ビジネス用語 に関するコラム記事

136
フリーライダー社員とは?その特徴や社内で実践する対策について解説
フリーライダーとは、会社に対して貢献をせず、給料を得ている人物をさします。本記事では、フリーライダーの特徴やデメリット、社内でフリーライダーを生み出さないための対策などを解説します。フリーライダーへの対策法を知りたい人は参考にしてください。
専門知識を身につける7つの方法|社員育成にも使える自律学習の進め方
専門知識を有し、複雑で高度な内容でも人に分かりやすく説明できることは、今の時代に強く求められる能力です。本記事では、専門知識の概要や ビジネスにおける専門知識の重要性、社員の専門知識を高めるポイントについて解説します。教育担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
リテラシーとは?正しい意味や使われる場面について解説
昨今、ITリテラシーやマネーリテラシーなど、「リテラシー」という言葉がビジネスや日常の場面でも使われることが増えてきています。しかし、何となく聞いたことはあるものの、正しい意味や何のために必要であるのか、あいまいな方も多いでしょう。本記事では、リテラシーの意味や種類、ビジネスにおいてリテラシーが必要な理由、社員のリテラシーを上げる方法について紹介します。
ハロー効果とは?人事評価にもたらす影響や評価エラーを防止するための方法を解説する
心理学用語であるハロー効果を期待する企業は多く存在します。本記事では、企業が期待するハロー効果の目的や人事評価につなげる方法について解説します。ハロー効果が起きる事例もふまえハロー効果の理解を深めていきましょう。
組織で抽象的思考を実践するために必要なものとは?
抽象的思考は、様々な背景を持つ従業員が属する企業において大切にするべき思考方法です。何かを決定するための議論はもちろん、アイディアを出すとき、魅力的なプレゼンテーションを行うときなどにも抽象的思考は非常に有効です。 今回はそもそも抽象的思考とは何か、組織で抽象的思考を有効活用するためには、どのような視点が必要なのかを詳しくご紹介します。
ToBeモデルとは?活用される場面や手順を解
ToBeモデルとは、企業のあるべき姿や理想の状態を明確化するモデルです。ビジネスにおいても、企業の風土改善や業務改善、マーケティング戦略立案などで活用されます。本記事では、ToBeモデルの意味やAsIsモデル、CanBeモデルとの関係性、ToBeモデルが活用される場面や手順、更には役立つ代表的なフレームワークまで、紹介します
オープンエンドクエスチョンとは?その特徴とクローズドクエスチョンとの使い分けも解説
会話の際、特にビジネスにおける会話の際に重要とされるのが、オープンエンドクエスチョンとクローズドクエスチョンの使い分けです。この記事では、オープンエンドクエスチョンを中心に、その特徴や使い分けの方法について解説していきます。
リスク管理とは?そのプロセスやリスク管理の実効性を高める方法を解説
社会環境の激しい変化にともない、不確実性が高まり、企業を取り巻くリスクは確実に多様化しています。そのため、リスクに対する策を講じることで、経営体制を万全にしなければなりません。本記事では、リスク管理の概要や求められる理由から、そのプロセス、実効性を高める方法までを解説します。
プロセスマップとは?プロセスマップ作成の目的や作成手順を解説
組織改編や業務改善などを行う際、実情が把握できていないということがあります。そのような場面で活用できるのが、プロセス全体を可視化する「プロセスマップ」です。本記事では、プロセスマップ作成の意味や目的、代表的な手法などについて紹介します。
リストラクチャリングとは?意味からメリットまで詳しく解説
リストラクチャリングは会社経営をする上で経営者が行う施策だということは理解できるけれど、具体的にどのようなことをするのかまではイメージがわかないという人も多いのではないでしょうか。 この記事ではリストラクチャリングの意味から、行うメリットまで詳しく解説します。
センスメイキングとは?7つの要素と活用例について解説
センスメイキングとは、これまでの経験やできごとに対して何らかの意味づけを行う思考法であり、ビジネスシーンにおいても応用することができます。本記事ではセンスメイキングとは何か、センスメイキングの7つの要素、ビジネスでの活用例について解説していきます。
アルファ―世代とは?特徴やZ世代の違いからみるZ世代の人材育成ポイント
アルファ―世代は、その多くが2030年代以降に就業する世代です。少子高齢化による労働人口の減少という観点から、アルファ―世代を見据えたZ世代の人材育成を進めておかなければなりません。本記事では、アルファ―世代の特徴やZ世代とのデジタル環境や就業観の違い、Z時代の人材育成ポイントについて解説します。
PM理論とは?4タイプのリーダー像やPM型リーダーを育成する方法を解説
PM理論は、リーダーがとるべき行動に着目した行動理論の1つです。この理論を知っておくと、リーダーシップを発揮する場面で、きっと役立つでしょう。本記事では、PM理論の概要から、4タイプのリーダー像やリーダーシップ機能を高めるポイント、PM型リーダーを育成する方法までを解説します。
社内ベンチャーとは?メリットと設立時の注意点を簡潔に解説
「新しく革新的なサービスを生み出したい」「主体性のある従業員の成長を促したい」このような展望を持つ企業にとって、有効な方法の一つとなるのが社内ベンチャー制度です。 新しい事業を、社内の資本を利用してつくるため、スモールスタートできる上に、人材育成の観点からもメリットが大きい制度となります。社内ベンチャーについて、設立時の注意点を踏まえて簡潔に解説します。
みなし役員とは?税法上の取扱いについて判定の基準や配偶者への給与支払いとあわせて解説
みなし役員は、役員として登記をしていないにも関わらず、税法上では役員として扱われます。みなし役員と判定されるかどうかで、給与や賞与の支払額や取扱いが異なります。 企業の経費にも大きく影響が出てくるので注意が必要です。みなし役員に該当するかは、判定基準がわかりづらいので、見落とされがちです。みなし役員の税法上の取扱い、判定の基準や配偶者への給与支払いについて、よくある疑問を踏まえながら解説しています。
マーケティングとは?その意味・手法や戦略を基礎から解説
マーケティングとは、「商品やサービスが売れるようにする一連のプロセス」です。顧客のニーズが多様化していることから、マーケティング活動が思うように進まない方も多いのではないでしょうか。当記事ではマーケティングの意味から、基礎的な手法や戦略を徹底解説します。
ファシリテーションスキルとは?目的や必要なスキルについて解説する
ファシリテーションスキルを保有している人材とはどんな人材でしょうか。本記事ではファシリテーションスキルの特徴やファシリテーターの役割について解説していきます。自社における会議運営などに必要なファシリテーションスキルとは何かを確認し会議の変革につなげていきましょう。
ヒューマンエラーとは?その実例や防止方法について解説する
日常の業務を行っているとミスを侵してしまうことがあります。このミスを起こすことは、誰にでも起こりえることです。こうしたミスについては、ヒューマンエラーと呼ばれています。では、ヒューマンエラーとは何故おきるのでしょうか。本記事では、ヒューマンエラーの定義や注意点について解説しています。ヒューマンエラーの概念を理解し、できるだけ発生させない仕組み作りを行っていきましょう。
プロジェクトマネジメントとは?PMBOKや研修手法、実践する際の注意点をご紹介
プロジェクトマネジメントのスキルは、プロジェクト担当者にとってはもちろんのこと、役職や職種に関わらず役に立つスキルだといえます。この記事ではプロジェクトマネジメントの定義から具体的な手法、スキルを学ぶための方法まで解説します。
人時生産性とは?注目される背景や向上させる方法を解説
今後、労働力人口が減少していくことが予想されるなか、企業の人時性に注目が集まっています。また、実際に企業の経営状況を分析する際、その生産性に着目するケースが増加傾向にあります。本記事では、人時生産性の内容や算出計算方法、人時生産性を向上させるための具体的な方法について解説します。
SNSマーケティングとは?具体的な手法や事例をもとに解説
多くのマーケティング手法があるなかで、SNSマーケティングは今、非常に有効な手法として注目を集めています。多くの企業が各種ソーシャルメディアの活用をしており、「検索の主流はWebからSNSへ」とまで言われています。今注目を浴びているSNSマーケティングとは何か、詳しく解説していきます。
KJ法とは|ブレインストーミングを活用するやり方や実施のメリット・デメリットを解説
KJ法は、断片的な情報やアイデアを効率よく整理する際に使われる手法のことです。 50年以上前に川喜田二郎さんによって提唱された考え方ですが、今でもビジネス現場で頻繁に使われています。 この記事では、KJ法のやり方やメリット・デメリットを分かりやすく解説します。
GX(グリーントランスフォーメーション)とは?基礎知識と先行事例について解説
地球温暖化や気候変動などの問題意識が全体で高まる中、気候変動を減少させる対策として、世界中でGX(グリーントランスフォーメーション)という対策が進んでいます。 GXでは、脱炭素社会の実現を目指しており、世界中の多くの産業が再生可能なクリーンエネルギーへの転向を行っています。本記事では、GXの基礎知識やGXに取り組んでいる企業の事例について紹介します。
セクショナリズムはなぜ批判されるのか?要因と改善方法とは
セクショナリズムは会社や組織を運営する上で生じる問題です。このような問題はセクショナリズムに限らずある一方で、セクショナリズムが生じると組織が強く批判される理由になりかねません。 では、なぜセクショナリズムが生じるのでしょうか。また、その改善方法にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。
リーンマネジメントとは?結果を最短で生み出す方法を徹底解説
リーンマネジメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。経営の最適化を図りながら、最短距離で結果を出すことができるリーンマネジメントは、現在注目を集めているマネジメント手法です。 今回は、リーンマネジメントの概念や、リーンマネジメントが注目されている背景について詳しくご紹介します。
事業にイノベーションをもたらすゾーンマネジメントとは?
ゾーンマネジメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ゾーンマネジメントとは、破壊的変化が起きているこの時代に重要なマネジメントの手法です。 自社で新規事業の創出に取り組まれている方はもちろん、既存事業を守りながらビジネスを展開していく方にとっても、重要な手法であるゾーンマネジメントについて、概念から詳しくご紹介します。
システム思考を活かした組織運営とは?
組織が拡大すると、優れたマネジメント人材が必要となります。圧倒的な牽引力、メンバー一人ひとりのパフォーマンスを最大化する能力など、マネージャーやリーダーに求められる資質は一つではありません。 中でも重要なのが、組織マネジメントにおけるシステム思考です。本記事では、システム思考とは何か、なぜシステム思考が重要視されているのかなどについて詳しくご紹介します。
データリテラシーとは?社会人として必要な新たな常識を解説
我々の日常にはデータがあふれかえっています。ビジネスにおいても日常生活においても情報が飛び交い、その情報の真偽は定かではありません。特にビジネスにおいてはデータ分析の繰り返しです。分析して改善して行動して再度分析してを繰り返し効率的に成長を続けていく必要があります。そんな、日常にあふれる「データ」を正しく理解する能力であるデータリテラシーについて解説します。
evpとは?企業が重要視すべき理由を詳しく解説
evpとは、企業において従業員に提供すべき価値として近年注目を集めています。 労働に対する対価が金銭だけでよかった過去とは違い、現代では働き方改革など、企業にとって金銭以外での働く意味などを求める方が増えてきています。 本記事ではevpについて詳しく解説するとともに、なぜevpが必要なのか、具体的にevpを公開している企業の紹介など含め詳しく解説していきます。
MBOとは?導入の手順からメリットまで詳しく解説
企業で成果を上げるためには目標を立ててそれを達成する必要がありますが、近年は仕事を通じて組織に貢献するだけではなく、自己成長を望む人も増加してきています。この記事では日本でも多くの企業が導入し、組織と個人の両方が生産性を高めることのできる目標管理の手法、MBOとは何かについて詳しく解説します。
ハッカソンとは?定義から企業が開催するメリットまで詳しく解説
IT技術の進歩とともにエンジニアにはさまざまなスキルや経験が求められますが、それらは一朝一夕には身に付きません。しかし、一定期間でより技術的に進化できるイベントがハッカソンです。この記事ではハッカソンの定義から企業が開催するメリットまで詳しく解説します。
組織崩壊とは?崩壊のメカニズムと未然に防ぐための対策を解説
変化の激しい現代社会で組織が長く生き残るためには、組織内部の危機管理に意識を向けることがとても大切です。そこで、昨今注目されるテーマが「組織崩壊」です。今回は、組織崩壊のメカニズムと、未然に防ぐための対策について詳しく解説します。組織崩壊に関する正しい理解を深めることで、会社の危機管理に役立てていきましょう。
バックオフィスDXとは?デジタル化のメリットとポイントを解説
バックオフィスは、会社機能を維持するうえで欠かせないセクションです。業務内容は多岐にわたり、なかには煩雑で手間のかかる作業も多く存在します。 しかし、バックオフィス業務は定型化できるものも多く、デジタル技術を導入することで大幅な効率化を図る余地があるようです。 本記事では、バックオフィス業務のDX化のメリットと、推進のポイントについて解説します。
第4次産業革命とは?必要なスキルと求められる人材育成について解説
18世紀後半にイギリスで起きた産業革命は、紡績機の発明と蒸気機関の改良により、それまでの産業構造に大きな変化をもたらしました。 時を経て21世紀の現代は第4次産業革命の真っ只中といわれ、デジタル技術を中心に大きな変革が起きています。 当記事では、第4次産業革命が社会にもたらす変化と、変化のなかで活躍する人材像について解説します。
2025年の崖とは?「経済産業省DXレポート」からわかりやすく解説
2018年に経済産業省は、日本におけるDX推進を目的とした文書、「DXレポート」を発表しました。レポートには「2025年の崖」という言葉が出てきます。 「2025年の崖」は、同レポートでは、国内のデジタル化の遅れに警鐘を鳴らす目的で用いられています。2025年に何が起きるのでしょうか。 本記事では、「2025年の崖」の概要を「DXレポート」をもとに解説します。
社内DXとは?取り組むべきアクションと推進のポイントを解説事例付き
近年、AIやIoTなどデジタル技術の急速な発展にともない、DX推進は企業戦略において欠かせない取り組みとなっています。 しかしながら、その取り組みが思うように進まない企業も、多いのではないでしょうか。 本記事では、日常業務の効率化を図る「社内DX」の概要と取り組むべきアクション、推進のポイントを事例を交え解説します。
建設DXとは?現場への導入方法と注意点を徹底解説
建設業界での競争力を高める上では、慢性的な人手不足や、危険作業のリスクが伴うなどの課題の解決が不可欠です。そこで検討されるのが建設DXです。本記事では建設DXの概要や現場への導入方法、注意点について解説します。これから自社のDXを推進したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
デジタル化とは?社内導入のメリットからポイント、推進方法について解説
近年は情報社会と言われる程、自治体・民間企業で情報システムが使用され、業務の効率化や簡略化が進んでいます。そんな現代で「デジタル化」というワードを耳にするようになった方も多いと思います。これから社内でデジタル化を推進していこうと考えている担当者もいるのではないでしょうか?本記事では、よく耳にするようになったデジタル化の概要から社内に導入するメリット、ステップについて解説します。
企業でMVVが重要な理由とは?導入する手順・浸透させるために重要なことを解説
企業としてMVVを定め社内に周知させることは、企業の生産性を高めるうえで重要です。しかしながら、MVVを重要視していない企業も多いのではないでしょうか。本記事ではMVVが重要な理由、MVVを導入する手順、MVVを浸透させるために重要なことについて解説します。
ダイナミックケイパビリティとは?激しく変化する世界で求められる経営理論を解説
変化が激しい現代、どうすれば企業は生き残っていけるのでしょうか。そのためには、政府も注目するダイナミックケイパビリティという考え方が役立ちそうです。当記事ではダイナミックケイパビリティについて、その内容を成り立ちも含めて解説していきます。
ビジョンとは?共有するメリットからビジョンマネジメントの方法まで詳しく解説
企業活動をする上でビジョンを掲げ、従業員に浸透させるのは大切だと聞くけれど、それがビジネスにどんな良い影響を与えるのかがイメージできないという人も多いのではないでしょうか。 この記事ではビジョンとは何かからビジョンマネジメントの方法まで詳しく解説します。
PREP法とは?ビジネスでのメリットから社員研修のポイントまで詳しく解説
仕事で従業員が社内や社外の人とコミュニケーションをする際に、伝わりにくくて相手を困らせるといった事態はできるだけ避けたいものです。 しかし周囲の人に自分の意図をうまく伝える方法をどのように身に着けさせればよいかよくわからない人もいるでしょう。 この記事では、文章や会話において伝えたいことを理解しやすい形で伝えるためのフレームワーク、PREP法について詳しく解説します。
ナレッジマネジメントとは?定義から企業が行うメリットまで詳しく解説
ナレッジマネジメントとは個人や企業が持つ知恵を企業全体で共有する経営手法のことを指します。転職市場が活発化し、企業が得た知識やノウハウを社内に効率良く残したり、継承したりするのが難しくなっている現在、競争力を維持するためにもナレッジマネジメントは企業にとって重要な手法だと言えるでしょう。この記事ではナレッジマネジメントとは何かから企業が行うメリットまで詳しく解説します。
ロジカルシンキングに欠かせない「MECE」とは?考え方と特徴について解説する
本記事では、ロジカルシンキングに欠かせない「MECE」について解説しています。フレームワークの代表とも言われるMECEについての特徴や考え方を理解し、ビジネスシーンで活用してください。その他にも利用できるフレームワークを紹介していますので、それらについての理解も深めていきましょう。
プロスペクト理論とは|事例や概要、人材育成における活用法を紹介
人事担当者のなかには、「プロスペクト理論ってなに?」と感じている方も多いのではないでしょうか。マーケティング手法として用いられるプロスペクト理論ですが、人事領域にも十分に活用できる理論です。今回は、そんなプロスペクト理論をわかりやすく解説していきます。
SoEとは?導入するメリットや成功させるポイントを解説
昨今のマーケットにおいては、スペックが似た商品が多数出回るコモディティ化が進んでいます。このような状況で他社と差別化を図るためには、顧客のニーズに対応して顧客満足度を高めることが求められます。本記事では、顧客満足度の向上につながるSoEについて、導入時のポイントやメリットを紹介しています。
レガシーシステムとは?問題点と脱却に必要な人材をわかりやすく解説
「レガシー」は、「遺産」という意味の単語です。そこから派生して「代々受け継いできたもの」「古き良きもの」といったポジティブなニュアンスを感じさせる言葉でもあります。 しかし、情報システムの分野では「レガシー」は、「古くなった」「時代遅れ」というネガティブなイメージで用いられることが多いようです。 本記事では、「レガシーシステム」の問題点と、脱却に必要な施策、脱却を担う人材について解説します。
機械学習とは?主な種類・手法やビジネスシーンでの活用方法を解説する
新しい技術を活用した「機械学習」が注目を浴びています。機械学習とは、どのような特徴を持っているのか、どうビジネスに役立つかを本記事で解説します。仕組みについて理解しビジネスで活用することで、どの様な変化をもたらすかも理解していきましょう。
リベラルアーツとは?高まる必要性や効用・習得方法を解説
リベラルアーツとは知識ではなくスキルを学ぶ学問であり、人を自由にする技といわれています。本記事ではリベラルアーツが注目される背景やメリット、習得する方法について紹介します。リベラルアーツの導入を考えている人は、ぜひ本記事を参考にしてください。
ディープラーニングとは?機械学習との違いや活用事例について解説
ディープラーニングとは機械学習の一種であり、今後のAI技術の発展に欠かせない技術です。理論としては以前からありましたが、今改めて注目され活用され始めています。当記事ではディープラーニングとは一体なんなのか、どのように活用されているのかについて解説します。
ファシリテーターとは?司会との違いなど会議におけるその役割を解説
会議には、立場や意見がことなる複数の人が参加することが一般的です。会議などを円滑に進め、有意義なものとするためには、進行役であるファシリテーターの役割が重要です。 数名から多くの人が参加する会議は、なかなか意見が出なかったり、あるいは一部の人の意見に左右されたりしがちです。会議では本来、参加者全員から意見を引き出し、結論を導くことが重要です。 当記事ではファシリテーターについて、概要からその必要性、必要なスキルなどを紹介していきます。
メラビアンの法則とは?定義からビジネスでの活用法まで詳しく解説
ビジネスにおけるコミュニケーションの場で、よく利用されるのが心理学です。心理学の法則を用いると、ヒューマンスキルを効率よく上げていけるためです。この記事では、印象を良くするコミュニケーションとは何かを考える上で重要な、メラビアンの法則について詳しく解説します。
コーポレートガバナンスの定義とは?企業で強化が求められる背景や事例について解説
コーポレートガバナンスは、今、企業の姿勢を表す上で重要な仕組みです。本記事では、アバナンスとはなにか、混同しやすい用語との違いからガバナンス強化で成功した3社の事例をご紹介していきます。企業姿勢として当たり前となってきているコーポレートガバナンスの仕組みを理解し企業価値を高めていきましょう。
営業事務とは?業績に貢献する営業事務の育成ポイントについて解説
営業事務という職種について、明確に説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。「営業事務」は「営業アシスタント」とも呼ばれることもありますが、両者の違いは何でしょうか。当記事では営業事務の業務内容と、営業をサポートし業績に貢献する優秀な営業事務の特徴と、育成ポイントについて解説します。
会議を円滑に行うファシリテーションとは?会議におけるファシリテーションの方法について解説する
日々のビジネスシーンにおいて会議を全く行わないという企業はありません。何かを決める場合などにおいては、会議を行い意見交換の後に決めていくことが日常です。では、その会議は円滑に行われているでしょうか。本記事では、会議を円滑に行うためのファシリテーションについて解説していきます。
米空軍発祥のOODAループとは?構成する要素や導入するメリットを解説
OODAは近年注目されている意思決定のフレームワークの一つです。 不確実性の高いVUCAの時代とも言われるような、将来を予測することが困難な変化の激しい昨今において注目されています。 OODAは意思決定の速度を上げるという点で、より実践的な現場に即していると言えます。 当記事ではOODAについて、どのようなフレームワークなのか。 また、どんな時に用いるべきなどを踏まえて紹介していきます。
予実管理とは?進め方や行う時のポイントを詳しく解説
企業では期初に目標を定め、その目標を達成するために計画的にさまざまな施策を行います。目標を達成するためには当初の計画と実績を適宜把握する必要がありますが、その際に役立つのが予実管理です。この記事では予実管理の進め方から行う時のポイントまで詳しく解説します。
ファシリテーションマネジメントとは?求められるスキルや実践するうえでの注意点について解説する
ファシリテーションは、ビジネスシーンで会議やコミュニケーションを円滑にする上で重要視されるスキルの1つです。ファシリテーションをおこなうえで、「ファイリテーションマネジメント」という立ち位置、行為があります。本記事では、ファシリテーションマネジメントに焦点をあて、ファシリテーションの定義やマ必要なスキル、運用上の注意点について解説します。
オズボーンのチェックリストとは?使い方や上手に進めるコツを解説|活用事例も
新たなアイデアを得る際に、できるだけ短時間に効率良く、アイデアを出したいと考えることがあるでしょう。自由に発想を広げていくほど、まとまらないということもあります。そこで、ご紹介したいのがオズボーンのチェックリストです。本記事では、オズボーンのチェックリストとは何か、使い方や進める際のコツ、改良版のSCAMPER法について解説します。また、商品開発に用いられた活用事例もご紹介します。
eラーニングとは?意味・メリットデメリット・実施方法について解説
さまざまな学習のスタイルがある中で、近年eラーニングは学習スタイルの主流になりつつあります。従来のような講師と受講者が対面で顔を合わせて行う講座形式の研修とは違い、場所や時間などを制限されないという点は、eラーニングの魅力の一つです。 この記事では、eラーニングのメリットやデメリットを紹介するほか、企業でeラーニングを導入する際のポイントなどもご紹介します。eラーニングに関する知識が曖昧になってしまっていた方や、今後eラーニングの導入を検討されている方はぜひお役立てください。
ダイレクトマーケティングとは?ほかの戦略との違いやメリット、デメリットを解説
私たちの日常は、すでに多くの情報や広告に囲まれています。情報や広告が増えていくほど、ダイレクトマーケティングの有効性は高まります。当記事では、情報がパーソナライズ化されていく社会において欠かせない、ダイレクトマーケティングについて解説します。
コングロマリットとは?主な手法やメリット・デメリットについて解説する
コングロマリットとは、異業種同士の企業が合併や買収などによって発達した企業体のことを示します。 子会社を持つグループ企業の組織編成には、いつくもの様式があり、その方法の一つに該当します。本記事では、コングロマリットについて、その特徴やメリットなどについて解説していきます。
ハンズオンとは?M&Aや投資を行う際に必要な概念について解説する
M&Aや投資を行う際に用いられる用語に「ハンズオン」があります。では、ハンズオンとはどういう意味を持ち特徴を持つのでしょうか。本記事では、ビジネスに用いられるハンズオンの意味やメリット、その特徴について解説していきます。ビジネスシーンで利用される用語についての理解を深め、適切な活用を行っていきましょう。
クライシスマネジメントとは?プロセスや事例から学べるポイントを解説
予想外の事故や災害に対する適切な対応や、二次災害を防いで早期復旧を目指すためにも、クライシスマネジメントは企業が取り組むべき重要な課題であると言えます。本記事では、クライシスマネジメントのプロセスや、事例から学べるポイントについて解説します。
CI(コーポレート・アイデンティティ)とは?その目的やメリットから企業事例について解説する
企業に必要なCI(コーポレート・アンデンティティ)とは、どのような意味を持つ用語なのでしょうか。現在、企業ブランド戦略の中で必要な概念として、多くの企業が取り入れている考え方です。本書は、コーポレート・アイデンティティについて、その用語の意味や役割について解説していきます。
ゲーミフィケーションとは?成功させるポイントや活用事例を紹介
サービスにエンターテイメント性を持たせて、商品の購入率や来訪頻度のアップ、認知向上などを図る「ゲーミフィケーション」を活用した施策が注目を集めています。本記事では、ゲーミフィケーションの目的や、成功させるためのポイント、企業事例等を幅広く紹介します。
カーブアウトとは?実施するうえでの留意点や成功事例を紹介
カーブアウトとは、企業が事業の一部分を切り出して、その事業を社外事業のひとつとして独立させる経営手法のことを指します。本記事ではカーブアウトのメリット・デメリット、また具体的な実施方法について紹介します。これからカーブアウトを実施したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
アカウンタビリティが企業に求められる理由と実行策を解説
アカウンタビリティとは、企業が株主や債権者などのステークホルダに対して果たすべき、会計上の説明責任を指す言葉です。本記事ではアカウンタビリティの背景や使われる場面、またアカウンタビリティ実行について紹介します。アカウンタビリティの導入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。
OARRとは?4つの項目と具体例を会議に活用するメリットやポイントとともに解説
会議の質を改善し、効率的に行うためのフレームワークとして「OARR」が注目されています。無駄な会議は社員の時間を浪費し、モチベーションを低下させる原因になりかねません。本記事では、OARRの概要と具体例や、会議に活用するメリットとポイントを解説します。
内容証明郵便の意味と届いた場合の会社側での対応について解説する
内容証明郵便にはどんな意味があるのでしょうか。会社に内容証明郵便が届いた場合の対応や内容証明郵便が持つ意味について解説していきます。内容証明郵便を放置することにはリスクがあります。どのように対応していけばいいかなどについても理解していきましょう。
デジタルレイバーとは?導入のメリットや活用方法・RPAとの違いについて解説
デジタルレイバーとはテクノロジーが人間に代わって業務を担う考え方のことです。テクノロジーの進歩により、デジタルレイバーは人の代わりに多くの業務を担えるようになりました。当記事では、デジタルレイバーの意味・重要視される理由・得意とする業務・導入のメリットなどを詳しく解説します。
ビジネスマナーとは?基本マナーの内容から研修方法・種類まで解説
ビジネスパーソンへの第一歩として、人事・総務部の担当者の方は新入社員にビジネスマナーを教えますが、内容が多岐に渡るため苦戦する場合も多いのではないでしょうか。 この記事では取引先やお客様に対して恥ずかしくないビジネスマナーを新入社員に身に着けさせるためのポイントを詳しく解説します。
タイムマシン経営とは?現代においての経営活路の見出し方について解説
日常生活において身の回りにあふれるサービスや商品はどこからきたのでしょうか。いま生き残って利用されているサービスの多くが、もともとは海外から輸入してきたアイディアであったり、日本が発明して海外でも普及しているアイディアです。タイムマシン経営とは海外のビジネスモデルを先取りして日本で取り入れることです。日本企業の発展に欠かせない経営手法であるタイムマシン経営ついて解説します。
コンプライアンスとリスクマネジメントとは?意味や違反事例、内部統制の手法を解説
コンプライアンスとは、企業が法律や社会規範といった規則を遵守することです。コンプライアンス違反をしてしまうと、企業の信頼を大きく損ねてしまいます。当記事では、リスクマネジメントの対象や内部統制の方法・コンプライアンス違反の事例を解説します。
クロスマーケティングとは?最適なマーケティング戦略を取るための手法を解説
多くの広告であふれかえる現代において、マーケティング手法も多様化してます。しかしマーケティング手法には、それぞれにメリットとデメリットがあり、狙った効果を出すことは難しいのが現状です。そこで当記事では、各マーケティング手法のデメリットを打ち消す、クロスマーケティングについて解説します
メルクマールとは?正しい意味と目標設定時の注意点について解説する
メルクマールとは、ビジネスの現場において「指標」「基準」をを示す用語として利用されます。最終目標の達成に向けた中間地点の指標の意味で利用されることがあります。本記事では、メルクマールの定義や、注意点、導入事例について解説しています。正しい意味を理解し、ビジネスにおいて活用していきましょう。
チャンクダウンとは?意味からビジネスコミュニケーションでの活かし方まで詳しく解説
コーチングやカウンセリングなどで用いられる、心理学を使ったコミュニケーション手法の1つにチャンクダウンがあります。ビジネスではマネジメントで良く使用される手法ですが、課題解決や目標達成に役立つため、この記事では意味から活用方法まで詳しく解説します。
カークパトリックとは?4段階評価法のメリットや問題点を解説
カークパトリックモデルとは、アメリカの経営学者カークパトリックによって提唱された研修の効果測定法です。当記事ではカークパトリックモデルのメリットや問題点について紹介します。これからカークパトリックモデルを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
業務改善とは?目的と正しく改善するための方法をご紹介
業務改善は企業の成長において欠かせません。改善の重要性は、昔から知られてきました。そもそも「カイゼン」は日本の製造業から誕生した考え方で、海外でも「kaizen」と呼ばれているほどです。業務改善にも新しい手法や考え方が次々に生まれてきています。この記事では、現代においての業務改善について詳しく解説していきます。
KKDとは?日本の製造業で培われてきたKKDを解説
昨今、AIが人間の仕事を奪うという話題が上がるようになりました。AIが分析して判断をして業務を行うことが可能になれば、確かに人間の仕事は減るかもしれません。ですが、AIに取って代わられないであろう領域もあります。それこそが人間が今まで培ってきた経験と勘と度胸です。当記事ではKKD(経験・勘・度胸)について解説します。
エレベータートークとは? 相手の時間を奪わないコミュニケーションのコツを解説
エレベータートークとは、同じエレベーターに乗り合わせたくらいの短時間の会話で相手の印象に残り、伝えたいことを伝えるためのトークスキルのことです。ビジネスにおけるコミュニケーションは相手の時間に配慮することも重要です。当記事ではエレベータートークの紹介と、相手に伝わりやすいコミュニケーションのコツを解説します。
ロジカルライティングとは?ビジネスで必要不可欠なスキルを解説
ロジカルライティングを学ぶことで論理的で読みやすい文章を書けるようになります。ビジネスにおいて、メールや提案書などを書く機会も多いでしょう。日々さまざまな文章が飛び交うビジネスにおいて、読み手に正しく伝えることは必須のスキルです。いまや欠かせないスキルとなったロジカルライティングについて解説します。
リスクヘッジの意味や利用事例と能力アップポイントを解説する
ビジネスにおいて「リスクヘッジする」ということがあります。ビジネスにおけるリスクヘッジとはどんな意味を持つのでしょうか。本記事では、リスクヘッジの意味と使い方の事例を解説していきます。また、リスクヘッジを行う能力アップの方法についてもご紹介していきます。
ミッションステートメントとは?重要性や作成方法を事例を踏まえて解説
元々従業員へ企業の想いを共有するために使われていたミッションステートメントですが、現在では社外へ発信していく際の戦略的なツールとしても使われています。価値観や社会的使命といった概念は非常に曖昧になりがちです。当記事ではミッションステートメントとは何かという基礎的な事柄から応用事例まで解説します。
コアバリューとは?コアバリュー経営を行うことで得られる効果を紹介
コアバリューの定義や必要とされる理由、導入により期待される効果について、本記事では紹介しています。また、コアバリューを実際に活用している企業について事例を紹介していますので、コアバリュー経営を検討している方はぜひ本記事をお役立てください。
アウトカムとは?アウトカムを活用するメリットから活用のポイントや業種別事例までを紹介
アウトカムは、医療・経済の研究をはじめ、さまざまな業界や業種で、積極的に活用されています。本記事では、アウトカムとはどのようなものか、そしてアウトカムを捉える上で不可欠なインプット・アウトプットとの関係、活用するメリットと活用のポイント、業種別活用事例をご紹介します。
ビジネス課題を解決する課題解決フレームワークの種類と使い方を解説
ビジネスにおいて課題はつきものです。そして課題に直面した際にフレームワークに落とし込んで分析することは欠かせません。課題に当たる都度コンサルタントに頼っていては費用がいくらあっても足りません。また、そもそもコンサルタントもフレームワークをベースに課題を分析します。自社でも課題解決が可能になるように課題解決に使えるフレームワークをご紹介いたします。
ヒヤリハットとは? 事故防止への取組みと安全教育の重要性について解説
「ヒヤリハット」とは、一歩間違えば重大な事故に発展したかもしれない「ヒヤリ」としたり、驚いて「ハッとする(ハット)」ような事象のことです。この「ヒヤリハット」事象を戦略的に活用し、労働災害防止に役立てる企業も多くなっています。当記事では企業における労働災害防止の取組みと、安全教育の重要性について解説します。
ポートフォリオマネジメントとは?最適な経営戦略のために手法と事例を解説
経営活動において、資源の適切な配分は重要です。資源は有限であるため、有効に配分しなければなりません。ポートフォリオマネジメントは最適な投資の意思決定を、合理的に行うマネジメント手法です。分析により合理的な判断が可能ですが、そこには注意点もあります。当記事では、ポートフォリオマネジメントの手法について、事例を交えて紹介します。
科学的管理法とは?定義からビジネスでの活用方法まで詳しく解説
現在の大量生産方式の礎となる考え方と言える科学的管理法は、飛躍的な生産効率の改善をもたらしたことから称賛された反面、非人道的など批判されるなどの問題点もありました。この記事では科学的管理法の定義からビジネスでの活用方法まで詳しく解説します。
SDGsとは?社内に浸透させるポイントを解説
近年耳にするようになったSDGs。大企業を中心にSDGs活動に取り組む日本企業が増えています。しかし、いざ社内で取り組もうと思っても「どうやって浸透させればいいの?」と悩んでいる企業担当者は多いはず。本記事では、SDGsが社内で浸透しない理由や取り組むメリット、浸透させるためのステップについて解説します。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ