Webデザイナー研修

─幅広く活躍できるデザイナーの育成─

Webデザイナー研修でよくあるお悩み

  • 教育環境の整備にまで手が回っていない
  • デザインのスキルの幅を広げてほしい
  • Webデザイナー研修でよくあるお悩み

SchooのWebデザイナー研修の特徴

  • 01

    Webデザインに必要な最新コンテンツを学習できる

    毎月50本以上の最新授業を更新しているので、デザインスキルのアップデートや最新ビジネススキルの学習が可能です。

    毎月50本以上の最新授業を更新しているので、デザインスキルのアップデートや最新ビジネススキルの学習が可能です。

  • 02

    研修テンプレートで工数を削減

    「Webデザイン 実践研修パッケージ」「Webビジュアルデザイン 入門研修パッケージ」などデザインに関するパッケージを多数ご用意しています。研修の準備や管理の工数を減らし、育成担当者の負担を低減することが可能です。

    「Webデザイン 実践研修パッケージ」「Webビジュアルデザイン 入門研修パッケージ」などデザインに関するパッケージを多数ご用意しています。研修の準備や管理の工数を減らし、育成担当者の負担を低減することが可能です。

  • 03

    できるデザイナーに必要なビジネススキルが学べる

    SchooではUI/UXやデザイン思考、マーケティング思考、HTML/CSSなど、デザインのスキルアップに必要な幅広いカテゴリの授業をご用意しています。デザインの基本を身につけたいという場合だけでなく、デザイナーとしてスキルアップをしていきたいという場合にもご活用いただけます。

    SchooではUI/UXやデザイン思考、マーケティング思考、HTML/CSSなど、デザインのスキルアップに必要な幅広いカテゴリの授業をご用意しています。デザインの基本を身につけたいという場合だけでなく、デザイナーとしてスキルアップをしていきたいという場合にもご活用いただけます。

Webデザイナーに求められるスキル

  • 1.デザインの知識・ツールのスキル

    デザインを扱う職種であるため、当然ながらレイアウト、フォント、配色といったデザインの知識は必要です。デザインの良し悪しはその人のセンスに依存すると考えられることもあるかもしれませんが、知識があるとより魅力的なWebページを作成することができます。また、要件定義されたWebページを作成するツールの理解も必要です。Photoshopやillustratorなどは多く利用されているツールですので、使えるようになっておくことが望ましいでしょう。

    主な課題

    • ・Webデザイナーとしての実践的なスキルを学びたい
    • ・Webデザインの全工程を行えるようになりたい

    ここがポイント

    Schoo for Businessでは、Webデザインに関する汎用的なスキルを身につけたい方のために、「デザインパターン基礎」や「レスポンシブコーディング入門」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、効率的にWebデザイナーとして必要なスキルを学習することができます。

    《デザインの知識・ツールのスキル向上におすすめの研修》

    • Webデザイン 実践研修パッケージ

      この研修パッケージでは、Webデザイナーの方を対象として、デザインパターンやレスポンシブコーディングの汎用性の高いWebデザインの基礎スキルについて学ぶことができます。Webデザインの知識はある程度身につけたものの、実践レベルのスキルを身に着けたいとお考えの方におすすめの研修パッケージです。

      【合計:15時間30分】 受講者人数:16,331人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.コーディング・プログラミングのスキル

      企業によってはWebデザイナーとコーディングの業務を分担しているところもありますが、場合によってはWebデザイナーがデザイン作成からコーディングを担当することもあるでしょう。その場合、HTML/CSSのコーディングやJavaScriptなどのプログラミングスキルを持ち合わせておく必要があります。また、仮にこれらのスキルを扱う業務を担当することがなくとも、最低限理解しておくと良いでしょう。

      主な課題

      • ・HTML/CSSなどの基礎知識を身に着けたい
      • ・実際にページ作成までできるレベルのスキルを身に着けたい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、なりたてのWebエンジニア向けにHTML/CSSの入門など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、Webエンジニアに最低限学んでおきたいプログラミングの基礎の学習機会を場所や時間を気にせずに提供することができます。Webエンジニアになる上で学んでおくべきといわれるHTML/CSSの学習をどこから始めたらいいのかわからない、といった課題のために、「HTML入門」や「CSS入門」などが学べるオンライン研修をご用意いたしました。

      《コーディング・プログラミングのスキル向上におすすめの研修》

      • HTML/CSS 入門研修パッケージ

        この研修パッケージでは、Webエンジニアのスキルとして代表的なHTMLとCSSの基礎的な知識から実践的な内容まで、全3回の授業で学びます。これから新入社員のWebエンジニアとして働く方や、Webエンジニアを目指す方にもおすすめの研修パッケージとなっています。

        【合計:8時間】 受講者人数:66,748人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.マーケティングに関する知識

      クライアントが存在する業務を担当するWebデザイナーの場合、デザインだけでなくマーケティングの知識も必要となる場合があります。Webサイトのアクセス解析やSEM、Web広告の知識などを持ち合わせていると、デザインだけでなくビジネス側の視点を持って要望をヒアリングしたり、提案ができるようになります。

      主な課題

      • ・Webマーケティングの基礎知識を身につけて欲しい
      • ・簡単なアクセス解析ができるようになって欲しい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、Webマーケティングに関わる上で知っておきたい知識やスキルの学習など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、業務中に困ったことがあった際にもすぐに学習し業務に取り掛かることも可能です。

      《Webマーケティングスキル向上におすすめの研修》

      • Webマーケティング入門研修パッケージ

        Webマーケティングに関わる上で知っておきたい知識やスキルなどを学ぶことができる研修パッケージです。アクセス解析を中心としたサイトの分析と改善の考え方を身につけることができます。

        【合計:6時間】 受講者人数:9,518人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

SchooのWebデザイナー研修の
評価・口コミ

4.5

【総合評価】

    • 年齢 :35歳|性別:女性|都道府県:奈良県
    • 企業業種:教育
    • 従業員規模:500名

    5.0

    【総合評価】

    総合的に、若手社員が知っておくべき基本的な業務スキルと後輩の人材育成に必要な考え方の基本を習得することのできる講座です。後輩の社内教育に関するテーマや仕事を論理的かつ合理的に進めるための力を養うという点に特化した授業が多いように感じました。現場で直ぐに活用できる業務スキルが盛り込まれており、カリキュラム構成も大変よいのですが、講座の中には、授業の本題に入るまでの前置きが長かったり、一部重複した解説内容が見受けられた点が少々気になりました。その辺を工夫していただけると、受講生もさらに効率的に授業に取り組めると感じました。

    • [内容の理解度]

      WordPressやJavaなどのアプリの入門編カリキュラムは細かく解説されており、受講すると基本的な使い方はMasterできるようになっているのが目次を確認するだけでも分かりやすい内容です。実際の中身も画面表示を確認しながら受講できるようになっていて、自身の操作と並行して受講することでより理解が深まる内容となっていました。難しい躓くポイントも一つひとつ丁寧に画面を共有しながら解説されているので、初めてのデザイン仕事の従業員にも分かりやすい内容でした。

    • [満足度]

      受講者からの要望に応えた取り組みを生放送で制作していくという実際の仕事の取り組み方、時間のかけ方を生で見ることができるので、受講の意味を強く感じられる内容でしたので、満足度は非常に高いことがイメージできました。同じように真似てやってみる従業員も多く出るでしょうし、デザイナーのモチベーションが上がるのを感じます。動画によっては既にスキルを持っている従業員にとっては新たな学びはないかもしれませんが、自身の仕事の方法と比較したり、見直したりすることもできる内容が多いので、そのような従業員でも高い満足度に繋がりそうです。

    • [内容の充実度]

      Webデザインをする際のターゲットを絞ったり、効果を出すために必要なポイントを解説されているので、Webデザインをすることでしっかりとクライアントの求める成果に繋げていくための活動イメージを学ぶことができました。デザインをするだけが仕事ではないということがどの研修でも明確になっているので、クライアントのニーズを捉えてアイデアだし、デザイン制作へと入っていく基本中の基本の流れを徹底的に学ぶことができる内容でした。

    • [業務に役立つか]

      サービスデザインやビジュアルデザインなどデザインの種類別に研修プログラムが用意されているので、担当する業務に直結した学びを深めることができるので業務への寄与度も大きいのではないかと感じた。取り上げられている例も実際の業務で感じる疑問が多く、実践的な内容なので役立つ場面が多いと思います。コメントを拾いながら業務での活用イメージを膨らませていくシーンも多く、受講しながら考える場面が多く用意されているので、業務を進めながら受講することができるメリットがありました。

    • [利用意向度]

      必ず利用したいレベルの研修でした。実践的な内容から基礎的な用語解説までWebデザインの業務別に準備されているので、様々な分野のデザイナーに対応できると感じました。新入社員研修でも利用をイメージできましたし、新しい部署でチラシフライヤーを制作する業務が追加された部署などの研修にも十分に対応することができると感じたためです。また、専門技術だけではなくクライアントとのコミュニケーションにも踏み込んだ内容があり、導入することで業務効率を格段に上げることをイメージできました

    • 年齢 :36歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:1000名以上

    4.0

    【総合評価】

    WEBデザイナーが身に付けておくべき実践的なスキルから考え方まで総合的に学ぶことの出来る研修でとても良かったです。デザインする上では顧客のニーズに沿いつつ、独自のアイディアを提案するコミュニケーション力が大切です。こちらの研修では、「コンセプト」をクライアントと共有し、的を射たデザインを生み出すためのコツや顧客に頼られるデザイナーになるためのコツを学べる点もとても良かったです。研修を通して、デザイン初心者が基礎からスキルを学ぶことが出来るだけでなく、WEBデザイン分野で業務経験のある方のための再学習・復習にも大変役立つ研修だと感じました。

    • [内容の理解度]

      基礎から実践まで、ひとつひとつ丁寧に学ぶことが出来る為、とても分かりやすい授業内容だと思いました。デザインに必要な具体的なアプリケーションの用語やタグの使い方などは、慣れない学習者にとっては複雑に感じがちですが、専門用語を出来るだけ省いた説明は受講者の理解度にも繋がる良い点だと感じました。どの講座も質疑応答を織り交ぜながら詳しく解説されており、受講者の目線に立った授業構成である印象を受けました。幅広い層の受講者が安心してデザインの基礎から応用実践まで学習することの出来るよい研修です。

    • [満足度]

      デザイナーが抱きがちな課題や不安を解決するためのポイントが具体例を交えながら上手く解説されていました。そういった観点から、受講者が持つ日々の疑問や知りたかったテクニックを集中的に学ぶことができ、受講後の満足度も高いと思いました。全体的に凝縮された内容でとても良かったのですが、どちらかというとWEBデザイン初心者が対象となる講座が多い印象を受けました。それぞれのカリキュラムで学習内容のレベルに若干の差があるように感じたので、デザイン上級者は一部退屈に感じる内容もあるかもしれません。

    • [内容の充実度]

      WEBデザイナーが身に付けるべきスキルが網羅されているだけでなく、デザイナーがWEBプロジェクトを進めるにあたり必要となる総合力を養える点でとても満足のいく研修内容でした。具体的な例として、デザイン力・ヒアリング力・コンセプト設計力などのポイントは、現場で顧客の要望を的確に捉えたデザインを生み出すためにとても有効です。講座では、現場がWEBデザイナーに期待することをしっかりと理解した上で、デザイナーに必須のプログラミングスキルやコミュニケーション力など様々な実践スキルを習得できる充実した内容で非常に良かったです。

    • [業務に役立つか]

      現場で使えるテクニックを実践的に学べる授業が豊富にあり、すぐに業務に活用することの出来るアイディアが詰まっていました。特に、現在のデザイントレンドの傾向やサービスデザインの重要性など、市場価値を意識した上で顧客ニーズの変化にいかに適応していくか、ビジネスの観点からのデザインの必要性を具体的に学ぶことが出来る事が好印象でした。また、WEBデザインの実践講座では、一人でWEBデザインの全工程が出来るようになるための実践的なスキルを習得できます。実践を踏まえたノウハウを多角的に学べる授業が多く、実務で非常に役立つ印象でした。

    • [利用意向度]

      WEBプロジェクトの全体像を掴みながら、それぞれに必要な考え方やスキルを総合的に学ぶことが出来る点でとても納得感があり、是非研修に利用したいと思いました。研修を通して、基礎力と実践力の両方を同時に身に付けることができるので、とてもバランスの取れた構成です。中でも、多様化する世の中のニーズに沿ったサービスデザインの考え方や、ユーザ目線での使いやすさを考えたデザイン方法を学べることは、ビジネスとしてのデザインの需要に上手く応えるためのヒントとなり、将来的に活躍するWEBデザイナーを育てるという観点からも非常に役立つ内容でした。

    • 年齢 :37歳|性別:男性|都道府県:福岡県
    • 企業業種:製造業
    • 従業員規模:1000名以上

    4.4

    【総合評価】

    ウェブデザイナーは技術職であり、ある程度の知識・スキルを前提に仕事を行っていく職業だと思います。デザイナーを目指すにあたって、最低限身につけておきたいスキルである、 HTMLとは何かというところから丁寧に解説しています。また、JavaScriptにおいても、プログラミングから始め、オブジェクトの解説、ウェブブラウザで動かすための知識など、この研修で理解することができます。終盤にはWoudPressの事例を用いて、ウェブデザインの実践、その応用が学べます。

    • [内容の理解度]

      サービスデザインがなぜ必要なのかからスタートします。プロダクト(物の価値)の時代からサービス(物も含めた全体の価値)の時代へ市場が変化していることなど、赤羽先生が丁寧に解説します。サービス時代に求められる組織とはIT、セールス、製造、企画、デザイン等クライアントの様々なニーズを包括的に満たすことができる集団であること、こういったことは今ウェブデザイナーとして活躍している方にとっても改めて参考になる内容となっており、特にウェブデザイン業界は流行に敏感であることが大事で、どん欲に知識を取りに行き、技術を磨く必要があることがよくわかりました。イノベーティブな価値の提案をするために、顕在化している価値と顕在化していない価値を送別し、これまでにないものを形にすること等、研修で分かりやすく伝える場面もあり、まずはHTMLで見た目を構築しながら、JavaScriptで動きをつけるプログラムを作る経験ができます。イラストレーターで実際に伝わる資料を作る授業もあり、私自身も参考になりました。ウェブデザイナーとして転職することを目指すのであれば、ぜひこの講座を受講し、スキルを身につけていただくことをお勧めします。

    • [満足度]

      当社ではウェブサイトを作る人は社内では広報担当がその役割を担います。そこまで大人数ではありませんが、会社の顔となるもっとも代表的なものが、会社のホームページになるため、そこから何を伝え、どんな会社だと世間に知ってもらいたいのかが伝わらなければなりません。非常に重要な仕事の一つです。そういった担当に対しては満足できる内容です。センスが大事ということももちろんありますが、その考え方の基礎がなければ、センスがあっても使いこなせないため、この研修でデザインだけでなく、コーディングまで行えるスキルをぜひ見につけてほしいです。

    • [内容の充実度]

      ウェブデザイナーになるための基本的な考え方は学べました。デザイナーは特別な資格や情報は必要ありませんが、だれでもできる仕事ではありません。デザイナーとしてみなされるために、トレンドの把握、スキルマップ、テーマ企画、コーディング等の知識やスキルをしっかり習得することが大事ですが、この研修ではそれを学ぶことができます。顧客価値をマップ化して、何を求めるのかを明確にするメソッドを学べます。 研修で基礎を学びつつ、細かいところからデザインのスキルを上げていくことでスキル向上が見込めます。大学や短大などでもデザイナーの学校もありますが、経験ゼロからでも自ら学ぶ習慣があれば、一流のデザイナーになることも可能だと思いますので、今後デザイナーを目指す人はぜひ受講してください。

    • [業務に役立つか]

      ウェブデザイナーとして求められるのは、情報をまとめ上げ、自ら設計ができることだと思いました。丁寧なヒアリングやコンサルティングから、課題を解決できるデザインを作ってアウトプットすることろまでを一貫して任せられるような人材が求められるため、未経験からデザイナーを目指すには、まずはウェブデザインを見まくることが必要だと思います。 日本の公共領域でサービスデザインを活用する方法も紹介があり、また、ウェブやアプリでユーザビリティやUXがなぜ重要なのかをわかりやすく解説してくれます。

    • [利用意向度]

      当社ではウェブデザインのスキルが生かせる業務としては広報担当が挙げられます。後方において、ビジュアルデザインの実践カリキュラムは参考になると思いました。「伝える」ではなく「伝わる」資料を作るスキルはデザイナーだけではなく、すべての業種で求められるスキルです。資料を作成しても、伝わる資料を作れる人の評価が高いことは言うまでもありません。当社ではウェブデザイナーを専門職とする人材はいませんが、ウェブでデザインを構築する方向けだけでなく、デザインを学びたい人にとっても参考になるため、一部は研修に盛り込みたいと感じました。これからデザイナーを目指す人にとっては、有効な研修であることに間違いありません。いろいろなデザイナーがいて、それぞれ必要なスキルが違うので、最初に自分がどんなデザイナーになりたいのか、理想像をしっかり掲げることも重要だと感じました。

  • 効果的なWebデザイナー研修を行うためのポイント

    • 01

      幅広い知識を学べる研修カリキュラムを作成する

      Webデザイナーに必要なスキルは多岐に渡ります。そのため、研修では幅広い知識を学べるカリキュラムを作成しておくと良いでしょう。Webデザインに関するスキルは網羅的に学ぶことができることはもちろんのこと、コーディングやプログラミングも基礎的な内容に限らず、応用的なものまで学べる研修カリキュラムを組んでおく必要があります。

    • 02

      研修対象者のスキルマップを作成する

      スキルマップとは各個人のスキルを一覧表やリストとして可視化したものです。Webデザイナーは経験してきた業務によって、できること・できないことがそれぞれ異なります。そのため、各個人に合わせた研修を実施するほうが全員に一律の研修を実施するよりも効率的に進めることができるのです。また、作成したスキルマップは研修を選定する参考にするだけでなく、身に付けるべきスキルがわかることで対象者の学習意欲の向上にも繋がります。

    • 03

      常に新しいことを学習できる環境をつくる

      Webデザイナーはデザイン制作が主な業務となりますが、Webサイトの目的やニーズといった外部環境は変化が激しいです。そのため、常に新しい技術を学べる環境が必要です。また、育成する対象の人材も日常の業務をこなしながら学習を進めることになるため、学習方法のオンライン化といった手軽に学ぶことができ、継続しやすい学習環境を整備してあげることが重要です。

  • Webデザイナー研修の目的

    • 01

      デザインやWebに関する知識を習得する

      Webデザイナーとしての業務には、デザインとWebの両方に関する知識が必要です。デザインの知識を深めることでクオリティの高いWebサイトが作成できるのはもちろん、Webの知識を活かしてサイトをより見やすく多くの人の目に留まるものにできます。そのため、Webデザイナー研修を通してデザインの基礎的な知識の習得とWebに関する知識を学ぶことが大切です。

    • 02

      実践的なコミュニケーション能力を身に付ける

      Webデザイナーは様々な立場の顧客からニーズを読み取り、目的に合ったWebサイトを作成する能力が求められます。Webデザイナー研修を通して現場で使える実践的なコミュニケーション能力を習得しておくことで、相手の意図を正確に汲み取り、より満足してもらえるサイトを作成することができます。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、サービスデザインについての授業やWebデザインの実践的なスキルについて学ぶ授業など幅広い研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「実践的Webユーザビリティの基礎 」や「ライブグラフィックデザイン:プロの技から学ぶ」、「デザインパターン基礎 -CSSのみで実装できるデザインテクニック-」などの授業があります。 このほかにも、インタラクションデザインやHTML/CSS、アプリデザインついての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、Webデザイナーの育成に活かせる幅広い研修動画をご用意しています。またデザイナーとしてのスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、ランディングページ制作のためにマーケティングの授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、Webデザイナーとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、Webデザイン以外にもコミュニケーションスキルについての授業やプログラミングの授業、デザインの授業など多種多様な授業をご用意しています。Webデザイナーだけど取引先との円滑なやりとりのためにコミュニケーションスキルも学ぶ、より説得力のあるプレゼン資料を作成するためにプレゼンテーションスキルについても学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではWebデザイナー向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「Webデザイン 実践研修パッケージ」や「Webデザイナーのクライアントワーク研修パッケージ」、「アプリデザイン 入門研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ