9/27(Mon)

今日の生放送

マーケティング研修の主なテーマや効果的な研修を実施するためのポイントを解説

公開日:2021/07/07
更新日:2021/09/08
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
マーケティング研修の主なテーマや効果的な研修を実施するためのポイントを解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

本記事では、マーケティング研修のテーマを取り上げて、定義から研修コンテンツに関する解説しています。企業において必要なマーケティングとは何かについて考え、研修を通してマーケティング力の強化を図っていきましょう。

 

マーケティングとは

ます最初にマーケティングの定義について確認していきましょう。マーケティングとは何を確認しマーケティングと類似用語との違いを比較していきます。2つの違いを通して、マーケティングの定義を深く理解していきましょう。

マーケティングの定義

日本マーケティング協会は、マーケティングを以下の様に定義しています。

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

ビジネスのおいてマーケティングを簡単に表すと「売れる仕組みを作るための活動」と定義できます。マーケティングとは、商品やサービスを売れるためにはどうすればいいかを検討することです。
参考:日本マーケティング協会

販促の定義

マーケティングの類似用語として、「販促」があります。販促とは、「販売促進」を省略した言葉です。お客様に自社の製品やサービスを知るきっかけを作ったり、購買意欲を促すことを示しています。化粧品やシャンプーのサンプルを配ることは、販促になります。

 

マーケティング力が活かせる仕事とは

マーケティング力があると、どのような仕事に適しているのでしょうか。マーケティング力を活かせる職種を紹介します。本記事でご紹介している以外にも、マーケティング力を活かせる部署はありますが、主な業種は以下の通りです。

商品開発

消費者調査などを基に、マーケットに求められているものは何かを探り、競合会社の商品ラインナップなどを考慮した新しい商品やサービスを作り出す仕事です。商品のコンセプトの立案、試作品の制作などを通して商品化をはかり、経営陣へのプレゼンテーションなども担当します。

営業企画・販売促進

商品、サービスを拡販するための営業手法や販促施策を考える仕事です。ターゲットとなるエリアや顧客層をもとに営業戦略、キャンペーン施策などを検討し実施していきます。いかに消費者の目に留まるか商品を手に取ってもらうかを考え購入特典やプレゼントキャンペーンなどの企画も担当します。

市場調査・分析

商品企画、営業企画、販売促進のベースとなる市場データを集め分析した結果をもとにに「どんな商品やサービスを作れば市場に受け入れられそうか」などのな営業戦略を立てればいいかなどを検討し企画所書などにまとめる仕事です。

広告・宣伝

いかに商品・サービスの魅力が伝わるかを考え広告戦略や広告デザイン、広告を出す媒体などを検討する仕事です。インターネット広告を始めテレビCMなどの媒体の選定や掲載期間を決めてる役割も担っています。

 

マーケティングに必要なスキルとは

次にマーケティングに必要なスキルについて解説します。マーケティングの仕事を行う際には身に付けておきたいスキルです。全てのスキルが揃わないとマーケティングの仕事ができないということではなく、継続的なスキルアップにより習得していきたいスキルです。

データ分析力

様々なデータを扱い市場調査などを行うため、データ分析力が必要になります。データを集めること、集計しグラフ化するなどの他にフレームワークなどを活用し本質を見出す必要があります。データ分析力は、継続的な学習により習得可能なスキルです。

コミュニケーション力

取引先を始め多くの人に会うマーケティング部隊には、コミュニケーション力が必須といえます。自分の主張を整理して伝え、相手の意向も正しく理解することが必要であり、様々な場面で協力をしてもらうことでの感謝の気持ちも忘れてはいけません。基本的な礼儀作法についても習得しておく必要があります。

情報収集力

情報が溢れている現在の中で、目的を達成するために必要な情報を選別して収集する必要があります。収集されたデータの中にも不要となるものもありため、別途、選別を行い情報を蓄積し管理する能力が必要です。

プレゼンエーション力

マーケティングの後に商品やサービスを開発する場面などにおいてプレゼンテーションスキルは重要です。簡潔に論理的に説明を行い社内への承認を取る必要があります。また、取引先などで製品製造に関わる際もコンセプトや留意点の説明などをおくため必須のスキルといえます。

 

マーケティング研修のプログラム例

マーケティング研修は実際にどのようなプログラムで構成されているのでしょうか。次にマーケティング研修のプログラム事例をご紹介します。研修機関によりタイトルは異なりますが、基本的な要素は同じです。

マーケティング戦略とは

マーケティングの基礎的な部分です。マーケティングとは何か、役割や期待されることを学んだ後にマーケティング戦略の立案に関するデータの扱いや、立案時の注意点、そして、プレゼンテーション技法について学びます。

マーケティング戦略構築の流れ

次にマーケティング戦略構築の流れを学び実際に演習などを通して戦略立案を体験します。演習が入ることで、座学に比べて実戦的な知識習得が可能です。同時に、自社における商品販売などの戦略立案を個人演習で行うことがあります。

マーケティングリサーチ

基本的なマーケティングリサーチ方法について学びます。同時にリサーチデータをどう扱うとよいかをフレームワークを活用し体感していきます。フレームワークについては基礎的なもののみを演習を通して理解していくため、研修後には演習で使った以外のフレームワークを利用し活用の幅を広げていきます。

自社分析の基本

マーケティング研修の中で取り扱われる自社分析においては、思い込みを無くし客観的な視点で、かつ論理的なデータをもとに分析する演習を行います。自社における市場の優位性や強味弱味の演習を通して自社理解も深まっていきます。

外部環境分析

自社を取り巻く外部環境分析も演習で取り上げられます。市場の変化のスピード、変化の前と未来の予測、それが自社にどう影響するかを分析していきます。外部環境の変化を分析した後には、自社商品への影響などについても分析し理解を深めます。

 

マーケティング研修で身につくスキルとは

マーケティング研修で身につくスキルには、どのようなものがあるのでしょうか。研修を通して習得できるスキルについて整理し、目的をもった研修参加になるように働きかけることも人事部門の役割です。

マーケティングの基礎知識

マーケティングに関する基礎知識が身につき、マーケティング力を活かした仕事の仕方について自分自身の環境を整理することができます。自分に与えられた役割の意味を理解し行動に映すための基礎準備をができるようになります。

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングを始めとする思考法やフレームワークの活用方法を理解し実務で役立てることができます。思考法やフレームワークの種類は多いため、一度の研修で全ての説明はありませんが、主要なものを理解することで実務で役立つ即戦力になります。

企画力

企画書の作成の仕方や記載方法を学ぶことで、実務での企画書作成に役に立ちます。まーkティング担当者はページ数などは違っての企画書を作成します。企画力が身につくことで実務面での企画書作成がスムーズに行われる生産性の向上にも期待できます。

データ分析力

データ分析の技法を学ぶことにより、データの扱い方や分析の効率化や仮説の精度向上に期待できます。データ分析の手法は思考法と同じように様々ですが、基本となる手法を理解することで、時には部門内の分析方法に変化を生じさせることもあります。

 

効果的な研修を実施するうえでのポイント

次に、効果的な研修を実施するためのポイントについて解説します。研修を実施したとしても成果が出ない研修では意味がありません。どんな点に注意をして研修を実施するべきかについての理解を深めましょう。

研修での到達目標を理解させること

参加者には、研修での達成目標を理解させて参加させる必要があります。研修終了後に担当する業務を伝えておくなど、達成目標を理解し研修に参加することで課題などをクリアしなければいけない前向きな姿勢を作ることができます。

実践で使いながら定着させること

研修に参加しただけでは意味がありません。研修で学んだことを実戦で使える環境を用意することも必要です。知識を実務で活かし、定着させてこそ研修参加の目標を達成したといえると理解しておくことも大事です。研修参加前には学んだことを、実践ではどういかして欲しいかなどを伝えておくことも必要です。

振り返りや確認テストを実施すること

研修後には、研修内容の振り返りや確認テストを行い理解度の測定を行います。理解度の低いテーマについては、復習とフォローを行い実践で役立つ知識にしておくことが大事です。理解度が低い部分は、苦手な分野である可能性もあるため、研修後のフォローはしっかりと行いましょう。

 

マーケティング研修の選び方とは

外部のマーケティング研修を利用する場合には、以下の点について確認をしていきましょう。外部で集中的に学ぶこと、体系だった研修コンテンツを学習できるなどのメリットもあるため慎重に選び参加を促していきましょう。

自社や職種に合わせてプログラムを組めるか

既にプログラム内容が決まっている研修以外であれば、自社にあった研修プログラムを構築えきるかを確認しましょう。自社と同じ業種や形態と類似している先での研修実績がるなどを確認し研修会社を選定していきましょう。

演習を盛り込んでいるか

研修プログラム中には、演習を盛り込んでいるかの確認が必要です。様々な知識を座学だけで吸収することは難しく演習を行うことで理解を深めていく必要があります。演習がある程度のタイミングで盛り込まれていることで理解度の定着が促進されると考えておきましょう。

研修の振り返りやフォローアップ体制が充実しているか

研修後の振り返りが実施されるかはプログラム中で確認をします。また、フォローアップ体制が整っており研修終了後の質問などに対応できるかも研修選びのポイントです。できるだけ長い期間サポートができる研修機関が最適です。

受講者のレベルに合わせたコースが設けられているか

受講者のレベルにあったコースが用意されていることも選考のポイントです。初級、中級。上級と上がって受講できると、段階をおいつつも体系だった内容で研修を受けることができます。また、何かのスキルの特化した研修があれば、苦手分野の

 

まとめ

本記事は、マーケティング研修をテーマに研修テーマや研修の選び方まで解説しています。今後、マーケティング研修の受講を検討する際の判断材料にして頂き、実践に役立つ知識を習得していきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ