9/27(Mon)

今日の生放送

DXを推進する目的とは?DXにおける課題と目的達成のための方法を解説する

公開日:2021/06/30
更新日:2021/08/21
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
DXを推進する目的とは?DXにおける課題と目的達成のための方法を解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

この記事では、DXの定義や類似用語との違い、DXにおける課題やメリットについて解説しています。今後、自社内でDX化を推進する際の参考にして頂きDX化の成功と業務の効率化を実施していきましょう。

<目次>
DXとは
DXの定義
IT化との違い
DXの目的とは
企業の競争力強化
既存システムの老朽化対策
デジタル化による業務効率化
DXのメリットとは
生産性の向上
BCPの充実
IT化の促進
リモートワークの推進
職種別のDXの目的とは
バックオフィスでのDX化
営業部門・マーケティングのDX化
開発部門のDX化
まとめ
 

DXとは

DX化とは何を意味しているのでしょうか。ここでは、DXの定義と類似用語として混同されるIT化との違いについて解説していきます。DXとIT化は混同されてしまいがちな用語であるため、その違いを理解しておくことは大切です。

DXの定義

「DX」は「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略語です。スウェーデンのウメオ大学教授 Erik Stolterman氏が2004年に発表した著書内で触れた「デジタル技術の変化によってすべての人々の生活に影響を与えること」発端しています。現在では、DXは「IT技術を有効活用して既存の仕組みから脱却し、新たなサービスやビジネスモデルを生み出したりライフスタイルを変容させたりすることで人々の生活を豊かにすること」と定義付けられていることをおさえておきましょう。

参考:Erik Stolterman「Information Technology and the Good Life」

IT化との違い

DXとITは、どちらもデジタル技術を活用していくことを意味しています。IT化は業務の効率化や生産性の向上、コスト削減などを目的としてデジタル技術を導入することに対して、DXは、デジタル技術を手段と用います。ビジネスモデル、組織、さらには新しい事業へと広い範囲での変革を促し、新たな企業の確立を目指すことを目的としている点に違いがあります。デジタル技術を用いる点は同じですが、DX化の方が広義となり、示す内容も企業運営全体を変革する側面をもつため影響力も大きいものとなります。

 

DXの目的とは

DX化を行う目的とはなんでしょうか。次にDX化を行う目的について整理していきましょう。DX化を行うことで企業においては何が起きるかという視点で内容を確認して頂き自社に置換てその有効性を検討していく必要があります。

企業の競争力強化

企業においては、常に競合他社との比較を行い自社のサービスを展開しています。DX化が行われることで、既存業務や既存システムの見直しや改訂を行うことで新たな顧客開拓や新サービスを展開することが可能となるため、企業の競争力強化を期待できます。競争力の強化により企業の売上拡大などが期待でき企業の成長力も格段に向上することに期待が持てます。企業は常に自社の売上拡大を目指しているため、競争力の向上は自社の売上拡大に繋がる大きな目的となります。

既存システムの老朽化対策

基盤システムを始め業務システムの老朽化の対応についてもDX化の目的になります。システム導入から年数を経過している場合には、システム自体のサポート期間の終了、機能追加などによる複雑化が想定されます。こうしたシステムの老朽化に対応するのもDX化の目的であり得意とする側面です。DX化を行うタイミングで既存システムを始め業務システムの見直しや改修、入替を検討し実施することは業務効率や業務そのものの見直しを行うことになり業務の効率化や簡素化に貢献できる可能性があります。それ以外にも、現在のシステムを構築した際の担当者が既に退職しているなどシステム自体がブラックボックス化している可能性もあり、DX化を行うタイミングで可視化や整理を行うことが可能です。

デジタル化による業務効率化

デジタル化が進むと処理時間の短縮や作業工程の見直しによる業務効率化をはかることが可能です。DX化は基盤システムからの見直しや改訂が行われるため、業務のあり方やプロセスの見直しが促進されます。今までに行っていた業務プロセスを見直し無駄の排除などが進むことで業務効率は格段にあがる期待を持つことが可能です。注意しておきたいのは、IT化とは異なり単純にデジタル化を進めるということではなく、DX化はデジタル化という手段を用いて企業成長をはかること、企業内の改革をはかることを意味している点を忘れないでおきましょう。

 

DXのメリットとは

DX化を行う目的をもとにDX化を実施するメリットについて解説していきます。DX化を行うことで企業には、どのようなメリットが生まれてくるのでしょうか。DX化において生まれるメリットについて確認し自社におけるメリットとはどこに当たるかを検証してください。

生産性の向上

DX化推進の最大のメリットは、デジタル化による生産性向上や正確性の向上です。デジタル化を行ない業務の最適化を促進できれば作業時間の短縮、人件費削減、ヒューマンエラー率の低下に期待ができます。これらが実現することで、従業員はより重要度の高い業務へ集中することも可能になります。日常の業務に追われ着手できなかった業務にシフトすることは、企業にとっても大きな意味を持ち企業成長には欠かせないものです。

BCPの充実

BCP(事業継続計画)とは、災害やシステム障害などの危機的状況に陥った際に被害を最小限に抑えることやスムーズに業務を継続するための対策などをあらかじめ決めておく計画を指します。DX化が推進され業務効率化が行われていれば、こうした不測の自体への対応も柔軟にできます。また、システムや業務プロセスが簡素化されていることで早期回復にも期待できるため、BCPの充実は企業のリスクヘッジの観点かも重要なメリットといえます。企業は、危機的状況に陥った後にどれだけの短期間で復旧できるかに大きな意味を持つと考えており、復旧までに長時間を要した場合には、時には企業運営ができない結果となる場合もあるため、DX化を推進する際には作成済みのBCPの見直しや改訂についても行うことを心がけておきましょう。

IT化の促進

DX化推進はIT化を手段として実施していきます。従来であれば基盤システムの制限や他システムの関係でIT化できなかった業務工程や仕組みをシステム化することも可能になります。これは、基盤システムを始め業務システムを再検討し再構築するために実現できるメリットです。また、業務プロセスを見直すことで従来の機能を整理し組み直すことにより処理の効率化にも期待できます。

リモートワークの推進

デジタル化の促進により、拠点を選ばずに業務ができる環境を構築することも可能です。自宅での処理も問題なく行えることにより、従業員はどこにいても業務を遂行できます。リモートワークを推進できる環境が構築できれば、どこに居ても業務ができるため従業員の勤務地は広く拡大され時には遠く離れた場所での業務遂行も可能となり、人材確保における有利性が増してくるメリットです。現在では、多様な働き方が存在しており企業においても従業員の働きやすさを追求しなければいけない時代となっています。こうした対応についてもDX化が進むことで実現することができると理解しておきましょう。

 

職種別のDXの目的とは

DX化の目的は、職種により多少の違いが起きてきます。この違いは日常で行っている業務目的の違いに起因しておりDX化が適用される業務の種類や内容にも関係しています。次に職種別のDX化の目的を整理していきましょう。

バックオフィスでのDX化

バックオフィスと呼ばれる人事や経理部門は、扱いを慎重にしなければいけないデータを扱う部隊です。しかし、その多くは紙媒体で処理をしている特徴があります。DX化が促進されるとテレワークの妨げとも言われる紙媒体への捺印処理などの問題を解決することが可能になります。また、データのコピーなどの処理を最小限にしミスの発生率を抑制するなども実現可能となります。このように従来より紙処理が多く残るバックオフィス業務においてもDX化の推進は有効であり処理の効率化を期待することが可能です。

営業部門・マーケティングのDX化

営業部門やマーケティング部門においては、顧客とのコミュニケーションを向上させることが目的tおなります。Webサイト、SNSなどのプラットフォームにチャットボットを導入することができれば、従来の顧客対応の負担を軽減可能です。これが実現することは、自社内だけではなく顧客の利便性もあがり、顧客との接点の増加や拠点を選ばない顧客とのチャネルも増加する期待を持て将来的には新規顧客の獲得に至る可能性がおおいにあります。管理システムの導入では、顧客情報の容易な検索が可能となりアプローチ手法の見直しや改善に役立てることが可能です。その他にも、営業の活動履歴などを管理することも容易となり自社の営業戦略見直しに役立てることが可能になります。

開発部門のDX化

商品開発部門では、よりよいサービスや商品の提供がDXの目的になります。従来にはなかった顧客区分やセグメント条件での抽出が可能になれば、新商品やサービス提供時の新たな気付きが生まれる可能性が高くなります。特に顧客の購買動向などの分析が進むことで、商品やサービスの改善ポイントや売上拡大となる商品作りのヒントを得ることも可能となり企業成長に大いに役立つ結果を残すことができるでしょう。

 

まとめ

本記事では、DXの目的をテーマにDX化の定義や目的、企業でDX化を進めることでのメリットについて解説しています。DXと一言で表すことは簡単ですが、実際にDX化で期待できることを理解しておくことで、自社がDX化を促進すべきかの判断ができます。本記事の内容をもとに自社におけるDX化の目的を整理し企業成長に結び付けていきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ