CS研修

─実践で活用できるCSスキルを身につける─

CS研修でよくあるお悩み

  • 顧客対応の基本を身につけて欲しい
  • CSについて指導できる人材が不足している
  • 研修に工数がかかる

SchooのCS研修の特徴

  • 01

    基礎からスキルアップできる

    顧客対応について未経験の方でも、基本からきちんと学ぶことができます。 CSの役割や基本概念を理解し、顧客との向き合い方などを身につけることができます。

    顧客対応について未経験の方でも、基本からきちんと学ぶことができます。 CSの役割や基本概念を理解し、顧客との向き合い方などを身につけることができます。

  • 02

    CSについて経験豊富な知識を身につけることができます。

    その道の第一線で活躍しているプロから学ぶことができます。質の高い研修を通して、カスタマーサポートやカスタマーサクセスに必要な知識をきちんと身につけることができます。

    その道の第一線で活躍しているプロから学ぶことができます。質の高い研修を通して、カスタマーサポートやカスタマーサクセスに必要な知識をきちんと身につけることができます。

  • 03

    育成担当者の工数を削減

    Schooでは、管理画面からの研修設定で簡単に新入社員研修が開始できます。受講状況の管理やレポートの提出なども管理画面から行えるので、育成担当者の手間を削減することが可能です。

    Schooでは、管理画面からの研修設定で簡単に新入社員研修が開始できます。受講状況の管理やレポートの提出なども管理画面から行えるので、育成担当者の手間を削減することが可能です。

CSに求められるスキル

  • 1.ビジネスマナー

    人の第一印象は3秒で決まると言われます。接客する従業員の身だしなみが整っていなかったり、失礼な話し方であるというだけで満足度に影響を与えてしまいます。例えば、話を聞いてもらえなかったり、商品やサービスを利用してもらえなかったり、場合によってはクレームに繋がる恐れもあります。そのため、マナーに対する意識は徹底する必要があります

    主な課題

    • ・社会人として必須のビジネスマナーを習得させたい
    • ・報連相ができる社会人になってほしい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは、ビジネスマナーの基本などを学ぶことが出来る、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、社会人として、どんなスキルを覚えるよりもまず初めに覚えたいビジネスマナーを教育することができます。

    《ビジネスマナースキル向上におすすめの研修》

    • 新社会人のためのビジネスマナー研修パッケージ

      全10時間で、ビジネスマナーや報連相を学ぶことができるパッケージです。ビジネスメールや名刺交換などのビジネスマナーだけでなく、報連相の重要性や適切なタイミングも同時に学ぶことで、社会人としての基礎スキルを習得できるパッケージになっています。

      【合計:10時間】 受講者人数:168,457人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.ホスピタリティ

      ホスピタリティとは、一般的に「思いやり・心からのおもてなし」などの意味を持ちます。相手の立場になって考えやニーズを理解し、喜んでもらうためにどのようなふるまいを考えられる姿勢を身に着ける必要があります。顧客が満足するためには、顧客がサービスを利用したり、商品を購入する際に考えていた期待を上回ることが必要です。最近でも、顧客の意向を無視した企業都合の押し売りによって発生するトラブルが後を絶たず、評判を落とす企業は少なくありません。顧客のニーズを理解し、期待を上回るようなサービスや商品の提供ができるようになることでCSを向上させ、企業の評判アップにも繋がります。

      主な課題

      • ・カスタマーサクセスの基礎について学びたい
      • ・カスタマーサクセスという考え方を身につけたい

      ここがポイント

      Schoo for Businessのカスタマーサクセス研修では、自身もカスタマーサクセスマネージャーとしての取り組みをしながら、複数のスタートアップの支援を行なっている講師など、カスタマーサクセスについて第一線で活躍する講師から、基礎知識を学ぶことができます。カスタマーサクセスに取り組んでいる複数企業の事例についても知ることができるので、実践的かつ効果的に知識を身につけることができます。

      《ホスピタリティ向上におすすめの研修》

      • CS(カスタマーサクセス)研修パッケージ

        CS(カスタマーサクセス)研修パッケージは、カスタマーサクセスの考え方や顧客との向き合い方、組織の立ち上げ方や目標づくりなどの基礎知識を身につけることを目的としています。カスタマーサクセスの成功・失敗体験なども学べるので、実践で活用しやすい知識を習得することができます。

        【合計:4時間30分】 受講者人数:3,065人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.カスタマーサポートスキル

      事業やサービスの継続的な成長にはカスタマーサポートの存在が必要不可欠です。加速度的な成長を遂げているメルカリのカスタマサポートについて学び、カスタマサポートにとって大切な要素はどういうものか、その仕事内容から組織作り、人材育成まで学んでいきましょう。

      主な課題

      • ・カスタマーサポートの基礎について学びたい
      • ・カスタマーサポートの導入を考えている

      ここがポイント

      Schoo for Businessのカスタマーサポート研修では、カスタマーサポートグループのマネージャーとして第一線で活躍する講師から、基礎知識や運用事例などを学ぶことができます。だからこそ、実践的かつ効果的にスキルを身につけることができます。

      《カスタマーサポートスキル向上におすすめの研修》

      • CS(カスタマーサポート)研修パッケージ

        CS研修(カスタマーサポート研修)パッケージは、カスタマサポートにとって大切な要素や、その仕事内容、組織作り、人材育成まで学び、カスタマーサポートの基礎を身につけることが目的です。スタートアップ企業のカスタマーサポート運用状況についても知ることができるので、実践的な内容について学ぶことができます。

        【合計:4時間】 受講者人数:8,050人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

SchooのCS研修の
評価・口コミ

4.5

【総合評価】

    • 年齢 :30歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:美容
    • 従業員規模:200名

    5.0

    【総合評価】

    まずは企業にとって一番大切なものは何かを考えさせられました。言うまでもなくそれは「顧客の方々」です。顧客の方々の満足感を得るためにカスタマーサポートは必要不可欠な組織であることを改めて実感させてくれました。カスタマーサポートの存在意義、そしてカスタマーサポートの多種多様なあり方を見せてくれる研修です。カスタマーサポートの職に携わる従業員のみならず、全従業員に受けてもらいたい研修です。受けることにより、改めて「顧客の方々のために」仕事をしていることを確認することが出来ます。

    • [内容の理解度]

      なぜ、カスタマーサポートが必要なのか、なぜカスタマーサポートが重要であり注目を浴びているのかを分かりやすく説明してくれています。分かりやすくなっている1つの要因としてさまざまな企業がカスタマーサポートをどのように位置づけているか、どれだけ重要にしているかを示してくれている点が挙げられます。特にメルカリなどの大手企業がカスタマーサポートの運用やメンバーのマインド、採用に至るまでを示してくれている点は非常に分かりやすいものとなっています。

    • [満足度]

      まず初めに、カスタマーサポートに属する従業員にとっては働く上でのマインドを示してくれているので、とても有意義な研修になっています。カスタマーサポートは「顧客の方々と一緒に過ごす」と言うマインドは働く上で欠かせないマインドになってくるものです。それ以外の従業員にとってもカスタマーサポートの存在意義を考える上ではとても満足度の高い研修となります。カスタマーサポートに属する従業員がマインドを理解し、その他の従業員がカスタマーサポートの存在意義の理解を深めることで企業にとっても売り上げと言う数値として見える形での満足を得られると考えます。

    • [内容の充実度]

      カスタマーサポートに属する従業員にとって一番学んでほしいことは「顧客の方々があって限りの商売である」ということです。その点に置いては初めの段階で学ぶことが出来ますし、それを意識した上で研修を続けることが出来ます。また、カスタマーサポートに属しながらキャリアアップを目指す方にとっては自分が今後どのようなマインドでいるべきか、どのような行動をしていくべきかを示してくれているのは学びとともに成長に繋がります。

    • [業務に役立つか]

      まずはマインドの部分で多く学んでいただくことで実際の業務にも役立つものになっています。カスタマーサポートは1日で多くの人々と接する仕事になってきます。その中でルーティン業務も大切ですが、その中に「顧客の方々と一緒に」と言うマインドを持つだけで業務の質も変わってきます。今回の研修では技術的面よりも、このマインド的な面が非常に従業員にとっても大きな意味をもたらすと考えています。研修で受けて学んだマインドを持ちながら業務に取り組めば間違いなく実際の業務にも役立ってきます。

    • [利用意向度]

      カスタマーサポートに属する従業員にはマストで受けてもらいたい研修です。その中でも「カスタマーサポートを初めて経験する従業員」「どのように顧客の方々と接していいか悩んでしまっている従業員」「今後カスタマーサポートに属しながらリーダー、責任者になっていきたい従業員」には悩みの脱却、不安の払拭、今後の課題を解決するためにも受けてもらいたい研修です。また、カスタマーサポートに属さない従業員にも「顧客の方々があってこその商売」であることと、「カスタマーサポートが企業にもたらす影響」を学ぶためにも受けてもらいたい内容となっています。

    • 年齢 :35歳|性別:女性|都道府県:奈良県
    • 企業業種:教育
    • 従業員規模:500名

    4.4

    【総合評価】

    お客様の要望などを最前線で受けるカスタマーサポートの仕事をより質を高くしていくための研修としてレベルの高いものとなっています。基礎的な内容となっていますが、ある程度の知識を事前に得ておく方が良いと感じます。入社して数年経験し、人事異動をしてきた社員向けの研修内容として有益な情報が多く紹介されている印象です。各カリキュラムを受講した後にどのような場面で変化を起こすことができるのか、実践する場を設けて練習するとところまでがセットであればなおよい研修だと思います。

    • [内容の理解度]

      対話形式で進められていくので非常に分かりやすいと感じました。図示されているチャート図も絵柄が多いのでイメージが湧きやすかったです。お客様目線で考えるかつメンバーのモチベーションを維持していくために会社全体で考えていく仕組みを作っていることが成功の秘訣になっていることが分かりやすかったです。KPI設計についても分かりやすく解説されていて、目的を達成するための目標を設定していくものだと定義して話が進んだので非常に勉強になります。

    • [満足度]

      カスタマーサポートについて一緒に考えていくスタイルなので参加できているという実感を持てるだけではなく、クレームなどを言ってくるお客様を「愛着を持ってくださっている方」として捉え、「お客様の近くにいる存在」など一般的には気が付きにくい重要な視点が提供されるので、関わる従業員の受講後の満足度は非常に高い数値になることが予想されます。何度も受講し直して能動的に学びを得やすい構成になっているのが満足度に繋がっていくと感じます。

    • [内容の充実度]

      カスタマーサポートの歴史から入る研修なので、自身の仕事の意義を見つけやすい構成になっています。カスタマーサポートは重要な部署でありながらストレスフルの状態での業務に当たってもらう部署にもなりますので、愛着を強く持って働いて頂きたいと人事担当者として考えています。その点で顧客ロイヤリティ向上にフォーカスしたこの内容は、図示されている情報も分かりやすく、これから自社の社員に学んでほしいと求めている内容を学ぶことができるようになっています。

    • [業務に役立つか]

      業務のスキルに即時に活用できることは少ないと感じました。しかし、一方で仕事をする上での中長期的なマインドセットの研修としては高い効果を感じる研修内容でした。この研修を受講することによって、仕事に対するモチベーション向上という観点で役立てそうに感じました。問題解決することがカスタマーサポートの目指す状態である以上、それをアクティブにそしてポジティブに捉えて活動をしていくことに繋げる役立てが考えられます。

    • [利用意向度]

      カスタマーサポートの全体研修として取り入れたいと考えています。メンバーを育成していくうえでマインドセットの場は欠かすことはできません。具体的にはコールセンターでの受電対応のケーススタディ前の事前受講研修動画としての活用を検討しています。OJTの一環として業務マニュアルと共に利用していくイメージです。ただし、様々な意見が出てくるひとつの正解が存在しない内容なので、全てを一人に任せて学ぶのではなく、メンターとなる先輩社員を付けての運用がいいのではないかと少し悩んでいます。

    • 年齢 :39歳|性別:男性|都道府県:愛知県
    • 企業業種:福祉
    • 従業員規模:2000名以上

    4.0

    【総合評価】

    CSにおける基本的な内容から考え方、全体設計について学ぶことができる研修です。カスタマーサポートの導入を検討している企業にとっても有益なカリキュラムとなっています。講義の中ではメルカリやビズリーチ、SanSanなど有名企業のCS部門で活躍されている現役講師から実例を分かりやすく説明してくれるため、いまいちCSが分からなかった方でも理解しやすい内容になっています。企業の抱える問題と照らし合わせ学んでいくことができる点は高く評価できる研修となっています。

    • [内容の理解度]

      カスタマーサポートの運用実例が豊富で分かりやすい内容になっています。カスタマーサポートに必要なクレーム対応のスキルに対するマナーや心からの思いやりといった基礎を振り返ることもできるため、思考をリフレッシュする意味でも必要な内容になっています。カスタマーサクセスにおいては明確な組織の目標が大切です。実例の中ではカスタマーサクセスに関する考え方が身につくだけでなく、失敗談の中から気づきも得ることができる内容もあっておすすめです。

    • [満足度]

      CS部門に所属している方だけでなく、CS部門をこれから立ち上げたいと考えている企業において満足度の高い研修となっています。売り切り型のビジネスからサブスク型のビジネスへ移り変わっている中、以前にも増して顧客側に寄り添った対応が求められています。営業部門だけでサポートするのは難しく、継続率を高めるためにCS部門の重要度が高まっている中、CSの基礎知識からなぜ重要なのかをCS部門従事者が体系的に学ぶことができる研修はなかなかないため、受講者は学び多いと感じました。

    • [内容の充実度]

      まずCSとは何か?についてしっかり学ぶことができます。基礎知識を学んだうえで、CSに関する自社で抱える課題を企業の実例からイメージすることができ、課題解決に向けた方法を講義の中で学んでいくことができます。多くの顧客を抱える企業では人的対応ばかりに追われ非効率になるわけにはいかないのですが、社員の対応レベルに格差があると顧客満足度は下がってしまうため、全体のレベルを上げていくこういった研修は重視すべきだと感じました。

    • [業務に役立つか]

      カスタマーサポートに関する基礎を身につけることができるので、研修後すぐに業務で役立てることができそうです。これからCSを導入していきたい企業も、様々な企業の導入までの取り組みや必要な人材の役割についても講義の中で知ることができるため、早期導入もできると思います。CSに携わる社員のスキルを上げていくだけでなく、チームとして機能するためにリーダーやマネジメントについてのスキルも学べるため、全体的に業務改善に役立ちます。

    • [利用意向度]

      CS部門を持つ企業だけでなく、CS導入を検討している企業は積極的に利用したい研修です。これからの時代、カスタマーサポートやカスタマーサクセスは営業部門と同じくらい売上に関係する企業にとって重要なセクションです。人材育成が急務となっているなか課題になっている社員スキルの向上を、研修を通して上げていくことができます。会社として起動していくにはブラッシュアップをしながら構築してくCS部門は構築までに時間を要します。上場しているトップ企業の実例を享受できる機会は貴重です。

SchooのCS研修
テーマ別カリキュラム一覧

  • 効果的なCS研修を行うためのポイント

    • 01

      行動目標を設定する

      CSの重要性を理解したとしても、現場で何を実践すればいいのか理解できていなければ、研修を行う意味がありません。研修ではケーススタディから学んだポイントを自らの接客に取り入れることを目標とするなど、行動に落とし込む働きかけが必要です。また、そのためには研修を実施する前から自社の課題を洗い出し、それを解決できるような研修設計をすることも重要です。

    • 02

      ESの改善も重視する

      ESとはEmployee Satisfactionの略称で、職場環境や働きがいといった従業員満足度のことを指します。いくら上からCSの向上を訴えても、従業員自身に不満があってはモチベーションの低下に繋がり、改善が進みません。ESを構成する要素としては、企業ビジョンへの共感やマネジメントへの納得感、自分の仕事の影響度や人間関係、職場環境などが挙げられます。ESが向上することで、CS改善への取り組みが活発化し、長期的な利益に繋がる好循環を構築することが可能となります。

    • 03

      従業員が効率よく学べる環境を整備する

      従業員のスキルの習熟度はCSに大きく影響します。上からの押し付けのような教育体制では効果が出づらくなってしまいます。前述の通り、ESを重視した職場環境を整備しつつ、効率的に学習できるようにすることも重要です。そうすることで、日常的なサービスの質は改善されていきます。また、学習環境の整備という点において、それぞれの従業員が自身のCS改善に繋がる成功事例を共有する場を設けることで、ナレッジを全体に共有できるようにすることもおすすめです。

  • CS研修の目的

    • 01

      CSについて知り、重要性を認識する

      CSは顧客のニーズに的確に応え、継続的な利益を生み出す為の指標としてとても重要です。しかし社員がCSとの向き合い方やその重要性について正しく認識できていなければ、CSを向上させていくことは難しいでしょう。そこで、CS研修を通してCSの持つ意味や大切さを学び、社員の理解を深める必要があります。

    • 02

      CS向上に繋がる接客方法を学ぶ

      CS研修では、実際にCSを向上させる為に必要なスキルを学ぶことができます。基本的な礼儀作法やホスピタリティだけでなく、より顧客の満足度を上げるための対応について知ることができます。また、満足度の高い対応をできる社員がそのスキルを他の社員に共有するなどして、組織全体のスキルの底上げにもつながります。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、顧客対応の基本からビジネスの現場で活用できる実践的な知識やノウハウまで、幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「カスタマサポートの基礎 メルカリ編」や「カスタマーサクセス -お客様とより良い関係を築くための基本と実践-」などの授業があります。 このほかにも、カスタマーサポートの運用事例についての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、CS研修に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またCSについての知識だけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、ビジネスパーソンとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。CSについての知識やスキルだけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではCS研修向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「CS(カスタマーサクセス)研修パッケージ」や「CS(カスタマーサポート)研修パッケージ」、「カスタマーサポートリーダー研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ