10/27(Wed)

今日の生放送

企業の成長には組織力が必要!強化させるために大切な心構えを紹介

公開日:2021/07/20
更新日:2021/09/08
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
企業の成長には組織力が必要!強化させるために大切な心構えを紹介 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ある程度の成長点まで達した企業には、更なる成長のために組織力の強化が必要であるといわれています。本記事では、組織力の概要と、組織力を強化させるために大切な心構えについて解説します。教育担当者の方をはじめ、社内の組織力強化にお困りの方はぜひお役立てください。

 

組織力の定義

「組織力」とは、組織として団結することで発揮される大きな力のことを差します。社員全員が団結しなければ、組織力は効果的に発揮されません。そのため、組織力の強化には、社員個々の能力向上よりも、組織として団結し全体の能力を高めることが重視されます。

チームワークとの違い

組織力と似た言葉に「チームワーク」がありますが、チームワークとは、組織力を構成するひとつのパーツであり、要素だといえます。あくまでも、部分であって全体ではないため、チームワークだけを身につけても、組織力を発揮できるとは限りません。 すなわち、より良い企業を作り上げるためには、チームワークよりも組織力が求められているのです。現在成長過程にある企業であれば、組織力を高めることでより規模を拡大することができます。また、すでに成長を遂げている大企業も、組織力を見直してみることで、自社の課題に気づくことができるかもしれません。

 

組織力が高い企業の特徴

組織力が高い企業には、いくつかの共通した特徴が見受けられます。それが以下の5つです。

  • 1.人間関係が良く心理的安全性が高い
  • 2.コミュニケーションが活発
  • 3.企業と従業員が目標を共有している
  • 4.人事配置に個人の能力が反映されている
  • 5.人材育成制度が整備されている

ひとつずつ詳しく紹介しますので、自社の現状と比較してみましょう。比較してみることで、問題点が見えてくるかもしれません。

人間関係が良く心理的安全性が高い

組織力の高い企業では、人間関係が良好で、心理的安全性が高い傾向にあります。最も具体的な例として、助け合い精神の浸透があげられます。誰かが起こしたミスに対して、避難や批判をするのではなく、周囲の人間がサポートや協力を進んで行う姿勢が整っています。 社員同士が互いに支え合い、助け合うことで信頼関係が構築され、組織にまとまりを持たせます。

コミュニケーションが活発

活発なコミュニケーションが行われる企業では、社員間の信頼関係が築き上げられており、コミュニケーション不足による問題に直面する心配がありません。特にリーダーと部下の信頼関係が構築されていると、自らの意見を言いやすく主体的に働ける風通しの良い職場となります。 意思疎通ができない状態では、同じ方向性を目指し団結するような環境は生まれません。組織力の強い企業こそ、リーダーと部下間はもちろん、社内全体としてコミュニケーションが活発であるといえます。

企業と従業員が目標を共有している

社員と企業が、同じ目標を共有できている企業は組織力が高いといえます。社員が、企業と同じベクトルを向いた状態で取り組む業務は、経営戦略に沿った成果を上げやすくなるためです。 反対に、異なる方向性を向いたままでは、企業の目指す成果や結果は得られません。企業と社員が同じ方向性を向き業務に励むことで、喜びや学びを共有しやすく組織として高い団結力が得られます。

人事配置に個人の能力が反映されている

個々の能力が活かされた人事配置が行われている環境は、強い組織力を持つ企業の共通点のひとつです。一人ひとりの能力が把握された適材適所の人事配置によって、社員は「会社から期待を込めて業務を割り振られた」と感じられます。 やる気を持って励む業務は、社員の高いモチベーションの維持や会社に対するエンゲージメント向上にも期待できます。社員の高い貢献意欲を生み出す人事配置は、組織力の高い企業に欠かせないといえます。

人材育成制度が整備されている

社員の人材育成に努めている企業は、同じ意識や目的を持った社員を育て上げることで、高い組織力を生み出します。具体的には、新人研修や社員個々に適したスキルアップ支援、人事評価制度などの育成制度が、正しく運用され整備されていることです。育成制度を正しく運用することで、社員のスキルはもちろん、業務への目的意識や目指す方向性も身につけられます。

 

組織力を上げるために管理者に求められるスキル

組織力を向上するには、組織を束ねる管理者の有能性も必要不可欠です。管理者は、以下で紹介する6つのスキルを正しく習得・発揮することで、組織のまとまりを強固なものにし、組織力の向上が期待できるようになります。

従業員を動かすリーダーシップ

1つ目は、組織が目指すべきビジョンを示し、人々を導いていく、管理職として備えておくべきスキル「リーダシップ」です。チームを動かすには、信頼される人柄に加えて、説得力のある指示・命令や言動が必要となります。従業員一人ひとりが活躍できる環境を整え、従業員を導くことが、結果的に組織の力を最大限引き出していきます。

行動力

2つ目は、組織が達成すべき目的を把握し、そのための目標を立てる能力や、目標を達成するための計画を策定し、必要な施策や人員配置を行うスキル「行動力」です。組織が達成すべき目的を把握し、目標を立て、そのための計画を遂行する力が、組織力向上に効果をもたらします。

課題解決力

3つ目は、「課題解決力」です。組織が直面する課題はさまざまであり、いうまでもなく管理職一人で解決できるわけではありません。そのため、管理職には、組織全員の知恵を取りまとめて解決策を決定し、コンセンサスをとるスキルが必要となります。

人材マネジメント力

4つ目は、部下の個性や持ち味をよく理解して適材適所に人員を配置し、最大限に能力を発揮してもらうスキル「人材マネジメント力」です。従業員に能力を発揮してもらうためには、部下の発言に耳を傾け、愛情を持ってほめる、叱る、激励する、適切に評価するといったことを行い、さらにチームワークを強固にさせていく、いわばマネジメント力が必要なのです。

コミュニケーション能力

5つ目は「コミュニケーション能力」です。管理職は、経営者と部下の中間の立場にいます。そのため、マネジメントする組織が目指す方向性を維持するためにも、経営者とのコミュニケーションを重視し、密に連携を取ることが重要です。経営者の言っていることに疑問があれば、経営者の立場に立って考えてみたり、真意をさぐったりして理解する必要があります。そして、社内のコミュニケーションに不足が起こらないよう努めなければなりません。

 

組織力を高めるために効果的な取り組み

ここまで組織力の高い企業の特徴や、求められるスキルについて解説してきまし。しかし。実際に組織力を上げるには何をすればわからない、といった方も少なくないかと思います。ここからは、組織力を高めるために効果的な取り組みについて解説します。

企業のビジョンを従業員に浸透させる

経営陣が目指す企業のビジョンを従業員に共有し浸透させる取り組みは、組織力を強化するために重要な方法です。前述した通り、組織力が高い企業は、従業員全員が同じ方向性を向くことで強い団結力を発揮します。 そのため、企業のビジョンを従業員に共有し意識づけ、社内一丸となって同じ目標に向かって邁進できるよう、工夫が必要です。企業のビジョンは社員にとって高すぎる目標として身近に感じられず、意識づけが難しい場合もあります。 そういった場合には、経営陣が社員に直接共有するだけでなく、管理職やリーダーが部下を取りまとめる取り組みも有効です。企業のビジョン達成のために社員個々の能力や業務が必要であることを伝え、それぞれに適した目標を設定してください。

コミュニケーションが取りやすい環境を整える

部下が意見しやすい環境を整えるためには、コミュニケーションを取る機会を増やすのもひとつの方法です。「自分の意見を聞いてもらえる」と感じられる職場では、社員が安心感を持てるため活発な働き方を促進することができます。 定期的な面談や会議を行って、それぞれがお互いの考えを知る機会を設けるなどの取り組みが、コミュニケーションの活性化につながります。また、意見交換の際には必ず互いの意見を否定することなく、1人ひとりが自然と会話に入れるよう上司が配慮することも必要です。 部下が主体的に働ける環境を実現することによって、部下のエンゲージが高まり組織力が強化されます。

現状の課題を見える化したうえチーム全体で解決する

チームが抱えている問題点が明確化していないと、思うような成果を挙げることはできません。そのため、現状の把握を行い、問題を浮き彫り、そして深掘りした上で、課題を明確化しなければなりません。 また、見えてきた課題に対しては、チーム全体での解決が求められます。個人や一部による解決となってしまうと、また別の人間からの挙げられる課題に対しての対応など、話がスムーズに進展せず、余計な時間を費やしてしまうことになります。 一度、チーム内全員で現状の見直して課題の洗い出しを行い、全体で解決できるよう調整を図るようにしてください。

 

まとめ

目まぐるしく環境変化が起きる現代だからこそ、さまざまな困難を乗り越える力強さや、新たなことに挑戦し続ける組織力の向上が強く求められています。 組織力が活かされている企業の特徴を取り入れて、目標を社員に浸透させ、積極的なコミュニケーションを図れるように社内を整備することが、結果的に従業員のエンゲージメントの向上や、組織全体の生産性の向上にも役立ちます。 ぜひ、本記事でご紹介した内容を参考に組織力を鍛え、売上の向上や事業拡大など更なる成長を加速させてください。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ