11/24(Tue)

今日の生放送

IT研修

IT研修は各企業によって必要とされる言語が異なるため、それぞれの企業でどの言語の研修を実施するのか検討する必要があります。また、昨今では開発部門以外でもPythonを利用した業務効率化を行ったり、データ分析を実施したりと、IT研修のニーズは高まっています。さらにはDXを推進する企業も増えてきており、基礎的なITの知識は業種・業界を問わず求められるような時代になってきています。

IT研修でよくあるお悩み

IT研修は新入社員が受けるような初歩的なものから、中堅社員や管理職が受けるべき実践的なものまで、数多く存在します。そのため、各社員の階層やスキルに応じて、研修内容を細かく調整する必要がありますが、数多くある研修の中から最適な研修を選ぶことに課題感を抱いている研修担当の方も少なくないでしょう。また、エンジニアやプログラマーのスキルは専門領域に該当するため、CTOや開発部門の責任者でないと、どの研修が効果的かを判断することが難しいという実情もあるかもしれません。

主なIT研修の種類

IT研修と言っても、その種類は多岐に渡ります。フロントサイドなのかバックエンドなのかによっても必要なスキルは異なり、ビジネス職なのかエンジニアなのかによっても求められるスキルレベルが異なります。そのため、IT研修の主な種類を整理しておきましょう。

・OAスキル系

MicrosoftのWordやExcel、PowerPointのスキルはビジネス職にも求められます。特にExcelは関数の知識が求められるため、苦手意識を持っている人がつまずきやすいでしょう。Excelのスキルにも基礎的なものから応用的なものまで幅広くあるため、階層によって研修内容を細かく調整する必要があります。

・IT開発系

プログラミング言語やアプリ開発、システム開発系がこのIT開発系に含まれます。一般の人がIT研修と聞いたときに思い浮かぶイメージはこのジャンルでしょう。OAスキルと異なり、ビジネス職の誰しもが必須のスキルではありませんが、デザイナーやマーケティング部門は、これらの研修を受けることによって業務の幅を広げることができます。

・情報リソース利用系

リモートワークが一般的になってきた昨今では、セキュリティ対策に重きを置いている企業も少なくありません。管理部門がセキュリティ対策を担う場合もあるため、企業によっては開発部門だけでなく、セキュリティ対策部署の人もセキュリティ系や情報管理系の研修を受けることもあるでしょう。

IT研修のポイント

IT研修を実施する際のポイントをご紹介します。

1.各受講者のレベルに合った研修を

効果的なIT研修を実施するためには、各社員のレベルに合った研修を実施すべきです。習得スピードも各社員で異なるため自分のペースで進めつつ、進捗管理を管理職や研修担当者ができるような体制にすると効果的な研修を実施することができるでしょう。

2.実務に反映できているかを確認

研修のための研修になってしまうことは、IT研修だけでなく、全ての研修に置いて留意しておくべきでしょう。テストやアンケートで研修後に習熟度を測ることも重要ですが、何より大事なことは実務で研修で学んだ内容が活きているかどうかです。実務で学んだ内容を活かしているかどうかは、四半期や半期の振り返りの際に上長が意識的にヒアリングしていきましょう。

3.技術の向上だけに捉われない

IT研修というと、プログラミング言語を学ぶものというイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、実際の現場ではプログラミング言語のスキルだけでなく、プロジェクト管理スキルやマーケティング的な考え方、他部署とのコミュニケーションを求められる場面も多くあり、特に優秀なエンジニアほどコミュニケーションスキルが優れている傾向にあります。そのため、言語だけではなく対人スキルなども含めて研修プランを思考する必要があるでしょう。

スクーの効果的なIT研修とは

スクーのビジネスプランでは、数多くのプログラミング言語を基礎編から応用編まで幅広く受講することができます。何度でも自分の好きなタイミングで受講できるので、誰でも簡単に研修を受けることができるでしょう。

また、スクーではプログラミング言語だけでなく、プロジェクト管理の方法やコミュニケーション術に関する授業も多く取り揃えています。それぞれの社員に合わせて対象とする研修動画を変えることができるので、階層別に研修内容を設定し、より効果的な研修を実施することができます。

IT研修ラインアップ


無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,500社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ