OJT研修

─後輩や部下の指導力を身につける─

OJT研修でよくあるお悩み

  • 後輩や部下の指導について学べる機会がない
  • オンライン化により、OJTに必要なスキルが変わってきている
  • OJT担当者の負担が大きい

SchooのOJT研修の特徴

  • 01

    OJTの基本から学べる

    SchooにはOJTに必要な考え方や目標設定の方法、メンターの役割などOJTの基本をきちんと学ぶことができます。また、効果的な1on1の方法や、コーチングの方法など、一歩進んだ人材育成についても学ぶことができるので、OJT担当者の悩みやレベルに沿った学習をすることが可能です。

    SchooにはOJTに必要な考え方や目標設定の方法、メンターの役割などOJTの基本をきちんと学ぶことができます。また、効果的な1on1の方法や、コーチングの方法など、一歩進んだ人材育成についても学ぶことができるので、OJT担当者の悩みやレベルに沿った学習をすることが可能です。

  • 02

    オンライン下での関係性構築やコミュニケーションについて学べる

    Schooでは「オンライン1on1実践」や「リモート時代のチームコミュニケーション」など、新しい働き方に適応するためのオンラインコミュニケーション術を学ぶことができる授業を多く取り揃えています。 リモートワークでOJTを行う場合にも必要なスキルを学び、安心して後輩や部下への指導を行うことができます。

    Schooでは「オンライン1on1実践」や「リモート時代のチームコミュニケーション」など、新しい働き方に適応するためのオンラインコミュニケーション術を学ぶことができる授業を多く取り揃えています。 リモートワークでOJTを行う場合にも必要なスキルを学び、安心して後輩や部下への指導を行うことができます。

  • 03

    知識のインプットはSchooに任せて、担当者の負担を軽減

    OJTはトレーナーだけでなく、チーム全体で行うという意識を持つことが重要です。「新人の力を引き出すOJT」の授業では、組織が一体となってOJTを推進することの重要性についても学ぶことができます。 また、Schooでは7,000本以上の授業が受け放題なので、必要な時に必要な知識をインプットすることができます。トレーナーは、学んだことの実践をOJTで行うことに集中することができるので、負担を軽減することにつながります。

    OJTはトレーナーだけでなく、チーム全体で行うという意識を持つことが重要です。「新人の力を引き出すOJT」の授業では、組織が一体となってOJTを推進することの重要性についても学ぶことができます。 また、Schooでは7,000本以上の授業が受け放題なので、必要な時に必要な知識をインプットすることができます。トレーナーは、学んだことの実践をOJTで行うことに集中することができるので、負担を軽減することにつながります。

OJTスキル向上に求められるスキル

  • 1.指導力

    OJTと一口に言っても求められるスキルには様々なものがあります。「人材育成におけるOJTの位置づけ」や「なぜOJTが上手くいかないのか 典型例と対処法」などOJTを実施するにあたって必ず必要なマインドセットを学びます。OJT研修を実施することになったあるいは今後実施することになる中堅社員の方、初めて育成担当になった方や、部下のマネジメントに悩んでいる方におすすめです。

    主な課題

    • ・指示待ちの部下が多くて困っている
    • ・部下の主体性を高めたい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは初めて育成担当になった方や、部下のマネジメントに悩んでいる方のために「チームで成果を出すためのコーチング」や「新人の力を引き出すOJT」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、忙しい中堅社員の方に時間制約をつけず、日々の業務の中で無理なく教育することができます。

    《OJTスキル向上におすすめの研修》

    • OJT研修パッケージ

      OJTと一口に言っても求められるスキルには様々なものがあります。「人材育成におけるOJTの位置づけ」や「なぜOJTが上手くいかないのか 典型例と対処法」などOJTを実施するにあたって必ず必要なマインドセットを学びます。OJT研修を実施することになったあるいは今後実施することになる中堅社員の方、初めて育成担当になった方や、部下のマネジメントに悩んでいる方におすすめです。

      【合計:5時間】 受講者人数:21,587人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.オンラインコミュニケーション力

      「テレワーク導入後、オンラインでのコミュニケーションに課題を感じているものの、自社で研修を行うには手間もコストもかかってしまう」とお悩みのOJT担当者やマネジメント層の方は多いのではないでしょうか。オンラインでのコミュニケーション時のポイントや、これからの働き方を学び、リモートワークで生産性を向上させます。

      主な課題

      • ・リモートワークで社内のコミュニケーションに課題を感じている
      • ・オンラインコミュニケーション力を身につけたい

      ここがポイント

      オンラインでもしないコミュニケーションを円滑に行いたいという方向けに、オンラインでの会議のやり方や生産性を向上させるためのポイントを学ぶ授業「アフターコロナのリモートワーク指南」などをご用意しています。オフラインでの研修を行うことが難しいという場合でも、オンライン研修ならいつでもどこでもパソコンやスマートフォンで学習することが可能です。

      《オンラインコミュニケーション力向上におすすめの研修》

      • オンラインコミュニケーション研修パッケージ(基本編)

        オンラインコミュニケーション研修では、オンラインでのコミュニケーション時のポイントや、これからの働き方やリモートワークで生産性を向上させるための方法について学ぶことができます。

        【合計:8時間】受講者人数:11,070人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.コーチングスキル

      より効果的なOJTを行うためには、チームの良好なコミュニケーション状態を醸成していく必要があります。傾聴力や課題解決力を身につけることにより、効率よく目的を達成するだけでなく、それ以上の成果を出すことができます。優秀なマネージャーが実践しているメンバーとの関わり方を学び、OJT制度の効果を最大化しましょう。

      主な課題

      • ・管理職として部署をまとめる力を身につけて欲しい
      • ・プロジェクトなどを任せられるような人材になって欲しい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、傾聴力を身につけることで部下とより良好な関係を気付きたいという方向けに「話し下手ほどうまくいく、聞く技術アクティブリスニング」の授業や、課題解決力を磨きたいという方向けに「アドラー心理学をベースとした課題解決アプローチ」の授業などをご用意しています。普段の業務が忙しくてなかなかスキルアップのための時間を取れないという方でも、いつでもどこでも研修可能なオンライン動画なら効率的に学習し、コーチングスキルを向上させることができます。

      《コーチングスキル向上におすすめの研修》

      • コーチング研修パッケージ(強化編)

        部下とのコミュニケーションに苦戦している方向けに優秀なマネージャーが実践しているメンバーとの関わり方やコミュニケーションのポイントなどについて学ぶことができる研修パッケージです。合計5時間の授業で体系的にコーチングスキルを学ぶことができます。

        【合計:5時間】 受講者人数:38,953人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

SchooのOJT研修の
評価・口コミ

4.3

【総合評価】

    • 年齢 :26歳|性別:女性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:人材サービス
    • 従業員規模:100名

    4.6

    【総合評価】

    OJTのための研修ではありますが、OJTに限らず昇進して役職がついた人などマネジメントを担当することになった全てのスタッフに受けてほしいような研修内容です。人材育成のためのノウハウまで学ぶことができ、社内の人間だけではなかなか作成ができないような、専門的でレベルの高い研修です。すでにOJTを担当している社員も、学び直すべき大切なポイントが多いので、一定の評価をクリアしたスタッフには受けさせたいような研修です。

    • [内容の理解度]

      OJTをする上でのポイントやノウハウだけではなく、コーチングの効果や変化までわかりやすく解説してくださっているので、マネジメント経験が全くないスタッフでもイメージしながら学ぶことができ、納得感のある内容です。割と説明することが難しいようなレベルの高い内容の研修ですが、講師の方の説明や研修のテンポも非常にわかりやすいので問題なく勉強できると思います。また、質疑応答の内容は共感ができたり、今後の自分が向き合わなくてはならないであろう悩みもリアルな声として聞くことができるので想像しながら研修を受けることができます。

    • [満足度]

      これからリーダーとしてマネジメントを行うスタッフの不安や素朴な疑問に寄り添っており、コーチングなど研修内容のレベルも高く非常に満足ができるような内容です。OJT研修ということですが、マネジメントの基本である信頼関係の築き方やメンタリングなどの心理学要素も学ぶことができるので、広い意味でリーダーの育成に役立てることができ、これから頑張っていこうと責任感を感じてもらえるような満足感のある内容の研修だと思います。

    • [内容の充実度]

      OJTを担当する中堅社員は基本的なコミュニケーションスキルを持っているスタッフが多いですが、学ぶべきマネジメントの基本やOJTの意味など学ぶべき内容が全て盛り込まれている内容の研修です。部下との関わり方の中で、こんなことがあったらどうするか」「こんな場面に当たった時にどう対処するか」など想像しながら学ぶことができるので、テスト形式でリーダー昇格前スタッフに対しての研修にも活用してみてもいいかもしれないと思いました。

    • [業務に役立つか]

      OJTで活かせるノウハウを学ぶことができ、OJTだけでなく後輩と関わる上でも活用できるので実際にリーダーとして稼働する中で役立てられる内容の研修でした。マネジメントをする上で頑張って話を聞く、励ます、などの手法で乗り切ろうとするスタッフもいますが、一度しっかり基礎から学び何のためにフォローをするのか、OJTがあるのか、という本質を掴むことができれば考え方も変わり、スタッフとの関わり方も良い意味で変わっていくと思います。

    • [利用意向度]

      現状、リーダーに昇格するスタッフ向けに研修はしておりますが「責任感」「会社やチームとしての役割」という内容がメインで部下との関わり方についての研修ができておりませんでした。この研修は心理学要素も織り混ぜつつ、マネジメントを行う上での基本的なノウハウを知ることができるので、非常にレベルが高く、人事としてもこのレベルの高い研修をオンラインで出来るのであれば効率的だと思います。実際の研修でも導入してみたいと感じるような質の高い研修でした。

    • 年齢 :39歳|性別:男性|都道府県:愛知県
    • 企業業種:福祉
    • 従業員規模:2000名以上

    4.2

    【総合評価】

    制度を考える人事と実務を行う社員が、OJT開始前に理解しておきたい内容を網羅している研修になっています。OJT制度があるものの成果が出ていない理由や、成果を出すために必要なことを分かりやすく学べるため、OJTに関する重要度を上げていきたい弊社でも積極的に受講していきたい内容でした。特にOJT制度とメンター制度は混在しやすく、制度を作る側も明確な棲み分けができていない企業も多いはずです。全5回のカリキュラムを通じて、OJTの成果を上げていけそうです。

    • [内容の理解度]

      特に混在しやすいOJTとメンターについて、違いとそれぞれのメリット・デメリットを具体的に学べる点は分かりやすかったです。OJT制度の構築側としてはOJTトレーナーやメンターの選出方法に疑問を感じていました。受講したポイントを意識しながら選出することで、OJTの成果を上げていけそうです。OJTトレーナーやメンターに選出された側も、カリキュラムの受講で正しい役割を意識できるようになります。そのうえでコーチングの講義を受講することで、メンティにとってもよい支援になるのではないかという期待がもてます。

    • [満足度]

      OJT制度を構築する側とトレーナーとして選出された側の受講が想定されるので、選出する際の配慮やOJTに意識を持っていってもらう手法などが、別の講義であるとさらにOJTの成果を見込めるのではないかと感じました。しかし全体的には選出側、受けた側がOJTの制度と意識を高めていける内容が多いため満足度は高いと感じました。コーチングスキルに関しても並行して学べるので、指導スキルや育成スキル向上としても満足に感じる従業員は多いと思います。

    • [内容の充実度]

      OJTとメンターの違いだけでも学びが多く、コーチングスキルの受講で育成スキルを向上していけるため、過不足なく学べました。特にメンターは制度導入をゴールにしてしまいがちです。弊社でも実行したにも関わらずやったという実績で終わってしまっているところがあり、振り返りが少ないと感じていました。制度の理解から目標設定、そして分析改善までPDCAサイクルを回していくことの大切さを学んでほしいという思いがあったので、受講者にはまさに学んでほしい内容が多かったです。

    • [業務に役立つか]

      OJTトレーナーもメンターも社会や社内に慣れてきた社員が対象になるため、コーチングスキルに触れてもらえるのは短期的にチーム内を円滑に動かしていける期待がもてます。そのうえでOJTの理解が深まれば、受講内容から実務でもすぐに役立てることができます。特に、『新人の力を引き出すメンタリング』で混同しがちなメンタリングの時期についての解説は具体的なメンティを想像しながら学べます。社員の定着や成長を望む企業はメンター選出側も選任されたメンターも、すぐに業務で役立てそうだと感じました。

    • [利用意向度]

      OJT制度を導入していきたい企業だけでなく、OJT制度を実施しているが成果を実感できていない企業も取り入れるべき研修です。弊社は特に後者で、OJTを実施していますがやらされ業務の一環として捉えている社員が多く悩みを抱えています。また、OJTに関する振り返りが少ないため、対象社員が離職してしまうと成果がなかったと考えたりする風潮もあります。この研修ではOJTトレーニングやメンタリングを体系的に学び、コーチングスキルも磨くことでメンター・メンティの成長が期待できます。どちらもPDCAを回していくことでOJTの成果を上げていける内容でしたので、弊社でもぜひ利用したいです。

    • 年齢 :38歳|性別:男性|都道府県:石川県
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:300名

    4.0

    【総合評価】

    OJTという恐らくどの組織でも行われている教育方法について、その考え方と手法について学ぶことができます。トレーナーはコーチングのスキルを用いて新人・若手を指導し、組織全体で役割分担しながら計画的に教育していくことが重要です。本カリキュラムではコーチングの後にOJTを学ぶ順序になっていますが、視聴する順番は逆の方が良いかもしれません。また、コーチングの講師は講座毎に毎回異なるのですが、入れ替わらずに一人の方が担当した方が良かったように思います。

    • [内容の理解度]

      コーチングがなぜ今求められているか、人間関係の面や目標達成にとってどれだけ効果があるか、とても分かりやすく説明されています。特に、コミュニケーションは双方向であり、個別に行われるものであり、継続されるべきものであるという点は、特に重要でありますし、さらに強調されても良かったかもしれません。OJTについては、一通り十分な説明がなされていますが、この研修に限らず様々な所で言い尽くされているためか、計画面の説明が少し足りないように感じました。もう少し具体的な説明があってもよかったかもしれません。

    • [満足度]

      OJTを行う際、トレーナーは良きコーチであることが求められ、そのコーチング技法について具体的に学ぶことができます。コーチングを実際に受けたリーダーの方が登場し、コーチングを受ける前と受けた後の組織の変化など普段中々聞くことができないお話が含まれており、満足度が高まります。また、質問の中でデメリットについても率直に触れられており、コーチングを進める上での様々な悩みや疑問点についても理解が深まる内容となっています。

    • [内容の充実度]

      コーチングとOJTの立て方、実践方法について基礎から学ぶことができます。今の時代では特に、自分が主人公という意識が強くなってきていますので、受講者がいかに上手く指導を行うかではなく、指導の受け手がどのように感じているかが重要なテーマです。本カリキュラムでは、まず相手の話を聞く、そして見る、上手くいかないときはトレーナーに反省点がないか振り返るといったように、徹底的に指導を行う側の工夫にフィーチャーして学習を進めることができます。

    • [業務に役立つか]

      コーチングやOJTの計画について学ぶことができるので、これらはすぐに実務に活用することができます。初めて部下や後輩を持つことになる社員にとっては、ティーチングと同じくらいコーチングに興味があると思うので、それを学べるカリキュラムがあるのは非常に助かります。ティーチングも学習した上でコーチングと上手く使い分けることができれば、さらに本カリキュラムで学んだことを効果的に実務に役立てることができそうだと感じました。

    • [利用意向度]

      コーチングについては、そのまま実際の研修でも利用できる内容となっています。ただし、コーチングについて受講する前にティーチングについて学んでいることが前提です。また、OJTの目的だけでなく、マネジメントを効果的に行うためにコーチングスキルを活用することもできますので、管理職を対象にコーチングを研修しても良いかもしれないと感じました。OJTについても必要十分な内容となっていますが、組織によってはメンター制度を取り入れていない場合もあるため、受講にあたっては注意が必要です。

  • 効果的なOJT研修を行うためのポイント

    • 01

      現場目線も取り入れて計画を立てる

      OJT研修を実施する前に、目的やゴールを明確にして計画を立てることがポイントです。計画作成のためには、会社や人事側と現場の上司、両方の立場で協力し合うことが重要となります。会社側の目線でどのような人材になってもらいたいのかを明らかにし、現場目線でどのようなスキルや経験を身につけてもらいたいのかを確認しましょう。両方の軸を取り入れた上で目標を立て、計画を作成することが大切です。

    • 02

      組織全体でOJTを進める

      OJT研修は、実際に業務を教える担当者に負担が集中してしまいがちです。しかし、教育・指導を担当者だけにお任せしてしまうと本来の業務が滞ってしまったり、業務量の不公平感から職場の空気が悪くなってしまったりといった悪影響が考えられます。 担当者だけでなく先輩社員がフォローを行ったり上司がアドバイスを行ったりと、みんなで教育を行っていくことで職場のコミュニケーション改善や組織の一体感にもつながります。人材の育成は組織全体で行っていくということを前提に、OJTを進めていくことが大切です。

  • OJT研修の目的

    • 01

      即戦力を育成する

      OJTの目的は、即戦力を育成することにあります。 実践で学びながら必要なスキルを身につけ、経験を積むことができるので、早くに一人前のビジネスパーソンとして現場を任せることができます。 OJTでは実務に応じたスキルをピンポイントに習得することが可能なほか、一人ひとりに合った指導を行えるため、即戦力として活躍することができるのです。

    • 02

      ルール・考え方を身につけてもらう

      業務を行う中で守るべき社内のルールやコミュニケーション方法など、集合研修だけでは身につけるのが難しい暗黙知もあるのではないでしょうか。OJTであれば実際の業務を通じて、業務やコミュニケーションを円滑にするために必要な考え方なども身につけることができます。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、OJT研修についての基本知識から、OJTで社員を育成するために必要なコーチングスキルなどを学ぶことができる研修動画を幅広くご用意しています。 一例をご紹介すると「新人の力を引き出すOJTとメンタリングの方法」や「リーダーのためのコーチング」、「坂本龍馬と勝海舟の師弟関係から学ぶ「後輩育成術」」などの授業があります。 このほかにも、メンバーマネジメントやオンラインコミュニケーションについての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、OJT研修に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またOJTに関する知識だけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばOJTに関する知識に加えて、チームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、OJT研修に必要な知識を効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。OJTに関する知識だけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではOJT研修向けにパッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「OJT研修パッケージ」や「コーチング研修パッケージ」、「後輩育成スキル向上研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ