マネジメント研修

─環境の変化に適応し、組織を率いるマネジメント力を磨く─

マネジメント研修でよくあるお悩み

  • 個々のニーズ・課題に合った研修ができない
  • リモートワーク下で必要なマネジメントスキルが変わってきている
  • マネジメント力を底上げしたい

Schooのマネジメント研修の特徴

  • 01

    約100本の授業で効果的にマネジメント研修を実施できる

    Schooではマネジメント基礎のほか実務で使えるスキルや、一歩進んだ組織開発、デザイン経営の授業まで幅広いカテゴリの授業をご用意しています。だからこそ、一人ひとりのニーズや課題に沿った研修をすることが可能です。

    Schooではマネジメント基礎のほか実務で使えるスキルや、一歩進んだ組織開発、デザイン経営の授業まで幅広いカテゴリの授業をご用意しています。だからこそ、一人ひとりのニーズや課題に沿った研修をすることが可能です。

  • 02

    時代に合わせてマネジメントスキルを磨くことができる

    これからの時代におけるリーダーシップのあり方や、リモート下でのマネジメントなどの授業をご用意しています。時代やビジネスの変化によって変わるマネジメントやビジネススキルについてアップデートが可能です。

    これからの時代におけるリーダーシップのあり方や、リモート下でのマネジメントなどの授業をご用意しています。時代やビジネスの変化によって変わるマネジメントやビジネススキルについてアップデートが可能です。

  • 03

    マネジメントの基礎から実践まで学べる

    Schooではマネジメントを学べる授業を200本以上ご用意しています。一人ひとりのレベルや課題に合わせた研修が可能です。また、アーカイブ型のオンライン研修であるため、個々のペースに合わせて学習することができるだけでなく、実践で上手くいかなかった部分を集中的に改善することも可能です。

    Schooではマネジメントを学べる授業を200本以上ご用意しています。一人ひとりのレベルや課題に合わせた研修が可能です。また、アーカイブ型のオンライン研修であるため、個々のペースに合わせて学習することができるだけでなく、実践で上手くいかなかった部分を集中的に改善することも可能です。

マネジメントに必要なスキル

  • 1.チームマネジメントスキル

    チームの力を最大化するマネジメント法や、部下育成時のお悩みに対するアプローチ方法を学ぶことでチーム全体の生産性を上げることができます。部下にマネジメントスキルを伸ばしてほしい方や、部下のモチベーションを向上させて業績を上げたい方におすすめです。

    主な課題

    • ・マネジメントスキルを伸ばしてほしい
    • ・部下のモチベーションを向上させて業績を上げたい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは、「頭の働かせ方」「リーダーのマインド」「マネジメントにおける知識」といったスキルをワークショップを通じて、実務で「できる」ようにする「ビジネスパーソンに必要な「即断力」の鍛え方」の授業や、部下やチームの行動を変えるためのマネジメント・メソッドを学ぶ「部下やチームが期待どおりに動く壁マネジメント術」などの研修動画をご用意しています。

    《チームマネジメントスキル向上におすすめの研修》

    • チームマネジメント研修パッケージ

      マネジメントのスキルをさらに磨きたい、部下のマネジメントについて悩みがあるという方向けの研修パッケージです。チームの力を最大化するためのマネジメントの考え方や、部下育成時のお悩みに対するアプローチ方法などを学ぶことができます。

      【合計:6時間】 受講者人数:12,755人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.ストレスマネジメントスキル

      ストレスマネジメントの基礎について学び、職場でのストレスや不安の解消方法を身につけることにより仕事をより円滑に進めることができます。また、チームや組織においてストレスなく働ける環境を作るためにストレスマネジメントは必須のスキルです。

      主な課題

      • ・ストレスとの付き合い方を学んでもらいたい
      • ・チームや組織において、ストレス無く働ける環境づくりをしたい

      ここがポイント

      Schoo for Businessのストレスマネジメント研修(基礎)では、1万件以上の健康相談やストレス・メンタルヘルス相談を行い、働く人のココロとカラダの健康管理をサポートしてきた産業医から、ストレスとの付き合い方や対策方法、不安に負けないセルフケアなどを学ぶことができます。経験豊富な講師から学ぶことができるので、ストレスや不安解消の方法を、効果的に学習することができます。

      《ストレスマネジメントスキル向上におすすめの研修》

      • ストレスマネジメント研修(基礎編)パッケージ

        ストレスマネジメント研修パッケージでは、1万件以上の健康相談やストレス・メンタルヘルス相談を行い、働く人のココロとカラダの健康管理をサポートしてきた産業医から、ストレスとの付き合い方や対策方法、不安に負けないセルフケアなどを学ぶことができます。経験豊富な講師から学ぶことができるので、ストレスや不安解消の方法を、効果的に学習することができます。

        【合計:4時間】受講者人数:21,994人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.リモートマネジメントスキル

      これからの働き方やマネジメントの方法、オンライン1on1のポイントなどを学びます。リモートワークで、チームメンバーとのコミュニケーションに悩んでいる方や、リモートワーク下でも良好な関係性を築きたい方におすすめのスキルです。

      主な課題

      • ・リモートワークになり、チームメンバーとのコミュニケーションに悩んでいる
      • ・オンラインでもマネジメント力を発揮してほしい

      ここがポイント

      Schoo for Businessのリモートマネジメント研修では、長きにわたり働き方改革に携わってきた第一人者でありコメンテーターとしても活躍する講師や、企業・行政・教育機関向けに研修や講演を行なっている講師など、その道のプロからリモートワークでのマネジメントのポイントやケーススタディを学ぶことができます。そのため、実践的かつ効果的に学習することができます。

      《リモートマネジメントスキル向上におすすめの研修》

      • リモートマネジメント研修パッケージ

        リモートマネジメント研修パッケージでは、これからの働き方やオンラインでのチームマネジメントについて学び、オンラインマネジメントスキルを向上させることを目的としています。モデルケース別のオンライン1on1の実践方法や、リモート下で、心理的安全性を担保し、チームの生産性を高める方法などについて学ぶことができるので、すぐに業務で活用できる知識を習得することができます。

        【合計:5時間】 受講者人数:4,634人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのマネジメント研修の
評価・口コミ

4.1

【総合評価】

    • 年齢 :40歳|性別:男性|都道府県:大阪府
    • 企業業種:教育
    • 従業員規模:1000名以上

    3.4

    【総合評価】

    内容が非常に良く、必要となるコンテンツが揃っていました。新入社員や昇格して仕事の幅が増える社員、人事異動で業務の質が変わる従業員など、様々な場合に応じて利用できるコンテンツになっています。人事異動のタイミングで、必要な社員が受講できるように体制を整えたいと思っています。 一方で、Officeソフトに関する研修を受講するかしないか、など、自社に合わせた活用方法を考えることも、研修を受ける上で大切なことだと感じました。

    • [内容の理解度]

      タイムマネジメントのコツとして15分単位で時間を刻むなど実践的な内容が多い印象でした。業務の優先順位の付け方の話も順位が一覧にされていたので分かりやすかったです。カリキュラム内では段取りの重視した仕組み、「型」が大切であることが語られており、実際の現場の状況に合った解説されています。専門用語は少なく、かみ砕かれた表現になっているのでどの階層の従業員でも分かりやすいと思います。強いて言うならば、講師の方の言っていることが理想論に聞こえてしまうこともあると思います。発想の幅を広げているという心持ちで受講することが大切な講座だと感じました。

    • [満足度]

      意識の高い従業員の満足度は非常に高い研修カリキュラムだと感じました。行動術の話が取り上げられますが、その行動に至るまでのモチベーションの管理が難しいのではないかと感じました。一方優秀な従業員の多くは動画の内容が他の研修カリキュラムと重複した内容であることに気が付く場合があるのではと思います。その点から従業員の満足度は全体としては高く出ることが無いように思います。新入社員が自身の仕事のタイムマネジメントを高いレベルで実践するためには受講が必須だと考える一歩でベテラン社員の考え方をこの研修だけでは変化させることはできないと感じました。

    • [内容の充実度]

      社会人として長く成果を残すことができるビジネスパーソンになるための必要なスキルが詰まっている内容だと感じます。学び取ってほしい内容の多くが紹介されています。コメントから入ってくる質問や取り組み例などについても講師の方とアシスタントさんがテーマに沿って上手に拾って話題を広げていくので、学ぶ内容がぶれることなく深まっていきます。入社後や昇格などの人事異動後にもスムーズに業務に入ることができる研修でした。一方で動画が異なっていても同じ内容が繰り返されていることが多いので、もう少し本数がコンパクトにまとまっているとありがたいです。

    • [業務に役立つか]

      基礎的な内容が多いため、実際の業務に直結して役立つ場面は想定しにくいのではないかと思いました。しかし、一方で講座を聞いて即時に行動へ移すことができる従業員も存在しているとも感じます。互いの考えをシェアし、行動できるようにしていくためにシンキングタイムを活用したフォローを研修時に実施すれば、その場で研修を受けた内容を役立てるイメージが掴めるのではないかと感じました。直結する業務ではないですが、日常で行動の変化を起こす取り組みにプチチャレンジをすることを仕組化することも良いのではないかと考えました。

    • [利用意向度]

      すぐには難しいと感じます。内容としてはぜひ取り入れて利用したいと感じました。しかし、そのためには事前に社内でベクトル・モチベーションをそろえる努力が必要になると思います。受け取り手となる従業員の感情が大きくばらけそうな内容だと感じました。受身で仕事をしている従業員が1人いるだけで、部署内のモチベーションは大きく変化するのではないかと感じます。研修内で紹介されていたプチチャレンジを積み重ね、ある程度習慣化して行動の助走期間を設けることができた段階で利用したいです。

    • 年齢 :48歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:ITサービス
    • 従業員規模:300名

    4.8

    【総合評価】

    このカテゴリーのカリキュラムは比較的膨大で、総時間30時間に及ぶものでマネジメントに着く人にとっては非常に充実した内容が網羅されていると思いました。これだけの内容をしっかりとマネジメント層が身に付ければ、会社として強い組織が形成できるイメージが付きます。徹底的な効率化、ビジョンの立て方、自分自身に対するマネジメントなど幅広いので、まずは興味深い所から、または弱い所から順番に学んでいくことが出来ると良いと思います。

    • [内容の理解度]

      企業の第一線で活躍されている方や、企業から独立されHowTo本を執筆されている方が講師として立っているため、実務に非常に即した内容となっており、社員にはスッと入ってくる内容だと思いました。特に時間に関する考え方や、リスク、リーダーシップはマネジメント層は勿論スキルを持っておくといいですが、予備軍としてのリーダー層や、今後マネジメントを目指す若手にとっても理解しやすい内容が詰まっています。マネジメント層は形のない課題解決も多いので、チャットで対話しながらの形式も理解の促進につながるイメージです。

    • [満足度]

      ビジネス書籍でも人気の方が講師に入っているため、既に書籍から入っている人にとっては満足度は高いと思います。繰り返し学ぼうという動機も生まれそうです。またそうでない人にとっても、「具体的にどんなことが書いてあるのか読んでみよう」と講義後に理解を促進する効果も出そうです。講師の伝え方が上手いこともあり、対象となる社員にとって自分に置き換えて考えるシーンも多く、どれも課題解消にもつながる講義となっていた印象です。

    • [内容の充実度]

      先にも記載した内容にもありますが、網羅的に充実したテーマとなっているので、全て学ぶとなると大変なものの人事としてしっかり身に付けて欲しい内容が詰まっていました。「しっかり見て定着させてください」という案内だけで学べる充実度なので、人事としては比較的楽なぐらいです。また、マネジメントに必要なビジョンやリーダーシップ、タイムマネジメント等のマネジメントに必要なスキルは、すぐに身に着くものではなく、現状スキルに継続的に肉付けすることで厚みを増していくものだと考えているので、同じことであっても何度も学んで行ける内容だと思います。

    • [業務に役立つか]

      マネジメント以上になると、ズバリ業務に直結しないものも多いので、すぐに実際の実務に生きて来るかは難しいですが、考え方を自分の引き出しに入れておくと、必要な時に取り出して使えそうです。実例に即した内容が多いので、イメージ出来るぐらいで引き出しに入れれば尚良いですし、講義を見た後に講師の関連書籍をテキスト代わりとして継続的に自身で確認していければより効果も出そうです。自分が大事にしたい所を、繰り返し学んでいくことが業務への活用の近道かと思います。

    • [利用意向度]

      研修を実施する側としてコスト対効果を考える必要がありますが、呼んで個別で話して貰うとフィーが高い人が多そうなので是非研修に取り入れて行きたい内容だという感想です。会社としてマネジメント層に定着させていきたい事や、経営課題として明確になっている事などを中心にピックアップして研修に取り入れたいです。人事側としては研修を受けることでマネジメント層にどうなっていて欲しいか、またどういう活躍が出来るようになるかを検討しゴールを明確にしてカリキュラムを組んでいきたいと思いました。

    • 年齢 :38歳|性別:男性|都道府県:石川県
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:300名

    4.0

    【総合評価】

    組織マネジメントの基礎から、最近注目のタイムマネジメントやリスクマネジメントに加え、これらを継続的に実践するための基礎となるセルフマネジメントについて事例を踏まえながらバランスよく学ぶことができます。また、リーダーとして重要な役割であるビジョンを伝え、組織に浸透させるということを特に丁寧に扱っています。マネージャーになる者はこの研修を受ければ一通りのことは学習できます。ただ、カリキュラムの順序としては、組織マネジメントから先に学んだ方が理解しやすいかもしれません。

    • [内容の理解度]

      講座「課長の役割と業務」は非常に分かりやすく、マネージャーの基礎を学ぶことができます。タイムマネジメントやビジョンマネジメントは図表や事例を用いて具体的かつポイントを押さえながら進んでいきます。セルフマネジメントは見落とされがちですが、まずはマネージャー自身が立ち位置を確立するための考え方を吸収できます。一つ残念なのは、リスクマネジメントについては、資料の作成日が2017年と古いものが含まれていること、また、文字による説明が多いため読み込みに時間がかかることです。

    • [満足度]

      マネージャーにとって必要な要素をバランス良く押さえているため、受講者にとって概ね満足のいく内容となっていると思います。タイムマネジメントについては、キーボードの入力のショートカットについても業務に必要なものが押さえられていたのでよかったです。ショートカットのようなスピード仕事術的な視点と、マネージャーとして業務を積極的に部下に任せたりシステム化したりする2つの視点が内容に盛り込まれていたのでよかったです。

    • [内容の充実度]

      ビジョン、組織およびセルフマネジメントについては学んでほしい内容が含まれていました。新任のマネージャーにはまずこれらのカリキュラムを受講させてから会議や部下との面談に当たらせたいと思います。その一方、タイムマネジメントとリスクマネジメントについては、内容が簡単すぎたり時代にそぐわなかったりするものが含まれていたため、マネージャーになる前からこれらを実践している者にとっては多少退屈に感じられるかもしれません。

    • [業務に役立つか]

      全体としてマネージャー業務に役立つ内容が多かったと思います。組織マネジメントについてはマネージャーが絶対に身につけておかなければならない内容ですし、ビジョンとセルフマネジメントも同様です。特にビジョンとセルフマネジメントについては実際の組織を例に説明されていたので、受講者も自分の組織や業務に置き換えて学習し、実際に活用しやすくなっていると思います。ただ、タイムマネジメントは当たり前すぎて受講者がすでに実践している可能性が高く、リスクマネジメントは実際に事故や事件が起きてみないとその有用性に気づかないかもしれません。

    • [利用意向度]

      組織マネジメント、ビジョンマネジメントおよびセルフマネジメントについては実際のマネージャー研修に利用したいと考えます。マネージャー業務に必要な内容がきちんと含まれており、実際の業務に役立つと評価できるためです。タイムマネジメントおよびリスクマネジメントについては、テーマはニーズと合致しており問題ないのですが、内容が平易すぎると思われるものがあったり、更新が必要と思われるものがあったりするので、このままの形で利用するのは少し検討が必要です。

Schooのマネジメント研修
テーマ別カリキュラム一覧

  • 効果的なマネジメント研修を行うためのポイント

    • 01

      理想的なマネジメント人材像を明確にする

      各企業で理想的なマネジメント人材像は異なります。大手企業で求められるマネジメント層の役割と、ベンチャー企業で求められるマネジメント層の役割が異なるように、各企業ごとに理想像は異なるはずです。そのため、研修の前にまずは自社にとって理想的な管理職・マネージャーとはどのようなスキルを持っていて、どのような状態なのかを明確にしましょう。

    • 02

      職種別にマネジメント研修を実施する

      職種によっても、マネジメント層に求められるスキルは異なります。例えば、マーケティング部門のマネージャーは開発部門との架け橋になるようなコミュニケーション能力や一定のプログラミングの知識が求められることが多いですが、一方で営業部門のマネジメント層はエンジニアと直接やり取りすることが少ないため、同一言語で話す必要性はあまりないかもしれません。このように職種によっても求められるマネジメントスキルは異なるので、それぞれの職種で必要とされる能力を集中して研修できるような研修体制にする必要があります。

    • 03

      研修の効果を振り返る

      マネジメント研修に限らず、多くの研修は「研修をすることが目的」になってしまう傾向にあります。そのため、定期的に振り返りをする機会を設けて、マネジメント研修で学んだ内容を実際の業務で活かせているかを確認しましょう。

  • マネジメント研修の目的

    • 01

      優秀な管理職の育成

      マネジメント研修の目的は、優秀な管理職・マネージャーを育成することです。経営層の意思決定を咀嚼し、メンバークラスの業務に落とし込んだり、部下の指導・育成・査定を行ったり、売上などの数値責任を負うこともマネジメント層の役目となります。このように管理職やマネージャーに求められる役割は多岐に渡るため、それに伴いスキルや知識も幅広く必要となるのです。スクーのビジネスプランでは、部下の指導力、目標設定や数値管理などのマネジメントスキルなど、管理職やマネージャーに必要な幅広いスキルを学ぶことができます。オンラインでいつでもどこでも学ぶことができるので、多忙になりがちな管理職の方でも効果的にスキルアップをしていくことができます。

    • 02

      管理職のスキル強化

      新任管理職の育成だけでなく、現在のマネジメント層のスキルを底上げすることも目的の1つです。マネジメントのスキルアップだけでなく、経営目線を持って組織として成果を上げることのできる管理職を育成していくことが大切です。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーではプロジェクトマネジメントスキルやコーチングスキルなどマネジメントに直結する研修のほか、部下のモチベーションを上げる方法についての授業など幅広い内容の研修動画をご用意しています。一例をご紹介すると「いっしょに考えるこれからのプロジェクトマネジメント 」やコーチングスキルについて学べる「チームで成果を出すためのコーチング」、部下のモチベーションを上げる方法を学ぶ「モチベーション・マネジメントの心理学」などの授業があります。このほかにも、コミュニケーション能力やリスクマネジメントについての授業などもご用意しています。

  • スクーではマネジメント層向けに、部下のマネジメント方法やリスクマネジメント方法、実践的なプロジェクトマネジメント方法の授業まで様々なものをご用意しています。また、スクーでは研修担当者が受けてほしいコンテンツだけではなく、受講者一人ひとりが「学びたい」と感じた分野での自主的な学習を促す研修も多数ご用意しています。そのため受講者の興味に合わせてマネジメントスキルをさまざまな角度から学ぶことができます。さらに、 研修担当者は管理画面から受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーの強みは7,000本以上の授業をご用意しており、一人ひとり伸ばしたいスキルに合わせて研修や自己学習を行うことができる点です。そのため個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。また、コミュニケーションスキルについての授業やプログラミングの授業、デザインの授業など多種多様な授業をご用意しています。プログラマーだけど取引先との円滑なやりとりのためにコミュニケーションスキルも学ぶ、営業だけどより説得力のあるプレゼン資料を作成するためにデザインも学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではマネジメント層向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。一例をご紹介すると、「実演で学ぶリーダーのためのファシリテーションスキル」「指示待ち部下が自ら考え動き出す!」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

  • Schooの研修は全てオンラインでの研修となります。そのため、時間・場所に関係なく実施することができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ