公開日:2020/09/25
更新日:2022/08/23

動画研修のメリットと導入方法やポイントを解説

動画研修のメリットと導入方法やポイントを解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

多くの企業がテレワークの導入を進めている中、人材育成においても動画を使った研修が取り入れられ始めています。 また、多くの人がPCやスマートフォンで動画を見ることに慣れてきており、動画での研修に対するニーズも高まっています。 そこでこの記事では、動画研修のメリットや導入方法について解説します。

 

01動画研修のメリット

一般的な集合研修と比較すると、動画研修には様々なメリットがあります。 ここでは、企業にとってのメリットと、受講者にとってのメリットに分けて紹介します。

企業にとってのメリット

動画研修を導入することで企業が享受できるメリットとしては、なんと言っても研修の実施コストが削減できることです。対面での集合研修では会場を押さえたり、講師の招待など、何かとコストが発生しますが、動画研修ではこれらのコストの節約が可能です。 また、一度動画を作成すればよほどの内容変更がない限りは再利用できることもメリットの一つと言えるでしょう。 ただし、研修内容に税法などの法律に関する内容が含まれている場合は、内容の変更が起こりやすいため、研修の動画を作成するには不向きであることには注意が必要です。

受講者にとってのメリット

受講者が動画研修を利用するメリットには、自分の業務を中断する必要がないという点です。複数の支店を持つ企業の場合、集合研修に参加するために自分の業務を一旦中断することになります。午前中など、短時間で終わる研修であればそこまで大きな影響はないかもしれませんが、1日中または数日間に渡って研修を行うとなると、その分通常業務に支障が発生する可能性が高まります。 動画研修であれば、各社員の支店でいつでも研修を受講できるため、研修による業務への影響を軽減することが可能です。 また、研修が動画になっていることでいつでも何度でも復習ができます。一般的な集合研修は一回きりのため、学習→実践→復習の流れを作りづらいです。 動画研修であれば、何度でも学習が可能なため、研修内容をより効率的に定着させることができます。

 

02動画研修のデメリット

動画研修のメリットをお伝えしましたが、一方でデメリットも存在します。ここでも、企業と受講者双方でのデメリットを解説します。

企業にとってのデメリット

企業にとっての動画研修のデメリットは、作成の手間がかかることです。従来の集合研修などでの資料は、WordやPowerPointで作成することが一般的でした。しかし、動画研修においては、動画編集ソフトを使って、受講者にわかりやすい動画を作成する必要があり、ソフトに慣れている人材がいない場合は作成に時間がかかることが考えられます。また、動画が完成しても情報のアップデートによる動画の編集といった手間がかかることもあり、作成だけでなく運用方法も同時に検討してから導入する必要があります。

受講者にとってのデメリット

受講者にとっての動画研修のデメリットは、質疑応答ができないという点です。事前に録画された動画を視聴することになるため、リアルタイムで講師とのコミュニケーションを取れず、理解が足りていないまま進んでしまいがちです。また、対面研修とは異なり、自宅などで視聴することが多くなることや、誰にも視聴態度を見られていないことから、研修に対する緊張感が薄れてしまいがちです。

 

03動画研修がおすすめなケース

動画研修のメリット、デメリットを解説しましたが、目的によって効果的かそうでないかも変わってきます。ここでは、動画研修がおすすめなケースについて解説します。

業務マニュアルとしての活用

業務の作業手順、クレーム対応などの業務に関するマニュアルは動画研修で取扱いやすい題材と言えます。業務マニュアルは内容が変わりづらいものが多いです。また、動画研修であれば、一度の解説で覚えられないことでも繰り返し視聴することで内容の定着が図れます。

集合研修の事前学習に活用する

動画研修で事前に知識をインプットし、集合研修でロールプレイングなどの実技的な内容を実施するという活用方法もおすすめのケースです。座学と実技の両方を同じ研修で実施するとなると、長時間になりがちですが、動画研修を活用することで時間の短縮化が図れます。 また、前述した通り、動画研修では緊張感が薄れがちになりますが、アウトプットの場が設けられていれば高い集中力で動画を視聴してもらえるようになります。

自前で動画を作成する

撮影機材を自分たちで用意して動画を作成します。用意する機材は、ビデオカメラや三脚などです。動画の内容は集合研修の風景をそのまま撮影したり、講義型の研修を撮影して編集して提供します。 自前で動画を作成するのは自分たちの自由に作成できる一方で、動画編集のノウハウがないとリズムが悪く見づらい動画になってしまう可能性もあるため、難易度の高い方法であるとも言えます。

動画制作会社に依頼する

研修動画の作成を動画制作会社に依頼するのも方法の一つです。プロが作る動画ですので、編集のクオリティも高く、音声も聞き取りやすいため、受講者が見やすい動画を作成してもらえます。 動画制作の料金は1つの研修に対して数万円~数十万円とプランによって差があるため、より具体的な費用を知りたい場合は各会社に見積りを出してもらうとよいでしょう。

研修用動画のパッケージを利用する

企業研修向けに作成した動画を商品として提供している会社を利用するのも一つの方法です。PCスキルやビジネスマナーといった普遍的なスキルは用意されていることが多く、動画の制作にかける時間やコストの節約になるだけでなく、コンテンツのクオリティも高いものとなっています。また、費用面は初期費用と月額の利用料を含めて数千円~数万円で利用できるものもあり、動画研修の中では最も安価に利用できると言えます。 ただし、多くの企業向けにパッケージとして提供しているため、内容によっては個々の企業に合ったものではないこともあるため、全ての研修を網羅できない可能性もあることには注意が必要です。

 

04動画研修の導入するときのポイント

動画研修は企業と受講者の双方にメリットがあり、テレワークが浸透し始めている社会ではぜひ導入しておきたいものです。しかし、動画を作成またはパッケージを利用するだけでは効果の高い研修とは言えません。動画研修の導入には押さえておきたいポイントがいくつかあります。

各受講者の学習状況を把握できるようにしておく

動画研修はいつでもどこでも学習ができる半面、学習の進捗は各受講者に依存することになります。最も理想的なのは対象の研修と受講期限を提示し、指定した期限内で受講者に学習してもらうことです。そのためには各受講者の学習状況を把握できる環境整備も必要となってきます。 そこでおすすめなのが、LMS(Learning Management System)という、オンラインで動画研修に必要な学習教材を配信したり、学習進捗などを一元管理できるシステムです。 このシステムも自前で作成することは可能ですが、LMS自体を製品として提供している会社も多くあるため、利用を検討してみるのもよいでしょう。

研修内容には面白いものも取り入れ受講者の視聴意欲を高める

講義型の研修はどうしても受講者側からすれば退屈なものになりがちです。そのため、動画研修全てとはいかなくとも、コンテンツとして面白さがあるものを取り入れておくと、視聴しようという気になるだけでなく、内容を理解しようと努力するようにもなります。 面白い内容例としては、動画の中に一部アニメーションを追加したり、クイズなどを取り入れることで聞くことに終始しないように工夫することもよいでしょう。

 

05Schooが提供する企業向け学習パッケージ

schooビジネスプランでは、企業向けの研修動画としてさまざまなニーズに応えられる授業を提供しています。 PCスキルやビジネスマナー、マネジメントといった基礎的なビジネススキルだけでなく、エンジニアやデザイナーのような特定の職種向けのコンテンツもご用意しています。 また、受け身の学習にならないようなコンテンツとなっているのも、Schooのサービスの特徴です。 ここでは、実際にSchooで提供している動画の一部をご紹介します。

仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本

仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
 

社会人として、どんなスキルを覚えるよりもまず初めに覚えたいビジネスマナー。なぜなら、社会では10代から上は60代、70代と幅広い年齢層の方々が活躍しているからです。その中で円滑に仕事を進めるためにはマナーは必要不可欠。 すでに社会人の方もここで改めてマナーを復習しましょう。 好印象を与えるために、営業で新規獲得するために、選ばれるためにまず基本となるマナーを磨いていきましょう。 「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ社)の著書、北條久美子先生にわかりやすく解説していただきます。

  • キャリアカウンセラー/BRILLIANCE+執行役員

    東京外国語大学を卒業し、ウェディング司会・研修講師を経て、2007年 エイベックスグループホールディングス株式会社人事部にて教育担当に。2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。全国の企業や大学などで年間 約2,500人へビジネスマナーやコミュニケーション、キャリアの研修・セミナ―を行う。 現在はライフスタイリストとしてワーク(仕事)寄りだった人生を、生きること=ライフにシフト。自分らしく、かつ生き方を自分らしく美しくすることを自らも目指し、それを広める場作りに力を入れる。 2016年4月、著書「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ)発行。

仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本を無料視聴する

ロジカルシンキング入門

ロジカルシンキング入門
 

「ロジカルシンキング」という言葉を初めて聞いた人、言葉は知っていても具体的にイメージできない人を対象とした入門編の授業です。 具体的には、「ロジカルシンキングとは何か」「ロジカルシンキングの基礎となる技術」などについて、3回の授業を通じて学びます。 この授業を通じて、ロジカルシンキングに興味を持っていただくことがゴールです。 そしてその延長で日々の仕事や、他者とのコミュニケーションの中で幅広く試してみたくなり、実際に活用し経験を通じて理解を深めていただくことを期待しています。

  • 株式会社共生基盤 代表取締役

    リース会社、投資銀行、M&Aコンサルティング会社等を経て、M&Aコンサルティング会社を設立。ストリートアカデミーでは500名以上が受講した経営分析と経営戦略の基本を学ぶセミナーを主宰。

ロジカルシンキング入門を無料視聴する

問題の本質を解く「これはなんや思考」

問題の本質を解く「これはなんや思考」
 

「問題解決力を身近な例を用いたワークショップを通して学ぶ授業です。」 問題解決とは企業業績を高める方法です。そのためには本質的問題を発見することが必要で「これはなんや」「どういうことや」と考えることが大事です。ビジネスの身近な例を元に一緒に問題解決を行いましょう。

  • 経営コンサルタント

    日本のコンサルティング黎明期にマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、20年間マッキンゼーで経営コンサルタントとして活躍(パートナー。大阪支社副支社長)1996年フォアサイト・アンド・カンパニーを設立し、コンサルティングを行うと同時に、人材育成に取り組んできた。2005年から2016年まで、問題解決力強化の専門家としてビジネス・ブレークスルー大学・大学院で教授として「問題解決」を指導。これまでに2万人以上の育成を行ってきた。問題解決力と人間力を身につけた人こそが企業業績向上のイニシアチブをとることができ、結果的により良い社会を創ることに貢献できると信じて、問題解決者の育成に取り組む。また、問題解決力検定協会の代表理事として、問題解決力を知るための資格、「問題解決力検定」の普及にも努めている。著書『[新板]問題解決の実学』『はじめての問題解決力トレーニング』他多数。

問題の本質を解く「これはなんや思考」を無料視聴する


 

研修をしてもその場限り」「社員が受け身で学ばない」を解決!
研修と自己啓発で学び続ける組織を作るスクーの資料をダウンロードする


■資料内容抜粋
・大人たちが学び続ける「Schoo for Business」とは?
・研修への活用方法
・自己啓発への活用方法 など


Schoo_banner
 

06まとめ

動画研修はこれまでの集合研修と比較してメリットが多い新しい研修形態です。 導入のために動画の作成またパッケージの利用によって、一時的に時間やコストが発生してしまうものの、動画は再利用できるという点を十分に活かすことで長期的に見て利益を享受できます。 いきなり全ての研修に動画研修を導入することは難しいかもしれませんが、一部だけでも試験的に導入することで集合研修とどちらが良いのかを判断してみてください。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ