでしょう。この研修を受講すれば、相手が何を求めているか?分かりやすく伝える方法は何か?資料はどのように見せればよいか?が全て習得することができます。

    • [内容の理解度]

      テーマがプレゼンテーションであるだけに、さすがに各講座とも非常に分かりやすく構成・表現されており、話の展開もスムーズです。パワーポイントをいかに駆使するかという技術的なことだけでなく、伝えたいことをシンプルに伝える方法や、デザインの技法について、丁寧に学ぶことができます。提出された課題を点検し、どこをどのように修正すべきなのか一つ一つ具体的に教わることができます。ただし、アニメーションを用いた資料作成や英語での発表となると、当てはまる方は限られてくるのでカリキュラムの取捨選択が必要となるでしょう。

    • [満足度]

      プレゼンテーション・スキルはどの年代からも学びたいというニーズが強いため、この研修のようにデザインやロジック、ストーリーについて具体的に学ぶことができれば、受講者の満足につながるはずです。業務にもすぐさま役立つことでしょう。ただ一つ、課題があるとすれば、プレゼンテーションは多くの人の前で行われることが多いため、人前で緊張しないように心の準備をする必要があります。人によってはいわゆる「あがり症」の方もいるため、この点の解消法があればさらに満足度は向上するでしょう。

    • [内容の充実度]

      パワーポイントの作り方・見せ方、論理の展開方法、言いたいことをシンプルにする方法、話す内容やスピードなどプレゼンテーションに必要なスキルを学ぶことができると思います。レベルも難しすぎず、また、易しすぎず丁度よいレベルになっています。この研修を受けた受講生であれば、いきなりプレゼンテーションを依頼しても何とかなると感じてもらえるでしょう。特に、資料作成においてファクトの収集にあたり、主張したいことの裏付けとなる資料を探す、該当する資料がなければアンケート等を取って作るという観点は受講生にとって新鮮なものと映るでしょう。

    • [業務に役立つか]

      パワーポイントの作成については、主にプレゼンテーションの場面で役立つと思われます。パワーポイント以外の部分である、シンプルに話す技術や論点を要約する技法については、プレゼンテーションの場面だけでなく、通常業務においても応用できるスキルであると思います。その意味で非常に学習効果の高い研修ではないでしょうか。ただ、動画を用いた資料作成は、人によっては高度すぎるため利用する場面が限られてくるでしょう。英語を使ったプレゼンテーションも同様です。

    • [利用意向度]

      若手社員の研修に是非とも織り込みたい研修です。プレゼンテーションは広くいえばコミュニケーションの一種です。コミュニケーション・スキルは若手からベテランまであらゆる階層で等しく必要とされるスキルですが、特にプレゼンテーションの場面では若手社員が抜擢されて発表の担当となることが多いため、若手社員に受講させたいと思います。とはいえ、実際のところプレゼンテーションの機会が社外・社内含めてそれほど多くないのも事実です。それだけに少ない機会においてきちんと成果を出せるように、この研修を通じて万全の準備を整えてほしいものだと思います。

  • 効果的なプレゼンテーション研修を行うためのポイント

    • 01

      プレゼンテーション研修の目的を明確にする

      プレゼンテーションのスキルを伸ばすというと、話し方を変える・資料をきれいに作るといった手法に意識が向いてしまいがちです。しかし、プレゼンテーション能力を向上させる最大の目的は、「受注を増やすため」、「上司を説得するため」といった他者の行動を変容させることにあります。その前提を忘れて細かいスキルの研修だけにならないようにしましょう。

    • 02

      自分を客観的に見る機会を作る

      自分のプレゼンテーションを客観的に見ることで、何が課題なのかをつかむことができます。論理的に話せていなかったり、反対に論理的に話しすぎて感情が入っていなかったりといった問題点を自分で見つけられるようになる事で、研修後も日々の業務の中でPDCAを回せるようになります。

    • 03

      他者からのフィードバックをもらう

      自分を客観的に見て改善するだけでなく、プレゼンテーション研修を通じて他者からのフィードバックをもらうことで、さらに効果的にスキルアップすることができます。どうすればプレゼンテーションが良くなるのかというアドバイスを互いにし合うことで、チームでPDCAを回すようにしていきましょう。また、プレゼンテーションが上手な人の動画を撮り、何が良いのかを分析し、まねることも役立つはずです。

  • プレゼンテーション研修の目的

    • 01

      相手を納得させるプレゼンテーション方法を学ぶ

      提案したい内容をどんなに綿密に準備していても、相手が納得しなければ結果に反映させることはできません。同じ内容をプレゼンしていても、話し方や表情、言葉選びによって相手が受ける印象は大きく異なります。相手を納得させるプレゼンテーションに必要な姿勢や伝え方を研修で学び、自分のアイデアをより魅力的に伝えられるようにしましょう。

    • 02

      プレゼンテーションに説得力を持たせ受注を増やす

      効果的なプレゼンテーションの良さとは、相手に自分の伝えたいことが伝わりやすいということだけではありません。ビジネスにおいては、顧客の考えを良い方向に変えたり、獲得できる受注案件数を増やしたりと、直接的な成果に繋がります。自社の商品やサービスの魅力を相手に響くように伝えるには、説得力のあるプレゼンテーションについて研修で学ぶことが大切です。伝える順序や話のテンポなどプレゼンテーションに工夫をすることで、結果的に組織に利益をもたらすことができます。

    • 03

      演習を行い、職場で活かせるスキルや知識を身に付ける

      より説得力のあるプレゼンテーションには、話の構成や資料の内容、話し方や立ち振る舞いなど、多面的な工夫とスキルが重要です。プレゼンテーション研修を通して学んだことは現場での多くの場面で活かすことができます。研修を通してスキルを習得することで人前で話すことに自信がつき、普段の業務でも積極的に自分の意志やアイデアを出せるようになります。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、プレゼンテーションの基本からプレゼンテーションを通して説得力のある提案ができるようになるまで幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-」や「ストーリーのある「伝わるプレゼン」」、「説得力向上プログラム」などの授業があります。 このほかにも、ヒアリングスキルや資料作成スキルについての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、プレゼンテーション研修に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またプレゼンテーションのスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、ビジネスパーソンとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。プレゼンテーションスキルだけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではプレゼンテーション研修向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「プレゼンテーションスキル基礎研修パッケージ」や「プレゼンテーションスキル強化研修パッケージ」、「ロジカルプレゼンテーション研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ