ハラスメント防止研修

─ハラスメントを起こさない組織を作る─

ハラスメント防止研修でよくあるお悩み

  • 当事者意識を持ってもらいにくい
  • 研修の実施に工数がかかる
  • 知識の習得に留まらず、本質的なコミュニケーション力を身につけてほしい

Schooのハラスメント防止研修の特徴

  • 01

    身の回りの事例からハラスメントについて学ぶことができる

    Schooのハラスメント防止の授業では、実際にあった事例を通じて学ぶことができます。そのため、ハラスメントを身近なこととして捉え、当事者意識を持つことにつながります。

    Schooのハラスメント防止の授業では、実際にあった事例を通じて学ぶことができます。そのため、ハラスメントを身近なこととして捉え、当事者意識を持つことにつながります。

  • 02

    工数をかけずに効率的にハラスメント研修が実施できる

    Schooでは、管理画面からの研修設定で簡単に新入社員研修が開始できます。受講状況の管理やレポートの提出なども管理画面から行えるので、育成担当者の手間を削減することが可能です。

    Schooでは、管理画面からの研修設定で簡単に新入社員研修が開始できます。受講状況の管理やレポートの提出なども管理画面から行えるので、育成担当者の手間を削減することが可能です。

  • 03

    上司のコミュニケーション力を向上できる

    相手を尊重しながら主張をするアサーティブコミュニケーションや、部下とのコミュニケーションについての授業など、上司向けの授業も多数ご用意しています。

    相手を尊重しながら主張をするアサーティブコミュニケーションや、部下とのコミュニケーションについての授業など、上司向けの授業も多数ご用意しています。

ハラスメント防止に必要なスキル

  • 1.ハラスメント防止についての知識

    ハラスメント防止研修の目的は、未然にハラスメントを防ぐことです。そのためには価値観の変化や多様性、実際のケーススタディについて学んでもらい、ハラスメントについて正しく理解してもらうことが必要です。ハラスメント防止研修を通して社員を守る職場環境づくりを行っていきましょう。

    主な課題

    • ・セクハラやパワハラなどのハラスメントのない職場環境を作りたい
    • ・ストレスのない職場環境を目指したい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは、職場におけるハラスメント防止策を考える経営層やマネジメント層向けに、「社員を守る、職場におけるセクハラ・パワハラ防止のポイント」の授業や、ストレスレスな職場環境づくりについて学びたい方向けに「ストレスレスな職場環境を作る実践的ケーススタディ」の授業など、幅広い研修動画をご提供しています。

    《ハラスメント防止におすすめの研修》

    • ハラスメント防止研修パッケージ

      セクハラやパワハラなどのハラスメントを防止する職場環境づくりについて学べる研修パッケージです。職場におけるハラスメント防止のためのポイントや、ストレスレスな職場環境作りについて学ぶことができます。

      【合計:5時間】 受講者人数:19,311人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.アンガーマネジメントスキル

      「アンガーマネジメント」というアメリカ発祥の怒りをマネジメントする手法を軸に、コミュニケーションをさらに円滑にするための考え方やノウハウを学ぶことができます。怒りっぽい自分をどうにかしたいと思っている方や、部下に対して、怒ってしまう場面の多い方におすすめの授業です。

      主な課題

      • ・パワハラを未然に防ぎたい
      • ・怒りをコントロールして、コミュニケーションを円滑にしたい

      ここがポイント

      「アンガーマネジメント」というアメリカ発祥の怒りをマネジメントする手法を軸に、コミュニケーションをさらに円滑にするための考え方やノウハウを学ぶことができます。怒りっぽい自分をどうにかしたいと思っている方や、部下に対して、怒ってしまう場面の多い方におすすめの授業です。

      《パワハラ防止・アンガーマネジメント力向上におすすめの研修》

      • パワハラ防止研修パッケージ

        パワハラを防止するための職場環境作りや、アンガーマネジメント(怒りのコントロール)について学べる研修パッケージです。パワハラの防止を考える経営層やマネジメント層のほか、部下とのコミュニケーション方法について学びたい方や怒りのコントロール方法について学びたい方にもおすすめです。

        【合計:9時間】受講者人数:25,257人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.コミュニケーションスキル

      ハラスメント防止に当たって、部下との関係を築く適切なコミュニケーション術は必要なスキルのひとつです。ビジネスにおける対人関係を良好にするためのコミュニケーションのポイントや具体的なノウハウを学び、現場での円滑なコミュニケーションに生かしましょう。

      主な課題

      • ・部下とのコミュニケーションを円滑にして欲しい
      • ・指摘しつつもモチベーションを上げるスキルを身につけて欲しい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、部下とのコミュニケーションをよりよくしていきたいという方向けに、ほめる力について学ぶ授業や、相手を尊重しながら主張を伝えるアサーティブコミュニケーションの授業など、様々な動画研修をご用意しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、忙しいビジネスパーソンでも効果的にスキルを身につけることができます。

      《コミュニケーション力向上におすすめの研修》

      • 部下とのコミュニケーション研修パッケージ(強化編)

        部下との対話力を向上させたい、後輩とのコミュニケーションを円滑にしたいという方向けの研修パッケージ(強化編)です。後輩や新人のミスをうまく指摘してモチベーションを上げてもらうためのアサーティブコミュニケーションや、行動変容を促す働きかけをするためのゲーミフィケーションのアプローチ方法を学んだりすることができます。

        【合計:7時間】 受講者人数:9,188人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのハラスメント防止研修の
評価・口コミ

4.6

【総合評価】

    • 年齢 :39歳|性別:男性|都道府県:愛知県
    • 企業業種:福祉
    • 従業員規模:2000名以上

    4.4

    【総合評価】

    ハラスメントを未然に防ぐ期待がもてる非常に学び多い研修でした。ハラスメント研修は弊社でも管理職を中心に行ってきました。しかし、禁止事項やハラスメントによる厳しい処罰などを理解してもらうことを目的にした内容ばかりでした。ハラスメントをしてはいけないということ自体の理解にはなりますが、それでもハラスメント問題が後を絶たないのは、してはいけない禁止事項を伝えるだけでなく、未然に防ぐことを重点的に学ぶことができます。

    • [内容の理解度]

      ケーススタディのボリュームが多いので、自身に関わる環境や自身の振り返りができるため気づきや理解を深めることができます。特に弊社ではハラスメント研修において、加害者になるかもしれない層へハラスメントを禁ずるようなアプローチしてきませんでした。アンガーマネジメントという怒る側に寄り添った講義があるため、無意識なパワハラを防ぐことに期待が持てそうです。また、被害者になるかもしれない層に向けてはうまく怒られるテクニックを知ることでハラスメントを未然に防ぐことができると感じました。

    • [満足度]

      ハラスメントの未然防止を受講者が意識できるため高い満足度を得ることが期待できます。ハラスメント研修を設定すると、「自分はハラスメントしないから大丈夫」や「何も言えなくなりそうで仕事が窮屈になる」と言われることも多いと思います。しかしアンガーマネジメントの講義で、怒りの配分について学ぶことで正しい怒りの配分を習得できるようになります。また、ハラスメントを受けている同僚への対処法を知ることでパフォーマンス低下やモチベーション低下もできるため、研修を受けてみたいと希望する社員も増えそうです。

    • [内容の充実度]

      学び以上の気づきも得られるため、積極的に進めたい研修です。中小企業では未だにセクハラ、パワハラ問題が後を絶ちません。内部研修でもどこか気を遣いながら行っている会社も多いのではないでしょうか。この研修では、ハラスメントについて今一度振り返るだけではなく、上司部下のコミュニケーションについても気づくことができます。ハラスメントへの理解があれば未然に防げるものもあり、ストレスレスな職場環境を作ることができるため、ぜひともこのカリキュラムを通して学んでほしいです。

    • [業務に役立つか]

      全ての人がハラスメント防止研修を受けることで、業務をより良く改善していくことができます。ストレスレスな職場環境づくりには、自分でも身に覚えのあるケーススタディを感じることで業務改善のヒントがもらえるはずです。実際にハラスメント問題に立ち入ると、価値観の違いや認識のずれを感じることが多々あります。今一度セクハラ・パワハラに関する禁止事項や防止事項に触れることで、ハラスメントに関する共通認識をもつことができます。

    • [利用意向度]

      対象を絞らず、社歴や年代を問わず幅広くこの研修を利用したいと考えています。ハラスメントを未然に防ぐという目的なので、ハラスメントの禁止事項もアンガーマネジメントも怒りの受け止め方も全ての社員に必要な内容だと感じました。これまでのハラスメント研修とは違い、加害者になりえる方の怒りへの対処法や被害者になりえる怒りへの受け止め方といった「ハラスメントがダメ」だけではない講義があるので、ハラスメントの未然防止に役立つ研修だと感じました。

    • 年齢 :48歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:ITサービス
    • 従業員規模:300名

    4.6

    【総合評価】

    基本的な考え方に加え、悩みがちの論点をどのように対処するかが具体的に盛り込まれていて、業務上意識しながらやった方がいい例が入っている研修でした。こういう時はパワハラまたはセクハラに当たるのが、判断含めが明確に示されており、主に管理職やリーダーの立場の人が見るべきカリキュラムとして参考になります。ハラスメントは管理職にとっては継続的にテーマになることやその時々の事例が発生するので、継続的に見ることをお勧めします。最低でも年一度、管理職向けの研修として取り入れるのがいいですし、当社としても定期的に取り入れたい研修です。

    • [内容の理解度]

      抽象的な事例がなく、判例等に基づき客観的な具体的事例に基づいて説明されているのが、納得感もあって分かりやすいです。管理職にとっては、ついつい自分の判断で「これは大丈夫だろう」「指導の延長だろう」と考えがちですが、新たな知識を入れる意味でも、事例により理解が促進すると思います。厚生労働省が掲げているハラスメントの定義についても、砕いて事例を含めお話をされている講義は、説得力もあり繰り返し確認したい内容で、管理職やリーダー社員にも理解度が促進されました。

    • [満足度]

      受講していて「なるほど」「そのような対応が必要なのか」と聞いていてある意味平易で、直感的に感じる所が多い所から、従業員の満足度には繋がりやすいのではと思います。事例や業務上での部下との対話の中で実例も多く、理解しやすいです。感情やコミュニケーションを大切にするという、本来管理職が感じている課題に紐づいているところから、納得感が強い点も挙げられます。このような感情的な課題については、欲をいえば実例を忠実に再現した動画などがあると更に理解度や満足度が高まると思いました。中々このカリキュラムで再現することは難しいですが、一応気づいた点として記載いたします。

    • [内容の充実度]

      一般的なハラスメントの理論から、具体的にかみ砕いた実例を含めて、一連のパワハラ、セクハラが学べる内容になっていました。社員、とりわけ管理職や中堅社員は、まずはこれをしっかりと見ておいて欲しいと思いました。ハラスメントは人事が説明して研修をするよりも、専門家から説明して頂ける方が、漏れなく満遍なく学ぶことが出来るため、説得力もあると考えています。そういった意味から、人事としてはハラスメントとして期待している内容は、長すぎず短すぎずという観点からも充分に織り込まれている内容でした。

    • [業務に役立つか]

      特にベテラン社員はこれまでの自分のやり方が染みついているため、思わずパワハラではなく指導の一環で行ったとしても、それが若手の相手方からするとパワハラに映ってしまう可能性がありますが、そういった観点ではすぐに切り替えることは難しいかもしれません。しかし講義内容を意識していくにつれ、徐々に業務に効果も出て来る印象を持ちました。あとは講師が言っていた、パワハラではないかを意識しすぎると指導が出来なくなる点は逆効果になるので、その点は従業員に対しては上手いバランスを保ちつつ、部下や若手メンバーとのコミュニケーションを重視して臨んで欲しいと思います。

    • [利用意向度]

      是非活かしたいです。当社では、管理職向けに対して、ハラスメント研修を実施したことがあります。階層別に実施すべきなのか、それとも双方の立場がいる役職の上下に関係ない部門ごとに実施するのが望ましいのかというと、前者の方が望ましいという結論で実施しました。しかしながら、今回のカリキュラムを受講して、役職を関係なく実施してみるのも効果があるのではという気もしています。ハラスメントは仮に若手であっても異性に対して実施することがあると思いますし、集団で個人に対して行ってもパワハラにも該当することになります。そういう意味からも、役職の上下は関係なく意識しなければならない内容であると人事としても痛感しました。

    • 年齢 :28歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:金融
    • 従業員規模:50名

    4.8

    【総合評価】

    セクハラ、パワハラ、マタハラ、アルハラ、ランハラ、など様々なハラスメントを耳にすることが多いこの頃ですが、特に上の世代の方々だと「これくらいの行動がハラスメントなの?」というように、本人にはハラスメントの意識がないものの受けた側はハラスメント行為だと捉えるような事案が弊社ではよく起こっております。そのようなハラスメント意識の薄い方々にはぜひ見ていただきたい講義でした。ケーススタディが多く、見に覚えがあるようなケースにはハッとさせられる従業員も多いのではないかと思います。

    • [内容の理解度]

      アシスタントの方が自身の経験を元に話をされ、先生がそれに対して回答されていたり、コメント事例に反応してもらえることで、資料の中だけの話で講義を進めるのではなく、リアルな話を元に講義が進むことに非常にわかりやすさを感じました。アシスタントの方と講師の先生がナイスコンビネーションでした。 改善点を強いて挙げるとすれば、資料に抑揚がなく、すべて同じ文字の大きさ、文字色も同じで1枚のスライド当たりの文字数が多く、伝わりやすさに欠けるかなという印象は受けました。 また、実際にハラスメントを行うとこういう罰則を受け得る、というような内容もあり、ハラスメントの抑止になると感じました。

    • [満足度]

      弊社ではセクハラ・パワハラといったハラスメント事案が短期間に多く発生しており、その中でも上のレイヤーの管理職がハラスメントで多く処分されていることが多いです。 また、女性が多い職場のため、セクハラなどが横行してしまうと、従業員を不安にさせてしまう大きな要因となると思うため、従業員を不安にさせないためにも、会社が「ハラスメント研修を行っている」という姿勢を見せることは従業員の安心に繋がりそうだと感じました。

    • [内容の充実度]

      ケーススタディが多く、また、視聴者やアシスタントの方の体験談を元に講師の方が解決策を伝えてくださるため、非常にリアルだったのと、自分も行ったことがあるようなハラスメントケースの内容には、「これもアウトなのだ」と、今まで無意識にハラスメントを行っていたような人にはハッとさせるような内容だったと思います。いくら「ハラスメントをやめよう」ということを広報しても響かない人たちの意識を改める機会になる講義だと思います。また、少し傷つく出来事があると即「ハラスメントだ」という主張を多くする従業員にも「ハラスメントの定義」を示せることで、過剰に上司との関係をハラスメントとして捉えすぎないでもらえるのではないかと感じました。

    • [業務に役立つか]

      非常に役立つ講義だと感じます。 ついつい部下が不甲斐ない行動をすると、余裕のない管理職は口調が強くなってしまったり、部下を傷つけてしまうこともありますが、 「ここまで行く指導は行き過ぎ」である、ということが具体的に伝わりました。 感情が繊細な女性社員が多い弊社では、よく「上司に圧を掛けられている」というような相談を受けますが、管理職にただただ、ハラスメントはだめだと示すよりも、実際のケーススタディを見せることが一番効果的なのではないかと、本講義を見て感じました。

    • [利用意向度]

      弊社ではハラスメント事案が多く発生しているため、対応として外部通報窓口を設置することとなりましたが、何の抑制にもなっておらず、窓口への相談は多いが、対象者にその相談に対する指導をしても相談件数は減らない、というイタチごっこな事態になっています。 「根本的にハラスメント研修を行うべきなのだろうか・・。ただ研修といってもどこまで効果があるのだろうか・・。」と思っておりましたが、本講義を聞いて、わかりやすく、具体的なハラスメント行動を伺えたことでこれは効果的な研修なのではないかと強く感じました。

  • 効果的にハラスメント防止研修を行うためのポイント

    • 01

      経営トップのハラスメント行為への厳しい姿勢を受講者に伝える

      研修では、経営トップからハラスメント研修の目的やハラスメント防止の重要性などを伝え、ハラスメント行為に対する厳しい姿勢を受講者に示しましょう。研修の主な目的は、ハラスメントに対する正しい認識を持ち、ハラスメント行為の起こらない組織を作ることです。経営トップから伝えられることで研修の目的がより説得力のある形で明確化され、受講者のより主体的に学ぶ姿勢につながります。

    • 02

      常に研修内容を更新する

      最近ではこれまでのハラスメント行為に加え、「ハラ・ハラ」と呼ばれる行為が問題となっています。ハラ・ハラとは、自分が不快に感じた他者の言動をハラスメントとして過剰反応する嫌がらせ行為です。このように、ハラスメントの現状はどんどん変わっていっています。研修の内容を適宜アップデートしていき、時代に合った研修を行いましょう。

    • 03

      研修を何度も繰り返し行う

      社員のハラスメント防止に対する意識を維持する為に、研修は何度も繰り返し行いましょう。年に1、2回を目安に定期的な研修を行うことで、研修の効果が高まります。またその際、職場アンケートなどを用いて職場の現状を把握し、その結果を反映した研修にするのがおすすめです。

  • ハラスメント防止研修の目的

    • 01

      ハラスメントを正しく理解し、防止する

      ハラスメント研修の目的は、ハラスメントについての正しい知識を習得することで、ハラスメント行為のない整った職場環境を作ることです。ハラスメント行為は被害者にとって大きなストレスとなり、モチベーションの低下につながります。ハラスメント行為によって社員にマイナスな影響があるだけでなく、場合によっては訴訟など大きなトラブルにも発展しかねません。そうならない為には、組織全体のリテラシーを上げる必要があります。研修を通してどういった言動がハラスメントに当たるのかを正確に認識することで、ハラスメント行為を未然に防ぎましょう。

    • 02

      実践的なノウハウの共有

      ハラスメント行為を防止する為に、ハラスメントに対する理解を深めることはもちろん重要です。しかし、ハラスメント行為に当たらないか不安で社員とのコミュニケーションが取りづらくなってしまったり、指導やアドバイスの仕方が分からなくなってしまう社員もいます。その為研修では、ハラスメント行為に当たらない指導法や起こってしまった時の適切な対応などについても学ぶ必要があります。より具体的な内容を研修で扱うことで、円滑なコミュニケーションを維持しながら、ハラスメント行為をなくすことができます。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、様々な種類のハラスメントについての授業から、ハラスメントを防ぐために必要なコミュニケーションスキルまで幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「社員を守る、職場におけるセクハラ・パワハラ防止のポイント」や「ストレスレスな職場環境を作る実践的ケーススタディ」、「アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術」などの授業があります。 このほかにも、部下とのコミュニケーションスキルやこれから求められるデジタルコミュニケーションスキルについての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、ハラスメントの防止に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またハラスメントについてだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えば部下と良好な関係を築くためのコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、日々の業務に必要なスキルと知識を効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。ハラスメントについての授業だけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではハラスメント防止研修向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「ハラスメント防止研修パッケージ」や「パワハラ防止研修パッケージ」、「部下とのコミュニケーション研修パッケージ(強化編)」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ