内定者研修

─内定者の不安を解消し、社会人としての意識を醸成─

内定者研修によくあるお悩み

  • 社会人としての意識変革をしたい
  • 内定者のスキルや知識にばらつきがある
  • 各地にいる内定者を集めて研修を行うのが大変

Schooの内定者研修の特徴

  • 01

    社会人への意識転換ができる

    学生から社会人への意識転換をしていくために必要な考え方や、スキルについて学ぶことができます。また7,000本以上の動画学び放題なのでいつでも学べる環境を整え、自ら学び行動できる人材の育成につながります。

    学生から社会人への意識転換をしていくために必要な考え方や、スキルについて学ぶことができます。また7,000本以上の動画学び放題なのでいつでも学べる環境を整え、自ら学び行動できる人材の育成につながります。

  • 02

    社会人に必要な基礎スキルがきちんと身につけられる

    ビジネスマナーやOAスキルなど社会人に必須のスキルを基礎から学び、内定者の知識やスキルを底上げすることができます。またビジネスの第一線で活躍する講師が多数指導を行っているので、必要な知識がきちんと身に付きます。

    ビジネスマナーやOAスキルなど社会人に必須のスキルを基礎から学び、内定者の知識やスキルを底上げすることができます。またビジネスの第一線で活躍する講師が多数指導を行っているので、必要な知識がきちんと身に付きます。

  • 03

    研修の工数を大幅に削減

    Schooでは、管理画面からの研修設定で簡単に内定者研修が開始できます。全てオンラインで受講するので、全国にいる内定者に対して一律の研修を行うことが可能です。また、受講状況の管理やレポートの提出なども管理画面から行えるので、育成担当者の手間を削減することができます。

    Schooでは、管理画面からの研修設定で簡単に内定者研修が開始できます。全てオンラインで受講するので、全国にいる内定者に対して一律の研修を行うことが可能です。また、受講状況の管理やレポートの提出なども管理画面から行えるので、育成担当者の手間を削減することができます。

内定者に求められるスキル

  • 1.ビジネスマナー

    新社会人ための今さら聞けないビジネスマナーの基本や、仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本などを学びます。社会人として必要なビジネスマナーを身につけ社内外で活躍できる人材を育成します。

    主な課題

    • ・社会人として必須のビジネスマナーを習得させたい
    • ・電話応対や報連相まで、社会人として必要なビジネスマナーができる社会人になってほしい

    ここがポイント

    新社会人のためにビジネスマナーの基本などを学ぶことが出来る幅広い研修動画を提供。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、社会人として、どんなスキルを覚えるよりもまず初めに覚えたいビジネスマナーを教育することができます。

    《ビジネスマナーの向上におすすめの研修》

    • 新社会人のためのビジネスマナー研修パッケージ

      新社会人のためのビジネスマナーを収録。また、お客様独自でご用意された動画を研修パッケージに自由に加えたり、受講者一人ひとりに合わせて対象とする研修動画を変えることができるため、個々人のスキルレベルや職種などの関わるビジネスシーンに合わせてピンポイントでビジネスマナーを育成することが可能です。

      【合計:10時間】 受講者人数:168,457人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.社会人へのスタートダッシュ

      社会人としての基礎力を身につけ、早期から活躍したい内定者の育成を目指します。内定者の時間があるうちに社会人で必要とされるスキルを身につけることで、内定者の精神的な負担を軽減することもできます。

      主な課題

      • ・新入社員がイチ早く成果を出すために必要な姿勢を学びたい
      • ・内定者の時間があるうちに、社会人で必要とされるスキルを身につけたい

      ここがポイント

      社会人として必要なスキルや仕事に向き合う姿勢などを学ぶことができます。論理的思考法と共感してもらうためのコミュニケーション方法や成果を出すためのスタンス、若手のうちから考えておくべきキャリアの視点など内定者のうちから押さえておきたいコンテンツです。

      《社会人へのスタートダッシュにおすすめの研修》

      • 社会人へのスタートダッシュ研修パッケージ

        社会人へのスタートダッシュ研修パッケージでは、これから社会人になる内定者の方向けに、必要なスキルや姿勢を習得することを目的としています。全3種の授業を通して、「社会人として必要なスタンス」「報連相の仕方」「書く力・聴く力・話す力」など、入社前に社会人の基礎力を養うことができます。

        【合計:6時間30分】受講者人数:66,332人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.コミュニケーションスキル

      相手にわかりやすく伝えるための論理的な伝え方や、若手のうちに身につけておくべき報連相のポイントなどを学べる研修パッケージです。内定者が初めてビジネスコミュニケーションについて学び、新社会人への心構えをすることができます。

      主な課題

      • ・報連相を体系的に学びたい
      • ・物事を論理的に説明するスキルを養いたい

      ここがポイント

      「報連相」や「論理的に話す力」などは、当たり前のスキルではありますが、体系的に学ぶ機会は少ないです。入社後、コニュニケーションに悩んだり、課題を感じることがないようコミュニケーションの基礎をおさえます。

      《コミュニケーション力の向上におすすめの研修》

      • コミュニケーション入門研修パッケージ

        社会人として必要な「報連相」や「論理的に話す力」など、社会人として必要不可欠なコミュニケーションスキルを向上させることを目的とし、全3回の授業で、社会人として求められるコミュニケーションについて学ぶことができます。

        【合計:9時間】 受講者人数:86,289人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooの内定者研修の
評価・口コミ

4.5

【総合評価】

    • 年齢 :31歳|性別:女性|都道府県:埼玉県
    • 企業業種:保険
    • 従業員規模:1000名以上

    4.0

    【総合評価】

    全体的に、内定者に身に着けてほしいスキルが網羅的に学べる内容でした。やはりビジネスの基本はスタンスやコミュニケーションになるので、それらに関する講座が多かった点も納得感がありましたビジネスで必要になる能力に特化して作られた研修は積極的に受講していきたいと考えています。各カリキュラムを上から順に受けていくと順番に少し違和感がある点は気になりました。ただ、事前に受講の順番を定めておけば問題はないかと思います。

    • [内容の理解度]

      例が平易な内容で用意されている講座が多く、内定者でも取り組みやすい印象を受けました。欲を言うと、具体的なビジネスシーンがイメージできる内容だとより良いですが、内定者向けの研修としては十分だと思います。強いて言えば、講座の中で、受講者の声を取り上げるシーンがありましたが、講座の内容を理解していないと思われるコメントがピックアップされており、混乱を生むように感じました。実名が分かるようになっているため、指摘しづらいのは理解できますが、他の受講者の理解を損ねる内容は避けられるといいかなと感じました。

    • [満足度]

      今回は内定者向けの研修ということで、内定者満足度について記載します。総じて、「社会人になるにあたって気になっているが、誰に聞いていいか分からない」疑問を解消できる内容になっていました。漠然とした不安を取り除くためには、具体的なシーンをイメージしながら学ぶことが重要だと思うので、全体的に例が多かった点が特によかったです。レベルの高い内定者にとっては平易すぎる面もあると思うので、より具体的なビジネスシーンを例に用いるなどしていただけると、より幅広いレベルの内定者に対応できると感じました。

    • [内容の充実度]

      ビジネスマナーやコミュニケーションに関する講座は、学んでほしい内容が盛り込まれていました。現場に入ってから教える時間をとるのはもったいないような内容はこれらの講座で身につけておいてもらえれば、入社後スムーズに現場に入っていけそうです。一方で、Office関連の講座は、平易すぎる内容が多いようにも感じました。動作を一つひとつ解説していくのは、最近の学生や内定者のレベルからすると平易すぎてやや退屈に感じるかもしれません。

    • [業務に役立つか]

      カリキュラムの中でも応用的な講座は業務でもすぐに使えるものが多いと感じました。応用的な講座は具体的なビジネスシーンをイメージしやすいものも多かったです。一方で、基礎的な講座は、理解するとっかかりを作るような内容で、そのまま業務に活きる場面は少ないのかなという印象を受けました。もちろんすべての講座が業務に直結することは難しいですが、なんとなくでも業務で活きるイメージが持てると、学習効率も高まりやすいのではないかと思いました。

    • [利用意向度]

      トータルでみると、ぜひ研修に利用したいです。内定者研修に利用したい基準は、「現場で教える時間を作るにはもったいないが最低限押さえてほしいことが学べること」においています。その基準を満たしていました。具体的には、ビジネスマナーやコミュニケーションの基本、Officeソフトのショートカットコマンドなどが現場に入る前に学んでおいてほしいことです。前述のスキルマップやカリキュラムの順序は改善が難しければ、こちらで用意してでも研修に利用したいと思っています。

    • 年齢 :30歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:美容
    • 従業員規模:200名

    5.0

    【総合評価】

    今回の研修は大きく分けて社会人となって必要となる技術的な部分、社会人としてのマインド的部分、社会人として生き残っていくためのコミュニケーション術の3つに分かれています。内定者にとって社会人になるということは人生の中でも大きな分岐点ですし、心配事も多くなる時期でもあります。その心配事を和らげてくれる内容でもありました。基本的に学校でも教えてくれなかったり、入社後の研修でも行うことが少ない内容でもあります。内定者の時期に学ぶ研修としては最適です。

    • [内容の理解度]

      まだ社会人ではない内定者に向けての研修ということもあり、実際の業務に落とし込めるか不安な部分もありましたが、実際に起こりかねない事例を用いながら説明をしてくれるので内定者にとっても分かりやすいですし、働くことをイメージしやすいものとなっていました。技術的な部分においては実際に画面を動かしながら説明をしてくれているので、視覚的にも分かりやすい内容と思いました。実際に自分でパソコンに触れながら技術的成長が出来る内容です。

    • [満足度]

      従業員にとって、内定者がどれくらいのレベルで入社してくるかは気になるところです。特にOAスキルやメールの作成スキルに関しては最初から必要となるものです。そこでこの研修を受けた内定者はOAスキルもメールなどの連絡方法も一定のレベルを持った状態で入社を迎えられます。その点では、従業員も内定者に対して満足感や期待を持って接することが出来ると思います。内定者のみならず、先輩社員にとっても満足を得られる研修となっていました。

    • [内容の充実度]

      内定者に対して期待しているレベルを大きく超えるほどの内容が詰まっています。実際の業務で必要になってきますが、改めて研修としては行わなかったり、時間の問題もあり本人に任せてしまっている内容が多くあるため内定者の段階でこの研修を受講することには大きな意味があると思います。また、内定者には「いつまでも学生気分ではなく社会人としての意識」を持たせることも大切です。そういった内容も含まれているため良い社会人としてのマインドを持たせること、切り替えをしてもらうことも出来ます。

    • [業務に役立つか]

      OAスキルやビジネス文書、社会人としてのマナーという面においてはすぐにでも実際の業務にも活かせていける内容です。この研修を受けた内定者と受けてない内定者では大きな差が生まれるでしょう。研修を受けた内定者は社会人としての立派なスキルが身についた状態で入社をしてくると思います。入社したあとはより応用的なことや企業についてを学ぶ余裕が生まれます。その点で企業にとっても「利益を早く産む」従業員を育成する手段として用いることができます。

    • [利用意向度]

      内定者にはマストで受けさせたい研修となっています。社会人として年数を重ねてきた中堅社員、ベテラン社員にとっては「当たり前」な内容ですが、この研修で学ぶことをいつ覚えたか、身につけたかを改めて考えてほしいです。実際の業務を通じて覚えてきたことを、この研修では内定者の段階で覚えられる、もしくは入社した段階で意識をすることが出来ます。それだけで企業にとっては大きなことです。内定者のみではなく、年数を重ねてきた従業員にも改めて受けてもらいたい研修です。

    • 年齢 :40歳|性別:男性|都道府県:大阪府
    • 企業業種:金融
    • 従業員規模:1000名以上

    5.0

    【総合評価】

    これから社会人になる内定者にビジネスマナーの基本を学んでもらうにはうってつけの内容でした。社会人基礎力とも言うべきビジネスマナーは、社会に出てからは年齢関係なく、相手とお付き合いするシーンで活躍します。どの年代にも併せられるマナーを身につけることを仕事を覚えることよりも優先したいと考えている我々にとってはまさに重要なコンテンツが詰まっています。ビジネスマナーのいろはを学び取ることができる講座です。

    • [内容の理解度]

      ところどころクイズやワークが入ってきているので、受講する内定者が飽きることなくゲーム感覚で取り組みながら学んでいくことができる内容となっているのが非常に分かりやすかったです。また、初頭効果の話や社会人に求められる主体性の話はこれから社会人になる方だけでなく、今働く社員も第一印象で差をつける会社に社員全体で取り組んでいこうと感じる内容であった点も分かりやすかったです。講座の中でチャットを用いて受講生とやり取りをしていくシーンがありましたが、素朴な疑問芋丁寧に答えてくださるので、内容の理解がますます深まる効果があります。

    • [満足度]

      ビジネスマナーでの第一印象の大切さ、身だしなみの重要さを改めて学べることはビジネスマナーをしっかりと教育したいと考えている我々としては嬉しい内容でした。挨拶をするのは何のためか、という本質的な問いは従業員も「考えて良かった」と感じる答えでした。相手の心を開くことはビジネスマナー、コミュニケーションのきっかけになります。相手から好印象を受ける新入社員に成長してもらうという目的を伝えた上で受講をしてもらうと満足度は高いものになりそうだと感じる内容でした。

    • [内容の充実度]

      社会人として働くうえで欠かすことができないメールのマナーもこの研修で学んでほしいと考えている内容でした。メールの問題集動画も研修内にあり、間違いやすい内容について解説がされているので、基本的なビジネスマナーを直接的なやり取り、メールのような間接的なやり取り双方向の視点から学ぶこ都ができます。

    • [業務に役立つか]

      非常に役立つ実践的内容がたくさん紹介されています。周囲に合わせることもマナーであるという発想は実際の業務で役立つ究極のマナーと捉えることができます。相手へ与える印象を創ることだけではなく、相手に恥をかかせないこともマナーだということは業務の中で重要なことです。初めての相手とのオンライン会議でもそのようなビジネスマナーをリアルで会っている時以上に意識できます。どの世代でも知っているビジネスマナーとオンラインでのマナーとの違い、オンラインでの「間」の作り方から受講者の工夫まで学べるので、実践的な役立ちがありそうです。

    • [利用意向度]

      内定者研修で必ず利用したい内容です。基本的な教育の中ではありますが、基本だからこそ実践では使いやすく、相手の望んでいる効果を得ることができる実践的な内容でもありました。実際の研修では研修内容に合わせて、グループワークや乾燥のチャット共有などを積極的に活用しながらこれからの時代のビジネスマナーの基本を教育していく研修としていきたいと考えています。講師の方がもう少し受講生を巻き込んでいく投げかけがあると、さらによい研修になるのではないでしょうか。

  • 効果的に内定者研修を行うためのポイント

    • 01

      研修の目的と目標を明確にする

      内定者研修をどのような目的で行うのかは各企業によって異なるでしょう。例として即戦力として活躍してもらうためのスキルセットを身につけてもらうことが目的である場合や、内定辞退を避けるためのコミュニケーションを目的とする場合などが挙げられます。まずはどのような目的で内定者研修を実施するのかということを明確にし、その目的はどのような目標を達成した場合に果たされた言えるのかを明確にする必要があるでしょう。

    • 02

      各内定者の特徴を再度確認する

      いくつもの選考を経て、内定を出してはいるものの、内定者の能力や志向を正確に把握できていない人事担当者も少なくないのではないでしょうか。また、採用担当と育成担当が異なる場合、各内定者の状況や志向を全て正確に共有するのは難しいかもしれません。そのため、内定者がどのようなキャリアを歩んでいきたいのか、どのようなことが得意で、どのようなことが苦手なのか、内定者が会社に期待することは何かなどを再度ヒアリングし、内定時と入社後のギャップを埋める取り組みや、研修内容の調整を行いましょう。

    • 03

      最低限必要なスキルを洗い出す

      ビジネスマナーやOAスキルといった、どのような職種に就いても必要不可欠なスキルはもちろんのこと、各部署で必要とされるスキルの習得も内定者研修で実施できると望ましいでしょう。そのために、各部署へのヒアリングを行い、どこまでを内定者研修で習得してもらい、どこまでを新入社員研修で実施し、どこからを現場配属が決まってからOJTなどで会得してもらうのかを決める必要があります。 しかし、内定者と言えども学生であることは忘れてはいけません。あくまでも学生の本分は学業です。卒業論文や単位の修得の重荷になってしまうような過多な研修は避けましょう。また、卒業旅行など学生の間しかできない特別な体験もあります。これらのバランスを取り、内定者と現場担当者の双方が納得する形で研修を設計することが、人事担当者に求められている能力と言えるでしょう。

  • 内定者研修の目的

    • 01

      内定者の悩みや不安をなくす

      内定者研修は、内定者にとって新たな人間関係を構築する場でもあります。内定者の緊張をほぐし、チームワークを醸成しましょう。内定者同士の繋がりを作ることで、実際の業務でも積極的にコミュニケーションを取れるようになります。内定者研修では、ビジネスゲームなどを通してチームで協力する重要性を学ぶことができます。他の内定者と一緒にゲームに取り組む中で、内定者同士の交流を深めましょう。

    • 02

      内定者の社内での人間関係を作る

      いくつもの選考を経て、内定を出してはいるものの、内定者の能力や志向を正確に把握できていない人事担当者も少なくないのではないでしょうか。また、採用担当と育成担当が異なる場合、各内定者の状況や志向を全て正確に共有するのは難しいかもしれません。そのため、内定者がどのようなキャリアを歩んでいきたいのか、どのようなことが得意で、どのようなことが苦手なのか、内定者が会社に期待することは何かなどを再度ヒアリングし、内定時と入社後のギャップを埋める取り組みや、研修内容の調整を行いましょう。また、社内での人間関係を構築することは、内定者に安心感を与えることにもつながります。

    • 03

      内定辞退者を減らす

      採用担当者・人事担当者にとって、内定辞退は避けたいことでしょう。多くの時間や費用を投じて、ようやく自社に適した人材を採用しても何かしらの理由で辞退されてしまった場合、それらの努力が無に帰してしまいます。このような事態にならないよう、実際に入社するまでに適度な距離感で内定者に接し続ける必要があります。内定者研修という枠組みだけでなく、内定者懇親会や社員との交流会など、他者とのコミュニケーションの機会を増やすことで内定辞退を避けることができるでしょう。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは内定者向けに、ビジネスマナーやメール・資料作成の方法など、様々な研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると報連相について学ぶ「1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-」や、「書く・聴く・話すに徹底コミット:社会人基礎力ゼミ」、「新入社員向けExcel術ー表の見せ方&計算チェックー」などの授業があります。 このほかにも、新社会人としてのマインドセットを学ぶことのできる「事例で学ぶモチベーション向上の法則」などの授業もあります。

  • スクーでは内定者向けに、基礎的なビジネススキルからセルフマネジメントを学ぶ授業まで様々なものをご用意しています。 また、スクーでは研修担当者が受けてほしいコンテンツだけではなく、内定者一人ひとりが「学びたい」と感じた分野での自主的な学習を促す研修も多数ご用意しています。そのため内定者の興味に合わせてビジネスの基礎をさまざまな角度から学ぶことができます。 研修担当者は管理画面から受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは 7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため内定者一人ひとりが「学びたい」と思っていることを自主的に学ぶことができるので、個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、コミュニケーションスキルについての授業やプログラミングの授業、デザインの授業など多種多様な授業をご用意しています。プログラマーだけど取引先との円滑なやりとりのためにコミュニケーションスキルも学ぶ、営業だけどより説得力のあるプレゼン資料を作成するためにデザインも学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーでは職種別・階層別に様々な研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 新入社員向けの研修パッケージの一例をご紹介すると、「社会人へのスタートダッシュ研修パッケージ」や「社会人への意識転換研修パッケージ」、「ビジネス文書・メール作成研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

  • Schooの研修は全てオンラインでの研修となります。 そのため、時間・場所に関係なく実施することができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ