アサインとは?その意味やビジネスシーンごとの利用例について解説する

公開日:2021/12/02
更新日:2022/05/26
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
アサインとは?その意味やビジネスシーンごとの利用例について解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ビジネスシーンで利用する「アサイン」とは、”任命する”などの意味を持つ用語です。では、どのような場面で利用することが正しいのでしょうか。 本記事では、アサインについての定義や利用例を含め解説しています。正しい意味や利用例を参考に相手に正しく伝わるように活用していきましょう。

 

01アサインとは

アサインとは、「任命する」や「割り当てる」という意味を持つ単語です。ビジネスシーンにおいては、「仕事の担当者をアサインする」「新しいポジションにアサインする」などのように利用されます。ビジネスシーンでは、その他にも「仕事を割り当てる」「役職などを任命する」「席を割り当てる」などのように利用されます。

人事では配属の意味で用いられる

人事のおいては、配属等の意味でも利用され、人を対象として使われることが一般的です。その他のシーンにおいては、席や部屋を割り当てる際などに利用し、物や空間を提供する際にも利用されます。このように、1つの単語が場面や対象となり異なる意味を持つ場合があります。正しく相手に伝えるためには、単語の意味を説明する、補足するなどの配慮も必要となる点を理解しておくことも大事です。言葉一つで、相手への伝わり方が変ることでのトラブルは日常のビジネスで潜んでいる注意点であることを理解しておきましょう。

 

02類似用語との違い

アサインと類似している用語との違いについて解説していきます。類似用語との違いを正しく理解し、ビジネスシーンにおいての使い分けを行っていきましょう。類似用語については、誤った解釈で利用することで、後々に大きな誤解となる可能性があることを理解しておくことも大切です。用語を使う際には、意図していることが正しく伝わっているかを常に意識しておくことが必要になります。

アサインメント

動詞であるアサインの名詞がアサインメントです。意味は、「割り当て」「任命」です。実際には、アサインではなくアサイメントが正しい表現になる場合もありますが、現在ではアサインがビジネスで利用されています。2つには大きな意味の違いはありません。そのため、どちらを使っても正しく意味が伝わる用語です。ただし、アサインが一般的なためアサインメントを使っても理解されないなど、利用する場面では補足をし使っていくことも必要だと理解しておきましょう。

ジョイン

ビジネスシーンでは「ジョイン」という単語も用いることがあります。ジョインとは「提携すること」「合同で作業をすること」の意味を持ちます。他社と共同で広告出す、複数の企業で建設工事を行う際には類似している「ジョイント」という言葉を用います。このようにビジネス用語においては、類似している用語や複数の意味を持つ単語が多く存在します。アサインとは異なる場面で利用されることが多いジョインですが、企画をジョイントするなど、日常のビジネスシーンでも利用することが多いため、正しく理解しておきましょう。

 

03アサインと対義となる日本語

アサインの対義となる日本語についても理解しておくことが大事です。対義の単語を知っておくと、アサインの意味を正しく理解し使い分けることが可能になります。用語を理解する際には、対義語も合わせて理解しておくと意味を使い分けることも容易になってくる場合も多いので、一緒に覚えていきましょう。

外す

対義語となる「外す」とは、「彼をプロジェクトから外す」「彼女を担当業務から外し、営業部にアサインする」などなどのように、現状のポジションから離すことを意味として利用します。「外す」とは、良い意味で取られない場合もある用語です。そのため、用語の使い方には気を付ける必要があります。多くの場合には、「担当から外す」とは、担当者として不十分であると取られやすいなど、マイナスのイメージを持つ可能性があります。

取り下げる

依頼をしていたこと(アサインしていたこと)を取り消す場合に利用します。具体的には、「発言を取り下げる」「アイデアを取り下げる」などのように利用し、あったことを無くす行為として利用されます。アサインが採用に対して、取り下げるは逆の意味を持つことで使い分けることは容易な単語になります。

 

04業界により異なるアサインの意味

ビジネスシーンで用いられる「アサイン」は、業界によりその意味や使い方が異なります。次に、業界により異なってくる「アサイン」の意味について解説していきます。業界により異なる意味を持つことは、ビジネスシーンにおいても使い分けを行う必要があるということです。正しい意味を理解して使い分けを行い意図を伝えることを意識していきましょう。

IT業界

IT業界では、「数値をアサインする」「この仕様をアサインする」などと利用されます。意味は「割り当てる」となり、「数字を割り当てる」「仕様を担当させる(割り当てる)」の意味として利用します。IT業界におけるアサインとは「キーアサイン」を語源としています。キーアサインとは、キーボードやマウスの一部に独自の設定を割り当て特定の操作をさせ実行することを指します。同じ割り当てるという意味として利用してもIT業界の意味と一般的なビジネスでの利用とは異なることを理解しておきましょう。

ホテルや旅行業界

ホテルや旅行業界にとってのアサインとは、部屋の割り当てなどの意味で利用されます。部屋の割り当ては「ルームアサイン」、席の割り当てには「シートアサイン」などで使用されることが一般的で、いずれも「部屋を割り当てる」「席を割り当てる」の意味となります。利用された者も同様の意味で利用されます。このように、発信者と受取者が同様の意味を持つ場合もある点を理解しておきましょう。

転職業界

転職業界で利用する「アサイン」とは、採用や選出の意味として使われます。「新しい人材をアサインする」などとして利用されされていきます。人材コーディネーターに「新しい人材をアサインして欲しい」と依頼する場合には、「新しい人材を選出して紹介して欲しい」という意味で利用します。アサインされたスタッフにとっては、「新しい環境(部署や職場)にアサイン(採用)された」の意味となり、視点により異なる意味を持つことになります。

 

05アサインを正しく利用する際の注意点

次に「アサイン」の意味を正しく伝えるための注意点について解説していきます。ビジネス用語を用いても相手に正しく伝わらないと意味がありません。ここでは、アサインに限らずビジネス用語を正しく相手に伝えることを意図して注意点を解説していきます。正しい用語を利用していく中で、相手にも正しく意味が伝わる工夫を行っていきましょう。

言葉の意味を伝える

自分達では分かっていても、相手には初めてきくビジネス用語である場合もあります。そのため、言葉をかみ砕いて伝える必要があります。用語の意味を冒頭に伝えたり、意味を説明することなどを意識して行います。相手に意味が伝わった後に、ビジネス用語を利用することができれば、相手には正しく意味を伝えることが可能となりやり取りがスムーズに進んでいきます。特に、説明を行う際には、日本語に置き換える、例を用いて説明するなどの方法が分かり易い方法です。

日本語に置き換える

業界用語として、知っている者同士がビジネス用語で話をする際には問題はありません。しかし、そうでない場合においては、ビジネス用語を頻繁に利用することは避けておくべきでしょう。ビジネス用語の多くがカタカナ用語であり、相手にとっては難しい、分かりにくいと感じる場合があります。アサインについても、「任命する」「割り当てる」など、シーンにより異なる意味を持ちます。そのため、日本語に置き換えて相手に正しく伝える工夫も必要だと理解しておきましょう。あくまで、相手に正しい意図を伝えることが目的です。その目的を忘れず表現方法を変えていくことを心掛けましょう。

業界や業種によって使い分ける

ビジネス用語の使用は、相手によって使い分けることも必要です。業界の人同士であれば、業界で利用しているビジネス用語の意味を知っているので、正しい意図が伝わります。しかし、業界に入りたての人にとってはそうではありません。業界の用語を知らない人にとってビジネス用語が羅列されると正しい意味を理解できず困惑してしまう可能性があります。意図していることを正しく伝えたい際には、相手によりビジネス用語を言い換えるなど正しく伝える工夫を行いましょう。


 

研修をしてもその場限り」「社員が受け身で学ばない」を解決!
研修と自己啓発で学び続ける組織を作るスクーの資料をダウンロードする


■資料内容抜粋
・大人たちが学び続ける「Schoo for Business」とは?
・研修への活用方法
・自己啓発への活用方法 など


Schoo_banner
 

06まとめ

本記事では、「アサイン」について、その定義や利用例を解説しています。そして、ビジネス用語を活用する際の注意点も解説し、正しく伝える工夫の観点も解説しています。ビジネス用語は、場面により異なる意味を持つ可能性があります。これは、日本語でも同じですが、カタカナ用語が多いビジネス用語においては、相手に正しく意図が伝わらない可能性があり大きな誤解を生む場合がも想定される。ビジネスのおいて、正しく意図を伝えることは基本となることであり、必要不可欠なことです。正しく意味を理解し、正しく相手に伝える工夫を常に行い円滑なビジネスを実現していきましょう。アサインについても、同じ用語でも2つの意味があることを理解し、その使い分けを正しく行い活用することが大事です。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ