人事評価・制度 に関するコラム記事

116
ハロー効果とは?人事評価にもたらす影響や評価エラーを防止するための方法を解説する
心理学用語であるハロー効果を期待する企業は多く存在します。本記事では、企業が期待するハロー効果の目的や人事評価につなげる方法について解説します。ハロー効果が起きる事例もふまえハロー効果の理解を深めていきましょう。
人事異動とは?目的や種類、必要な配慮について解説
企業の持続的な発展には、人的資源の有効活用が欠かせません。それぞれの人材が、自身に適した環境で能力を発揮してもらうことが理想です。 多くの企業は、組織運営を最適な状態に近づけるために人事異動を行います。 当記事では、人事異動の目的や種類、人事異動を発令する際に必要な配慮について解説します。
裁量労働制とは?制度の概要や導入のメリット・デメリットをわかりやすく解説
裁量労働制は、働き方改革関連法が施行されたことで、長時間労働の是正や生産性向上に対応する勤務形態として注目されています。適切に運用することができれば、労働者と使用者の双方にメリットがある制度です。本記事では、裁量労働制の概要やメリット・デメリット、導入する際の注意点などをわかりやすく解説します。
アセッサーとは?導入の流れやメリット・デメリット、ポイントを解説
アセッサーとは、人事評価や査定を行う人のことを指します。元々は介護業界でよく使われる言葉ですが、近年は関連したアセスメントセンターなどが人事領域でも導入され、注目されています。本記事ではアセッサーとは何か、アセッサー導入の流れやメリット・デメリット、ポイントについて解説します。
SMARTの法則とは?そのメリットや活用する際のポイントを解説
SMARTの法則は、ビジネスにおける目標設定に有効です。SMARTの法則を活用して目標設定することで、「今何をするべきか」が明確となり、スムーズに次の行動に移れるようになります。自主的に行動できるようになるため、社員のモチベーションアップにつながります。本記事ではSMARTの法則について、メリットや活用するときのポイントについて解説していきます。
コンピテンシーアセスメントとは?評価方法や具体例を紹介
コンピテンシーアセスメントは、人材を評価するうえで重要です。コンピテンシーアセスメントを正しく活用することで、社員のモチベーションを上げたり、成長を促すことができます。当記事ではコンピテンシーアセスメントについて、概要から導入方法まで紹介していきます。
定量評価とは|メリットやデメリットと指標設定のポイントについて解説
定量評価とは、明確な数値基準や方針が掲げられているので評価しやすく、評価への納得感も得やすい人事制度になります。定量評価では物事に対して、数値に着目して捉えて評価するやり方になります。今回は定量評価のメリットやデメリット、指標設定のポイントについてご紹介します。
社内ベンチャーとは?メリットと設立時の注意点を簡潔に解説
「新しく革新的なサービスを生み出したい」「主体性のある従業員の成長を促したい」このような展望を持つ企業にとって、有効な方法の一つとなるのが社内ベンチャー制度です。 新しい事業を、社内の資本を利用してつくるため、スモールスタートできる上に、人材育成の観点からもメリットが大きい制度となります。社内ベンチャーについて、設立時の注意点を踏まえて簡潔に解説します。
始末書とは?適切な提出方法や人事評価の反映方法について解説する
ビジネスシーンにおいてメンバーに始末書を提出させる場面があります。提出しないことが何よりですが、もしも始末書を出す場合にはどのような項目を記載し、始末書を出す意味をどう伝えればいいのでしょうか。本記事では、始末書の位置付けから記載項目、人事評価に反映させるためのポイントを紹介していきます。
成果主義とは?メリットやデメリット成功に導くポイントを紹介
成果主義とは、勤続年数や学歴、年齢に関係なく成果を上げた者が評価される人事制度です。本記事では、能力主義や結果主義との違いや、成果主義が注目されるようになった背景を解説していきます。また、成果主義を導入する際のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
人材流出によるリスクとは?原因と防止対策についても徹底解説
優秀な人材の流出は、企業にとって大きな損失です。働き方の価値観が多様化している昨今、人材の流動性は高くなっており、優秀な人材ほど自社に留めることが難しくなっています。 どれだけ新しい人材を獲得しても、根本的な人材流出の原因が特定できなければ、人材流出が繰り返されてしまいます。では、どのような原因が考えられるのでしょうか。本記事では、人材流出のリスクや、防止対策などを詳しくご紹介します。
減給とは?違法な減給をしないための知識と減給可能額の計算方法を解説
賃金に関する法律は数多くあります。減給は労働基準法により定められていますが、適切に減給を行うためには労働契約法の知識も必要になります。また就業規則に関する法律についても知っておく必要があるでしょう。そのような減給について法的制限や注意点などを解説します。
年俸制とは?外資系企業で一般的な給与制度のメリットや注意点を解説
プロスポーツ選手や外資系企業では一般的な給与体系の年俸制。日本国内の一般企業においても導入が増えつつあります。年俸制を導入した企業の多くは、「人件費の管理がしやすい」「成果によって給与を変動させやすい」といった理由で選択しているようです。この記事では、そんな年俸制に関する基礎知識から、メリット・デメリットや導入時の注意点について解説します。
インセンティブ制度とは?導入のメリットや注意点を解説する
営業部を中心に展開しているインセンティブ制度は、従業員のやる気を生む制度です。本記事では、従業員のやる気を引き出すインセンティブ制度について、導入のメリットや注意点を解説します。どのようなメリットを生みだすか確認し、自社に導入していきましょう。
ピアボーナスとは? 導入により得られるメリットと効果を解説
ピアボーナスとは、賞賛や承認とともに従業員同士で少額の報酬を送り合う仕組みです。この記事では、ピアボーナスが注目されるようになった背景や、導入することで得られるメリットやデメリットについて解説します。導入を検討している方はぜひ役立ててください。
降格人事は許される?実施するときの方法とポイントを紹介
降格人事は、職位を落としたり、減給したりすることがあるため、会社経営にとってネガティブなイメージをお持ちの方も多いようです。しかし、さまざまな理由により降格人事を実施しなければならないこともあるでしょう。 本記事では、降格人事の概要や実施時の注意点をご紹介します。トラブルを起こさずに降格人事を行うために、ぜひお役立てください。
行動特性とは?定義から人事評価・教育に活用する方法まで詳しく解説
企業が成果を挙げ、事業を継続させるためには人材育成や効率的な人材活用が求められます。いろいろな価値観を持つ多様な人材が組織を構成するのが当たり前となっていく中、人間の行動パターンを分析し、企業における採用や教育の場で活用できる行動特性について詳しく解説します。
行動評価とは?人事評価制度に必要な概念とメリットについて解説する
行動評価とは、コンピテンシー評価とも言われ、もともとアメリカを中心に導入された評価システムです。この行動評価とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。本記事では、人事評価制度において重要な項目として扱われる行動評価について解説していきます。
昇進とは?管理職への昇進と研修の重要性について解説
昇進とは、会社内で職位が上がることを指す言葉です。昇進は、会社で働く人々にとって喜ばしいことであり、モチベーションを高める出来事となるでしょう。 しかし、役職が上がることで会社や周囲の人々から求められる役割が変わったり、責任が重くなったりすることによるプレッシャーで「つまずき」を生じることもあります。 当記事では、立場の変化による「つまずき」を生じさせないための研修、特に管理職昇進時の研修の重要性について解説します。
実力主義とは?適切な評価制度を導入するために必要な知識とポイントを解説
近年、日本でも「年功序列制度」から「成果主義」に変更する企業が増えています。ベンチャー企業だけではなく、古くからある大企業も例外ではありません。なぜ、いま実力主義を採用する会社が増えてきているのでしょうか。当記事では、「実力主義」について解説します。
人材アセスメントとは?従業員の能力を活用するための方法を解説
近年、正当な人事評価を行なうための有効な手法として、人材アセスメントが注目されています。本記事では、人材アセスメントの重要性や、従業員の能力を効果的に活用するための具体的な方法について解説します。社内の人材の教育・育成にぜひ活用ください。
人事評価においての相対評価とは?メリットと絶対評価との違いを解説
人事評価制度を定める際に、評価基準を明確にすることは非常に重要です。優れた評価制度は従業員の成長やパフォーマンスの向上、離職率の低下にまでつながります。ですが、適切な基準で公平に評価することが難しいのもまた事実です。どのような評価制度が優れているかは、企業によって異なります。当記事では、評価基準の一つである相対評価について詳しく解説します。
ヒューマン・アセスメントとは?目的や代表的な手法を解説
ヒューマン・アセスメントとは、従業員の能力や特性、職務の適性、業績測定などを評価することです。本記事では、ヒューマン・アセスメントの目的や代表的な手法を解説します。メリットについても説明しますので、ヒューマン・アセスメントについて検討している人事担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
能力評価とは?人事評価で行うメリットや実施方法について解説する
能力評価とは、業務をする能力をベースとして人事評価を行うことを指します。近年、人事評価の査定項目に能力評価を積極的に用いている企業も少なくありません。では、この能力評価とは何を意味しているのでしょうか。本記事では、能力評価の定義や基礎項目、そして能力評価を用いるメリットについて解説しています。
絶対評価と相対評価はどう違う?人事評価制度を構築する際のポイントを解説
適切な人事評価は従業員のモチベーションを維持し、企業のビジョンを共有するために大切です。人事評価制度には「絶対評価」と「相対評価」がありますが、この記事では両者の違いやそれぞれのメリットとデメリット、人事評価制度を構築するためのポイントについて解説します。
人事評価研修とは?評価者を育成する目的とコツを紹介
人事評価制度を設けている企業の多くが、評価者研修を実施しています。では、評価者研修とはどのような意味をもつのでしょうか。本記事では、評価研修の必要性や目的、効果的な実施方法まで詳しく解説します。これから人事評価研修を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
中小企業の人材育成の現状と課題は?効果的な施策についても解説
人材育成はどの企業にとっても重要な問題です。特に従業員数が大手企業に比べて少ない中小企業にとっては、従業員一人ひとりの働きが業績への影響が大きいだけでなく、大手企業に対抗するためには、人材育成がより重要になってきます。 中小企業で働く人の中には、人材育成に頭を抱えている方は少なくないと思われます。 この記事では、中小企業の人材育成における現状と直面している課題を提示し、それらの課題に対する解決策や、改善事例を紹介します。
MBOとは?導入の手順からメリットまで詳しく解説
企業で成果を上げるためには目標を立ててそれを達成する必要がありますが、近年は仕事を通じて組織に貢献するだけではなく、自己成長を望む人も増加してきています。この記事では日本でも多くの企業が導入し、組織と個人の両方が生産性を高めることのできる目標管理の手法、MBOとは何かについて詳しく解説します。
評価制度の目的とは?主な種類と最新のトレンドを企業事例とともに解説
評価制度の正しい運用は、企業の成長や従業員のモチベーションにも繋がる重要な課題です。時代の変化とともに評価制度も変化しており、自社に適した制度を取り入れることが大切です。本記事では、評価制度の主な種類や最新のトレンドを企業事例とともに解説します。
15%ルールとは?そのルールや導入するメリットについて解説する
タイムマネジメントの新しい観点に「15%ルール」があります。この15%ルールとは、どのような内容なのでしょうか。本記事では、15%ルールの意味や導入するメリット、「その注意点など、タイムマネジメントにおける基礎的な要素について解説していきます。
キャリアパスが求められるのはなぜ?制度の仕組みやメリットを解説
従業員のモチベーション向上のために、キャリアパス制度を導入する企業が増えています。今、キャリアパスが多くの企業に求められているのはなぜでしょうか。本記事では、キャリアパス制度の仕組みやメリット、導入する際の注意点について解説します。
プロティアン・キャリアとは?ニューノーマル時代の新しいキャリアについて詳しく解説
終身雇用や定年での退職が当たり前と言われた時代が終わり、働き方改革が進む中で労働者は時代や環境の変化に合わせた、柔軟なキャリア構築を求められるようになりました。この記事では、注目されているプロティアン・キャリアについて詳しく解説します。
65歳定年延長はいつから?雇用確保の義務化に伴い見直すべき制度や助成金を解説
65歳定年延長の開始時期や定年延長でもらえる助成金について、本記事では紹介しています。定年延長を検討する際には、各人事制度の内容について見直しをする必要があります。人事担当の方は、本記事を参考にしたうえで、自社の人事制度の変更を検討してみてください。
ジョブ・リターン制度を最大限活用するには?制度の内容を詳しく理解しよう
ジョブ・リターン制度とは、やむを得ない理由で退職した従業員が復職する制度です。本記事では、ジョブ・リターン制度が設定された背景やメリット・デメリット、導入のポイントを解説しています。これからジョブ・リターン制度を取り入れたい方は、ぜひご参考にしてください。
なぜ人事評価には不満が生まれるのか?基礎から課題、活用法まで解説
組織の成長や目標達成、人材育成の観点から人事評価制度の見直しを検討することもあるかもしれません。これから初めて人事評価を正式に制定する、という比較的若い企業の方もいるでしょう。どうすれば従業員の不満を減らし、目的達成につながる制度を制定できるのでしょうか。本記事では人事評価制度の目的を踏まえたうえで、その基礎から制度が抱える課題、そして解決策を解説します。
エルダー制度とは?メリットやデメリット、効果的に活用している事例をご紹介
新入社員が、入社後にギャップを感じたり雰囲気に馴染めず、早期離職に繋がってしまうケースが増えています。そのような中で「エルダー制度」という教育制度が注目を集めています。どのような制度なのか、メリットや導入するための手順、導入事例をご紹介します。
ジュニアボード制度の目的とは?メリットや進め方を導入事例とともに解説
若手や中堅社員の育成方法として「ジュニアボード制度」が注目されています。経営への参画意識を高め、次世代リーダーを育成することは、企業にとって重要課題の一つです。本記事では、ジュニアボード制度の目的やメリット、進め方について導入事例とともに解説します。
抜擢人事のメリットは?年功序列に代わる新しい人事制度を徹底解説
「年功序列」より「実力主義」の会社が求められるようになった今、成果主義の考え方に由来する制度「抜擢人事」への注目が高まっています。本記事では、抜擢人事のメリットや、導入を成功させるポイントについて紹介します。これから抜擢人事を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
フレックスタイム制を導入する企業はどのくらいある?メリットや導入の流れを解説
フレックスタイム制はワークライフバランス向上のための取り組みの一環として注目されています。では実際に導入している企業はどのくらいあるのでしょうか。この記事ではフレックスタイム制の基本情報、メリットや注意点、導入する際の流れについて解説します。
新しい働き方「スーパーフレックス制度」とは?導入のメリットと注意点について解説する
フレックス制度の後に、スーパーフレックス制度が導入されはじめています。スーパーフレックス制度とはどのような制度であるのか、導入のメリットや注意点について解説してきます。自社における福利厚生制度の一環として、スーパーフレックス制度を検討していきましょう。
時差出勤とは?「フレックスタイム制」との違いと合わせてその内容を解説
時差出勤とは、勤務時間はそのままに時間帯をスライドする勤務形態です。始業時間を前後するため、本来の勤務時間とずれていても、あらかじめ決めた時間帯であれば遅刻や早退とはみなしません。通勤ラッシュを避けたり、育児介護など社員それぞれの事情に合わせることもできます。最近では、新型コロナウイルス感染予防の点からも取り入れる企業が増えています。 当記事では時差出勤について、その内容を解説していきます。
福利厚生の目的とは?福利厚生を導入すると得られるメリットとユニークな事例を紹介
「福利厚生」とは、基本的労働条件とは別に、それぞれの企業が従業員やその家族の暮らしの支えの一部として用意するものです。本記事では福利厚生の目的や、導入のメリット・デメリット、各社のユニークな導入事例についてご紹介いたします。
留職とは?留職プログラムを導入するメリット・デメリットや事例を紹介
近年、一定期間職場を離れ、海外で働いてもらう「留職」に注目が集まっています。さまざまなメリットがある一方、あまり浸透されてない制度でもあるため、躊躇している担当者も少なくないでしょう。本記事では、留職について詳しく紹介します。実施検討時にぜひご活用ください。
リファラル採用のメリットとは?導入の際の注意点や成功させるためのポイントを解説
人事採用の手法のひとつとして「リファラル採用」が注目されています。人材獲得が困難になっている昨今、採用活動においても受け身ではなく積極的な姿勢が求められています。本記事では、リファラル採用のメリットや導入の際のポイントを解説します。
トータル人事制度とは?概要やメリットと課題について解説
トータル人事制度とは、人事評価や賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度です。 本記事ではトータル人事制度の概要やメリット、また現状の課題について紹介します。これからトータル人事制度を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
コンピテンシーとは?意味から人事教育・評価に活用する方法まで詳しく解説
近年、人事評価や採用、人材育成に少しずつ取り入れられてきているコンピテンシーですが、従来の職能資格制度との違いや、特徴などをしっかりと理解している人はまだそれほど多くありません。この記事では、コンピテンシーの意味から企業での適切な活用方法まで詳しく解説します。
人事通達とは?適切な人事通達を出すためのポイントを解説
人事異動の季節が近付いてくると、社内に向けて人事通達が発信される企業が多いのではないでしょうか。人事通達とは、企業が所属している社員に対して人事異動を発表・掲示することを指します。この記事では、人事通達の解説と共に適切な人事通達を出すためのポイントを解説します。
【2021年最新版】人材育成の研修に使える補助金・助成金一覧
人材不足に悩む企業が多い昨今、社員の人材育成の見直しを行っている企業も少なくないのではないでしょうか。人材育成は、研修や教育を行ったからといって成果をすぐに実感できるようなものではありません。そのため、思い切った取り組みや予算を増やして教育を行うことに躊躇する気持ちが出てしまうことも考えられます。しかし人材育成は、要件を満たせば政府から助成を受けながら行うことも可能です。今回は、人材育成に活用できる補助金・助成金についてご紹介します。
リバースメンター制度とは?そのメリットや導入事例について解説する
逆メンター制度と呼ばれる、リバースメンター制度を導入する企業は増えてきています。リバースメンター制度とは、従来から行われている上司や先輩がメンターとなるメンター制度と反対に、若手が先輩社員に助言を与えるものです。本記事では、リバースメンター制度の特徴や導入事例について解説しています。
メンバーシップ型雇用とは?メリット・デメリットと事例を紹介
終身雇用を前提とした日本型雇用をメンバーシップ型雇用と呼ぶことがあります。しかし、近年このメンバーシップ型雇用が見直されてきていることも事実です。この記事ではメンバーシップ型雇用のメリットとデメリットについて紹介しています。雇用形態を見直している企業についても理解できます。
ワークフローとは?システム導入のメリット・デメリットから選定のポイントも合わせて解説
ワークフローを効率化させるために、システムを導入する企業が増えています。本記事では、ワークフローの基本やシステム導入のメリット・デメリットについて解説します。また、選定の際に押さえておくべきポイントもご紹介しますので、業務効率化の参考にしてみてください。
アグリゲーターとは?今注目されている新しい働き方を解説
近年注目されているアグリゲータについて解説します。VUCAと言われる時代において社内の閉ざされた環境から生まれるアイディアだけでは限界が来ています。その時代のなかで注目されているのがアグリゲーターという働き方です。アグリゲーターとはどんな働き方なのか、どんな役割を果たすのかを解説します。
従業員の心身を守るノー残業デーとは?制度導入のメリットや注意点について解説する
働き方改革関連法案などの施行により、今まで以上に残業に関する管理の重要性を問われるようになっています。そうした環境の中、慢性的な残業削減の方法としてノー残業デーの導入が今まで以上に進んでいます。本記事では、ノー残業デーを導入した際の企業メリットや注意点について解説しています。ノー残業デーを上手く活用し従業員の心身を守っていきましょう。
ウェルビーイングがビジネスに必要な理由とは?構成要素や高めるメリット・高める方法を解説
ウェルビーイングとは、精神的・社会的・身体的といったすべての条件が満たされている状態のことです。ウェルビーイングは個人の幸福度を向上させるだけでなく、企業全体に大きなメリットをもたらします。当記事では、ウェルビーイングがビジネスに必要とされる理由・高めるメリットや方法などを解説します。
アルムナイとは? アルムナイ採用のメリットと留意点について解説
近年、日本にも浸透しはじめた「アルムナイ」という言葉をご存じでしょうか。日本語に訳すと「卒業生」という意味になります。人事領域においては「企業を離職・退職した人たち」を指す言葉です。当記事では「アルムナイ」を採用するにあたっての留意点と、辞めてもなお関わりをもちたいと思われる企業の魅力について考察します。
自己啓発の目的と種類とは?効率的な人材育成をする5ステップを解説
人事担当者の中には、「企業はどのように自己啓発をおこなうべき?」という悩みをもっている方も多いのではないでしょうか。昨今では、従業員のパフォーマンスを高めるために自己啓発を取り入れる企業が増加しています。そして、この記事では、そんな自己啓発の種類をわかりやすく解説していきます。うまく社内に取り入れることで、大きなメリットを手にできるでしょう。
変形労働時間制とはどんな制度?概要やメリットを詳しく解説
変形労働時間制とは、時期によって労働時間を調整できる制度です。この記事では、変形労働時間制について概要やメリット・デメリット、導入時の注意点などを解説します。導入を検討されている企業担当者の方は、ぜひご一読のうえ、参考にしてください。
労働基準法が定める休日とは?最低ライン・計算方法・違反した場合の罰則についても解説
会社でより良い働く環境を整備する上では、労働基準法を理解し遵守することが必須といえます。その中でも、トラブルが起きやすいのが「休日」の扱いや解釈ではないでしょうか。本記事では、労働基準法で定める休日の定義、年間最低ライン、違反した場合の罰則などについて解説します。これまで疑問を持っていた休日出勤、休日が出張移動日に当たる場合の対処法などについても、確認しておきましょう。
高度プロフェッショナル制度とは|メリットとデメリットを併せて紹介
高度プロフェッショナル制度とは、高度な専門知識や技能が必要な特定業務を対象に、労働基準法で定める規定の適用を除外する制度です。本記事では高度プロフェッショナル制度のメリット・デメリットなどについて紹介します。これから高度プロフェッショナル制度の導入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。
有給消化の義務化とは?対象となる労働者や行うべき対応策を徹底解説
有給休暇取得の義務化について、対象となる労働者の条件や企業側の対応策を本記事では紹介します。また、有給休暇取得義務の発生についての具体的な事例、違反時の罰則も詳しく解説します。人事担当者や現場のマネージャー担当の方は、ぜひ本記事を役立ててください。
復職とは?私傷病による復職トラブルを回避する方法について解説
病気や怪我で一定期間仕事を休んだ従業員が復職を希望する場合、復職の判断や手続きは慎重に行う必要があります。 特に、メンタルの病気の場合は「治癒」の判断が難しく、早すぎた復職で病状が悪化するといったトラブルに発展するケースが多いようです。 当記事では私傷病からの復職、なかでもメンタル不調による休職からの復職で、発生しやすいトラブルの回避方法を解説します。
勤務間インターバルとは?重要視される背景やメリット・導入にあたって検討することなどを詳しく解説
勤務間インターバルとは、働き方改革に基づいて2019年4月に施行された比較的新しい制度です。厚生労働省は、勤務間インターバルの導入を2025年までに15%以上とすることを目標として掲げています。当記事では、勤務間インターバルのメリットや導入にあたっての検討事項や助成金について詳しく解説します。
ぶら下がり社員とは?デメリットや発生を防ぐ防止策などを解説
ぶら下がり社員とは、仕事に意欲的に取り組むわけでもなく、かといった辞めるわけでもない。そんな消極的な社員のことを呼びます。なぜ、ぶら下がり社員が生まれてしまうのでしょうか。 本記事では、ぶら下がり社員についての解説から特徴、ぶら下がり社員がいると組織はどうなってしまうのか、またその対策など含めて詳しく解説していきます。
ジョブ型雇用とは?制度内容からメリットまで事例付きで詳しく解説
テレワークやリモートワークで仕事をする人が増加する中、雇用制度として注目を集めているのが職務内容に基づいたジョブ型雇用です。成果主義の欧米諸国では一般的な雇用制度ですが、日本企業ではまだ浸透しているとは言えません。この記事ではジョブ型雇用の制度内容から導入するメリットまで詳しく解説します。
産前休暇についての基本知識から使える給付金の知識までを解説
2016年に施行され2019年に改正された女性活躍促進法を筆頭に、より一層の女性労働者の活躍が求められています。女性労働者が活躍する上で欠かせないのは妊娠・出産・育児と仕事との両立です。当記事では安全な出産には欠かせない産前休暇について解説します。
試用期間とは?企業や試用期間を設ける目的や期間・解雇時の注意点について解説
企業が労働者と労働契約を締結する際、本採用前に試用期間を設けるケースが多くあります。試用期間は当該労働者の勤務態度や能力・適性などを把握するために有益な期間として認知されているからです。今回は試用期間について法的性質や期間中の待遇や解雇など運用の注意点をご紹介します。
就業規則変更届の正しい書き方は?変更方法と注意点を紹介
就業規則変更時の手続きや注意点について、本記事では紹介しています。就業規則の変更は、手続き方法を誤ると従業員とのトラブルになりかねないため、正しい手続きの流れや注意点を把握する必要があります。人事担当の方は、本記事をぜひお役立てください。
カークパトリックとは?4段階評価法のメリットや問題点を解説
カークパトリックモデルとは、アメリカの経営学者カークパトリックによって提唱された研修の効果測定法です。当記事ではカークパトリックモデルのメリットや問題点について紹介します。これからカークパトリックモデルを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
シックリーブとは?働きやすい会社づくりのための休暇制度をご紹介
シックリーブはもはやグローバルスタンダードになりつつある休暇制度です。日本ではあまり聞かない制度ですが、今後多くの企業で導入が検討されるでしょう。働き方改革により日本の働き方は大きく変わりましたが、いまだグローバルスタンダードには届いていません。シックリーブについて、日本と海外との違いについて解説します。
休職とは?休職制度の構築方法から会社側の必要な手続き内容を解説
現在、日本全体で休職者の数が増えています。しかし、企業によっては休職の規定自体がない場合もありますが休職を希望する社員が出ないとは限りません。この記事では、休職制度の構築方法から、休職中の社会保険や給与の扱いなどの会社側に必要な手続きの内容等を解説します。
ドイツ発祥のマイスター制度とは?日本で広がっている背景や導入事例をご紹介
日本の多くの企業は後継者不足の問題を抱えています。そんな中でドイツ発祥の概念である「マイスター制度」というものが日本においても注目を集めるようになっています。マイスター制度とはどういった制度なのか、メリットや導入事例をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。
アニバーサリー休暇とは?メリットや実施している企業事例を紹介
アニバーサリー休暇は、従業員の休暇取得率やモチベーションを向上させるとして、自社に導入する企業が増えている制度です。本記事では、アニバーサリー休暇の導入のメリットや導入フローとともに、実際にアニバーサリー休暇を取り入れている企業事例を紹介していきます。
有給休暇の計算方法は?エクセルやツール・パート・法律についても解説
有給休暇正式には年次有給休暇と言います。年次有給休暇の付与は、派遣スタッフ、現場監督者、パートやアルバイトスタッフにも法律で定められています。とは言え、パートやアルバイトが多い職場や、正社員とバートスタッフがいる職場などでは、有給休暇の付与日数の計算は、大変労力を要します。 この記事では、有給休暇の付与日数の計算方法を、注意点、ツール、法律なども含めて解説します。
アサインとは?その意味やビジネスシーンごとの利用例について解説する
ビジネスシーンで利用する「アサイン」とは、”任命する”などの意味を持つ用語です。では、どのような場面で利用することが正しいのでしょうか。 本記事では、アサインについての定義や利用例を含め解説しています。正しい意味や利用例を参考に相手に正しく伝わるように活用していきましょう。
情意評価とは?特徴・メリットと導入時の注意点について解説
情意評価は人事評価(人事考課)において、「情意=思い・気持ち」を評価基準とすることを言います。 適切に活用すると組織力の強化も期待できるため、ひとつの選択肢として知っておきたい手法です。 本記事では情意評価の特徴、メリットや導入時に注意すべき点などについてご紹介していきます。
ブラザーシスター制度とは?メリットや導入している企業事例を紹介
ブラザーシスター制度は、早期離職の防止策として昨今注目を集めていますが、どのようなメリットおよびデメリット、また、実施における課題があるのでしょうか。本記事では、ブラザーシスター制度の定義を改めて確認するとともに、導入フローや実際の企業事例をみていきます。
6時間勤務時の休憩時間とは?法令で定められている休憩時間について解説する
現在では、従業員の健康を守るために長時間労働の抑制などを国が推奨しています。そして、その延長線上にある休憩時間も法令で定め企業での管理を強化する様に示唆しています。本記事では、6時間勤務をした際の休憩時間の扱いについて解説していきますので自社の休憩時間管理の役立ててください。
社会保険制度の5つの種類とは?雇用時に行う手続きや法律改正について解説
社会保険制度は、怪我や病気をした際、または災害や失業時に、従業員の生活を保護する国の制度です。一定の労働条件を満たすことで加入できる制度で、2022年から適用対象の拡大が行われます。本記事では、社会保険制度の概要、雇用時に行う手続きや法律改正を解説します。
アウトカムとは?アウトカムを活用するメリットから活用のポイントや業種別事例までを紹介
アウトカムは、医療・経済の研究をはじめ、さまざまな業界や業種で、積極的に活用されています。本記事では、アウトカムとはどのようなものか、そしてアウトカムを捉える上で不可欠なインプット・アウトプットとの関係、活用するメリットと活用のポイント、業種別活用事例をご紹介します。
勤務形態とは?柔軟な勤務形態がもたらすメリットを解説
勤務形態とは、働き方を指す言葉です。「働き方改革」が叫ばれる現代では、従来の慣習に囚われない柔軟な働き方が求められます。 昨今、新たに脚光を浴びた勤務形態が「テレワーク」です。 当記事ではテレワークを中心に、企業が柔軟な勤務形態を設定することのメリットについて解説します。
休職期間の決定方法は?満了後の対応や注意点について解説
何らかの休職制度を設けている企業は多いですが、休職期間については企業ごとに異なります。休職期間が長くなることもあり、休職満了後の退職や解雇がトラブルになるケースも少なくありません。本記事では、休職期間の決定方法、満了後の対応や注意点について解説します。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ