コミュニケーション研修

─一人ひとりに合わせた効果的なコミュニケーション研修─

コミュニケーション研修でよくあるお悩み

  • オンライン化でコミュニケーションのあり方が変わってきている
  • コミュニケーション力を改善して業務を円滑化したい
  • 社内の信頼関係を向上させたい

Schooのコミュニケーション研修の特徴

  • 01

    これからの時代に必要なコミュニケーション力を学べる

    Schooでは、新しい働き方に適応するためのオンラインコミュニケーション術を学ぶことができる授業を多く取り揃えています。「オンライン1on1実践」や「リモート時代のチームコミュニケーション」などの授業を通じて、これからの社会で必要なコミュニケーション力を磨くことができます。

    Schooでは、新しい働き方に適応するためのオンラインコミュニケーション術を学ぶことができる授業を多く取り揃えています。「オンライン1on1実践」や「リモート時代のチームコミュニケーション」などの授業を通じて、これからの社会で必要なコミュニケーション力を磨くことができます。

  • 02

    コミュニケーション力を効果的に向上できる

    Schooでは、話す力だけでなく傾聴力や論理的思考力、仮説思考力などを総合的に伸ばし、コミュニケーション力を効果的に向上させることができます。また7,000本以上の授業が受け放題なので、苦手なことや伸ばしたいスキルを学ぶなど個々に適したスキルアップを行い、業務を円滑化することができます。

    Schooでは、話す力だけでなく傾聴力や論理的思考力、仮説思考力などを総合的に伸ばし、コミュニケーション力を効果的に向上させることができます。また7,000本以上の授業が受け放題なので、苦手なことや伸ばしたいスキルを学ぶなど個々に適したスキルアップを行い、業務を円滑化することができます。

  • 03

    チームコミュニケーションについて学べる

    チーム内の心理的安全性を高めるための授業やチームビルディングについての授業を多数ご用意しています。これらを学ぶことで組織内のコミュニケーションを円滑に行い、信頼関係を向上させることができます。またオンライン集合学習機能でみんなで学び、コミュニケーションを取ることができるので、チーム内の関係性づくりにも活用できます。

    チーム内の心理的安全性を高めるための授業やチームビルディングについての授業を多数ご用意しています。これらを学ぶことで組織内のコミュニケーションを円滑に行い、信頼関係を向上させることができます。またオンライン集合学習機能でみんなで学び、コミュニケーションを取ることができるので、チーム内の関係性づくりにも活用できます。

コミュニケーションスキル向上に必要なスキル

  • 1.コミュニケーション基礎スキル

    コミュニケーション力はビジネスマンにとって必要不可欠なスキルです。経営層・上司と同じ視点で話すだけでなく、自分と同じような他部署の社員、部下といったように、異なる階層の社員とコミュニケーションを取る必要があります。また、時には部下を褒める時もあれば問題を指摘しなければいけない場面もあるはずです。そのような場面で部下のモチベーションを下げずに、正しく改善の道筋を示すこともコミュニケーション力の1つでしょう。

    主な課題

    • ・コミュニケーションスキルを身につけてほしい
    • ・コミュニケーションを円滑にしてマネジメントに活かして欲しい

    ここがポイント

    要点を簡潔に話すのが今でも得意ではない、大勢の人のまで話すときはいつも緊張してしまう、部下が仕事をしない、などといった課題のために、「真・コミュニケーション能力」の教科書、指示待ち部下が自ら考え動き出す!、などが学べるオンライン研修をご用意しました。

    《コミュニケーションスキル向上におすすめの研修》

    • コミュニケーション力向上研修パッケージ

      若手社員や中堅社員を対象とした、コミュニケーションスキルを向上させることができる研修パッケージです。褒める力や雑談力などのコミュニケーションスキルを伸ばすことで、メンバーマネジメントや後輩指導などに活かすことができます。

      【合計:5時間】 受講者人数:20,844人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.オンラインコミュニケーションスキル

      「テレワーク導入後、オンラインでのコミュニケーションに課題を感じているものの、自社で研修を行うには手間もコストもかかってしまう」とお悩みの育成担当者やマネジメント層の方は多いのではないでしょうか。オンラインでのコミュニケーション時のポイントや、これからの働き方を学び、リモートワークで生産性を向上させます。

      主な課題

      • ・リモートワークで社内のコミュニケーションに課題を感じている
      • ・オンラインコミュニケーション力を身につけたい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、初めてリモートワークに取り組むという方向けに、オンラインでの会議のやり方や生産性を向上させるためのポイントを学ぶ授業「アフターコロナのリモートワーク指南」などをご用意しています。オフラインでの研修を行うことが難しいという場合でも、オンライン研修ならいつでもどこでもパソコンやスマートフォンで学習することが可能です。

      《オンラインコミュニケーション向上におすすめの研修》

      • オンラインコミュニケーション研修パッケージ(基本編)

        オンラインコミュニケーション研修では、オンラインでのコミュニケーション時のポイントや、これからの働き方やリモートワークで生産性を向上させるための方法について学ぶことができます。

        【合計:8時間】 受講者人数:11,070人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.アサーティブコミュニケーションスキル

      相手のことを尊重しながらも自分の意見をきちんと主張することができる「アサーティブコミュニケーション」について学び、チームビルディングを手助けします。ビジネスにおける対人関係を良好にするためのコミュニケーションのポイントや具体的なノウハウを身につけることができます。

      主な課題

      • ・職場でのコミュニケーションを円滑にして欲しい
      • ・指摘しつつもモチベーションを上げるスキルを身につけて欲しい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、「忙しい上司とも話ができる相談の仕方」や「相手との良い関係を持続する断り方」、「言いづらいことを伝える方法」など、実際のビジネスシーンで活用できるアサーティブコミュニケーションについて学べる研修動画をご用意しています。その他にも、相手の本音をひき出し、人を巻き込み、意見を通す「質問力」を磨くことができる研修動画などもご用意しています。

      《アサーティブコミュニケーションスキル向上におすすめの研修》

      • アサーティブコミュニケーション研修パッケージ

        「アサーティブコミュニケーション」について学べる研修パッケージです。「相手を尊重しながら主張する方法」「仕事を有利に進めるスキル「質問力」」などビジネスにおける対人関係を良好にするためのコミュニケーションのポイントや具体的なノウハウを身につけることができます。

        【合計:6時間】 受講者人数:8,665人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのコミュニケーション研修の
評価・口コミ

4.5

【総合評価】

    • 年齢 :26歳|性別:女性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:人材サービス
    • 従業員規模:100名

    5.0

    【総合評価】

    コミュニケーションに特化した研修内容で、全体を通して学んで欲しい内容が盛り込まれている上、非常にわかりやすく解説しているので使いやすい研修講座だと感じました。スタッフの目線に立って、寄り添った内容である点も今の課題と向き合うスタッフは納得しながら学ぶことができます。コミュニケーションスキルを磨く研修をオンラインで行うのは直接顔が見れない分難しい点も多いですが、基本的なことをこの研修で学んだ上で実践編として対面でこの研修を活かした内容の研修を作成するなど、役立てていくことができればより良いかと思います。

    • [内容の理解度]

      コミュニケーションについて学び、向上させるための研修ですが「入門」「実践」「向上」「部下とのコミュニケーション」とカテゴリーが分かれているので自分の実力や現場に合わせて研修で学ぶことができるので、わかりやすいです。図やイラストが入っているので見ていても飽きることなく、テンポよく研修が進んでいく点も必要な情報だけ整理ができるので良かったです。話を組み立てて話す方法など、研修受講者全員にわかりやすく伝えることに研修担当は苦労している印象もあるので非常に使いやすいと感じました。

    • [満足度]

      内定者でも、若手でも、現場で働いている中堅社員でもコミュニケーションに悩むスタッフは多いように感じており、面談をしていても「コミュニケーション能力の向上」を課題として挙げているスタッフが多いのが現状です。コミュニケーションに特化した研修があるだけで、スタッフのモチベーションも上がるし、自信があるスタッフでもさらにスキルアップできるような情報量の多い研修内容なので、どの立場のスタッフでも受けて良かったと思える内容だと思います。

    • [内容の充実度]

      社会人として、ビジネスマナーに続き必須のコミュニケーションスキルですが必要な情報や基礎、ノウハウまで幅広く学ぶことができ、どの立場のスタッフでも学んでおいて欲しい内容が詰め込まれており非常に満足度が高い研修内容です。大学時代や中途社員に関しては新卒時代の研修でもすでに学んでいる内容だとは思いますが、ここまで徹底してコミュニケーションについて分析されていると納得感を持ちながら学ぶことができるのではないかと思います。

    • [業務に役立つか]

      かなり基礎的な内容なので、実際の業務でもすぐに役立てることができます。もし、コミュニケーションに自信があるスタッフでもその基礎からしっかり学ぶことによって説得力が増し、自信もついてくるはずなのでモチベーション高く、次の日の勤務から役立てられるのではないかと思います。また、内勤で人とあまり関わることが少ない職種だとしても社内スタッフで周りのスタッフとも必ず関わっていかないといけないはずなので、社内のスタッフとのやりとりにもぜひ役立ててもらいたい内容です。

    • [利用意向度]

      研修カリキュラムの一部として、利用したい内容の研修でした。コミュニケーションの研修は実践で、ロープレなどを通して学ぶ形式で研修をしている企業が多いかと思いますが、座学も必須なので基礎としてこの研修で学ぶことは効率がいいように感じます。研修内で出てきたクイズや問題は紙にも起こして、しっかり頭に叩き込めるように活用すると尚良いです。企業の研修担当もここまで細かく研修できる人も少ないので外注のスタッフを雇うよりはオンラインで完結させる方が効率がいいと思います。

    • 年齢 :28歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:金融
    • 従業員規模:50名

    4.6

    【総合評価】

    よく他社で開催されているウェビナーなどでは、講師が一通り説明した後に質問の時間を設けるようなことが多いが、話の途中途中で視聴者からの質問を受けたりコメントに反応してもらえる構成に非常に良い印象を受けました。また、進行役のアシスタント女性も、講師の発言を要点を抑えて要約していたり、講師からさらに参考になるような言葉を引き出すような質問をしながら進行しており、理解が深まる要因となりました。一点気になった点としては資料の作りが簡素だなという印象を受けました。後々アーカイブ放送を見返した時にパッと話の内容が思い出せるような図や色を工夫した見やすい資料であればよいなと感じました。

    • [内容の理解度]

      視聴者のコメントをリアルタイムで拾って反応してもらえることが、講義の理解を深めました。視聴者は皆、話を聞いたり資料を見た時に同じようなところで同じような疑問を抱えると思うのですが、リアルタイムで質問を拾ってもらえるため、パッと浮かんだ疑問もその場で聞くことができることで、「今の話はこういうことだったのか。」と疑問が即座にクリアになっていくことに講義のわかりやすさが高まりました。特にわかりやすかった講義としては「聞き手を魅了しよう」講座です。講師の方がたとえ話を交えて説明されており、話し方も抑揚があって非常に内容が入って来やすい講座でした。

    • [満足度]

      カリキュラムにもよると思いますが、主に管理職にとっては非常に参考になる内容だったと思います。特に、雑談力や、部下指導の為の「指示待ち解消」「コーチング」というような内容は、弊社はスタートアップベンチャーで若い社員が多くマネジメント層社員もこれまでマネジメントを経験してきた者がほぼいないため、ぜひ参考にしてほしいと感じました。ただ、部下指導の為の「ほめ育コミニュケーション」の講座については、講師の方がひたすら視聴者に対して肯定的なリアクションをしてくださるのは気持ちが良いものでしたが、いざ自分が「褒める」側になった時にどうしたら良いのかのコツがあまり聞けなかったように思います。

    • [内容の充実度]

      弊社はスタートアップベンチャーということもあり、教育に時間を割くことが中々できず、また、従業員は皆忙しなく仕事をしているため、コミュニケーション不足に悩んでおります。また、若手社員が多く、論理的な議論が出来ない為、経営層の意向が議論されることなくそのまま運用されているようなことも多々あります。この研修では「雑談」から始まり、「聞き手を魅了する話」をし、「ディベート力を高める」というような、様々な話のテクニックを学べたため、よりよい組織作りをしていくためには非常に為になる研修でした。

    • [業務に役立つか]

      「雑談力」や「部下の指示待ち解消」の講義は、具体的な事例や取り組み方までをディレクションしてくださるような講義でしたので、すぐに意識を変えて取り入れられそうだと感じました。気になった点としてはディべート力の講義で、一つの議題に対して肯定派・否定派に分かれて様々な視点から議論を深めていくような講義でしたが、コメントで一つ一つ肯定的意見、否定的意見を拾いながら議論をしていく講義のやり方だったため間延びしていた印象があります。パツパツと区切って、一つの議題だけでなく、様々な議題での議論の進め方を知りたかったと思いました。

    • [利用意向度]

      現状、弊社は設立1年のスタートアップベンチャーですが、人事自らが教育や研修をやる工数が取れません。また、そのようなバタバタの中にも関わらず創業まもなく従業員も増えてしまったため様々なコミュニケーション不足による問題が起きています。仕事をする上では会話・対話が一番大事だということを本研修から学びましたし、非常に内容もわかりやすかったため、本当に本サービスを弊社でも取り入れようかと検討し始めたほどです。

    • 年齢 :31歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:500名

    4.0

    【総合評価】

    若手からキャリアがある社員までを網羅することが出来ている内容になっているので、実用性があるコンテンツになっています。若手に対してはメールや会話、プレゼンといった必要不可欠な要素を学ぶことが出来、キャリアがついてきた社員に対しても部下をマネジメントするスキルを身に着けられます。また、内定者に対しても社会人になって必要なスキルを学ぶことが出来るので事前に見させれば入社後の研修時間を軽減させることが出来ると思います。

    • [内容の理解度]

      見させてもらって一番感じたのは手取り足取り丁寧に作られて動画であるということです。ただ単に書いてある内容を説明するのではなく、しっかりと補足説明がされているので疑問点なく学ぶことが出来ます。また、問題が出題されることがあるので、ずっと受け身ではなく、自分でもしっかりと考えながら学べるので知識が定着すると感じました。あとは、スライドが見やすくまとまっているので、資料を見ていて嫌な感じにならない点も良いです。

    • [満足度]

      意識が高い社員にとっては満足度は高いと感じます。内定者や若手、中間層、キャリア層と幅広く網羅されているので学ぶ意欲がある社員にとっても勉強にもなりますし、自分が上の年次になった時に何が求められるのかを事前に知ることが出来るツールなので、向上心がある社員にとっては魅力的なツールになるはずです。しかし、現状維持や学ぶことに負担を感じてしまう人にとってはプレッシャーをかけてしまうツールにもなるのでその辺りの使い分けが必要になってくると感じました。

    • [内容の充実度]

      それぞれのキャリアにあった内容を提供することが出来ています。内定者には基礎の基礎、新人には社会人にとって必要な要素、中堅やキャリアのある社員にはそれぞれに必要な内容を勉強することが出来るので大概のことは学ぶことが出来るコンテンツです。しかし、情報量が多いので、全てを身に着けて実践するのは少し時間がかかるのではないかと思います。そのため、優先順位のようにマストで身に着けること、余裕があれば覚えて欲しいことなどがあれば学ぶ方は取り組みやすいかもしれないです。

    • [業務に役立つか]

      メールの使い方やコミュニケーションの取り方、プレゼン方法といったような仕事をする上での土台になる部分については実践でも役立てることが出来ます。そもそもそれが出来ない社員がいると会社の質を落としてしまうので、その点においては賄うことが出来る。そのほかの部下とのコミュニケーションなどといった点に関しては企業によって人材が違ってくるので100%ではないと思いますが、70%くらいの企業では役立てることが出来ると感じました。

    • [利用意向度]

      内定者と若手の研修部分については利用したいと思いました。現時点で内定者に入社前研修など行っておらず、入社してからビジネスマナーなどについて簡易なものを行っています。そのため、入社前から動画で研修出来るのは内定者の勉強に繋がりますし、会社としても入社後の研修時間をその他に充てるが出来るので双方にとって良いと感じました。また、若手の研修があまりないので動画で空いている時間にやってもらうことが出来るので、利用したいです。

Schooのコミュニケーション研修
テーマ別カリキュラム一覧

  • 効果的なコミュニケーション研修を行うためのポイント

    • 01

      研修を通して解決すべき課題を明確にしておく

      コミュニケーション研修では、コミュニケーションを必要とする様々なビジネスシーンに対応した研修を行います。しかし、あらかじめ研修の目的をしっかり決めておくことで、より効果的な研修にすることができます。営業力の向上を目的とするのか、社内での意思疎通の促進を行うのか、接客スキルを向上させるのかなど、具体的な目標設定を必ず行いましょう。管理職の社員等からニーズを聞き、それを反映するのも効果的です。

    • 02

      対象者を分け、各々に合った研修を行う

      一口にコミュニケーション研修といっても、社内での役職や職種によって必要とされるスキルは大きく異なります。また、新入社員に必要とされるコミュニケーションスキルと、中堅社員や管理職の社員に必要とされるスキルではレベル感も異なります。そのため、どういった立場の社員を対象として研修を行うのかを明確にした上で、対象者に合った研修内容を組むことが大切です。

  • コミュニケーション研修の目的

    • 01

      社会人らしいコミュニケーションの取り方を身に付ける

      コミュニケーション研修の目的として、社会人として適切なコミュニケーションの取り方を学ぶことが挙げられます。特に新入社員などは、働く上でのコミュニケーション方法を基礎から学ぶ必要があります。相手に伝わりやすい話し方や物事の尋ね方、話を聴く時の姿勢など、円滑なコミュニケーションの為に欠かせない基本的なスキルを身に付けましょう。また、コミュニケーション研修では具体的なシチュエーションを想定した研修を行います。上司やクライアント、営業先など相手によって適切な対応の仕方を身に付け、実際の業務にも活かすことができます。

    • 02

      社内コミュニケーションを活性化させる

      社員のコミュニケーションスキルを向上させるのも、コミュニケーション研修の目的の一つです。特に報報連相やアサーティブコミュニケーション、ヒアリングなどのスキルは、スムーズで生産性の高い業務の為にとても大切です。報連相を徹底することで業務上のミスやトラブルを最小限に抑え、業務効率を上げることができます。アサーティブコミュニケーションは社内のコミュニケーションを活発化し、職場の風通しを良くするのに欠かせないコミュニケーションスキルです。更に、しっかりとヒアリングを行うことで顧客のニーズを上手く汲み取り、成果につなげることができます。研修を通してこのようなコミュニケーションスキルを磨き、組織全体の生産性を向上させましょう。

    • 03

      部下への適切な指導方法や褒め方を学ぶ

      組織のモチベーションを高く保つためには、上司と部下の間の縦のコミュニケーションが大切です。その為コミュニケーション研修では、上司が部下に対して指示を出す際の適切な方法や、人間関係を良好に保つ叱り方や褒め方について学ぶ必要があります。的確な指示だしやアドバイスを行うことで、社員のモチベーションの維持や成長につながります。

    • 04

      離職を防止する

      schooの「60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術」という授業の講師である「国際キャリア・コンサルティング協会代表理事」の長井亮先生の調査によると、社会人の離職理由の8割近くが人間関係だったといいます。上司と部下や同僚同士でのコミュニケーション不足、コミュニケーションのズレなどによってだんだんと関係が悪くなり、結局は離職してしまうのです。このような人間関係を原因とする離職を防ぐ方法として、コミュニケーション研修が有効なのです。

FAQ
FAQ よくある質問

  • 入門・基礎〜リーダー・マネージャー向けまで、様々な授業をご用意しています。 一例をご紹介すると論理的に話す力を身につけられる「「真・コミュニケーション能力」の教科書 -論理的に話す力編-」、端的に説得力ある話し方を学べる「1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術- 」や交渉術を学ぶ「交渉術の基礎と実践 」、チーム内のコミュニケーション改善の方法がわかる「優秀なマネージャーが実践する、メンバーとのより良い関係の築き方」などの授業があります。

  • 内定者・新入社員〜リーダー・マネージャーまで全てのビジネスパーソンが受講対象者となり得ます。 ほとんどの仕事でコミュニケーションを取ることが必要とされるので、コミュニケーション力はビジネスパーソンに必須のスキルであると言えます。 また関わるビジネスシーンによって求められるコミュニケーション力は異なってくるので、社員の階層や職種などによって必要なコミュニケーション研修の種類も異なってきます。 内定者や新入社員は報連相のポイントなど基礎的なコミュニケーションスキルを身につけておく必要があります。 また部下を持つリーダーはチーム内の良い関係の築き方やコーチング力を身に付ける必要があります。各人のレベルや階層、職種にあったコミュニケーション研修を選択することが大切です。

  • スクーでは、社会人として知っておくべきコミュニケーションの基礎を学べる研修から、顧客との交渉時やプレゼンテーション時に活かせるコミュニケーションスキルを学べる研修まで、幅広い研修動画を提供しています。 オンライン研修だからこそ、いつでもどこでも各人のレベルや階層、職種にあったコミュニケーション研修を行うことが可能です。 また、スクーでは研修担当者が受けてほしいコンテンツだけではなく、社員一人ひとりが「学びたい」と感じた分野での自主的な学習を促す研修も多数ご用意しています。 研修動画の講師には、大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃるため、社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • スクーでは社会人としての基礎コミュニケーションについての授業から部下を持つリーダーに向けたコーチング力の授業まで、幅広く授業をご用意しています。 管理者が社員一人ひとりに合わせて受講する研修動画を設定することができるので、個々人のスキルレベルや職種など関わるビジネスシーンに合わせてピンポイントで社員の能力を育成するための研修を組むことが可能です。 また授業ではその他の受講者が学んだ内容や疑問をタイムライン形式で見ることができるので、コミュニケーションスキルについての理解をより深めることができます。

  • スクーでは職種別・階層別に研修パッケージをご用意しています。 例えば内定者向けの「ビジネスマナー研修パッケージ」、マネージャー向けの「部下とのコミュニケーション向上研修パッケージ」などがあります。 目的や対象に合わせてテンプレートを選択し、簡単に研修を開始することができます。

  • 貴社の状況にあった研修パッケージを設定することが可能です。 スクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しています。 例えば内定者向けの「ビジネスマナー研修パッケージ」、マネージャー向けの「部下とのコミュニケーション向上研修パッケージ」などがあります。社内の状況に合った研修パッケージを選択することで簡単に研修を開始できます。 またより貴社の状況に合った研修を行いたいという場合には、授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することも可能です。

  • 内定者や新入社員など基礎的なコミュニケーションスキルを身につけることが目的なら「デキる若手の報連相」や「「真・コミュニケーション能力」の教科書 -論理的に話す力編-」などの授業がオススメです。 営業職の方がコミュニケーション力をさらに磨くことが目的なら「今さら聞けないコミュニケーションの基本」や「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-」の授業がおすすめです。 リーダーやマネージャーなど部下とのコミュニケーション向上が目的なら「 優秀なマネージャーが実践する、メンバーとのより良い関係の築き方」や「チームで成果を出すためのコーチング」などの授業がおすすめです。 スクーでは職種別・階層別におすすめ授業の研修パッケージを作成しているので、効果的にコミュニケーション力を高めてもらうことが可能です。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

  • 例えばお客様との交渉において課題があるなら「交渉術の基礎と実践」の授業、お客様との信頼関係の築き方に課題があるなら「「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-」の授業、お客様からニーズを聞き出すヒアリング力に課題があるなら「話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」」の授業などがおすすめです。 まずはどこに課題があるのかを明確にすることが大切です。 この他にも目的に応じたおすすめ授業の研修パッケージを数多くご用意しています。

  • 内定者、新入社員向けには基礎的な社内コミュニケーションスキルを身につけるための「デキる若手の報連相」や「書く・聴く・話すに徹底コミット:社会人基礎力ゼミ」などの授業があります。 またリーダーやマネージャーなど中堅以上の社員向けには「チームで成果を出すためのコーチング」や「アドラー心理学によるメンバーマネジメント」などチームとしてメンバーのコミュニケーションを活性化することができるコーチング力やマネジメント力が身につく授業をご用意しています。

  • 部下のキャリア形成を学ぶための「若手メンバーのキャリアマネジメント」や人材育成を学ぶ「新人の力を引き出すOJTとメンタリングの方法」、事例から組織管理について学ぶ「【ケーススタディで学ぶ組織マネジメント】優秀なマネージャーが実践する、メンバーとのより良い関係の築き方」などの授業をセットで見るのがおすすめです。

  • リーダーのファシリテーションスキルを上げるための「実演で学ぶリーダーのためのファシリテーションスキル」やチームに対するアプローチ方法を学ぶ「チームビルディング」、良いチーム作りの方法を学ぶ「組織に変革をもたらすマネジメント入門」などの授業を研修に取り入れることをおすすめします。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ