3/8(Mon)

今日の生放送

メンタルヘルス研修

心の病による休業・離職は社会問題になりつつあります。このページでは、Schooビジネスプランのメンタルヘルス研修について、ご紹介します。

メンタルヘルス研修を実施する際のお悩み・課題感

心の病による休職・離職

変化が激しい現代社会で、心の病が原因で休職・離職に至ってしまう人も少なくありません。一時期はレジリエンスが低い(ストレスへの耐性が低い)若年層に見られる傾向と思われていましたが、マネージャーや管理職のようなマネジメント層が心の病にかかることも多くなっています。最近ではリモートワークを取り入れる企業も増えたことにより、リモート環境が原因で心の病になるケースも出てきています。

自分は大丈夫という油断

心身を病んでしまう人の中には、自分は大丈夫と油断していた人も多くいるようです。周りの人から見ても、精神的に強いタイプと思われている人ほど、何かのタイミングで精神的なダメージを負ったときに、周りに相談できず、状態が悪化してしまう傾向にあります。

どのような対策をすれば良いかわからない

ストレスへの耐性を上げる必要性があると言われても、何をすれば良いのか分からないという人もいるでしょう。また、特に普段は精神的に強い人ほど、具体的な対処法を聞いても自分には関係ないことと、実践しないケースもよく見られます。

メンタルヘルス研修のポイント

誰にでも起こりうると認識する

メンタルヘルスは、どんなに精神的に強い人でもなる可能性があることと、まずは認識することが重要です。先述したように、自分は大丈夫と思っている人ほど、ストレス耐性の強化を怠る傾向にあり、いざという時に周りに助けを求めることもできず、危険な状態になる可能性があります。そのため、まずはメンタルヘルスは誰しもに起こる可能性があり、普段からの対策が重要であることを認識しましょう。

個々人のセルフケア

メンタルヘルスにならないように、自分で気をつけることが大事です。自分の思考の傾向を把握し、どのような時にストレスを感じるのかを知っておくことが、セルフケアの第一歩と言えます。そして、自分に適したセルフケアの方法を見つけ、ストレスがかかっている可能性があるタイミングでセルフケアを行うことが、心の病の悪化を防ぐために重要でしょう。

マネジメント層はラインケアも習得

各人でセルフケアを行うことは重要ですが、マネジメント層は部下のメンタルヘルスに対してのサポート方法も学んでおく必要があります。自己申告できる部下であれば、深刻な状態になる前に手を打つことができるかもしれませんが、自分から悩みを打ち明けられない社員もいます。そのような社員には、マネジメント層から定期的にヒアリングをかけるなど細かなサポートが悪化を防ぐために重要になってくるのです。

スクーの効果的なメンタルヘルス研修とは

スクーのビジネスプランでは、ビジネスの第一線で活躍するビジネスパーソンが講師を担当したメンタルヘルス研修に利用可能なレジリエンスを高める授業やマインドフルネスの授業が揃っています。授業は全てオンラインで見ることができ、ダウンロードして受講することもできるので、自分の好きなタイミングで受講できることがスクーの魅力の1つと言えるでしょう。

また、先述したようにメンタルヘルスへの対策は個人で行うものと、マネジメント層が行うものがあります。スクーには双方の授業があるので、どの階層の人でも受講していただけます。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

メンタルヘルス研修ラインアップ


無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,600社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ