9/23(Thu)

今日の生放送

職場に蔓延する学習性無力感とは?与える影響や対策を解説

公開日:2021/05/28
更新日:2021/08/13
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
職場に蔓延する学習性無力感とは?与える影響や対策を解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

職場に「やる気のない社員が多い」と感じることはありませんか?もしかしたらそれは「学習性無力感」が関係しているのかもしれません。本記事では、学習性無力感が職場に蔓延する理由や周囲に与える影響、上司や企業が対策としてできることについて解説します。

 

学習性無力感とは

はじめに、「学習性無力感」という言葉がどのように誕生したのかを解説します。それから、職場において社員が学習性無力感に陥る流れを説明します。

学習性無力感は心理学の理論

学習性無力感とは、アメリカの心理学者で、「ポジティブ心理学の父」とも呼ばれている、マーチン・セリグマンが1967年に発表した心理学理論です。回避不可能なストレス状態に置かれると、抵抗することさえしなくなるという現象のことです。 通常、ストレスや不快感を与える状況に置かれると、そこから回避しようと努力するものです。しかし、努力しても回避できない状態が長期間継続すると、「何をしても無駄」だと学習し、自発的に行動できなくなります。「学習性無力感」とは別に、これを「学習性絶望感」「学習性無気力」とも呼ぶことがあります。

犬を使った実験で証明された

学習性無力感の理論は、セリグマンが行った犬を使った実験で証明されました。犬を2つのグループに分けて別々の部屋に入れ、電気ショックを与えます。グループAは、パネルを押すと電気ショックが止まりますが、グループBは、パネルを押しても電気ショックが止まりません。 その後、すべての犬を別の部屋に入れます。再び電気ショックを与えますが、低めの壁を用意しており、飛び越えることで電気ショックを回避できるようになっています。グループAに属する犬は壁を飛び越えますが、グループBに属する犬はその場でじっと電気ショックに耐える行動に出ました。 グループBに属する犬たちは、はじめに経験したことから、抵抗しても電気ショックから逃れることはできないことを学習しました。そして、回避できる別の状況においても、努力することをあきらめてしまったのです。

職場で社員が学習性無力感に陥る流れ

犬を使った実験と同様のことが、職場における社員にも起こることがあります。職場では、ストレスになる状況に直面することが度々あり、誰もが初めは抵抗して、自力で乗り越えようと努力します。 しかし、努力しても乗り越えることができなければ、さらにストレスを感じるようになります。これを何度も繰り返すうちに、「何をやっても無駄だ」と考えるようになり、抵抗や努力をすることをやめてしまうのです。

 

学習性無力感が職場に与える影響

学習性無力感に陥った社員を、そのまま放っておくのは得策ではありません。それは、職場に以下のような影響を与えるためです。

社員のパフォーマンスが低下する

学習性無力感に陥った社員は、自発的に行動できなくなり、パフォーマンスが低下します。「どうせ失敗するから」「自分には無理だ」と考え、自ら課題に立ち向かう力がありません。その結果、細かい指示を出さないと動けない「指示待ち人間」になってしまうのです。 ひとりの社員のパフォーマンスが低下することで、周囲はそれをサポートしなければならなくなります。しかし、学習性無力感に陥る社員が増えると、サポートしなければならない業務が急増し、チーム全体のパフォーマンスの低下にも繋がります。

社員が意見を言わなくなる

初めは、やる気に満ち溢れており、さまざまなアイディアや意見を口にするものです。しかし、学習性無力感に陥ると、口を閉ざして意見を言わなくなります。これは、自分一人が声を上げたところで、状況は変わらないと考えていることによるものです。 社内で意見を交わす機会が減少すると、職場環境の向上は見込めなくなります。新しいアイディアが生まれることもなく、現状維持に徹する保守的な雰囲気に満たされることになります。

学習性無力感は周囲にも伝染する

個人の学習性無力感は、集団にも伝染すると考えられています。職場においても、ひとりのネガティブな言動が、周囲の社員にも影響を与えるのです。例えば、新入社員が先輩社員から、「いくら頑張っても評価されない」などと言われて、やる気を徐々に奪われる場合があります。 「頑張っても無駄」という考えが、管理職の間に広がっていると、チーム全体に学習性無力感が蔓延することにもなります。

精神疾患を引き起こすことも

学習性無力感は、ストレスや不快感を与える状況が、長期に渡って継続することで陥ります。抵抗することをやめたとはいえ、ストレスや不快感を与える状況がなくなるわけではありません。 学習性無力感が引き金となり、不眠症やうつ病などの精神疾患を引き起こすこともあります。そうなると、長期の療養が必要となる場合もあり、休職や退職に繋がる可能性もあります。

 

学習性無力感が職場に蔓延するのはなぜか

社員が学習性無力感に陥るのは、職場環境に原因があるかもしれません。ここでは、学習性無力感が職場に蔓延してしまう原因として考えられる4つのポイントについて解説します。

何事も否定する職場文化

第一に挙げられる原因が、何事も否定する職場文化によるものです。管理職に保守的な考えの人が多い職場では、「前例がない」を理由に、新しい企画などの提案を退ける傾向があります。何度も提案を退けられると、社員は「考えるだけ無駄」と感じるようになってしまいます。 また、上下関係が厳しい職場では、自由に意見を述べる新入社員や後輩を「生意気だ」として、否定するケースもあります。このように、何事も否定する環境が、社員を学習性無力感に陥らせる原因になりうるのです。

褒められる機会が少ない

褒められる機会が少ない職場でも、社員の中に学習性無力感が蔓延することがあります。褒められる機会がないと、自分がしている仕事が認められているのか、その実感をしにくくなってしまいます。充実感や達成感を得られる機会も減少することになり、努力をすることがなくなるのです。 また、人事評価が減点方式の職場は、減点のリスクを回避するために、消極的な考えを抱く社員が増えてしまう場合があります。挑戦して失敗すると、減点対象になるからです。

モラハラ・パワハラが発生している

職場にモラハラやパワハラが発生している場合も、社員の学習性無力感を招くことがあります。これらのハラスメントは、依然として根強く残る社会問題です。すべての企業に、ハラスメント防止措置を講じることが義務付けれていますが、周囲が気付かずに改善されていないケースもあります。 モラハラやパワハラの被害者は、上司に相談するなど、自ら抵抗できればいいのですが、自分に落ち度があると思い込んで学習性無力感に陥ることがあります。

学習性無力感に陥りやすい人もいる

ストレスへの反応や耐性は、社員ごとに異なります。生まれ育った環境や性格によって、学習性無力感に陥りやすい人もいます。例えば、ミスをした時に、「自分に能力がないから」とする人と、「今回は運が悪かった」と考える人がいます。同じ状況ではありますが、前者の方が学習性無力感に陥りやすいといえるでしょう。 また、完璧主義な人の場合、ミスを許されないため、自身に必要以上のプレッシャーを与えてしまいます。難しい課題が続くと、理想の結果が得られずに、「自分は駄目だ」と決めつけてしまうのです。

 

学習性無力感の蔓延を防止するための対策としてできること

最後に、学習性無力感の蔓延を防止するために、企業としてできる対策を4つ紹介します。

ポジティブな声かけを心がける

積極的に褒めることや認めることで、社員の承認欲求を満たすことができます。職場においては、直接業績につながらないこともたくさんありますが、普段の行動や仕事のプロセスなども含めて、些細な点でも褒めるようにしましょう。 職場の雰囲気をよくするムードメーカーであること、気持ちよく挨拶すること、時間を守ることなど、社会人として当然だと切り捨てるのではなく、褒めることで自己肯定感を与えるようにします。上司のポジティブな声かけは、想像以上に大きな力があるものです。

小さな目標を設定し成功体験を積ませる

仕事へのモチベーションを失いつつある社員には、達成可能な小さな仕事を与えるなどして、成功体験を積ませるようにしましょう。「努力が報われた」「周囲の役に立てた」という場面が増えることで、再びやる気を取り戻すことができるかもしれません。 プロジェクトの一部だけを任せたり、業務とは関係のない社内レクリエーションや飲み会の幹事を任せるたりといったことでも、達成感や充実感を得ることが可能です。

以前と今回の課題は環境や目的が異なることを認識させる

失敗体験がトラウマになっている社員には、以前との課題や環境、目的を認識させることで改善に繋げることが可能です。例えば、大きなプレゼンで失敗したことが原因で、やる気を失っている社員がいる場合、グループ内でプレゼンを任せてみてもよいでしょう。 その際に、プレゼンを成功させることが目的ではなく、プレゼンをすることが目的であることを説明し、ます。プレゼンが終わったら、グループ全体で褒めることでネガティブな考えを払しょくすることができます。

社員の意見を聞く体制を作る

企業として社員の意見を聞く体制を作ることも、学習性無力感の蔓延を防止するために有効です。前例のない提案でも、一度聞き入れて参考にする体制が必要です。社員の言うことをすべて実施することは不可能ですが、一部だけでも参考にしたり取り入れたりできるかもしれません。 1on1ミーティングやアンケート調査の実施なども、社員の意見を聞くための機会になります。

 

学習性無力感は再学習で克服できる

学習性無力感は、体験したことを学習することで生じる状態のことです。「何をやっても無駄」「努力をしても報われない」など、ネガティブなことを学習した結果、無力感や絶望感を抱くようになるのです。 その逆に、成功体験を積んだり、「努力が報われた」「意見が採用された」といった体験を学習することで、学習性無力感を克服することも可能です。学習性無力感が蔓延している職場でも、再学習によって克服し、活気のある職場に作り直すことができるのです。

 

人材育成の手法としてのSchooビジネスプラン

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.自発的に学ぶ人材を育成できるSchooの講座

上記でも説明したように、Schooでは約6000本もの動画を用意している上に、毎日新しいトピックに関する動画が配信されるため、研修に加えて自ら学び、成長する人材の育成が可能です。近年の社会のグローバル化やテクノロジーの進化などにより、企業を取り巻く環境が刻々と変化しています。それに伴い、社員の業務内容や求められるスキルも早いスパンで変化しています。このような予測のつかない時代の中で会社の競争力を維持するためには、社員一人一人が自発的に学び、成長させ続けることができる環境、いわば「学び続ける組織」になることが必要です。

Schooビジネスプランの講座では、体系的な社員研修だけでなく、自己啓発を通じて自発的に学び、成長できる人材を育成することが可能です。

ここでは、人材育成に活用できるSchooの講座をご紹介します。

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

「最近の若いものは……」というのは、人類永遠のテーマ。 上司と部下との間で起こるミスマッチ。 そこからくる人間関係のストレス。 この悪循環を断ち切る方法をお伝えします

 
担当講師:大平 信孝先生
目標実現の専門家 メンタルコーチ

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。 第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。 目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。 リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。 さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。 「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。 数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。 これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 8冊の著作の累計発行部数は18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)「指示待ち部下が自ら考え動き出す!」(かんき出版)などがある。 日刊メルマガ「行動イノベーション365・ネクストステージを目指す! 行動のヒント」を毎日配信中!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!を無料視聴する

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル
 

この授業では「決算情報から、企業を研究する方法を学び、事業・戦略・財務などを読み解く力」を解説します。

 
担当講師:野添 雄介先生
株式会社ストレイナー 代表取締役CEO

2014年にDeNA入社。フィンテックベンチャーを経てStockclip株式会社(現・株式会社ストレイナー)を創業。「経済情報をもっとシンプルに」をミッションに掲げ、決算資料を中心とした"ファクト情報"を中心に社会のトレンドを考える経済メディア『Strainer』を運営。

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキルを無料視聴する

アイデア量産の思考法

アイデア量産の思考法

本授業は、努力しているのにアイデアが浮かばない人のために新しいマーケティング手法の1つである「新奇事象」を通じて「アイデアの種」をゲットしてもらう授業です。

 
担当講師:松本 健太郎先生
株式会社JX通信社

1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。 その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャーJX通信社にてマーケティング全般を担当している。 政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。 ◇主な著書 「なぜ「つい買ってしまう」のか?~「人を動かす隠れた心理」の見つけ方~」(光文社)2019 「誤解だらけの人工知能」(光文社)2018 「データサイエンス「超」入門 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい」(毎日新聞出版)2018

アイデア量産の思考法を無料視聴する

3.受講者の学習状況を把握し、人材育成に役立てることができる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、受講者がどんな内容の講座をどれくらいの長さ見ていたのかも把握することができるため、社員のキャリアプランの傾向を掴むことも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方2

管理画面では受講者それぞれの総受講時間を管理者が確認できるようになっており、いつ見たのか、いくつの講座を見たのか、どのくらいの時間見たのか、ということが一目でわかるようになっています。

管理画面の使い方1

さらに、受講履歴からは受講者がどのような分野の動画を頻繁に見ているかが簡単にわかるようになっており、受講者の興味のある分野を可視化することが可能です。これにより、社員がどのようなキャリアプランを持っているのかを把握できるだけでなく、社員のモチベーションを高めながら人材育成するためのヒントを得ることができます。

さらに、社員に自己啓発を目的として受講してもらっている場合、社員がどのような内容の授業を受講する傾向があるのかを把握できるため、社員のキャリアプランを把握することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

まとめ

学習性無力感は、職場環境が原因で生じている問題かもしれません。職場環境の見直しをして対策を講じるなら、克服することも可能です。快適な職場環境は、社員のパフォーマンス向上、エンゲージメント向上にもつながります。学習性無力感の蔓延防止に努めましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ