8/10(Mon)

今日の生放送

フォローアップ研修の3つの内容と研修を効果的にするポイントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローアップ研修の3つの内容と研修を効果的にするポイントを紹介 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

フォローアップ研修は、新入社員研修とセットで考えられることが多いですが、その重要性や具体的な内容はあまり知られていません。そのため、このコラムではフォローアップ研修で行うべき3つの内容と、研修を効果的なものにするためのポイントを紹介します。

<目次>
フォローアップ研修とは
フォローアップ研修の重要性
フォローアップ研修の対象者
フォローアップ研修の目的
フォローアップ研修を実施する時期
研修後の3カ月で研修内容を実践できているか確認
研修後1年後はこれまでの総復習
フォローアップ研修の3つの内容
研修後の自分の仕事を振り返る
プレゼンテーションで報告
自分のキャリアプランの作成
フォローアップ研修のカリキュラム例を紹介
1:フォローアップ研修の目的や目標を確認
2:個人で研修内容の振り返り
3:数人で振り返りした内容を共有
4:プレゼンテーションで成功体験を発表
5:ネクストアクションの考察
フォローアップ研修を効果的にするポイント
PDCAサイクルを回せるようにしておく
他の参加者からフィードバックをもらう
フォローアップ研修にオススメのschooの授業
デキる若手のPDCA
頭をシンプルにする振り返りの習慣
まとめ
 

フォローアップ研修とは

フォローアップ研修とは、研修後に一定の期間が経過したタイミングで、研修の振り返りをし、問題点や改善点を確認した上で必要なスキルや知識を身につけたり、目標設定をするための研修のことです。多くの企業では新入社員研修に始まり、様々な研修を行っています。しかし、それらの研修がどのように業務に活かされているのか、どれくらいの効果があったかを振り返れていない企業も珍しくありません。そのため、フォローアップ研修を行い、効果測定をする必要性があるのです。

 

フォローアップ研修の重要性

フォローアップ研修は、振り返りを行うことで得られる高い教育効果から、様々な研修の中でも特に重要視されています。PDCAを回す重要性は、多くの社会人が認識していると思いますが、研修となると受けたら受けっぱなしになっていることも珍しくありません。しかし、研修こそ振り返りを行い、学んだことが活かせているかを確認するべきなのです。各研修にはそれぞれ目的と理想的なゴールがあり、それがスキルの取得であっても、意識の改革であっても、その研修の目的が果たされているかは確認すべきでしょう。例えば、新入社員研修であれば、新入社員が実際の業務内容や自分たちが果たすべき役割について、入社間もない頃にはっきりと理解することは難しいかもしれません。しかし、実際に業務を行ない、経験を積んだ後に同じ研修を受けてみると、実際の業務と研修を照らし合わせながら学習することができるため、研修の目的や問題点、疑問点、解決すべき課題などが明確になります。そのため、フォローアップ研修は各研修とセットで考えるべき研修であり、全ての研修に必要という意味でも重要なのです。

 

フォローアップ研修の対象者

フォローアップ研修は、各研修に対してセットで考えるべきなので、対象者は研修を実施した全社員ということになります。しかし、一般的にフォローアップ研修は新入社員を対象者として実施することがほとんどです。新入社員は振り返りをするという習慣がまだ身についておらず、その効果もまだ実感できていない人がほとんどでしょう。そのため、PDCAを回す意味を知るという目的でも、新入社員研修とセットにフォローアップ研修は考えられることが多いのです。しかし、フォローアップ研修は新入社員にのみ効果があるわけではありません。長く働いている中堅社員や管理職も、フォローアップ研修を行うことで自分のビジネスマナーや仕事に対する姿勢などを改めて見直すことができます。そのため、フォローアップ研修は全社員を対象にして実施すべきなのです。

 

フォローアップ研修の目的

フォローアップ研修の目的は、振り返りの機会を作ることで、研修で学んだ内容をその後の業務でどう活かせたか?を考えてもらうことにあります。業務に活かせていないのであれば、何が原因かを突き止めなければなりません。そもそも研修の内容が悪かったのか。それとも活用の機会がなかったのか。どうすれば研修内容を活かすことができるのか。まずは原因を突き止め、どうすれば改善できるのか行動に移しましょう。そのため、フォローアップ研修は、研修を担う人事担当者にとっても非常に重要な意味を持ちます。研修の内容をブラッシュアップし、もっと実践的にすべきや、実際の業務と関連づける施策を打つなど、フォローアップ研修を行うことで見えてくる改善点もあるためです。

 

フォローアップ研修を実施する時期

フォローアップ研修を実施する時期は明確には決まっていません。振り返りのタイミングをいつにすべきかは、どのような研修を行うことかによっても変わってくるためです。 一般的には、3ヶ月・1年という時間軸でフォローアップ研修を行います。実際の業務に活かされているかというPDCAを回す意味でも、3ヶ月や1年という期間が適切と言えるでしょう。

研修後の3カ月で研修内容を実践できているか確認

主にフォローアップ研修が行われているのが、研修の3カ月後です。 内容としては、研修で学んだ内容を実践できているかを振り返ることが主な目的です。 実践した内容をプレゼンテーションなどで発表させるプログラムを組んでも良いでしょう。自分の言葉でアウトプットすることで、どれだけ定着しているかを測ることができるためです。また、早ければ3ヶ月後には研修で学んだ内容を実践に活かし、結果を出している人もいるかもしれません。結果を出した人の意識したことや、どのように実践に落とし込んだかを周りに共有してもらうことで、他の受講者にも良い影響を与えるはずです。

研修後1年後はこれまでの総復習

1年も経過すると、各受講者に部下ができていたり、部署の異動など業務内容にも変化が起きている可能性があります。 次のステップへ進んでいるため、ここで学んだ内容を総復習し、自分の今の業務に活かせるかどうか、部下に研修で学んだことを教えられるかなどを確認する機会にすると良いでしょう。こちらもプレゼンテーションで発表する機会を設けても良いかもしれません。例えば、新入社員研修を受けてから1年後に自分がどれだけ成長したのかを振り返り、次の新入社員に伝えることで、モチベーションの向上や意識すべきことの理解に繋がるためです。

 

フォローアップ研修の3つの内容

研修後の自分の仕事を振り返る

振り返りはフォローアップ研修で、最も実施されている内容でしょう。研修を受けた時に自分が設定した目標に対してどれだけ乖離があったのか、課題はどこにあるのかを見つけ、新たに行動目標を立てることが大切です。 また、振り返った内容を他の受講生とディスカッションする場を設けても良いかもしれません。他の受講者が同じ課題や悩みを抱えていたかどうかもわかり、一緒に改善策を考えることもできるので、情報共有の場としても有効だからです。そのディスカッションには研修を担う人事担当者も同席し、研修自体に課題がなかったのか、研修内容を変更すれば改善すべきことかを考えましょう。そうすることで、研修自体も改善を続けることができ、社内の人材育成も効率化されていくはずです。

プレゼンテーションで報告

研修で学んだことを実践した事例をまとめてもらい、プレゼンテーションで発表してもらう方法も有効です。 資料を作成する過程で、自分が実践してきたことを振り返ることができます。 また、発表するということは相手に伝わる内容にしなければならないため、わかりやすい資料を作る訓練にもなるでしょう。また、成功体験を周りに伝えることで、発表者ではない人にも学びになります。研修で学んだ内容をどのように実務に活かしたのかを知ることで、すぐに使えるノウハウを得れるかもしれません。さらに、研修内容を実務で活かし、結果を出した人がプレゼンテーションを行い、会社から評価をされていることを認知させることで、研修への取り組み方も変わるはずです。

自分のキャリアプランの作成

新入社員研修に対するフォローアップ研修であれば、自分のキャリアプランの作成を取り入れいている企業も存在します。 入社間もない時は右も左もわからず、自分の将来像を考える余裕もない新入社員も少なくありません。 フォローアップ研修を機会に、自分が今後どのように成長したいか、どんなことで活躍したいのかなど、将来像をまとめてもらうことは、目標に向かって行動する指針にもなります。

 

フォローアップ研修のカリキュラム例を紹介

1:フォローアップ研修の目的や目標を確認

まずは、フォローアップ研修を行う目的や目標を確認しましょう。どのような効果があるか、どのような目的でこの研修のゴールはどこにあるかを明確にしておくことで、研修の効果は大きく変わります。事前にパワーポイントなどで資料を共有しておけば、この目的や目標の確認に使う時間を削減できるため、簡単に資料をまとめておくことをおすすめします。

2:個人で研修内容の振り返り

目的や目標を確認したら、研修内容の振り返りを個人で行いましょう。研修で学んだことを覚えているか、実際の業務に活かせているかなどを項目別で振り返り、5段階やA~Eといったランク付けで数値化します。数値化することで、集計した際にどの項目が不十分だったかが見える化され、次回の研修を改善する際に非常に役立つはずです。振り返りを自分の言葉だけで行ってしまうと、人によって書き方などが異なるため精緻なデータとなりにくく、集計者の意図が介在してしまう恐れもあります。

3:数人で振り返りした内容を共有

個人で振り返りを行ったあとは、その振り返りの内容を数人で共有する場を設けるといいでしょう。研修に参加した他の人がどのように実際の業務に研修内容を活かしているのかを聞くことは、自分だけで振り返ることよりも学習効果が高く、意識の改善にも繋がります。しかし、見栄を張って、すごく役立っているといった振り返りだけをしても意味がなく、あまり業務に役立てていない人の話も参考にし、なにが原因だったのか、どうすれば業務に活かせるようになるのかをディスカッションすることが非常に重要なのです。

4:プレゼンテーションで成功体験を発表

研修を実際の業務に活かすことができ、成果も大きくあげれた人にプレゼンテーションしてもらう機会も設けるべきです。その人がどのようなポイントを意識したことによって成功したのかは、ノウハウとして他の研修参加者にも非常に有益な情報となります。また、研修を実際の業務に活かし、成果をあげることによって会社から評価されるという認知を与えることもできます。形骸化しがちな社員研修を有益な場として意欲的に参加し続けてもらうために、研修そのものを会社として重要視していて、成果を出した人は評価するという仕組みこそが効果的な研修にするために最も重要なことと言えるでしょう。

5:ネクストアクションの考察

成功体験を聞くことによって、どうすれば業務に活かせるのかイメージが湧いた人も少なくないはずです。そのイメージを実際の行動に落とし込み、ネクストアクションを決めましょう。研修で学んだことがしっかりと身につくまで、何度も振り返りを行いPDCAを回すことが重要です。特に新入社員においては、このPDCAを回す習慣を身につけることこそが、いかなる研修よりも大事なことかもしれません。

 

フォローアップ研修を効果的にするポイント

PDCAサイクルを回せるようにしておく

PDCAサイクルとは、 Plan(計画)・ Do(実行)・ Check(評価)・ Action(改善) の4つの単語の頭文字のとった用語で、継続的な業務の改善方法として多くの企業で取り入れられています。 効果的な振り返りを行うためには、研修を受けた時に今後行動目標を立て(Plan)、業務で実践し(Do)、振り返りを行い(Check)、改善策を検討(Action)してもらうことが望ましいです。 これらのうち、フォローアップ研修ではC(heck)とA(ction)を行うので、P(lan)とD(o)がしっかりできていないと効果は期待できません。 そのため、フォローアップの対象となる研修のときに、半年後の行動目標をシートに記載してもらうなど、適切な振り返りができるように準備を整えておく必要があるのです。

他の参加者からフィードバックをもらう

フォローアップ研修は、同じ研修に参加していた社員と振り返り内容を共有することで、さらに効果的なものになります。 自分が抱えていた課題に対する解決策を、他の参加者がすでに知っているかもしれませんし、その逆もあり得ます。 何より、今後の行動目標に対して、フィードバックをもらって修正することができれば、間違った方向に力を注いでしまうことも避けられるでしょう。 そのため、フィードバックをもらえる機会を作ることで、より生産的な振り返りが期待できます。

 

フォローアップ研修にオススメのschooの授業

schooビジネスプランでは、フォローアップ研修に重要な「振り返り」に関する授業をご用意しておりますので、是非一度ご覧ください!

デキる若手のPDCA

デキる若手のPDCA
 

研修を受けて何かを学んでも、時間が経つと忘れてしまっていることも多いでしょう。なんのために研修を受けたのか、研修の結果どのように業務が改善したのかということを振り返ることは非常に重要です。この授業は、若手のビジネスパーソンに向けて、成果を出して行く上で重要なビジネスフレームワーク「PDCA」について学ぶ授業です。全5回の各授業では「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」の基礎について学びます。 業務改善サイクルの「型」を知り、実践し、身につけ、より安定して継続的に成果を出せるようになりましょう。

 
担当講師:松本 真也先生
松本真也中小企業診断士事務所

ICU 国際基督教大学 卒業。中小企業診断士。 芸能プロダクションの株式会社アミューズに新卒入社。アイドルやダンスグループのマネジメントに携わる。 その後、Webインテグレーション国内最大規模のIMJ Groupに転じ、Web広告プランナー、人事、経営企画、新規事業開発など、Webの最前線で幅広く経験を積む。 現在は、テクノロジーの分かる中小企業診断士として、エンタメ業界やクリエイティブ業界での起業や事業成長をサポートしている。

デキる若手のPDCAを無料視聴する

頭をシンプルにする振り返りの習慣

頭をシンプルにする振り返りの習慣
 

研修などを受けた後だけでなく、どんな仕事の後に振り返りを行うことは、ビジネスパーソンとして当たり前のことだと思います。しかし、振り返りが不十分だと、なぜ自分が成功したのか、失敗したのかを詳しく分析できないため、振り返りの効果はなくなってしまいます。この授業では、思考の整理家”鈴木進介先生に「頭をシンプルにする習慣」を教わります。頭の中のゴチャゴチャを予防する習慣を身につけ、効果的に振り返りをできるビジネスパーソンになりましょう。

 
担当講師:鈴木 進介先生
思考の整理家/株式会社コンパス 代表取締役

25歳で起業後、「経歴なし・金なし・人脈なし・ノウハウなし」の4重苦からスタートしたため、3年以上まともに給与が取れずに挫折続きの生活を送る。その後、思考を整理すれば問題の9割が解決していることに気づき、思考の整理術に開眼。以来、10年以上にわたり研究を独自に重ねて体系化。難しい問題を優しく解きほぐす「思考の整理術」は、フリーランスやベンチャー企業、東証一部上場企業まで幅広く支持され、コンサルティング実績は100社以上、研修は年間100日以上登壇、の講演受講者数は1万人を超す。 いま、経営者の意思決定支援や次世代リーダーの育成で圧倒的な支持を得ている注目株。また、ラジオ、テレビ出演を果たした他、現在は作家としての活動にも力を入れ、著書に4万部のロングセラーとなった『1分で仕事を片づける技術』(あさ出版)などこれまでに11冊を発表している。

仕事が速い人は「これ」しかやらないを無料視聴する

 

まとめ

フォローアップ研修は、研修の振り返りをする研修のことを言います。振り返りを行うことで得られる高い教育効果から、様々な研修の中でも特に重要とされています。対象者は主に新入社員となることが一般的ですが、本来であれば研修を受けた全社員を対象にすべきでしょう。フォローアップ研修を行う時期としては、3ヶ月後・1年後が一般的と言われています。実際の業務で活かされているかを振り返るため、ある程度の期間は開けて実施すべきです。振り返りを行うだけではなく、プレゼンテーションを行なったり、キャリアプランを作成したりすることで、さらに効果的な研修になるでしょう。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 組織に変革をもたらすマネジメント入門
    組織に変革をもたらすマネジメント入門
  • 大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
    大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 鋼の意思 作成ガイド -「やろう!」がなかなか行動に移せないあなたへ-
    鋼の意思 作成ガイド -「やろう!」がなかなか行動に移せないあなたへ-
  • 仕事が速い人は「これ」しかやらない
    仕事が速い人は「これ」しかやらない
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • これから求められるデジタルコミュニケーション力
    これから求められるデジタルコミュニケーション力
  • ビジネスパーソンのための情報セキュリティ【2020年版】
    ビジネスパーソンのための情報セキュリティ【2020年版】
  • 地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
    地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
  • ビジネスチャンスを生む「聞く技術」
    ビジネスチャンスを生む「聞く技術」
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 要点がつかめる人の「脳内整理」
    要点がつかめる人の「脳内整理」
  • 管理職のための組織運営力
    管理職のための組織運営力
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -初対面で好かれる・信頼されるコミュ力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -初対面で好かれる・信頼されるコミュ力編-
  • 社員を守る、職場におけるセクハラ・パワハラ防止のポイント
    社員を守る、職場におけるセクハラ・パワハラ防止のポイント
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ