リーダー研修

─チームを巻き込み成果を上げる人材を育成─

リーダー研修でよくあるお悩み

  • リーダーシップを身につけてほしい
  • リーダー人材が不足しているが、何から手をつけたら良いかわからない
  • 研修をしても実務に活かせていない

Schooのリーダー研修の特徴

  • 01

    リーダーシップの基礎から学べる

    リーダーに必要なファシリテーションやコミュニケーションについて、ビジネスの第一線で活躍している講師が多数指導を行っています。だからこそ、ビジネスで本当に役に立つリーダーシップ基礎を学ぶことができます。

    リーダーに必要なファシリテーションやコミュニケーションについて、ビジネスの第一線で活躍している講師が多数指導を行っています。だからこそ、ビジネスで本当に役に立つリーダーシップ基礎を学ぶことができます。

  • 02

    テンプレートですぐにリーダー研修を開始できる

    Schooでは、管理画面からの研修設定で簡単にリーダー研修を開始できます。また、「リーダーシップ強化研修パッケージ」「コーチング研修パッケージ」などのカリキュラムテンプレートをご用意しているので、リーダー研修をこれから始める場合でも安心です。

    Schooでは、管理画面からの研修設定で簡単にリーダー研修を開始できます。また、「リーダーシップ強化研修パッケージ」「コーチング研修パッケージ」などのカリキュラムテンプレートをご用意しているので、リーダー研修をこれから始める場合でも安心です。

  • 03

    実務で役立つスキルが身につく

    Schooでは、ビジネスの第一線で活躍しているビジネスパーソンが多く指導を行っています。実際の業務で培ったスキルやノウハウを教えてもらえるので、研修を実践に活かしやすく、研修の効果を実感できます。

    Schooでは、ビジネスの第一線で活躍しているビジネスパーソンが多く指導を行っています。実際の業務で培ったスキルやノウハウを教えてもらえるので、研修を実践に活かしやすく、研修の効果を実感できます。

リーダーに求められるスキル

  • 1.コミュニケーションスキル

    「部下との信頼関係をどう築けばいいかわからない」「将来のためにチームビルディングを学びたい」などといった課題を解決するためにコミュニケーション力は必要不可欠です。リーダーへのステップアップ研修パッケージで、リーダーとしての能力を身につけましょう。

    主な課題

    • ・将来的に、管理職として組織をまとめていける人材を育成したい
    • ・部下との信頼関係をどう築けばいいかわからない

    ここがポイント

    スクービジネスプランでは、今後管理職を目指す将来のリーダーのために「リーダーのためのコーチング」や「1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、効率的にリーダーとして必要なスキルを学習することができます。

    《コミュニケーションスキル向上におすすめの研修》

    • リーダーへのステップアップ研修パッケージ

      リーダーを目指す方や新任リーダーの方を対象とした、リーダーへのステップアップ研修パッケージです。プレイヤーからリーダーへステップアップするには、リーダーとしての能力を身につけることが不可欠です。この研修パッケージは、部下の教育やコーチング、日々のコミュニケーションなどの方法論を学ぶことができます。

      【合計:8時間】 受講者人数:73,110人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.リーダーシップ

      リーダーが持つべき必須スキル「ファシリテーションスキル」などを中心に、リーダーシップを学びます。自ら考え動く部下の育成、成果を出す組織の構築を目指し、リーダーがより生産的な仕事ができる環境づくりを学ぶことができます。

      主な課題

      • ・部下の育成が苦手
      • ・ファシリテーションスキルを伸ばしたい

      ここがポイント

      コミュニケーションメソッド、ファシリテーションスキル、課題解決アプローチなどを中心にリーダーシップについて学びを深めます。現場で成功しているプロが多数登壇。ビジネスで本当に役に立つスキルを提供。オンラインでもオフラインと変わらないクオリティで理解を深めることができます。

      《リーダーシップスキル向上におすすめの研修》

      • リーダーシップ強化研修パッケージ

        リーダー向けのリーダーシップのさらなる強化を目的とした研修パッケージです。ミーティングなどで求められるファシリテーションスキルなど、リーダーとして力を発揮するために必要なスキルについて学ぶことができます。

        【合計:6時間10分】 受講者人数:20,452人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.コーチングスキル

      管理職やマネージャーにおいてコーチングスキルは必要不可欠です。「コーチングの3原則」「相手の話を聞くことの目的と効果」「相手に、安心をして話をしてもらうためのポイント」など、コーチングについて知ることにより次世代のリーダーを育成します。

      主な課題

      • ・コーチングについてまずは基礎を身につけたい
      • ・部下の話を引き出す傾聴力、質問力について学びたい

      ここがポイント

      スクービジネスプランのコーチング研修は、これまでに経営者や管理職を対象として数百人以上にコーチング指導を行ってきた経験豊富な講師が担当しています。だからこそ明日からすぐに使える実践的なコーチングスキルを身につけることができます

      《コーチングスキル向上におすすめの研修》

      • コーチング研修パッケージ

        チームとしてのコーチングの基礎について学ぶことができる研修パッケージです。リーダーや管理職の方は、対個人だけでなく、チームや組織全体の良好なコミュニケーション状態を醸成していく必要があります。そのため、チームの良好な関係性作りについても学べる内容となっています。

        【合計:9時間】 受講者人数:43,479人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのリーダー研修の
評価・口コミ

4.4

【総合評価】

    • 年齢 :39歳|性別:男性|都道府県:愛知県
    • 企業業種:福祉
    • 従業員規模:2000名以上

    4.4

    【総合評価】

    若手のリーダーに求められるコーチング知識と抱えるメンタルへの対処について、短時間で学び実践していける内容でした。以前よりリーダーへ昇格していく期間が早まっている現代。その中で、自分の気持ちと部下との関係に悩むリーダーが増えているため、ここで立ち止まりストレス構造やコミュニケーションの種類などを具体的に受講できるよい時間になります。モチベーションマネジメントに関しては多少ですが精神論のように思える内容もありますが、この世代に改めて注入しておくいい機会になればと感じました。

    • [内容の理解度]

      講義の内容で難しいと感じる部分においては例え話を交えるなど分かりやすく解説しているため、受講者に入ってきやすい内容と感じました。特にストレスに関しては専門的な分野の話もあり難しい内容と思われそうですが、例えがあるので理解しやすく共感できる部分も多かったです。特にリーダーになると、一般職とは違い指導役や調整役など求められる範囲が広くなります。そのどれもが偏りすぎず平均的に磨かないといけない中で、コーチングスキルと自身のメンタルヘルス、そしてストレスフルな職場環境にしていく要点が凝縮されている内容になっています。

    • [満足度]

      リーダーに昇格したものの不安に思っている社員には、高い満足感を得られる内容です。特にリーダーへの昇格はストレスの変化に気づきやすく、環境の変化で同じ仕事をしていてもストレスや疑問を感じることがおおくなります。『産業医が教える、社会人のための職場ストレスとのつきあい方』講座を受講することで、その理由と対処法を学ぶことができれば、高ストレスや離職を抑制できると感じました。また、固定観念が強くなってきているリーダー経験経験者にも気づきもあります。ティーチングに寄りがちになっているリーダーには、コーチングスキルを身に付ける機会になります。

    • [内容の充実度]

      リーダーになる際、特に知っておいてほしいメンタル面についての内容が網羅されています。特にストレスに関しては、経験から悩み押しつぶされてしまうことが多いため、事前に傾向と対策を学んでいれば初期でのつまずきも少ないはずです。ただ、リーダー職にそこまでコーチングスキルまで求めない会社においては、まずメンタルヘルスのカリキュラムを重点的に学ぶだけでも良いです。まずは、環境の変化によるストレス対処と、ストレスフルな職場環境をリーダー主体で作っていく方法を学ぶことだけでも有意義な内容です。

    • [業務に役立つか]

      これまでは一定の社員とのコミュニケーションでよかった職と違い、幅広いコミュニケーションが求められるリーダーにおいて、会議や集団をまとめる具体的な方法を知ることができます。そのため、実務で使えるスキルが多い内容です。ただ、どうしてもやらされ仕事に感じることが多いと感じてしまうがリーダーの仕事。なので、仕事を主体的に取り組む方法の講義の中で先生の体験談以外に共感できる具体例があると、いまリーダー自身が抱えている悩みには良いヒントになるのではないかと感じました。

    • [利用意向度]

      リーダーへ昇格した社員には、必ず受講させたい研修です。このクラスは、思っていたリーダー像があると現実とのギャップに悩み、リーダーの仕事をイメージができていないとハードワークに悩みます。主体的に仕事をしていくリーダーとしての役割と、悲観的になりやすいリーダーのメンタルヘルスを総じて学べる研修となっています。これから経験することが想定できていれば、対処しながらリーダーとしてパフォーマンスを発揮してもらえるため、利用価値が高い研修となっています。

    • 年齢 :36歳|性別:男性|都道府県:茨城県
    • 企業業種:サービス業
    • 従業員規模:5000名以上

    5.0

    【総合評価】

    コーチングとメンタルヘルスについて学習できます。部下を持つ管理職の方に役に立つ内容です。 管理職の大きな役割の一つは、部下の強みを最大限引き出すこと。ドラッカーも、著書『マネジメント』のなかで、マネジャーの役割とは「人的資源のあらゆる強みを発揮させること」と伝えています。このカリキュラムでは、部下の強みを引き出すために必要なスキルを得られます。 また管理職は、部下が安心して働けるような環境をつくることも大切です。部下のストレスを軽減するために何ができるか、産業医や臨床心理カウンセラーがわかりやすく丁寧に教えてくれます。

    • [内容の理解度]

      コーチングのカリキュラムでは、普段何気なく行っている「コミュニケーション」を体系的に整理し、何をどう変えていけばよいのかを指南してくれます。また、エグゼクティブコーチとしての経験を豊富に持つ講師が、具体的なコーチングのテクニックをご紹介します。 メンタルヘルスのカリキュラムでは、ケーススタディを用いた内容が多く、「自分だったらその状況でどうするか?」を考えながら聞くことができました。どのように声をかけ、どのような話の進め方をし、どのような終わり方をするのか、まで踏み込んで解説をしてくれるため、とてもわかりやすい内容になっています。

    • [満足度]

      管理職やリーダー層の社員は、日々、部下のことで頭を悩ませています。 ここで扱っているコーチング、そしてメンタルヘルスの内容は、部下とコミュニケーションを取る場面で必ず役に立ちます。講師陣も、日常的には接点を持てないような専門家の方々ばかり。大学教授やエグゼクティブコーチ、産業医、臨床心理カウンセラーなどのプロフェッショナルな方々の知見に触れることができます。 研修を通じて体系的な理解を深めることで、自身の仕事のやり方があっていたのか、間違っていたのかを自己認知するきっかけにもなります。それは自分の伸びしろを自覚できることでもありますので、満足度の高い内容だと思います。

    • [内容の充実度]

      管理職やリーダー層に会社が期待したい役割は、配下にいる部下の力を最大限に引き出し、良い成果を導いていただくことです。そのためには、このカリキュラムで触れているコーチングとメンタルヘルスの知見はいずれも必要です。 コーチングは部下と信頼関係を築き、動機づけをして主体性を引き出すのにとても有効なアプローチです。また、メンタルヘルスの知見がないと、不必要に部下を追い込んでしまったり、職場環境を悪化させてしまったりする危険性もあります。 部下の力を引き出すも殺すも管理職次第のため、ぜひ確実に知見を持っていてほしい内容です。

    • [業務に役立つか]

      管理職やリーダー層の方は、日常的に部下とのコミュニケーションが多く発生しているはずです。学んだ内容を実務で生かせる場面は数多くあります。新しく自分の部下になった人と早く信頼関係を築きたい、最近元気がない部下を元気づけたい、厳しい要求をしなければいけない、もっと部下の主体性を引き出したい、など。管理職側のコミュニケーションスキルが試させる場面です。誤って強めの要求をしていたり、無意識に相手を傷つけていたりすることもあるかもしれません。日々、管理職は悩んでいるはずですので、このカリキュラム内容はきっと役に立つと思います。

    • [利用意向度]

      管理職やリーダー層向けの研修にぜひ活用したい内容です。 コーチングやメンタルヘルスの知見は、管理職が部下の力を引き出すためには欠かせません。ぜひすべての管理職に体得してほしい内容です。 また、これらのテーマは、一度聞いて知識を仕入れただけではすぐに行動に移せるようになりません。インプットをしたものを、実際の部下とのコミュニケーションの場面で得た知識を試しながら成功体験・失敗体験を得て、そしてまたインプットをくり返す、というサイクルを回すことが大切だと考えています。オンライン型のコンテンツでは、本人が見たい時にくり返し見返すことができるため、中長期的にも研修効果を期待できると思います。

    • 年齢 :48歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:ITサービス
    • 従業員規模:300名

    3.8

    【総合評価】

    リーダーになると必要になるのがメンバーマネジメントということで、大きく「コーチング」と「メンタルヘルス」の2つのカテゴリーが組み込まれています。リーダーとして必要十分かというと議論はありますが、リーダーになってから必要になるコンテンツとしては十分かと思います。内容としても、アカデミックな突っ込んだ内容に加え、事例、通常の業務上のイメージが入ったりと分かりやすいものになっています。自分がリーダーになるタイミングに受けられていたらな、と思える内容です。

    • [内容の理解度]

      ややアカデミックよりなため、分かりやすさという観点ではスッと頭に入って来たり印象に残ったりするには、受講するリーダー階層、経験によって変わってくると思います。一方で、平易な言い回しがあるケースについては、分かりやすく入ってくる内容でした。このカリキュラムは、講師であったり、医師であったりと教える側やレクチャーする側の方が中心なので、理論としてわかりやすい一方で、もう少し実践的な内容があるとなおよいと感じました。

    • [満足度]

      リーダーになって、部下の扱いに困っている従業員にとって、満足度の高いものになると思います。メンバーのときにはなかったストレスがかかる最初の場面が、リーダーになりたての頃なので、メンタルヘルスやコーチングについて学ぶことで、伸び悩んでいる部下の視点に立ったり、相手中心に話を進めたりする方法が理解してもらえる内容となっていると思います。ここで学んだことを元に、より汎用的なスキルや知識を得てもらえたらいいな、と思います。

    • [内容の充実度]

      人事労務や経営企画等、管理部門側の社員にとっては大事な内容があり是非学んで欲しい内容です。エンジニアや営業等のライン側の人物でも、この知識を持っていれば万全の備えと言えると思います。強いて言えば、コミュニケーションや数値管理などリーダーとして具体的に必要になるスキルも身につく内容になっていると嬉しいですが、全てのリーダーに必要というわけではないと思うので、リーダー向けの研修としては十分なものとなっていると思います。

    • [業務に役立つか]

      元々アカデミックな内容が背景があり、客観的な立証をもとに講義が進んでいるため、しっかりイメージすれば実践に結び付きやすいと思いました。簡単なものから実践して、それを習慣化、定着化させていくことでより業務に役立っていくと考えられます。リーダー自身も実行することで学ぶことが多いですし、コーチングの観点をもって自分と向き合うことで見えてくることもあると思います。情報や知識として得るだけでなく、実行したり具体的な仕組みに落としたりすることで定着させることが大切だなと思います。

    • [利用意向度]

      リーダーと言っても、当社としては新卒数年目でメンバーを束ねる人もいれば、役員として部門長を兼務する立場も考えられます。そうした様々なリーダーに役立つ内容になっていると思います。一方で、数値管理や交渉術など、リーダーとしてもっておくといいスキルはまだまだ他にあり、網羅しているとは言い切れないと思います。そのため、リーダーになったばかりの社員向けの研修が最適だと感じました。実際に取り入れたいなと思います。

  • 効果的なリーダー研修を行うためのポイント

    • 01

      リーダーの役割を理解した上で基本を押さえる

      まずはリーダーとしての役割を理解してもらいましょう。当たり前のことに思えるかもしれませんが、自らの役割や求められていることを明確に意識することで、その後効率的にスキルアップをしていくことへとつながります。研修で役割について理解してもらった上で、リーダーシップやコーチングなど基本的なリーダースキルを身につけてもらうことがおすすめです。

    • 02

      これからの時代に必要なリーダースキルを磨く

      リモートワークが働き方の1つとして普及し、オンライン会議やチャットツールでのやりとりが当たり前になるなど、ビジネスにおいて大きな変化が起きています。それによりリーダーに必要なスキルや研修のあり方も変わってきています。 例えば新たに必要なスキルとして挙げられるのが、オンラインでのコミュニケーションスキルです。これまで以上にメールやチャットなどのテキストコミュニケーションスキルや、オンライン会議でのファシリテーションスキルなどの重要度が増しています。 またオンライン化の促進により社会全体の変化のスピードは加速しており、リーダーとしてDXやイノベーションなど自らが変化を牽引していくことも求められるようになっています。 リーダーの基本だけでなく、これからのリーダーに求められるスキルについても研修を行うことで、時代の変化に即したリーダーの育成をしていくことができます。

    • 03

      課題に合わせて学べるようにする

      すでにリーダーを任されている方や、リーダーとしてさらにステップアップしていきたいという方向けには、現状の課題解決ができるような環境づくりを行うことが大切です。新任リーダー向けの研修だけでなく、その後一人一人がリーダースキルを学んでいける学びの環境づくりや、課題を感じたときに解決するための場づくりをセミナーやオンライン学習などを活用して行っていくようにしましょう。

  • リーダー研修の目的

    • 01

      リーダーとしての役割を理解する

      リーダーにはチームを統率し、目標の設定から達成までを担うことが求められます。そのためには自らがお手本となるような行動を示すだけでなく、目標に向けてチームを正しい方向へと導くこと、メンバーが力を発揮するための環境づくりを行うことなどが必要です。また将来的には経営層など組織全体を引っ張っていく次世代のリーダーとなるべく、スキルアップしていくことも期待されているでしょう。リーダー研修では始めにリーダーとしての役割を理解してもらうことが大切です。

    • 02

      リーダーに必要なスキルを知る

      リーダーとしてのマインドセットのほか、メンバーとのコミュニケーションや目標設定、課題解決などリーダーに求められるスキルは多岐に渡ります。どのようなスキルが必要なのか、そしてスキル習得のために必要なことは何かをリーダー研修を通じて学ぶことで、リーダーとしての型を身につけて実践で応用することができます。

    • 03

      リーダーとしての基本スキルを身につける

      変化のスピードが早く、多様化する今の社会でリーダーシップを取っていくには、基本のリーダースキルを身につけた上で応用できるようになることが重要です。リーダー研修で、体系的に基礎を学ぶことでそのための基礎準備をすることができます。リーダーとしての役割を押さえ、リーダーとしてのスキルセットについて理解した上で、基本のリーダースキルを身につけられるようにしましょう。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーではリーダー向けに、部下とのコミュニケーション方法やチームのマネジメントスキルを学ぶものなどの研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「リーダーのためのファシリテーションスキル」や、コミュニケーション力を学ぶ「1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-」、「リーダーのためのコーチング 」などの授業があります。 このほかにも、職場て活かせるメンタルヘルスについて学ぶことのできる「ストレスレスな職場環境を作る実践的ケーススタディ」などの授業もご用意しています。

  • スクーではリーダー向けに、コミュニケーションスキルの強化からチームで成果を出すためのコーチングやキャリアデザインを学ぶものまで様々な授業をご用意しています。 いつでもどこでも授業を受けることが可能なため、リーダーとして成果を出していくために磨くべきスキルを効率的に学ぶができます。 また社員一人ひとりに合わせて対象とする研修動画を変えることができるため、個々人のスキルレベルや職種などの関わるビジネスシーンに合わせてピンポイントで社員の能力を育成する研修を組むことも可能です。 研修担当者は管理画面から受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、リスクマネジメントやワークライフバランスについての授業などもご用意しているので、チームのマネジメントやコミュニケーション力だけでなく、リーダーに必要とされるスキルを多角的な視点で身につけていくことが可能です。

  • スクーでは職種別・階層別に様々な研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 リーダー向けの研修パッケージの一例をご紹介すると、「リーダーへのステップアップ研修パッケージ」や「コミュニケーションスキル強化研修パッケージ」、「交渉力強化研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ