3/7(Sun)

今日の生放送

ハラスメント防止研修

ハラスメント防止研修カリキュラムの紹介

パワハラやセクハラなど職場のハラスメントを防止するには、トラブルを未然に防ぐことが重要です。事前に研修を行い、社員を守る職場環境づくりを行うようにしましょう。

1. セクハラやパワハラ防止のポイントが学べる研修カリキュラム

2. パワハラ防止やアンガーマネジメントについて学べる研修カリキュラム

  • ハラスメントの中でも、パワハラの防止を目的とした研修パッケージです。パワハラ防止のポイントだけでなく、アンガーマネジメントなど部下との適切なコミュニケーションを取る方法についても学ぶことができます。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

ハラスメント防止研修の目的

ハラスメント防止研修の目的は、未然にハラスメントを防ぐことです。そのためには価値観の変化や多様性、実際のケーススタディについて学んでもらい、ハラスメントについて正しく理解してもらうことが必要です。ハラスメント防止研修を通して社員を守る職場環境づくりを行っていきましょう。

ハラスメント防止研修のポイント

ハラスメントは決して起こしてはいけない問題です。ハラスメント防止研修のポイントは、ケーススタディなどを通じてハラスメントについて正しい知識を持ってもらうこと、そして多様な価値観への理解を深めてもらうことです。まずはハラスメントの定義を知り、それを防ぐために必要なことを学ぶことが重要です。また無自覚のパワハラなどはコミュニケーションの不足により起こることもあります。多様な価値観を受け入れて適切なコミュニケーション方法について知り、ストレスレスな組織作りをしていくことが大切です。

1. ケーススタディを通して学ぶ

ハラスメントをしている側は無自覚であったり、「自分の場合はコミュニケーションを取ろうとしているだけで、ハラスメントはしていない」と考えていることがほとんどなのではないでしょうか。それらを防ぎ、ハラスメントについて正しく認識を持ってもらうには、ケーススタディを通じて学んでもらうことが効果的です。実際のハラスメントの場面をイメージしながら学ぶことで、客観的な視点を持ちながら自らの行いに当てはめて振り返り、対策を行っていくことができます。

2. 「〇〇をしてはいけない」だけの研修にならないようにする

ハラスメント防止研修というと、「〇〇をしてはいけない」という禁止事項を確認する内容となる傾向があります。しかし禁止事項ばかりを意識しすぎると、ハラスメントを恐れてコミュニケーションを避けるようになり、社内の生産性を下げることにも繋がりかねません。また、禁止事項が増えると息苦しい職場と感じてしまう社員もいるはずです。そのため、ハラスメント研修をする際は禁止事項を学ぶだけではなく、どうすれば互いに気持ちよく働ける職場になるのかというプラスの行動に繋がるような内容にしましょう。

3. 多様な価値観を受け入れる人材を育てる

ハラスメントの種類は多々ありますが、多くのハラスメントは認識のズレや固定的な価値観が原因となって起こります。上司は無自覚だが、部下はハラスメントを受けているように感じている、というのはよくある話です。ハラスメントを防止するには、時代を経て変化している価値観の違いを認識すること、多様性を受け入れて適切なコミュニケーションを取ることが重要です。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

Schooのハラスメント防止研修の特徴

ハラスメントを防止するには、ハラスメントについての認識を正しく持つこと、ケーススタディを通じて対策を考えることが大切です。Schooのハラスメント防止研修では、セクハラやパワハラなどのハラスメントを未然に防止するためのポイントをオンラインで学ぶことができます。

1. ハラスメント防止の専門家や産業医から学べる

Schooではセクハラパワハラ防止コンサルタントの認定を受けた講師から学べるので、職場のハラスメント防止の知識を総合的に身につけることができます。また産業医としても活躍している講師からパワハラ発生時の対応方法などを学び、ストレスレスな職場環境を作るための方法を学びことができます。

2. ケーススタディが充実しているから自分ごとで対策を考えられる

Schooの授業では一方的に講義を聞くのではなく、ケーススタディなどを通じて実際の場面をイメージしながら学ぶことができるので効果的にハラスメント防止の知識を身につけることができます。また、他の受講者のコメントや質問などからも学ぶことができるので、より多様な視点でハラスメントについて考えることへとつながります。

3. すべてオンライン上で研修可能

Schooの研修はすべてオンラインで受講できます。そのため多忙な管理職や中堅社員でも、すきま時間を活用しながらハラスメント防止研修を受講することが可能です。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

ハラスメント防止研修|プログラム内容例

Schooのハラスメント防止研修の研修カリキュラムの内容例をご紹介します。

※こちらでご紹介しているカリキュラムは一例です。研修動画を自由に組み合わせて自社に合ったカリキュラムを作成することができます。

ハラスメント防止研修パッケージ

研修時間目安: 5時間

セクハラやパワハラを防止するためのポイントや、ストレスレスな職場環境を作るためのケーススタディなどを学ぶことができます。

授業名社員を守る、職場におけるセクハラ・パワハラ防止のポイント
時間2時間
学べること ・セクハラとパワハラの判断基準
・ケーススタディ
・セクハラの法律上の記載内容
・ハラスメントが起こる理由
・セクハラの具体例
・会社として行うべき対策
・ハラスメント防止のポイント
・ハラスメント防止のQ&A
授業名ストレスレスな職場環境を作る実践的ケーススタディ
時間3時間
学べること ・パワハラが起きてしまった時の対処法
・部下を追い込まない叱り方
・メンタルヘルス不調を相談された時の対応方法
・その他ケーススタディで学ぶストレスレスな職場環境づくり
・Q&A

まずは資料をもらう (簡単10秒)

ハラスメント防止研修ラインアップ


無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,600社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ