1/17(Sun)

今日の生放送

集合研修とオンライン研修を6項目で比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
集合研修とオンライン研修を6項目で比較 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

昨今、テレワークが増え、オンライン研修を導入している企業も増えてきました。しかし、一方でこれまでの集合研修に慣れ親しんだ企業は、オンライン研修になかなか踏み出せないという現状もあります。この記事では集合研修とオンライン研修を6つの項目で比較していきます。

<目次>
集合研修とは
集合研修のメリット
受講者同士の関係値ができる可能性がある
講師に直接質問ができる
集合研修のデメリット
コストがかかる
スケジュール調整が困難
個々に必要な研修ではない
習熟度・理解度の把握が難しい
長期計画を見据える能力
企業規模によって人事担当者に求められることは異なる
オンライン研修と集合研修を比較
集合研修からオンライン研修への移行が進んでいる
長時間労働が見直され、効率的な研修が必要に
テレワークで研修に参加できる体制が求められている
今後はオンライン研修と集合研修(オフライン)のハイブリッドがトレンドになる
オンライン研修にはSchooのオンライン学習サービスがおすすめ
まとめ
 

集合研修とは

集合研修とは、講義式の研修のことです。業務外の場所で講師が複数の受講者に対して講義を行います。オンライン研修が導入されるようになるまでは、研修といえば多くの場合がこの集合研修の形を取っていました。

講師となる人は、社内の人材育成担当者である場合や外部講師である場合など様々で、受講者に習得してほしいテーマに応じて変わります。

一人ひとり個別に育成すると時間がかかり非効率ですが、対象者を一箇所に集合させることで一度に教育が行え、効率的です。

 

集合研修のメリット

受講者同士の関係値ができる可能性がある

集合研修では直接受講者同士が顔を合わせることによって、関係性が深くなる可能性があります。受講者同士の関係性が深くなれば、受講している研修のフォローをし合ったりすることも考えられます。

さらに、その関係性が研修終了後も続けば、異なる部署であったとしても助け合える関係性になっていくかもしれません。

豊かな人間関係は、受講者の仕事ぶりに関係するだけでなく、その人の心身を支える柱となります。メンタル疾患率の高い近年、こういった要素は無下にできないことではないでしょうか。

講師に直接質問ができる

講師に直接質問ができることもメリットの一つです。オンライン研修とは違い、その場で問題を解決することができるため、学んだことに対する理解度も深まります。

さらに講師側にとっても、質問されることで新たに伝えたいと思うような事柄が浮かんでくる可能性もあります。あらかじめ用意されたマニュアル通りの内容ではない講義に受講者も学ぶことに意欲的になり満足度が高まっていくことが期待できます。

 

集合研修のデメリット

コストがかかる

集合研修はデメリットもいくつかあります。その一つは、コストがかかってしまうことです。

オンライン研修であればコストが不要になるわけではありませんが、集合研修の場合は開催毎に様々なコストを負担しなくてはなりません。例えば社外で行う場合であれば会場費、外部講師を招致する場合であれば講師料と宿泊交通費、教材や資料作り、またそれに携わる人件費などです。

日程通りに研修が行われればよいですが、なんらかの理由によって研修が行得なくなってしまった場合、さらに費用負担が増えることになります。

スケジュール調整が困難

新入社員などこれから仕事を始めていく段階の人材に対する研修であれば、スケジュールを組むのは容易でしょう。

しかし、中堅あるいは管理職を対象とした研修の場合はそうもいきません。スケジュールは過密気味になっていることがほとんどで、研修の参加率の低さに悩む育成担当者も少なくありません。

中堅・管理職が一時的であっても職場から離れるということは、不在の分、判断が遅れたり仕事が中断してしまうリスクが考えられます。

個々に必要な研修ではない

集合研修の内容によっては、すでに周知していることを繰り返し聞く時間になってしまう受講者もいるかもしれません。

まだ誰も知らない新しい事柄に関することであれば、吸収すべき事柄があるため受講者にとっても意味のある時間となります。新入社員を対象にした研修の場合は、多くの場合そのような心配は無用でしょうが、社員に対する研修においては、人によって不満を抱かせてしまう内容になる恐れもあります。

習熟度・理解度の把握が難しい

多くの集合研修の場合、一度限りの受講で終わってしまうことがあります。数日にわけて行われるような研修であれば、前回学んだことの復習を行う時間を設けたりして、受講者の理解度を確認しながら進めていくことができますが、一度限りの研修ではそれができません。

また、研修で行う内容を設定する際にも、受講対象者がどこまで理解しているかを事前に正確に把握することはとても難しいものです。受講者の習熟度に沿った内容の研修になるかどうかは、研修を終えてみないとはっきりわからないというリスクもあります。

 

オンライン研修と集合研修を比較

集合研修とオンライン研修には、どのような違いがあるのでしょうか。下記の表で比較していますので、詳しく見ていきましょう。

項目 オンライン研修 集合研修
内容 ・受講者全員に均質な学びを提供することができる。
・繰り返し受講して理解を深められる。
・受講者によって理解度がバラバラになる
・基本的には一度しか受講できない
時間 ・時間の制限がないため、フレキシブルな運用が可能 ・決められた時間に集まる必要がある
場所 ・インターネット環境さえあれば、どこでも行える ・決められた会場に集まる必要がある。
管理者 ・受講者の受講状況を管理することができる。
・ある程度のIT知識が必要
・講師選び、会場選びなど、工数が多い。
コスト ・講座代(買い切りタイプ)
・ID費用(定額制タイプ)
・初期費用
・講師への報酬
・講師の交通費
・会場費
受講者 ・対講師の形ではなく、対画面であるため、モチベーションの維持が必要 ・講師のファシリテーションや、研修内容で受講者のモチベーションを上げやすい
 

集合研修からオンライン研修への移行が進んでいる

長時間労働が見直され、効率的な研修が必要に

オンライン研修はこれまでにも存在していましたが、冒頭でも触れたように、「働き方改革関連法」が施行されたことによって、これまで以上にオンライン研修が注目されています。

「働き方改革」は、働く方々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で「選択」できるようにするための改革です。

厚生労働省資料:働き方改革~ 一億総活躍社会の実現に向けて ~より引用
 

これまで日本国内では当たり前のように習慣化されてきた長時間労働も見直されるようになり、残業時間の抑制も行われるようになりました。効率的というだけでなく、場所や時間に対する制約の少ないという利点から、オンライン研修を導入する企業が増えているのです。

テレワークで研修に参加できる体制が求められている

先ほども述べたように、オンライン研修は場所や時間に対する制約がありません。スマートフォンやタブレット端末が普及し、一人一台所有するのが当たり前になっている現代においては、職場から離れた場所で研修を受けることが可能です。

子育て世帯においては待機児童問題なども重なり、産休育休期間を終え職場に復帰したくてもできない人がいます。また、家族介護など通勤できないため就労を諦めるという人たちも今後さらに増加していくことも考えられます。こうした社会的な背景を考慮すると、集合研修のみにこだわらず、オンライン対応できる研修が求められていることがわかります。

今後はオンライン研修と集合研修(オフライン)のハイブリッドがトレンドになる

集合研修からオンライン研修への移行が進んでも、集合研修が無くなったり、オンライン研修だけになるということはなく、今後は集合研修とオンライン研修のハイブリッド型の研修がトレンドになるでしょう。集合研修には時間・場所の制限があり、オンライン研修では人間関係の構築が難しいというように、どちらにもメリット・デメリットがあります。そのため、今後は双方のメリット・デメリットを補い合うような、ハイブリッド型の研修がトレンドとなっていくことが予想されるのです。

▼オンライン研修に関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】オンライン研修のメリットとは|おすすめのツール3選も併せてご紹介

 

オンライン研修にはSchooのオンライン学習サービスがおすすめ

Schooビジネスプランでは5800本以上の授業を揃えており、動画配信でさまざまなニーズに応えられる授業を提供しています。どの研修内容も、各業界における第一人者や専門家が多数登壇し教えてくれるのでわかりやすく、受講者はチャットなどを通じて講師に直接質問できます。オンライン学習サービスとはいっても、オフラインと限りなく近い状態での学習が可能です。

受け身型の学習にならないようなコンテンツが多いのも、スクーのオンライン学習サービスの特徴。デバイスや時間、場所に制限されず、受講者に合わせた学習スタイルが提供されます。さらにスクーでは、階層別・職種別・テーマ別の研修パッケージを用意しています。必要なコンテンツがわかりやすいため、コンテンツ選びに迷うことなく、効率的に学習できます。

Schooオンライン研修パッケージへ

 

まとめ

集合研修にもオンライン研修にも、どちらにも魅力的なメリットがあり、元々集合研修をずっと行ってきたという会社はなかなか新しい研修スタイルを採用するのは難しいかもしれません。しかし、記事でも述べられているように、働き方改革やリモートワークの普及・人手不足などで、オンラインで研修を行う方が効率的で効果があるという場合も多くあります。集合研修とオンライン研修、双方のメリット・デメリットを入念に比較した上で、自分の会社に合う研修方法はどちらなのか、もしくは双方のハイブリッドなのか、を決めるようにしましょう。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
  • 60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
    60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • 科学的に証明されているズルイ資料作成のポイント
    科学的に証明されているズルイ資料作成のポイント
  • テーマパークで学ぶビジネスの教科書
    テーマパークで学ぶビジネスの教科書
  • リーダーのためのコーチング
    リーダーのためのコーチング
  • 今さら聞けないビジネスメールの書き方
    今さら聞けないビジネスメールの書き方
  • 意外と知らない「マーケティング」の基本中の基本
    意外と知らない「マーケティング」の基本中の基本
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 心理的安全性のつくり方
    心理的安全性のつくり方
  • どんな時代にも左右されない副業力 ー インターネットでローリスク×良コスパ ー
    どんな時代にも左右されない副業力 ー インターネットでローリスク×良コスパ ー
  • 30歳までに知っておきたい経済の知識
    30歳までに知っておきたい経済の知識
  • 実践基礎知識~「情報セキュリティ10⼤脅威2020」~
    実践基礎知識~「情報セキュリティ10⼤脅威2020」~
  • プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
    プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
  • 興味ゼロの人を巻き込む「共感プレゼン」
    興味ゼロの人を巻き込む「共感プレゼン」
  • 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
    博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 不安とストレスに悩まない7つの習慣
    不安とストレスに悩まない7つの習慣
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ