IT研修

─レベルに合った学びで効果的にIT研修を実施─

IT研修でよくあるお悩み

  • ITリテラシーやExcelなどの基礎から学ばせたい
  • ITスキルを用いて業務を効率化したい
  • 最先端のDX・AIの知識を身につけて欲しい

SchooのIT研修の特徴

  • 01

    ITリテラシーやExcelなど基礎的なITスキルを体系的に学べる

    Schooには7,000本以上の授業があり、ITリテラシーやExcelを基礎から学べる授業も多く揃っています。これらを組み合わせて体系的な研修を組むことができるので、社内のITスキルの底上げが可能です。

    Schooには7,000本以上の授業があり、ITリテラシーやExcelを基礎から学べる授業も多く揃っています。これらを組み合わせて体系的な研修を組むことができるので、社内のITスキルの底上げが可能です。

  • 02

    RPAやSQLなど実務で使うITスキルを1から学べる

    Schooには業務を効率化させるためのITスキルを学べる授業も多く揃っています。RPAやSQL、Pythonなどを基礎から学ぶことができるので、初めてプログラミングをする人でも挫折せずにスキルを習得することができます。

    Schooには業務を効率化させるためのITスキルを学べる授業も多く揃っています。RPAやSQL、Pythonなどを基礎から学ぶことができるので、初めてプログラミングをする人でも挫折せずにスキルを習得することができます。

  • 03

    DXやAIなど最新技術を学べる

    DXの基礎やIOTの活用、AIの最新動向まで様々な授業をご用意しています。最新技術について学べるほか、業界ごとの事例も豊富なので実務への活用イメージも持ちやすいのが特徴です。

    DXの基礎やIOTの活用、AIの最新動向まで様々な授業をご用意しています。最新技術について学べるほか、業界ごとの事例も豊富なので実務への活用イメージも持ちやすいのが特徴です。

ITスキル向上に求められる力

  • 1.OAスキル

    MicrosoftのWordやExcel、PowerPointのスキルはビジネス職にも求められます。特にExcelは関数の知識が求められるため、苦手意識を持っている人がつまずきやすいでしょう。Excelのスキルにも基礎的なものから応用的なものまで幅広くあるため、階層によって研修内容を細かく調整する必要があります。

    主な課題

    • ・Excelの関数に苦手意識がある
    • ・WordやPowerPointなどのショートカット機能を駆使したい

    ここがポイント

    「最速のExcel術」「Word入門 仕事上のドキュメント作成効率化」「PowerPoint入門 仕事上のスライド作成効率化」など、普段使うOAスキルを効率化できる授業を揃えました。ビジネスマンなら必ず押さえたいスキルが、オンラインならいつでもどこでも何度でも学び直すことができます。

    《OAスキル向上におすすめの研修》

    • 社会人基礎スキル向上研修パッケージ(OAスキル編)

      MicrosoftのWordやExcel、PowerPointのスキルはビジネス職にも求められます。特にExcelは関数の知識が求められるため、苦手意識を持っている人がつまずきやすいでしょう。Excelのスキルにも基礎的なものから応用的なものまで幅広くあるため、階層によって研修内容を細かく調整する必要があります。

      【合計:7時間】 受講者人数:25,038人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.IT資格

      IT系の資格を取得することにより就職・転職を有利に進めることができます。「LPIC/LinuC(レベル1)試験対策」や「ネットワーク入門 Cisco Networking Academy -CCNA ITN-」を通してIT資格の取得を目指しましょう。

      主な課題

      • ・IT系の資格を取得して、就職・転職を有利に進めたい
      • ・サーバーやネットワークの仕組みについて独学で学ぶことに限界を感じている

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、LPICやCCNAなどのIT資格取得が必要な方のために、「LPIC/LinuC(レベル1)試験対策」や「ネットワーク入門 Cisco Networking Academy -CCNA ITN-」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、効率的にIT資格に必要な勉強ができます。

      《IT資格取得におすすめの研修》

      • IT資格対策研修パッケージ

        IT資格対策研修パッケージでは、Linux技術者認定試験であるLinuC(リナック)とネットワークエンジニアの資格試験であるCCNAといった資格取得を目的としています。Schooのオンライン研修では、「これから就職や転職活動で有利に進めるために資格を取得したい」「昇給に必要なので資格取得をしたい」などといった方向けに、挫折することなく資格取得を目指すことができます。

        【合計:35時間40分】 受講者人数:69,521人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.業務自動化スキル

      プログラミング言語やアプリ開発、システム開発系がこのIT開発系に含まれます。一般の人がIT研修と聞いたときに思い浮かぶイメージはこのジャンルでしょう。OAスキルと異なり、ビジネス職の誰しもが必須のスキルではありませんが、デザイナーやマーケティング部門は、これらの研修を受けることによって業務の幅を広げることができます。

      主な課題

      • ・業務を自動化して生産性を上げて欲しい
      • ・データ分析ができる社員を育成したい

      ここがポイント

      Schoo for BusinessではPython初心者の方や文系人材の方向けに、ビジネス現場で実際に使えるデータ分析や業務効率化について学べる研修動画をご用意しています。文系人材の方も習得が必要となっていくPythonについて、動画を見ながら無理なく学習することができます。例えば、市場の相場データを分析しながら仮説を立てる力やデータ分析のためのプログラミングスキルを学ぶ授業「Pythonで投資シミュレーション」、Excelデータを扱う処理をPythonを活用して効率化できる授業「Excel×Pythonで業務効率化」などをご提供しています。

      《業務自動化スキル向上におすすめの研修》

      • 業務自動化研修パッケージ

        これからの時代マストと言われているスキルのプログラミング言語、Pythonを使用したデータ分析や業務自動化について学べる研修パッケージです。Pythonやプログラミングに触れたことがないという方でも、実データの分析やExcelの業務効率化のスキルを習得することができます。

        【合計:11時間15分】 受講者人数:8,430人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

SchooのIT研修の
評価・口コミ

4.0

【総合評価】

    • 年齢 :48歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:ITサービス
    • 従業員規模:300名

    4.0

    【総合評価】

    まずは、IT研修として総合的な内容になっているため、どこの範囲なのかの把握が必要になります。エンジニア向けなのか、事務方向けなのか、またはWEBマーケティングを担当する従業員なのか、そのあたりが全てまとめて「IT研修」としてくくられています。当社のような比較的業種が多岐に渡る会社にとってはこれらのどれかが必要な形で捉えることが出来ます。一方で、「少々広すぎる」「当社はITエンジニアよりも、営業やマーケティング等ビジネス向けのITを深めたい」といった企業には幅広すぎるぐらいの量かもしれないので、見極めが必要かと思いました。

    • [内容の理解度]

      カリキュラムの中のカテゴリー内の講座は基礎的なものから始まっていて、徐々にその基礎を踏まえて次のステップへ行くので、段階的であり分かりやすい内容になっている印象です。特にIT研修とあって、PCを使いながら自分も手を動かしながら行うことが出来るので、他のエンジニアや言語系研修と同様に分かりやすいです。聞いて見るだけでもある程度は頭に入ってきますが、実際に自分でアプリケーション等を開けて手を動かしながら、またたまには動画を止めて自分で書いたりしてやると分かりやすさもより促進すると思います。

    • [満足度]

      特にエンジニア寄りの講座は、どんどんと深い内容を講義してくれているので、当社の中では特に若手エンジニアを中心として満足はあると思いました。基礎がおろそかになりがちなので、ベテラン従業員も繰り返し学んで欲しい内容も有りました。ベテランとなると知らず知らず自分たちのやり方が染みついているので、新たに理論として、また手法として取り入れることで、更なるスキルアップにつながるイメージを持ちました。ただ、限りある時間の中である程度従業員のつけたいスキルの傾向を見てから講座は選んで行きたいと思いました。

    • [内容の充実度]

      例えば、資格対策の講座として、長時間に渡り講座が続きますが、必ずしも合格のための十分なのかといえば難しい点はあります。同じく、サーバー系のカリキュラムも膨大な時間が講座に割かれており、サーバースキルを磨くメンバーにとっては基礎は学べると思います。個性的なエバンジェリストの方針やポリシーとともに、自身が身に付けたいスキルが上手くマッチすればよりいいと思いました。特にエンジニアは個性的で、社内でも教えを乞う師匠として位置づける人がいる傾向があるので、その点では講座に対する納得感は人による傾向はありそうです。

    • [業務に役立つか]

      平易なデータ集計や言語を書く事などそのまま手を動かすときに参考になる講座は業務に即役に立てる事が出来ると思います。逆にサーバー上で問題が発生してしまったり、バグが発生して原因を突き止めることが出来ない等、トラブル系はただ講座をみただけでは業務に即役立てることは難しいので、来るべき時に備えて、スキルをアップするという位置づけになります。または、手を動かしているときに行き詰まって解決方法が分からない、さらに便利な方法を調べる等で後々の業務には繋がりそうです。

    • [利用意向度]

      人事としては継続的に、または恒常的にこのような基礎カリキュラムはいつでも時間がある時に学んで欲しいという希望はあります。エンジニアの階層別または、新卒研修として、当社として学んで欲しい課題をピックアップして、主にエンジニアの教育担当とすり合わせて研修に活かすイメージです。実際に手を動かしながらやって貰えるとありがたいと思いますし、業務の役立て方でも記載しましたが、対象によっては膨大な量のため、自分が仕事で行き詰った時に、そういえばあの研修であったなとか、こういうカリキュラムあったなと、思い出して見て学んで貰う形になりそうです。

    • 年齢 :38歳|性別:男性|都道府県:石川県
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:300名

    4.0

    【総合評価】

    Office関連のソフトのテクニックから、コンプライアンス教育、アプリケーションの開発、そして最新のAIやIoTまでをカバーし、なおかつスキルアップのための資格まで学ぶことができ、まさにIT全般を万遍なく効率よく学べる内容となっています。これからITの分野に進んでいこうとする方にとっては、入門にふさわしいものです。ただ、資格は一部のものに限られ偏りがあるように感じました。また、アプリケーションは業務別・業界別に多種多様なものがありますが、販売系や基幹系のシステムについては少し内容が物足りないのではないかと感じました。

    • [内容の理解度]

      OAスキルについては具体的かつ丁寧に、基礎から応用まで分かりやすく説明されていました。まるでパソコンスクールのようでした。コンプライアンスについては、なるほどと思わせる内容で、今の時代に合わせて上手く構成されています。アプリケーションについては専門外のため評価しかねるところもあるのですが、概ねバランス良く学べる内容なのではないかと思います。ただ、カリキュラムが非常に多いので、最初にこの研修の全体像を示し、かつ、各カリキュラムが全体の中でどの位置を占めるのかが分かるとより学習しやすいのではないかと感じました。

    • [満足度]

      これからITを学ぼうとする初学者にとっては、全体的にバランス良く構成されているので満足度につながるものと思われます。ただし、受講者の中には、これまでITとは全く縁がなかったものの、人事異動によりIT部門に配属となった者も含まれると思いますので、そのような方のためにITに係る者の心得や、業界の全体像について知ることができるカリキュラムが含まれていれば、より一層満足度が高まるのではないかと感じました。

    • [内容の充実度]

      知識やスキルとしては全体的に必要十分な内容となっていますので、その意味でIT部門の方に学んでほしい内容は含まれています。ただ、IT業務が知識やスキルだけでやり遂げられる仕事かどうかというと、そうではないと考えます。つまり、必要な知識やスキルが変わったとしても、必ず持っているべき価値観や注意点、あるいは業界構造や歴史についても学んでほしいものです。また、販売系のシステムを理解するために会計の知識も必要となる場合があるのでこの点も追加願いたいと思います。

    • [業務に役立つか]

      知識やスキルは各講座の中で具体的かつ実践的に教え込まれているので、この研修の受講者はすぐに学んだ内容を業務に活かすことができます。想定としては受講者とは別にシステムエンジニアがいて、その方の指示の下、プログラム開発を行う等の場面が想定されているかと思います。そういう意味では、ひたすらプログラム開発に集中する方にとっては役立つカリキュラムばかりです。ただ、そういう環境においても多少なりとも他のプログラマーと協働しますので、コミュニケーション・スキルも今後は必要となるでしょう。

    • [利用意向度]

      例えば新卒でIT部門に配属となった者に対して是非受講させたい研修です。実際のところ、業務経験を積んでいくに従い、ネットワーク系なのかプログラム開発なのか、あるいはIoTといった分野なのか、自分の得意分野ができてくると各専門分野にコースが分かれていくことになると思います。そうなる前に、IT部門全般に必要となる知識やスキルを総合的に学ばせるのに有用です。むしろ、OAスキルなどはIT部門の者に対してではなく、その他のユーザー部門に学ばせると良いかもしれません。

    • 年齢 :36歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:1000名以上

    5.0

    【総合評価】

    IT従事者が学びたい専門知識とテクニックが分かりやすく纏められており、総合的にとても良い印象でした。こちらの研修内容は、ITの専門性を高めながら、個々の業務の生産性の向上に結び付けることができる点がひとつの特徴だと思感じました。研修内容が盛りだくさんで、内容が大変充実していて良かったです。その一方で、IT研修といっても、職種の専門性によって、実際に学びたい内容やレベルが変わってくるので、受講目的に合わせて事前にある程度の受講者のレベル分けが必要だと感じました。

    • [内容の理解度]

      入門編と実践編の二つのパートに分かれたカリキュラム構成のものが多く、ITの学習に不慣れな初心者でも、基礎から取り組める内容でよかったと思います。講座によっては、難易度の高いものありましたが、IT用語の説明や基本操作をベースに学習しながら、専門的な分野を段階的に丁寧に学ぶことができます。それぞれのアプリケーションを使う目的と出来ることが明確に提示されている講座が多いので、学習する側としても仕事に活用する場面を想定しながら受講することが出来る点もわかりやすさに繋がると感じました。

    • [満足度]

      研修内容がとても充実しており、IT知識を総合的にしっかり身に付けたい人向けの講座が多いかったです。総じて、受講後の満足度は高いと思われます。中には、難しい知識や操作技術も含まれていましたが、受講者が抱える不安や悩みを解消できるように工夫された、講師による丁寧な解説のため、安心して学習することが出来る点が良かったです。実践編では、実際に講師と一緒に計算式やコードを入れて学んだり、プログラミングの作る場面もあり、実践をイメージしながら覚えるべきポイントが平易に解説されていました。

    • [内容の充実度]

      IT分野の専門的な内容とテクニックが集中的に習得できるという点で、学んでほしい内容を広域にカバーしており、トータルでみて満足感が高く大変よかったです。それぞれのテーマに合わせて基礎を学んだ上で、実際の業務に活用することを前提とした講座設定となっていました。有益な技術を習得することに特化しているので、目的に合わせて、テーマの土台形成から一歩踏み込んだ応用的な内容まで身に付けることが出来てよいと感じました。

    • [業務に役立つか]

      実際の業務を想定したさまざまなITテクニックを幅広く集中的に学ぶことができ、業務に役立てる研修という意味でとても有効だと感じました。基本的な便利機能や、ツールの活用方法などが、具体的に紹介されているので、仕事にうまく活かすことが出来ます。業務に講座のテーマによって、学ぶレベルに開きがあるので、学習者の知識と技術レベルを事前にしっかりと把握したうえで、カリキュラムを適切に選択すると、より業務に落とし込みやすく効率的に学ぶことができると思いました。

    • [利用意向度]

      受講者のためになるITスキルと専門知識をここまで集約されて一度に学べるカリキュラムはとても貴重なので、積極的に研修に利用させていただきたいと感じました。時代の流れに適応した、最新のテクニックが身に付く講座は受講者の業務にも役立つ内容であり、利用する価値が大いにありました。研修内容がとても充実していて良いのですが、カリキュラム構成と並びが少々分かりにくかったので、そのあたりを改善していただけると利用する立場としても更に効率的に取り組めると感じました。

SchooのIT研修
テーマ別カリキュラム一覧

  • 効果的なIT研修を行うためのポイント

    • 01

      各受講者のレベルに合った研修を行う

      効果的なIT研修を実施するためには、各社員のレベルに合った研修を実施すべきです。習得スピードも各社員で異なるため自分のペースで進めつつ、進捗管理を管理職や研修担当者ができるような体制にすると効果的な研修を実施することができるでしょう。

    • 02

      実務に反映できているかを確認する

      研修のための研修になってしまうことは、IT研修だけでなく、全ての研修において留意しておくべきでしょう。テストやアンケートで研修後に習熟度を測ることも重要ですが、何より大事なことは研修で学んだ内容が実務で活きているかどうかです。実務で学んだ内容を成果につなげられているかということは、四半期や半期の振り返りの際に上長が意識的にヒアリングしていきましょう。

    • 03

      技術の向上だけに捉われない

      IT研修というと、プログラミング言語を学ぶものというイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、実際の現場ではプログラミング言語のスキルだけでなく、プロジェクト管理スキルやマーケティング的な考え方、他部署とのコミュニケーションを求められる場面も多くあり、特に優秀なエンジニアほどコミュニケーションスキルが優れている傾向にあります。そのため、言語だけではなく対人スキルなども含めて研修プランを思考する必要があるでしょう。

  • IT研修の目的

    • 01

      インターネットに関する基礎的な技術・知識を習得する

      現在、急速なIT化によって多くのビジネスシーンでITの知識が必要とされる社会になりました。その為、円滑な業務の為には新入社員や若手社員も必要最低限のITに関する知識を身に付ける必要があります。IT研修を通して、インターネットの操作方法からトラブルが起きた場合の対処法まで、基礎知識を身に付けなしょう。

    • 02

      情報セキュリティについて学ぶ

      インターネットの利用は現代のビジネスシーンと密接に結びついているがゆえに、利用法を誤れば大きな損失になる可能性もあります。 特に未経験の新入社員に対しては、研修でインターネットの危険性や、適切な情報セキュリティについて学んでおくことが大切です。また、エンジニアやWebクリエイターなどすでにインターネットの基礎知識を持っている人であっても、インターネットに潜むあらゆるリスクについて改めて認識し、セキュリティ意識を高めることができます。不十分なセキュリティは情報の漏洩や、コンピューターウイルスへの感染など大きな問題を引き起こしかねません。IT研修ではそういったリスクを防ぐことができます。

    • 03

      知識や技術を磨く

      IT研修を行う目的の一つに、社員の知識やスキルのブラッシュアップがあります。IT研修ではインターネットや情報セキュリティに関する基礎知識だけでなく、プログラミングやデータ分析などの高度なスキルについても幅広く学びます。プログラミングなどの比較的専門性の高いスキルを身に付けることで、業務の効率化やトラブルへの対応力の向上を図ることができます。また、プログラミングを学ぶことで論理的思考力が鍛えられるため、研修後の業務に多角的な視点を持って取り組めるようになります。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、ITの基本であるOAスキルからプログラミングや開発まで幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「Excel入門・正しい使い方と考え方」や「JavaScript入門【2019年版】」、「【2017年版】iOSアプリ開発実践」などの授業があります。 このほかにも、データ分析やIT関連資格についての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、ITスキルを習得できる様々な研修動画をご用意しています。またITに関するスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、ビジネスパーソンとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。ITスキルだけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではIT研修向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「データ分析研修パッケージ(Googleアナリティクス編)」や「業務自動化研修パッケージ」、「IT資格対策研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ