Webエンジニア研修

─エンジニアに必要なスキルをバランスよく身につける─

Webエンジニア研修によくあるお悩み

  • 教育環境の整備にまで手が回っていない
  • 他部署や社外との連携に課題がある
  • 業務効率を向上させたい

SchooのWebエンジニア研修の特徴

  • 01

    新たなWebエンジニアリングスキルの習得やアップデートができる

    毎月50本以上の最新授業を更新しているので、Webエンジニアリングスキルやビジネススキルのアップデートが可能です。また、7,000本以上の授業が受け放題なので、新しい言語や業界トレンドなどを「学びたい」時に学ぶことができます。

    毎月50本以上の最新授業を更新しているので、Webエンジニアリングスキルやビジネススキルのアップデートが可能です。また、7,000本以上の授業が受け放題なので、新しい言語や業界トレンドなどを「学びたい」時に学ぶことができます。

  • 02

    コミュニケーション力を向上できる

    Schooではビジネスパーソンとして必要なコミュニケーション力についての授業も多数ご用意しています。個々の課題に沿った学びが可能なので、効果的にWebエンジニアを育成していくことができます。

    Schooではビジネスパーソンとして必要なコミュニケーション力についての授業も多数ご用意しています。個々の課題に沿った学びが可能なので、効果的にWebエンジニアを育成していくことができます。

  • 03

    業務の効率化に必要なスキルが幅広く学べる

    業務効率化のための仕事術や時間術からPythonによる業務自動化まで、さまざまな授業をご用意しています。そのため状況や現場に応じてスキルアップを行い、生産性を向上させることができます。

    業務効率化のための仕事術や時間術からPythonによる業務自動化まで、さまざまな授業をご用意しています。そのため状況や現場に応じてスキルアップを行い、生産性を向上させることができます。

Webエンジニアに求められるスキル

  • 1.PHP

    Webサービスを作るためのプログラミングの方法を学びます。PHPで実際にtwitter風掲示板を作りながら、Webプログラミングの基礎を学ぶ事が出来ます。HTML・CSSはかけるけどプログラミングは初めてという方、Webサービスを作成したい方におすすめです。

    主な課題

    • ・動的なWebページを作成できるようになりたい
    • ・PHPの基本技術を使えるようになりたい

    ここがポイント

    スクービジネスプランでは、PHP初学者のために「【PHP初級】Twitter風掲示板を作りながらプログラミングを学ぶ」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、実務で必要なスキルを一から短時間で学習することができます。

    《PHPのスキル向上におすすめの研修》

    • PHP 入門研修パッケージ

      動的にWebページを生成することができるサーバーサイドのスクリプト言語PHPを基礎から学べる研修パッケージです。この研修では、四則演算・if文・While文といったPHPの基本技術を学べるだけではなく、実践を通じて、実務で役立つスキルを会得することができます。

      【合計:6時間】 受講者人数:7,449人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.機械学習・ディープラーニングの知識

      IT業界は非常に変化が早いため、Webエンジニアも常に新しい知識・スキルを身に着ける必要があります。機械学習は、コンピューターを使って膨大なデータを学習し、その中にあるパターンを導き出し、アルゴリズムやモデルを構築する技術です。また、ディープラーニングは機械学習の中に含まれる技術で、膨大なデータからデータの特徴を発見するための技術です。これからのWebエンジニアには必要不可欠な知識と言えます。

      主な課題

      • ・機械学習やディープラーニング、IoTについて学びたい
      • ・漠然とした機械学習、ディープラーニングの知識から脱却したい

      ここがポイント

      新規事業の立ち上げなどで最新の技術を学びたい中堅エンジニア向けに、AIや機械学習、IoTを基礎から学ぶことができる研修となっています。AI・機械学習の基本的な用語理解から、AI・機械学習で可能なこと/不可能なことの把握、原理原則の理解など、AI・機械学習における基礎的なことを学ぶことができます。

      《機械学習・ディープラーニングの知識向上におすすめの研修》

      • エンジニアのための今更聞けないAI×機械学習×IoT入門

        この研修パッケージでは、新規事業立ち上げのために、AIや機械学習など新しい技術を学びたいが、時間や機会を作れない中堅エンジニアの方を対象に、AIや機械学習、IoTを基礎から学ぶことができます。AIを学ぶ上で陥りがちな壁やAIを活用した事例などの学習を通して、ご自身の会社で活かせるようにしていただくことが研修の目的です。また、基本的にオンラインでの研修になるため、業務で忙しい方でも安心して受講いただくことが可能です。

        【合計:2時間】 受講者人数:6,235人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.コミュニケーション能力などのビジネススキル

      エンジニアリングに関する知見が必要なことはもちろんのことながら、実際のビジネスに展開していく必要があります。そのためコミュニケーション能力や企画力といったスキルも求められます。また、エンジニアはチームで仕事をすることが多いため、メンバーをまとめるマネジメントのポジションを担う人材が必要です。エンジニアを多く採用したものの、管理する人がいなければ組織として機能しません。そのため、新人のプログラミングスキルの育成と並行して、コミュニーケーションなどの汎用的なスキルについても研修を行う必要があります。

      主な課題

      • ・コミュニケーションスキルを身につけてほしい
      • ・コミュニケーションを円滑にしてマネジメントに活かして欲しい

      ここがポイント

      要点を簡潔に話すのが今でも得意ではない、大勢の人のまで話すときはいつも緊張してしまう、部下が仕事をしない、などといった課題のために、「真・コミュニケーション能力」の教科書、指示待ち部下が自ら考え動き出す!、などが学べるオンライン研修をご用意しました。

      《コミュニケーション力向上におすすめの研修》

      • コミュニケーション力向上研修パッケージ

        若手社員や中堅社員を対象とした、コミュニケーションスキルを向上させることができる研修パッケージです。褒める力や雑談力などのコミュニケーションスキルを伸ばすことで、メンバーマネジメントや後輩指導などに活かすことができます。

        【合計:5時間】 受講者人数:20,844人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

SchooのWebエンジニア研修の
評価・口コミ

4.7

【総合評価】

    • 年齢 :40歳|性別:男性|都道府県:東京都
    • 企業業種:サービス業
    • 従業員規模:1000名以上

    5.0

    【総合評価】

    本研修は、WEBエンジニアとして必要なベーシックスキルはおおよそ網羅されている点がよいです。26カリキュラム231時間の大変豊富なコンテンツは、エンジニア従業員の成長欲求にこたえることのできるボリュームです。講師の皆様の高いレベル・といっても専門的になりすぎない内容のわかりやすさ・飽きずに受講できる配信工夫。先輩エンジニアが少なく教育体制が整っていない社内教育に難しさを感じている弊社においては、大変重宝する研修です。

    • [内容の理解度]

      専門的なエンジニア知識を、とても分かりやすく説明いただいていると思います。講師の方がスピードをゆっくり話してくれていること、講師によっては人柄も感じる楽しい話し方をしてくれていること、司会進行の聞き手がいることでリズムが出ること、会話をしていること、画面上で作業工程をきちんと細かくみせてくれていること(おそらく、本で学習するよりも、講師が今やっていることが画面で映るということは圧倒的にわかりやすい)、がその理由に感じます。

    • [満足度]

      従業員の満足度にはつながるように感じます。エンジニアの育成はとても難しいです。専門知識・専門スキルであるがゆえに、難易度が高いというのがまずはその理由です。さらに、弊社は文系の従業員が多いため、社内での教育体制も不足しています。その環境には、エンジニア志向の新卒や中途もなかなか入社はしてきません。その流れが一層エンジニア教育を難しくしております。一流の講師の方の丁寧な説明は、弊社の従業員の満足度はとても高糸想定しております。

    • [内容の充実度]

      学ぶことができました。Ruby、クラウド、Java、Linux、SQL、PHPなど、弊社でエンジニアに身につけていただきたい内容が盛り込まれているからです。印象的だったことが、学べることは、技術面だけではなく、コミュニケーション面でもある、ということです。弊社においては少しコミュニケ-ションに苦手意識を感じるエンジニアも少なくありません。今回の講師の皆様が司会の方と楽しそうに会話している様子・専門的内容を簡単に説明している様子は、参考になる部分も多いように思いました。

    • [業務に役立つか]

      役に立ちます。要所要所に入り込む、講師の方自身の実務スキル・進め方のコツ、などが実はとても役に立つのではないかと感じます。教科書的知識ももちろん大事ですしとても役に立つことが間違いないのですが、現役エンジニアの講師の皆様の、ちょっとした実務知識は、社内で先輩の横について教えを受けているのと同様の効果が得られるように感じます。プレイヤー力の上達は、こういった知識の組み合わせで、自分のやり方を作るところにあるため、多種類の講師の方から多数の学びが得られます。

    • [利用意向度]

      是非活用させていただきたいです。Ruby、クラウド、Java、Linux、SQL、PHPなど、弊社でエンジニアに身につけていただきたい内容が盛り込まれているからです。かつ、その圧倒的に豊富な量は26カリキュラム231時間にのぼるからです。ここまでの時間を先輩従業員に、OJTとして実行いただくことは困難です。各自でスキルアップいただくことが必須になってきますが、この研修動画であれば、各自の研鑽に有効だと感じます。

    • 年齢 :45歳|性別:男性|都道府県:奈良県
    • 企業業種:金融
    • 従業員規模:1000名以上

    4.6

    【総合評価】

    初めてでもWebエンジニアとして成長していくステップをコードの理解や作り方、トラブルへの対応を深めながら開発まで行えるように組まれた学習カリキュラムです。入門、初級、中級、上級の順ように体系立てられて研修を受ける形式になっているので、受講順なども迷うことが無いので非常に学びやすいおすすめの講座でした。プログラミングを学ぶための目的も明確にしたうえで受講が始められるので、受講後のイメージが持ちやすい講座が多いと思います。

    • [内容の理解度]

      とても分かりやすいです。プログラミングをしていく実践の講座が多く、習うより慣れろの精神が前面に出ているため、使えるようになりたいという希望者にとって有益です。Mac・WindowsなどOSが違う場合に操作が異なる場合はそれぞれ分けて講座を展開しているので、自身のパソコンに合っているかを考える必要もなく集中して受けることができます。画面上で実際にプログラムを動かしてみることで配列の違いによる変化も分かりやすくする工夫がされていました。

    • [満足度]

      実践的内容であること、そして「お勉強禁止」という特徴的なフレーズを用いている講師がいたり、研修を退屈なものにしない従業員の心を惹き付ける実践的内容を取り入れたりすることで飽きさせない内容になっています。この講座を受講した後には受講者自身が、自分にエンジニアとして必要な能力が身についていることを実感し、満足度を高く持ってもらえるように感じました。身近なTwitterを用いて開発者メニューを画面で示しながら手順・機能の解説がされていますので、自分のデバイスを利用しながら受講しやすいのも満足度が高いポイントです。

    • [内容の充実度]

      Webエンジニアを育成したいという要望をしっかりと満たしている内容であると感じました。システムの脆弱性をチェックする際も実際の画面を見ながら確認することができるので、会社としてエンジニア従業員に求めるレベルも伝えやすいです。個々人がレベルアップを目指していく研修としても学ぶ内容は多く、講師が実践しながら受講生に提示しているので、理解も深まりやすいと思います。リアリティを追及しているせいからか、講師がプログラミングを失敗して修正に時間を要し、講座の時間を使ってしまうことがあったので改善ができるとより良い内容になると思います。

    • [業務に役立つか]

      各講座は困っているエンジニア向けにすぐにでも利用できそうです。内定者や異動者向けに利用したい場合は、受講できる講座が多岐に渡っているので、事前に面談などで「どのようなエンジニアを目指しているか」を明確にすることを必須にしようと考えました。基本的な単語も丁寧に解説がされているので、自学用の研修としても利用していくことを前向きに検討していきたいです。一方、プログラミングという正解が存在する項目になるので、チェックテストが用意されているとより使いやすいと感じました。

    • [利用意向度]

      受講者と講師・運営側のコメントのやり取りが多く、受講者の疑問がリアルタイムに反映されているので実際の現場での研修と組み合わせて利用したいと思います。共有される画面の見やすさも非常に良いポイントです。Webエンジニア育成の基本から応用編までを一つひとつ実践しながら見せてくれるので利用しやすさという点でも嬉しいです。バグへの対応も講座として準備されているので、受講者の悩みにも対応しやすそうだと感じました。

    • 年齢 :37歳|性別:男性|都道府県:福岡県
    • 企業業種:製造業
    • 従業員規模:1000名以上

    4.6

    【総合評価】

    ウェブエンジニアを目指す方は、確実にスキルアップできる講座であり、これから初めて挑戦する方でも、基礎から学ぶことで、簡単なサイトの実装ができるようになります。 JavaやPHP、クラウドに関して、初心者の方でも要素を深堀しながらプログラムの作成方法を学ぶことができ、簡単なクイズやツイートの構成を作成するカリキュラムがあるため、これからウェブでのプログラム構築にチャレンジしようとしている方は、全体イメージがつかめる内容です。

    • [内容の理解度]

      PHPとは何か、何ができるのか、どのような要素が必要なのか、どのように構成できるのかがわかりやすく解説されております。 私はエンジニアに関しては全くの素人ですが、自己紹介からオリエンテーションを経て、講義に入っていくので、スムーズに動画に入っていけます。また、講義を1.2倍速等、やや早い速度で見たとしても、違和感ありません。2人態勢で掛け合いのように進行されるため、長時間見てもあまり飽きない内容でした。ただし、実際、専門性が高い部分もあり、ついていけない箇所も正直ありました。しっかり見直せば理解できるかと思います。 進む速度も丁度よく、あまりストレスなく、聴講できる講義となっています。

    • [満足度]

      多くのエンジニアに対してニーズはあると思います。AI、機械学習の講義は、エンジニアに限らず、F-IoTの中で非常に注目されていることもあり、一般社員に対しても講座として展開すると、基礎的な理解につながると考えます。これからウェブエンジニアを目指す人にとっては有効な研修であるとともに、すでにウェブエンジニアで活躍している方も参考になる内容となっています。ただし、製造業において、IT部門はごく一部であり、この内容が広く従業員の満足度につながるかというと、そうではないかもしれません。

    • [内容の充実度]

      ウェブエンジニアとして、ツイートやクイズを作る体験ができること、いわゆる成果物を研修の中で生み出せることは自信につながります。私自身、PHP、Java、Linux等が基礎から学ぶことができました。サイトを作り上げるスキルはこの講座で確実にレベルアップが見込めます。応用編まで学習しようとすると、私自身の理解が追い付かない箇所もあったため、それなりの覚悟も必要だと感じました。エンジニアの方であれば、十分ついていける内容だと思います。

    • [業務に役立つか]

      エンジニアリング業務に携わる社員にとっては役に立つ内容だと思います。近年、採用において、ソフト人材の需要が非常に高まっており、経歴でエンジニア経験のある人材がどのようなことをやっているのかがイメージできる内容であるため、人事としても参考になりました。また、昨今ではエンジニアに限らず、アドミ系部門においても間接業務効率化のためのRPA推進に取り組む機会が多くなっており、エンジニアとしての基礎知識を学習することで、より抵抗感なくRPAへの応用などの発想が生まれることと、PCスキルの向上が見込めるので、技術系社員は特に、ぜひ受講してほしい内容です。

    • [利用意向度]

      技術系社員の場合、このカリキュラムを受講するだけで基礎的な学習はできると思います。 特に、AIや機械学習の分野は注目されているため、その専門部署だけでなく、多くの部門で、データをつないでいけばその効果は何倍にもなると考えます。人事考課や採用業務においてもAIを活用することができることは認識しているものの、コンサルに相談すると、莫大なコストがかかるため断念するような事例が多いです。この講座を機に、本質を理解するために、人事の自分としてももっと理解を深めたいと思いました。

  

SchooのWebエンジニア研修
テーマ別カリキュラム一覧

  • 効果的なWebエンジニア研修を行うためのポイント

    • 01

      育成カリキュラムを作成する

      即戦力のWebエンジニアとして活躍してもらうために、学習のカリキュラムを作成しておきましょう。重要なことは、いつまでにどのくらいのスキルレベルに到達しているか、といった目標から逆算してカリキュラムを組むことです。そうすることで必要な内容を学習するタイミングもおのずと決まってきます。ただし、スキルのレベルはエンジニアごとに異なるため、それぞれに合ったカリキュラムを組まなければならないことに注意が必要です。

    • 02

      最新のスキルを自発的に学べる機会を作る

      Webエンジニアとして働くためには、常に新しいスキルを身につける必要があります。また、エンジニアによってスキルレベルはそれぞれ異なるため、各々の課題や学習ニーズは異なります。そのため、様々なニーズに対応できるように豊富な種類の研修を利用できる機会を作る必要があります。また、そういった環境を整えることは社外への成長環境があることのアピールにもなり、採用の面でも有利に働くでしょう。

    • 03

      学習進捗は報告を受けるなどで管理をする

      エンジニアのスキルレベルはそれぞれ異なるという点において、誰がどの言語をどれくらい扱えるのかが不透明になる可能性も少なくありません。日報や週報を書いてもらうなどの報告を通して、現状把握をすることが重要になります。また、報告作業によってエンジニア自身も自分の状況を整理することができるだけでなく、相手に伝わるように説明する論理的な思考も身に着けることができます。

  • Webエンジニア研修の目的

    • 01

      社員のエンジニアスキルを向上させる

      Webエンジニア研修の目的は、社員それぞれのレベルに合わせて新たなスキルを習得させることです。 まだスキルの未熟な社員に対しては基礎的な内容から研修で教えることで、効率的にスキルを伸ばすことができます。また、元からある程度のエンジニアスキルをを持っている社員に対しても、持っている能力をさらに磨くことで即戦力として業務のクオリティを上げることができます。

    • 02

      生産性を向上させる

      研修を通じて業務効率を上げることも目的の1つです。専門的なエンジニアスキルだけでなく、研修を通して調整力や業務マネジメント力、スケジュール管理力などを向上させることで、生産性の向上にもつながります。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、HTML/CSSの入門から実践的な研修まで、Webエンジニアの育成に活かせる幅広い研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「AWS入門 -概要編- 」や「PHPフレームワーク(Laravel)入門」、「Java入門 -Javaで作成するWebアプリケーション-」などの授業があります。 このほかにも、RubyやSQLite、GCPの授業などもご用意しています。

  • スクーでは、Webエンジニアの育成に活かせる幅広い研修動画をご用意しています。またエンジニアスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにエンジニア職におけるマネジメントについて学んだり、社内や常駐先での円滑な業務のためにコミュニケーションについての授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、Webエンジニアとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、コミュニケーションスキルアップやデザインの基礎、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。エンジニアスキルだけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではWebエンジニア向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「JavaScript - React.js 入門研修パッケージ」や「クラウド実践知識(AWS編)研修パッケージ」、「PHP ステップアップ研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ