DX に関するコラム記事

70
データサイエンティストに必要なスキルとは?取るべき資格までを解説する
企業の重要な役割を担うデータサイエンティストのスキルアップにはどのような資格を保有することが有効なのでしょうか。本記事では、データサイエンティストにとって必要なスキルや取るべき資格について解説していますので、今後のスキルアップの参考にしてください。
リテラシーとは?正しい意味や使われる場面について解説
昨今、ITリテラシーやマネーリテラシーなど、「リテラシー」という言葉がビジネスや日常の場面でも使われることが増えてきています。しかし、何となく聞いたことはあるものの、正しい意味や何のために必要であるのか、あいまいな方も多いでしょう。本記事では、リテラシーの意味や種類、ビジネスにおいてリテラシーが必要な理由、社員のリテラシーを上げる方法について紹介します。
革新力とは?人材に求められる理由や必要となるスキルについて解説
革新力はイノベーション創出にもつながることから、革新力を持った人材確保や社員への育成、浸透などに積極的に取り組む企業も少なくありません。しかしながら、社員の革新力を高めるにはどうすればよいか分からない人事部の方も多いのではないでしょうか。本記事では革新力とは何か、革新力を高めることが重要な理由、必要な能力などを解説していきます。
SXとは?DXとの違いや導入のためのポイントを解説
現在、新型コロナウイルスの感染拡大や急激な気候変動など、社会全体の不確実性が高くなっています。そのような状態だからこそ、企業はあらゆる脅威の中でも持続可能な経営を行うことが求められています。 そこで注目を集めているのがSXです。近年企業のデジタル改革として話題になったDX(デジタルトランスフォーメーション)と共に、広く社会で注目を集めるSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)についてご紹介します。
ITスキル標準(ITSS)とは? 実務に活かせるスキルについて解説する
ITエンジニアのスキルを表す基準にITスキル標準(以下、ITSS)があります。このITSSとは、どういった内容なのでしょうか。本記事では、ITSSについての解説と目指したい資格について解説しています。本記事を参考にITエンジニアのスキル基準を設けより具体的な評価基準を作成していきましょう。
データドリブンとは?成功させるポイントと導入手順を解説
データドリブンとは、売上データやWeb解析データ、マーケティングデータといったデータにもとづき、さまざまな判断を下したり、アクションを起こしたりする経営手法です。当記事では、データドリブンで企業経営を成功に導くポイントや導入手順について詳しく解説します。
データリテラシーとは?社会人として必要な新たな常識を解説
我々の日常にはデータがあふれかえっています。ビジネスにおいても日常生活においても情報が飛び交い、その情報の真偽は定かではありません。特にビジネスにおいてはデータ分析の繰り返しです。分析して改善して行動して再度分析してを繰り返し効率的に成長を続けていく必要があります。そんな、日常にあふれる「データ」を正しく理解する能力であるデータリテラシーについて解説します。
共通キャリアスキルフレームワークとは?その内容と高度IT人材を育成するためのポイントについて解説する
共通キャリアスキルフレームワークとは、高度IT人材を育成・評価するため、ITに関する各職種で共通の能力尺度として利用できるよう整理された枠組みのことです。ITを扱う人材のスキルについて定義しているものですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。本記事では、共通キャリアスキルフレームワークについての解説と、高度なIT人材を育てるポイントについて解説しています。
急速に拡大するDX市場の現状と今後の動向・対策を解説
DXは今やビジネスにおいて必須となっています。ビジネスに直結する業種や事業のデジタル化だけでなく、顧客との関係や組織運営や働き方、デジタルを活用したビジネスモデルの創出にまでDXの市場は拡大しています。そして、DX市場は今後も拡大していくと予測されています。現状の市場規模から将来の予測、将来に備えた対策まで解説します。
デジタル人材とは?求められるスキルと育成・定着のポイントを解説
競争力強化や事業成長に、DXへの取り組みは欠かせないものとなりました。 企業におけるDX推進の担い手となるのが「デジタル人材」です。 デジタル人材は労働市場において不足しており、多くの企業は獲得や育成に向け、さまざまな施策を講じているのではないでしょうか。 当記事ではデジタル人材に求められるスキルをはじめ、育成・定着のポイントを解説します。
バックオフィスDXとは?デジタル化のメリットとポイントを解説
バックオフィスは、会社機能を維持するうえで欠かせないセクションです。業務内容は多岐にわたり、なかには煩雑で手間のかかる作業も多く存在します。 しかし、バックオフィス業務は定型化できるものも多く、デジタル技術を導入することで大幅な効率化を図る余地があるようです。 本記事では、バックオフィス業務のDX化のメリットと、推進のポイントについて解説します。
第4次産業革命とは?必要なスキルと求められる人材育成について解説
18世紀後半にイギリスで起きた産業革命は、紡績機の発明と蒸気機関の改良により、それまでの産業構造に大きな変化をもたらしました。 時を経て21世紀の現代は第4次産業革命の真っ只中といわれ、デジタル技術を中心に大きな変革が起きています。 当記事では、第4次産業革命が社会にもたらす変化と、変化のなかで活躍する人材像について解説します。
デジタライゼーションとは?DX推進に不可欠な従業員教育を解説
身の回りのあらゆるものがデジタル化される昨今、「デジタライゼーション」という言葉を耳にすることも多くなりました。 日本語に直訳すると「デジタル化」という意味になりますが、この言葉はもう少し深い意味をもつようです。 当記事では、DXにおけるデジタライゼーションの位置づけと、DX推進に不可欠な要素について解説します。
2025年の崖とは?「経済産業省DXレポート」からわかりやすく解説
2018年に経済産業省は、日本におけるDX推進を目的とした文書、「DXレポート」を発表しました。レポートには「2025年の崖」という言葉が出てきます。 「2025年の崖」は、同レポートでは、国内のデジタル化の遅れに警鐘を鳴らす目的で用いられています。2025年に何が起きるのでしょうか。 本記事では、「2025年の崖」の概要を「DXレポート」をもとに解説します。
社内DXとは?取り組むべきアクションと推進のポイントを解説事例付き
近年、AIやIoTなどデジタル技術の急速な発展にともない、DX推進は企業戦略において欠かせない取り組みとなっています。 しかしながら、その取り組みが思うように進まない企業も、多いのではないでしょうか。 本記事では、日常業務の効率化を図る「社内DX」の概要と取り組むべきアクション、推進のポイントを事例を交え解説します。
建設DXとは?現場への導入方法と注意点を徹底解説
建設業界での競争力を高める上では、慢性的な人手不足や、危険作業のリスクが伴うなどの課題の解決が不可欠です。そこで検討されるのが建設DXです。本記事では建設DXの概要や現場への導入方法、注意点について解説します。これから自社のDXを推進したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
自治体DXとは?解決できる課題や推進におけるポイント、事例を紹介
DXというワードを耳にする機会が増えた昨今ですが、いざ説明しようとしても言葉が出てこない方も多いのではないでしょうか。さらに自治体の課題解決を目的とする「自治体DX」という言葉はあまり聞き馴染みがないと思います。本記事ではDXの概要に触れつつ、今後自治体での活用が見込まれる自治体DXの特徴や事例について紹介します。
デジタル化とは?社内導入のメリットからポイント、推進方法について解説
近年は情報社会と言われる程、自治体・民間企業で情報システムが使用され、業務の効率化や簡略化が進んでいます。そんな現代で「デジタル化」というワードを耳にするようになった方も多いと思います。これから社内でデジタル化を推進していこうと考えている担当者もいるのではないでしょうか?本記事では、よく耳にするようになったデジタル化の概要から社内に導入するメリット、ステップについて解説します。
機械学習によってできることとは?基本的な特徴・できることを実例とともに解説
機械学習とは特定のルールやパターンをコンピュータに学習させることで、分類や予測を可能にする技術のことです。現代社会のあらゆる場面において機械学習が活用されています。当記事では、機械学習の種類や実用例、今後期待できることなどを解説します。
エクセルを使いこなすことでできるデータ分析をビジネスに活かすには
エクセルは表を作るだけでなく、データ分析をすることのできるソフトであり、使いこなすことができるとビジネスにおいて非常に役立ちます。エクセルでは具体的にどのようなデータの分析ができて、どのようにビジネスに活かすことができるのでしょうか。 この記事では、エクセルでできるデータ分析を具体例を挙げて紹介し、実際に使いこなすことで、どのようにビジネスで生かすことのできるのかをわかりやすく解説します。
ITアーキテクトとは?必要なスキル・資格と育成の取り組みを解説
近年、企業のDXが進められるなか、「ITアーキテクト」という職種が注目を集めています。 ITアーキテクトは、企業のビジネス戦略におけるシステム関連のキーマンとして、重要なポジションを担う職種です。 本記事では、ITアーキテクトの概要と必要とされるスキルや資格、企業に求められる育成の施策について解説します。
SoEとは?導入するメリットや成功させるポイントを解説
昨今のマーケットにおいては、スペックが似た商品が多数出回るコモディティ化が進んでいます。このような状況で他社と差別化を図るためには、顧客のニーズに対応して顧客満足度を高めることが求められます。本記事では、顧客満足度の向上につながるSoEについて、導入時のポイントやメリットを紹介しています。
グループウェアとは?導入のメリットや導入ポイントについて解説する
グループウェアとは、社内での情報共有などを目的としたソフトウェアのことです。現在では多くの企業が、業務運営の効率化を図るためにグループウェアの導入を促進しています。このグループウェアを効果的に導入する方法には、どのような方法があるのでしょうか。本記事では、グループウェアとはをテーマに、その導入メリットや基本的な機能について解説しています。
hrテックとは?導入するメリットや具体的な事例をご紹介!
少子高齢化による人材不足やコロナウイルスの世界的大流行による働き方の急変などによって企業は今までの働き方を変えざるを得ない状況に追い込まれつつあります。そんな中で「hrテック」を活用し時代に合わせて働き方を改革していっている企業が増えています。本記事では、hrテックとは一体どういったものなのか、導入することでどういったメリットがあるかなどを具体的な事例も交えて解説していきます。
データサイエンティストとは?社内における育成方法を紹介
データサイエンティストは、会社の経営や事業における様々な意識決定する場面において、データに基づき合理的な判断をくだせるように、意思決定者をサポートする人を指します。 データサイエンティストは合理的な判断を求められるため、数学やITトレンドスポッターなどの知識が必要とされます。また、集めたビッグデータを正確に分析して、正しい決定を行うことも求められてます。 企業は多くの情報を駆使して購買意欲やトレンドの傾向を重視しています。そのため、データサイエンティストのサポートの需要は増えており、今の時代とても重宝されています。
デジタルレイバーとは?導入のメリットや活用方法・RPAとの違いについて解説
デジタルレイバーとはテクノロジーが人間に代わって業務を担う考え方のことです。テクノロジーの進歩により、デジタルレイバーは人の代わりに多くの業務を担えるようになりました。当記事では、デジタルレイバーの意味・重要視される理由・得意とする業務・導入のメリットなどを詳しく解説します。
エクセル研修の必要性は?従業員のITスキルを高める方法を紹介
エクセル研修は、多くの職場で必須といえます。表計算ソフトとして広く利用されているエクセルは多くの企業が使用しており、社内の情報共有ツールとしても活躍する便利なツールです。本記事では、エクセルの大切さを改めて振り返りながら、研修の必要性について解説いたします。
データサイエンティストはなくなるのか?今後の必要性や理由について解説する
多くのメディアでデータサイエンティストが無くなるという記事を掲載しています。本当にデータサイエンティストは無くなるのでしょうか。本記事では、データサイエンティストの役割から必要性の有無について解説しています。今度のデータサイエンティストのニーズがどうなっているかを確認していきましょう。
データサイエンティストは不足している!データサイエンティストを育成する方法を解説する
情報社会と言われる現在、企業ではデータの蓄積や分析が必須と言われています。これらを実現する人材がデータサイエンティストです。しかし、データサイエンティストは慢性的な人材不足と言われており企業での人材確保が難航しています。こうした対応策として社内でデータサイエンティストを育成することが急務となっているため、本記事では、現在の人材不足の状況や育成方法について着目し解説していきます。
ビジネスシーンでpythonにできることとは?pythonの特徴と活用シーンを解説する
「python」とは、どのようなプログラミング言語なのでしょうか。企業が着目しているpythonの特徴や活用シーンについて解説していきます。本記事では、大規模な開発となる活用シーンから日常の事務処理業務でも活用できるpythonについて解説していますので、今後の活用を検討していきましょう。
画像処理エンジニア検定とは?難易度や重要性、将来性について解説
画像処理エンジニアは近年ますます注目を集めています。エンジニアのスキル証明はポートフォリオもしくは資格取得が有効ですが、画像処理エンジニアについてはポートフォリオの作成が難しいでしょう。そのため画像処理エンジニア検定を取得してスキルを証明することは非常に有効です。当記事では画像処理エンジニア検定について解説します。
エクセルができること3選と実際のビジネスでの活用方法
ビジネスシーンにおいて、必ずと言っていいほど求められるのがエクセルの基本的な操作です。エクセルでできることは使いこなすほど、より高度な処理や分析、応用が可能となります。では、具体的にどのようなことに使えるのでしょうか。 この記事では実際にエクセルでできることを紹介し、さらにビジネスでどのように活用するかをわかりやすく解説します。
ディープラーニング検定とは?試験概要や難易度、資格取得のメリットまで解説
ディープラーニングはAI技術には欠かせません。しかし、専門用語や専門知識が豊富で活用するためには覚えなければいけない知識が多くあります。ディープラーニングの技術者は非常に希少で求められているなか、一定以上のスキルと知識を保証するディープラーニング検定が注目されています。当記事ではディープラーニング検定について解説をします。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ