メンタルヘルス研修

─心身ともに健康的に働ける職場づくり─

メンタルヘルス研修でよくあるお悩み

  • 心身ともに健康的に働ける職場作りをしたい
  • メンタルヘルスについて学べる環境がない
  • 心身ともに健康的に働ける職場作りをしたい

Schooのメンタルヘルス研修の特徴

  • 01

    ストレスマネジメントについて、実践的スキルが身につく

    ストレスとの付き合い方や過剰な不安やストレスに悩まないための習慣づくりなど、ストレスマネジメントに関する授業を多数ご用意しています。 ストレスへの対処方法を学ぶことで、業務に前向きに取り組むことができます。

    ストレスとの付き合い方や過剰な不安やストレスに悩まないための習慣づくりなど、ストレスマネジメントに関する授業を多数ご用意しています。 ストレスへの対処方法を学ぶことで、業務に前向きに取り組むことができます。

  • 02

    その道のプロからメンタルヘルスの正しい知識を身につけられる

    産業医から学ぶ「社会人のための職場ストレスとのつきあい方」など、その道のプロからメンタルヘルスについて学ぶことができます。 一人ひとりがメンタルヘルスについて学ぶことで、心身ともに健康に働く職場づくりにつながります。

    産業医から学ぶ「社会人のための職場ストレスとのつきあい方」など、その道のプロからメンタルヘルスについて学ぶことができます。 一人ひとりがメンタルヘルスについて学ぶことで、心身ともに健康に働く職場づくりにつながります。

  • 03

    いつでも学べる環境づくりができる

    Schooでは、オンラインでいつでもどこでもメンタルヘルスについて学習することができます。また幅広いカテゴリの動画7,000本以上が受け放題なので、業務の中で生じた社員の不安や課題に応じて学び、解消できる環境づくりにもつながります。

    Schooでは、オンラインでいつでもどこでもメンタルヘルスについて学習することができます。また幅広いカテゴリの動画7,000本以上が受け放題なので、業務の中で生じた社員の不安や課題に応じて学び、解消できる環境づくりにもつながります。

メンタルヘルスに必要なスキル

  • 1.レジリエンス

    変化が激しい現代社会で、心の病が原因で休職・離職に至ってしまう人も少なくありません。一時期はレジリエンスが低い(ストレスへの耐性が低い)若年層に見られる傾向と思われていましたが、マネージャーや管理職のようなマネジメント層が心の病にかかることも多くなっています。

    主な課題

    • ・変化に柔軟に対応する力を身につけたい
    • ・ストレスへの対処方法を知りたい

    ここがポイント

    レジリエンス・トレーナーとして活躍するプロフェッショナルから、折れない心の育て方を学ぶことができます。レジリエンスを高めるための基礎知識はもちろん、実践的なエクササイズを通して「なりたい自分」になるためのセルフマネジメントの手法についても学ぶことができるので、効果的にスキルアップすることができます。

    《レジリエンススキル向上におすすめの研修》

    • レジリエンス基礎研修パッケージ

      このパッケージでは、折れない心を意味する「レジリエンス」の基礎を身につけることができます。ネガティブな感情・思考を克服する方法や、自分の強みや長所を認識し、活用する力を身につけることが目的です。

      【合計:6時間40分】 受講者人数:16,620人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.ストレスマネジメント

      心身を病んでしまう人の中には、自分は大丈夫と油断していた人も多くいるようです。周りの人から見ても、精神的に強いタイプと思われている人ほど、何かのタイミングで精神的なダメージを負ったときに、周りに相談できず、状態が悪化してしまう傾向にあります。メンタルヘルス研修を通じて、ストレス状態を認知することや対処方法を学ぶことが大切です。

      主な課題

      • ・ストレスフルな生活を送っていて、対策方法を知りたい
      • ・自分のストレスに気がつけない、ストレスとの付き合い方がわからない

      ここがポイント

      Schoo for Businessのストレスマネジメント研修(基礎)では、1万件以上の健康相談やストレス・メンタルヘルス相談を行い、働く人のココロとカラダの健康管理をサポートしてきた産業医から、ストレスとの付き合い方や対策方法、不安に負けないセルフケアなどを学ぶことができます。経験豊富な講師から学ぶことができるので、ストレスや不安解消の方法を、効果的に学習することができます。

      《ストレスマネジメントスキル向上におすすめの研修》

      • ストレスマネジメント研修(基礎編)パッケージ

        ストレスマネジメント研修パッケージでは、1万件以上の健康相談やストレス・メンタルヘルス相談を行い、働く人のココロとカラダの健康管理をサポートしてきた産業医から、ストレスとの付き合い方や対策方法、不安に負けないセルフケアなどを学ぶことができます。経験豊富な講師から学ぶことができるので、ストレスや不安解消の方法を、効果的に学習することができます。

        【合計:4時間】 受講者人数:21,994人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.ラインケア

      各人でセルフケアを行うことは重要ですが、マネジメント層は部下のメンタルヘルスに対してのサポート方法も学んでおく必要があります。自己申告できる部下であれば、深刻な状態になる前に手を打つことができるかもしれませんが、自分から悩みを打ち明けられない社員もいるでしょう。そのような社員には、マネジメント層から定期的にヒアリングをするなど細かなサポートが大切です。マネージャーに対するメンタルヘルス研修では、セルフケアだけでなく部下のメンタルマネジメントについても学べるような内容にしましょう。

      主な課題

      • ・部下がストレスで悩んでしまっていないか不安
      • ・メンタルヘルスを意識した職場環境の作り方を知りたい

      ここがポイント

      マネージャーやリーダーのためにメンタルヘルスを意識した職場環境の作り方など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、重要だが普段意識しきれていないメンタルヘルスについて教育することができます。部下がストレスで悩んでしまっていないか不安だ、自分自身がどのようにストレスと向き合っていけば分からないといった課題のために、「産業医が教える、社会人のための職場ストレスとのつきあい方」や「職場で活かすメンタルヘルス」などが学べるオンライン研修をご用意いたしました。

      《ラインケアスキル向上におすすめの研修》

      • メンタルヘルス研修パッケージ

        マネージャーやリーダーを対象にした、メンタルヘルスを意識した職場環境の作り方を学ぶことができる研修パッケージです。個人としても組織としてもメンタルヘルスへの対処法を知り、健全な組織を運営したいという方におすすめです。

        【合計:6時間】 受講者人数:14,675人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのメンタルヘルス研修の
評価・口コミ

4.5

【総合評価】

    • 年齢 :39歳|性別:男性|都道府県:愛知県
    • 企業業種:福祉
    • 従業員規模:2000名以上

    4.0

    【総合評価】

    企業内のどの階層にも起こりうるメンタルヘルスについて幅広く学べる研修です。新卒者の離職だけでなく、マネジメントクラスの人材が心の病により休職や離職する企業も増えています。この研修では、役職や年代に関わらずメンタルの不調が誰にでも起こるものということを学べます。そして、ストレスに悩まされないようなマネジメント方法やセルフケアの方法、レジリエンス力を高める方法を具体的に学ぶことができます。すべての社員が知ってた方がよい対策が多く、総合評価として良い研修と感じました。

    • [内容の理解度]

      講義形式だけではストレスとの付き合い方や対策方法の理解が難しいと感じていましたが、オンラインでも実践方式でマインドフルネスなどを学ぶことができました。レジリエンスを高める講義については、専門用語や聞きなれない言葉が出てくるのが気になりました。最初は理解が難しかったのですが、講義の途中で担当講師や司会が専門用語について分かりやすく解説をしてもらえるます。レジリエンスやマインドフルネスははじめて実践していく方も多いのですが、丁寧な解説なのでしっかりと内容を理解して学んでいくことができます。

    • [満足度]

      メンタルヘルス系の研修は自分には関係ないと思っている社員も多いため、直ちに満足と感じてもらえるものではないかもしれません。しかし、誰しもが陥りやすいメンタルの完全崩壊する前に対策や対処を学ぶことができる研修は、受講者にとって必ず役立てる時が来ることを思えば満足できる内容になると感じました。また、他者の痛みやストレスに感じていることを理解する上でも受講する意味があるため、中長期的に見れば満足度が上がることは間違いありません。

    • [内容の充実度]

      メンタルヘルス研修で学んでほしいのは、メンタルの不調は誰にでも起こりうるという認識です。それぞれの講義内で今の自分に合った対処法や、自分が起こりうるメンタル不調をイメージできる機会を作りたい側としては、学んでほしい内容が凝縮されている研修だと思います。特に新入社員においては、社会のルールや社内の仕組みが学生時代とは違い心が折れそうなことが多いため、レジリエンス力を高める方法はぜひ学んでほしい内容と言えます。

    • [業務に役立つか]

      ストレスに対するマネジメントは新入社員だけでなく、リーダーや管理職にも仕事をしていく中で役立てることが多いカリキュラムになっています。特に近年マネジメント職へ昇格する年代が、30代と徐々に若年層化している企業もあります。メンタルヘルス研修の中には、後輩や部下へのストレスマネジメントを学ぶことができますが、その年代が自分に合ったストレス解消方法を習得できる場があまりありません。なので、中間管理職が自分と向き合う非常に良い機会だと感じました。

    • [利用意向度]

      新入社員に向けた研修だけでなく、内定者研修でも利用を検討したいです。ストレスとの向き合い方は早くに対処法やマネジメント力を磨けると、伸び悩みが少なくステップアップしていけるため、早期取り組みができればと感じています。またこれから社内をひっぱっていく管理職候補にも研修を実施したいです。今は大丈夫でも、管理となると環境の変化でストレスを抱える社員は必ずいるため、メンタル不調になる予防線をはるためにも有意義な研修だと感じました。

    • 年齢 :48歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:ITサービス
    • 従業員規模:300名

    4.6

    【総合評価】

    今はまさにウイズコロナであり、今後ワクチン接種が進むとアフターコロナの時代で益々働き方に多様性が求められる事を考えると、メンタルに関する訓練や、自分自身のもち方は社員にとって非常に重要なテーマになってくると思います。そういった意味では、研修全体にとって、社員にありがちな傾向を重点的に、研修内容に組み込んでいくイメージが持てました。弊社の社員にも、テレワーク業務の中で、メンタル面での変調を来すメンバーが出だしており、こういった研修で社員のメンタルを安定化させるとともに、強くしていく内容は積極的に取り入れて行きたいです。

    • [内容の理解度]

      普段できる体調管理方法や、考え方、身体を動かしてのメニューをセミナー内で一緒にやって実践しているなど、客観的にメンタルに切り込んで講義をしていただけるので、その場で即対応が出来て分かりやすいです。また医師の方が講師だと、普段の患者に接している実例や、学説・理論に裏付けされたことを実践して頂けているので、益々説得力も高いと思いました。他にも住職や心理学トレーナーなど、メンタルと向き合って日々生活している方からの説明は従業員にとっても納得感がありそうです。

    • [満足度]

      メンタルは新卒社員からベテラン社員、マネージャー、更には役員層に至るまで、従業員にとって気にしない人はいないぐらいなテーマです。そのため、良い効果がある可能性があるなら少しでも社員は試してみたい、そしてメンタルを安定させて行きたいと思っています。従って、簡単にできるもので分かりやすく、効果が高い研修を準備すれば満足度に繋がるイメージが人事としても持っています。特に自分が実践してみようという内容であったら、従業員が繰り返し実践するイメージも持てました。

    • [内容の充実度]

      内容的にストレスに対する対処の仕方と、レジリエンスというストレスを上手く受け流すというカリキュラムの双方がバランスよく含まれているので、この観点では非常に充実して学べる内容でした。人事として、初めて触れる内容があった従業員にとっては、まずはストレスに対応する考え方を重点的に学んで欲しいですが、現状の自分の状態を各自で分析し、ストレス対処の方法としてのレジリエンスを学んで欲しいです。レジリエンスは膨大な内容が入っているので、中々どれを見たらいいのか分からない点が挙げられましたので、もう少し圧縮してベストなものをピックアップしてもいいかと思いました。

    • [業務に役立つか]

      メンタルという内容のため、効果が即出るかはまた別問題ですが、普段の考え方、業務の合間などにそのまま導入することは出来る内容が多かったです。業務に役立ってくる、効果が出るのは気の持ちようであったり、実践次第で当たったりするため、少し時間はかかるかもしれませんが、裏付けがしっかりされているものが多いため、効果は出ると感じました。人事としてはメンタルは会社的にも重要課題であると捉えているため、継続的に実践して貰って、従業員に取り入れて欲しい内容です。

    • [利用意向度]

      学んで欲しい内容でも少し触れましたが、人気のあるもの、または講座のラインナップとして充実しているものをある程度ピックアップしてやる必要性は感じていますが、ストレス対応については是非研修に取り入れたいテーマの一つです。人事としては階層問わず新人から役員クラスまで大切な論点で、仕事の充実度もメンタルの安定感やストレスの対処で左右すると言っても過言ではないと思っています。上下左右の対人関係といったコミュニケーションを通じてストレスが蓄積されていくため、とりわけ身体を動かすものや瞑想するものなど、簡単に取り入れられるものは人事からの発信としてストレス対応方法としてすぐにでも使えそうです。

    • 年齢 :28歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:金融
    • 従業員規模:50名

    4.8

    【総合評価】

    精神的な不調により1ヶ月以上休職した従業員がいる企業は、企業全体の80%以上を占めているということには非常に驚きました。どこにでも起き得るメンタルヘルスという問題。スタートアップ・ベンチャーで労働時間が伸びがちな弊社ですが、ついつい業務に追われ、おざなりにしてしまいがちな問題です。ですが本講義を聞いて、経営的リスクも高い問題であり、非常に気をつけなくてはならない問題で、未然に予防していかなければならないと強く感じました。

    • [内容の理解度]

      カリキュラムの多くがケーススタディで、具体例とその対応策をたくさん聞けたため、非常に頭に残りやすい講義でした。 具体的な数字(従業員が精神的不調を起こすことによる社会的経済損失額・精神的不調による労災件数)などを出しながら、従業員の精神疾患を未然に防止することは大切な問題だという事を説いてくださり、また、「精神疾患の症状とはこういうもの」というような症状や「こういう対応をする方がよい」ということを教えてくださったため、非常にメンタルヘルスへの理解が深まりました。

    • [満足度]

      弊社でもメンタルに不調を抱えて仕事を休みがちになったり、実際に診断書を出される方がたまにいらっしゃいます。皆若く社会経験も短い社員が多いので、そういった症状が出ている従業員にどのように接するのが正解なのか悩んでいる管理職もおります。そういった面で社内一般従業員・経営層・管理職、すべての職種、職責問わず参考になるお話が満載でした。自身の業績に繋がるようなお話ではありませんが、聞いておいてまったく損がない講義だったように思います。

    • [内容の充実度]

      私は人事職ですが、特に人事にとっては参考になる話が満載でした。 人事として休職、復職する際に対象の方と面談することもあるので、どのような言葉をかけたら良いのか、逆にどのような言葉が症状を悪化させてしまうのかを学べたことは非常に有意義でした。 また、ストレスチェックの話や産業医との面談の話など、労基法に関わるような話も具体的に伺うことができ、人事としての心得を学ぶことができました。その他従業員にとっても、どのような兆候が出たら危険信号なのかを聴けたことはセルフケアをしやすくなると感じました。

    • [業務に役立つか]

      学んだことを業務に還元できるかと言えば、できるような内容が多かった用に思います。特に、経営陣にとっては、今まで従業員が心の不調で休むことになっても「従業員が体調を崩した。(業務が忙しくてそれどころではない。)」というような意識だったものが、「従業員が体調を崩した→経営的にも損失だ。→社会からの見られ方にも影響する。」というように、出来事が起きたことによってどのようなインシデントが起き得るのか、ということまでを意識しやすくなる内容だったように思います。ぜひ経営層にも見てもらいたい講義です。

    • [利用意向度]

      誰にでも関わってくる「健康」という面での講義でしたので、誰しもに当てはまり、誰しもに参考になる講義だったと思います。 昨今、”健康経営”というワードをよく聞きますが、健康であることは会社が利益を生むための最も基礎的な部分だと思います。そこを意識して、講義の内容を取り入れて改善していくだけでも就労環境は代わり、従業員がのびのびと働くことのできる企業となっていくのではないかと感じました。ぜひ研修に利用したいと思います。

  • 効果的なメンタルヘルス研修を行うためのポイント

    • 01

      誰にでも起こりうると認識してもらう

      メンタルヘルス研修では、「どんな人でも精神的な病を患う可能性がある」ということをまずは認識することが重要です。自分は大丈夫だと思っている人ほどストレス耐性の強化を怠る傾向にあり、いざという時に周りに助けを求めることもできず、危険な状態になる可能性があります。そのためメンタルヘルスは誰しもに起こる可能性があり、普段からの対策が重要であることをまずは認識してもらうようにしましょう。

    • 02

      個々人のセルフケア方法を身につけてもらう

      ストレスフルにならないためには、常にセルフケアを行っていくことが大切です。自分の思考の傾向を把握し、どのような時にストレスを感じるのかを知っておくことが、セルフケアの第一歩と言えます。メンタルヘルス研修を通じて、自分に適したセルフケアの方法を見つけてもらい、ストレスがかかっている可能性があるタイミングで対策を行えるようにすることが、心の病の悪化を防ぐために重要となるでしょう。

    • 03

      マネジメント層はラインケアも習得できるようにする

      各人でセルフケアを行うことは重要ですが、マネジメント層は部下のメンタルヘルスに対してのサポート方法も学んでおく必要があります。自己申告できる部下であれば、深刻な状態になる前に手を打つことができるかもしれませんが、自分から悩みを打ち明けられない社員もいるでしょう。そのような社員には、マネジメント層から定期的にヒアリングをするなど細かなサポートが大切です。マネージャーに対するメンタルヘルス研修では、セルフケアだけでなく部下のメンタルマネジメントについても学べるような内容にしましょう。

  • メンタルヘルス研修の目的

    • 01

      社員のメンタルを健康に保つ

      ストレスを抱えやすい現代社会において、心の健康を保つことはとても重要です。昨今、精神的な不調による退職・休職も企業における大きな課題とされています。研修を通してメンタルヘルスケアの重要性を認識することで、社員のメンタルの異変にも気づけるようになります。体の不調に比べ、見た目では気づきずらいのがメンタルヘルスの難しさでもあります。社員の心の不調にいち早く気づき対処できるよう、メンタルヘルスについて学んでおきましょう。

    • 02

      メンタルヘルスに関する知識を身に付ける

      メンタルヘルス研修では、メンタルヘルスに関する様々な知識を習得することができます。メンタルヘルスケアの効果や実際の事例などを学ぶことで、自分はもちろん、部下や後輩のケア方法についても考えることができます。社員一人一人の心の健康を守ることは、良い職場環境を維持するためにも大切なことです。メンタルケアに正しい認識を持ち、適切な対応ができるようにしましょう。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、メンタルヘルスの基本からストレスへの対処法、折れない心を育てるレジリエンスまで幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「折れない心を育てるレジリエンスの高め方」や「不安とストレスに悩まない7つの習慣」、「ストレスレスな職場環境を作る実践的ケーススタディ」などの授業があります。 このほかにも、メンタルコントロールやマインドフルネスについての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、メンタルヘルス研修に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またメンタルヘルスに関するスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、ビジネスパーソンとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。メンタルヘルスに関する知識だけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではメンタルヘルス研修向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「レジリエンス基礎研修パッケージ」や「ストレスマネジメント研修(基礎編)パッケージ」、「メンタルヘルス研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ