7/27(Tue)

今日の生放送

リスクヘッジの意味や利用事例と能力アップポイントを解説する

公開日:2021/05/28
更新日:2021/06/02
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
リスクヘッジの意味や利用事例と能力アップポイントを解説する | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ビジネスにおいて「リスクヘッジする」ということがあります。ビジネスにおけるリスクヘッジとはどんな意味を持つのでしょうか。本記事では、リスクヘッジの意味と使い方の事例を解説していきます。また、リスクヘッジを行う能力アップの方法についてもご紹介していきます。

 

リスクヘッジとは

「リスクヘッジ」という単語は、どんな意味を持つのでしょうか。ビジネスシーンにおいて多用されるリスクヘッジについて、その定義やルーツについて解説していきます。聞きなれているリスクヘッジについて今一度、その意味を確認していきましょう。

もともとは金融用語として使われていた

もともと「リスクヘッジ」という単語は、金融取引で利用されていました。例えば株式投資を行う場合に、株価の下落を受けるダメージを回避するためには、いくつかの会社に分散を行います。こうすることで、1つの会社が下落しても他の会社で利益が出ていれば結果的には、問題がないという判断を行います。リスクヘッジとは、このように投資先の分散などを行う金融取引のことを示していました。しかし現在では、金融取引だけで利用さる用語ではなく、日常のビジネスシーンにおいて多用される用語となっています。

リスクヘッジの定義

現在では、「リスクヘッジ」という用語は金融取引だけに利用される訳ではありません。ビジネスにおけるリスクヘッジとは「危険を予測し、その危険を避けるための対策をはかる」と定義することができます。ビジネスにおけるリスクとは「予想通りにはいかない可能性」「予測不可能な課題」と言う意味を持ち、リスクを回避する対策を取ることをリスクヘッジと総称します。予測不可能な課題については、何が起きるか不明であるため、あらかじめ対策を講じることはできない場合があり、その場合には、できるだけ影響を少なくする方法を講じることも含んでいると覚えておきましょう。リスクに対して「ヘッジ」とは、「防止策」という意味を理解しておくとリスクヘッジの意味が理解しやすくなります。どのようなビジネスにもリスクはあり、業種業態に関わらずリスクヘッジを行う場面がることを念頭においておきましょう。

 

リスクヘッジと類似している用語との比較

次にリスクヘッジと類似している用語について解説していきます。用語を正しく使い分けることは大事です。ここでは、ビジネスシーンにおいて利用される類似用語を2つご紹介します。用語の意味を理解し使い分けを行っていきましょう。

リスクマネジメント

「リスクマネジメント」もビジネスシーンで利用する用語です。リスクマネジメントとは、「将来、発生することが予測されるリスク対して適切な対策や対応できる体制を整える」という意味を持ちます。リスクマネジメントとは、企業における危機管理のことを示す用語です。

リスクテイク

リスクテイクとは、「リスクを承知で行うことやリスクに立ち向かうこと」を意味しています。金融の場面では、ハイリスクハイリターンの投資を行う場合に利用されます。このように、なにかを行う場面で相反する結果を生む可能性が高い場合にリスクテイクを用います。競合がいる業態にチャレンジする場合には、リスクテイクするというなど日常のビジネスシーンでも利用されています。

 

用語の使い方や意味

次に実際にビジネスシーンにおいて、リスクヘッジを使う場面を想定し、その利用方法について解説していきます。日常の業務において、利用されている使い方になりますので、その使い方と意味について再確認していきます。

リスクヘッジする

「リスクヘッジする」という使い方は、ビジネスシーンで多く見られます。具体的には、「この件にはリスクヘンジが必要」「リスクヘッジすることで大きな利益を見込む」などの使い方です。案件を進める中で、トラブルを回避してビジネス案件を進めるということは多々あります。こうした際に、リスクヘッジつまりトラブル回避する手段を講じて進めていく場合などに利用していきます。

リスクヘッジのために

「リスクヘッジのために」という使い方もビジネスシーンでは利用されます。具体的には、「リスクヘッジのために繰り返しシュミレーションした」「リスクヘッジのために処理を分散させる」などです。課題や危険を回避するための対策を講じる場合に利用していきます。予め想定できる複数のリスクに対して、それぞれに対策を講じるサービスの成功に努める場合にも利用されます。

リスクヘッジが不十分

「リスクヘッジが不十分」という使い方も耳にすることがあります。これは、想定できた課題解決の対策が足りなかった場合などに利用します。「リスクヘッジが不十分で失敗した」などと用いられ、対策が不十分なために期待していた利益や効果を得られなかった場合の反省として利用されることもあります。

 

ビジネスシーンでの利用事例

リスクヘッジはさまざまなビジネスシーンで利用されます。次に、リスクヘッジを使うビジネスシーンの事例をご紹介していきます。ビジネスシーンのどんな場面でリスクヘッジを行うかについての理解を深めていきます。

アクシデントに備える場合

ビジネスにおけるアクシデントに備える場合にリスクヘッジを用います。リスクには、予想通りにはいかない可能性」「予測不可能な課題」と言う意味以外に、「突発的な」というニュアンスも含まれます。大きなプレゼンを行う準備をしていたにも関わらず、プレゼン当日に主観となるメンバーの体調が悪くなったなど、想定している以外の突発的な課題に対して準備をしておくこと場合などに利用されます。このように、課題を想定していたとしても何かしらの突発事項が起きた場合に対応できる施策を取っておくこともリスクヘッジの大きな役割の1つです。

懸念事項や危険予測に備える場合

リスクヘッジにおけるリスクとは「予想通りにはいかない可能性」「予測不可能な課題」だけではなく「危険予測」「不安材料」「懸念事項」などにも対応する意味合い利用する場合もあります。プロジェクト遂行における不安材料、懸念事項があれば、具体的な施策をこうじる必要があります。予め「危険予測」「不安材料」「懸念事項」を洗い出しておくとリスクヘッジを行うことも可能です。時には、「危険予測」「不安材料」「懸念事項」が絡み合い複雑化している場合もありますが、1つ1つを分解していくことでリスクヘッジすることができます。根本の解決が出来ない場合においても、影響を最小限に行う対策を講じることが可能になります。

 

リスクヘッジ能力をアップさせる方法とは

次に、リスクヘッジを行う能力アップの方法について解説していきます。実際に、リスクヘッジを行う能力が大切であることは、ビジネスシーンも理解されています。では、この能力を高めるにはどうしたらいいかについて、具体的な方法について解説していきます。

論理的思考能力のアップ

ロジカルシンキングと呼ばれる理論的思考能力のアップを行うことでリスクヘッジを行う能力がアップします。ロジカルシンキングとは「物事を結論と根拠に分解し、両者の論理的なつながりを捉え、理解する」思考方法です。論理的思考能力があれば、複雑な課題を合理的に差分化し事象の整理や因果関係を明らかにすることができます。論定的思考能力を使うことで、大きなトラブルを引き起こした複数の要因や、その関係性を整理することができるため課題解決における糸口を見出しやすくなります。論理的思考能力については、日常のビジネスシーンにおいて「なぜそうなるのか?」「どうしてこうなるのか?」という視点で見ることで培われていきます。

PDCAの習慣化

課題が生じた場合には、都度、解決策を講じ適用していきます。しかしながら、その時その時に講じた対策では不十分な場合も多々あります。リスクヘッジを行う場合においても、過去の課題を整理し今回同様の事象がおきる可能性がないかを検討する必要があります。同様の事象が起きないと判断するためには、課題が生じた際の対策と対策後の再発防止に向けたPDCAサイクルを習慣化し実施しておく必要があります。正しくPDCAサイクルが回り同様の課題を生じさせる可能性がない場合には、リスクに該当しない場合もあります。逆に、PDCAサイクルが正しく行えていない場合には、同様の課題を生じさせる可能性を持っていることになります。こうした事象がおきないためには、PDCAサイクルの習慣化を行い課題発生と解決、解決後の見直しを行える訓練を行う必要があります。

多面的思考能力の習得

リスクヘッジを行うためには、リスクを洗い出す必要があります。リスクを洗い出す場合には、物事の片方からの視点では不十分です。多面的、可能性がある側面全ての視点に立ち物事を見る必要があります。多面的思考能力とは、物事を複数の視点で見ることができる能力です。この能力をアップするためには、思い込みや習慣から離れ0ベースで物事を見る(0ベース思考)習慣付けが必要です。決められた視点だけでは、リスクヘッジの目的である将来起きうる課題に対応する視点が少なくなり、結果的にリスクヘッジが不十分という結論に至ります。このようなことが起きないためにも、多面的思考能力を習得しスキルアップしておくことが必要です。

 

まとめ

本記事では「リスクヘッジ」の定義や使い方、リスクヘッジ能力アップの方法について解説しています。日常のビジネスシーンにおいて、様々な場面で利用されるリスクヘッジが持つ意味と能力の重要性は企業においておさえておきたい内容です。ビジネスを行う上では複数のリスクがあり、そのリスクを回避することでビジネス展開や拡大を図ることができます。本記事の内容を元に、リスクヘッジの理解を深めビジネスシーンで利用して頂きたいと思います。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ