9/23(Thu)

今日の生放送

CSRとは?企業活動に欠かせないCSRをかみ砕いて解説!

公開日:2021/05/28
更新日:2021/08/13
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
CSRとは?企業活動に欠かせないCSRをかみ砕いて解説! | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

「CSR」とは「社会貢献に関する理念や活動」を意味します。現代社会にあって、CSRは企業存続に欠かせない要素であり、従業員はもちろん、関連企業や消費者にも恩恵をもたらします。本記事では、CSRを推進すべき理由や、参考となる事例について解説します。

 

CSRとは企業の「社会的責任」のこと

CSRは「Corporate Social Responsibility」の略で、しばしば「企業の社会的責任」と訳されます。CSRは、簡単に言えば「企業関係者や取引相手だけでなく、環境や社会にも良い結果をもたらす企業活動をすること」です。さらには、「自分たちも含めてみんながWIn-Winになれる社会を目指して、企業活動をすること」とも言えます。 例えば、アパレル会社が不要になった服を難民に届ける、といった慈善活動は分かりやすいCSRの例です。しかし、CSRは単なる慈善活動に留まりません。洗剤の製造会社がプラスチック使用量を減らした容器を採用したり、通信会社が災害時に通信手段を提供したりなど、環境や社会に役立つ行動を取ることもCSRの一環です。 さらに言えば、納税することや従業員が働きやすい環境を整えることなど、義務で行うべき行動も、社会的責任という意味ではCSRに含まれます。

CSR登場の背景とニュアンスの変遷

日本でCSRが注目され始めた背景には、企業による問題行為があります。公害や製品の偽装表示・製品事故など、企業活動により環境や社会に様々なダメージが起きたことをきっかけに、「企業は倫理観を持って行動すべし」という世論が高まりました。 アメリカでも、企業の不祥事をきっかけにCSRが普及しました。ヨーロッパでは、雇用問題の解決を求める労働者の運動がきっかけで、CSRへの取り組みが意識された背景があります。この取り組み次第で、企業への評価が左右される場合があることからも、CSRは企業に欠かせない要素となっています。 つまり、最初のうち、CSRは「企業が悪評を回避するために取る行動」や「外部圧力で行う最低限の対策」といったニュアンスで生まれてきた節があります。 しかし現在のCSRは、建前やリスク回避で行うものではなく、メリットが多く、むしろ積極的に取り組むべきものとして捉えられています。

CSVは「能動的なCSR」

日本においては、CSRの代わりに「CSV(Creating Shared Value)」という言葉が使われることもあります。これは、ハーバード大学のマイケル・ポーター教授の論文に基づく用語で「共同価値の創造」を意味します。 この論文では、CSRを「周りに言われて行う慈善活動のようなもの」と捉えています。その上で「企業と市民社会の双方に価値がある活動は最終的に競合優位性を持てるため、企業は自発的に社会貢献を求めていくべき」というCSV理論を展開しています。つまりCSVは、元々受動的な雰囲気で始まったCSRを、能動的に推進していくべきものとしています。 ただし先述の通り、すでに現在においてCSRはCSVのニュアンスで使われるようになっています。そのため、敢えて使い分ける必要はなく、両者はほぼ同じコンセプトを指す、と考えて差し支えありません。

 

CSRと似た言葉や関連する用語

CSRの同義語や似ている言葉・関連語句は多く存在します。混同しないように、代表的な用語をいくつか解説します。

「サステナビリティ」や「CR」とは同じ意味

「サステナビリティ」や「CR (Corporate Responsibility)」もCSV同様に、CSRの同義語と理解して問題ありません。「サステナビリティ」は米国で主に使用される言葉で、「CR」はイギリスで普及している言葉です。元々両国においてはCSRという言葉が使われていましたが、単なる「慈善活動」ではなく「競合優位性のための自発的取り組み」というニュアンスを押し出すために、これらの新しい用語が登場しました。 まとめると、日本ではCSRやCSVという言葉が有名で、米国ではサステナビリティ、イギリスではCRがよく使われます。大まかに言えば、いずれの用語も同じものを意味すると言えます。

「ESG」は企業評価の尺度

CSRに関連して「ESG」も使われます。ESGは、「Environment(環境)、Society(社会)、Governance(ガバナンス)」のイニシャルで、企業を財務情報以外の分野で評価する考え方です。平たく言えば、ある企業が儲かっているかどうかではなく、CSRに有意義な仕方で取り組んでいるかを評価する考え方です。 例えるなら、ある人の価値を、外見や経済力のみで判断するのではなく、人となりや周囲との関係性・行動によって判断するようなものです。

「ステークホルダー」はCSRの方向性を決める要素

「ステークホルダー(利害関係者)」もまた、CSRと併せて登場する言葉です。ステークホルダーは、ある企業と密接に関連する存在です。具体的には「従業員、取引先、消費者、株主、政府、金融機関、地域社会」などが含まれます。 これらの存在は、企業活動に深い関係があります。例えば顧客を無視した経営をすると、その企業のモノやサービスは売れません。地域社会を無視して環境を破壊するようなことをすれば、企業はすぐにバッシングされてしまいます。従業員への待遇が劣悪なら、離職の連鎖で業務を続けられません。 企業が繁栄していくためには、各ステークホルダーとの良好な関係が必須です。そしてステークホルダーとのコミュニケーションが、どのようなCSRに取り組むべきかを方向づける1つの要素になります。

 

CSRを意識すべき3つの理由

CSRを推進すべき理由は様々にありますが、具体的な理由を3つ解説します。

企業評価の底上げを図れる

繰り返しになりますが、CSRは社会や環境に何かしらの利益を還元します。そのため、CSRに積極的に取り組む企業は、周囲から良い評価を受けやすいです。 例えば、自然環境を改善する活動を行っている企業なら「その企業が製造している商品は、環境に配慮した安全なものだ」というイメージが消費者に生まれるでしょう。従業員への待遇改善に真摯に取り組む企業なら「このブランドの商品は、顧客のことも考えて作られているんだろう」という感覚が生まれます。 CSRは、企業の利益追求が第一目的ではないとはいえ、社会との共同価値を模索していくことは、結果的に企業のアピールにつながります。

人的リソース確保と離職率低下につながる

CSRに積極的な会社には、優秀な人材が集まりやすいです。従業員が働きやすい環境を整えることもCSRの一環であり、CSRで高評価を得ている企業は「魅力」があるためです。 もちろん「環境保全に関連したCSRで良い評価を得ている企業=労働環境においても模範的」とは限りません。とはいえ、CSRに積極的な企業は、少なからず「社会の目」を意識していると考えて良いでしょう。そのため、少なくとも劣悪な労働環境は想定されにくく、離職率の低下に繋がると言えます。 さらに、CSRで評価されている企業の従業員は「自身の活動が社会や環境に貢献している」という自覚を持ちやすいです。「日々の労働が不特定多数の人の笑顔を作っている」という意識があることは、労働意欲の向上に繋がるでしょう。

事業の安定化や取引先との良好な関係をもたらす

CSRを重視する企業は、ステークホルダーの一員である取引先と、Win-Winの関係を目指します。例えば、ある飲料メーカーが、日本茶農家と生産契約を結ぶとします。そのメーカーは、農家の茶葉をすべて購入することを約束し、農家はメーカーのために生産に励みます。 この場合、メーカーは安定したサプライヤーを得ることで飲料製造事業を安定化できます。一方農家は、買い手が確保されているために安心して作業に専念できます。 このように、自社利益のみを追求しないCSRのコンセプトを実行すると、事業の安定化がもたらされ、取引先はもちろん、従業員の雇用維持や株主への利益還元など、広い範囲に良い波及効果があります。

 

CSRの取り組み事例

CSRは広い意味を持つ言葉であり、具体的な取り組み方は企業により異なります。ここからは、異なるタイプのCSR事例をご紹介します。

途上国の健康を意識する「武田薬品」

武田薬品は、様々なCSRプロジェクトに取り組んでいます。例えば、「途上国、新興国の人々の健康に貢献したい」というコンセプトで、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に資金を提供しています。また「ユニセフ」にも資金を拠出して、グローバルな健康支援活動を支えています。

地球環境の保護を念頭に置く「ダイキン」

空調メーカーのダイキンは、世界7カ所の約1,100万haの森林保全に携わっています。植林作業をしたり、エコツーリズムで代替生計手段を住民に提供したり、保全型の農業技術指導を行って焼畑農業を減少させたりと、環境CSRに積極的です。

被災地支援を心がける「KDDI」

通信会社のKDDIが取り組むCSRの1つは、被災地支援です。建機の遠隔操作で災害復旧を迅速に行ったり、ドローンを基地局にした災害時の携帯電話サービスを構築したり、船を基地局にして通信インフラを開発したりしています。

安定的な食糧生産を見据える「クボタ」

クボタは、世界で安定して食糧生産をするためのサポートをしています。例えば、日本の稲作の技術をアジアに還元したり、アフリカでは現地の作業環境に合わせた農業機械の導入を行っています。また、ICTやロボット技術を活用して農機の自動運転を可能にしたり、給排水を遠隔・自動制御できるシステムをサポートし、食糧事情の改善に取り組んでいます。

 

人材育成の手法としてのSchooビジネスプラン

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.自発的に学ぶ人材を育成できるSchooの講座

上記でも説明したように、Schooでは約6000本もの動画を用意している上に、毎日新しいトピックに関する動画が配信されるため、研修に加えて自ら学び、成長する人材の育成が可能です。近年の社会のグローバル化やテクノロジーの進化などにより、企業を取り巻く環境が刻々と変化しています。それに伴い、社員の業務内容や求められるスキルも早いスパンで変化しています。このような予測のつかない時代の中で会社の競争力を維持するためには、社員一人一人が自発的に学び、成長させ続けることができる環境、いわば「学び続ける組織」になることが必要です。

Schooビジネスプランの講座では、体系的な社員研修だけでなく、自己啓発を通じて自発的に学び、成長できる人材を育成することが可能です。

ここでは、人材育成に活用できるSchooの講座をご紹介します。

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

「最近の若いものは……」というのは、人類永遠のテーマ。 上司と部下との間で起こるミスマッチ。 そこからくる人間関係のストレス。 この悪循環を断ち切る方法をお伝えします

 
担当講師:大平 信孝先生
目標実現の専門家 メンタルコーチ

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。 第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。 目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。 リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。 さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。 「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。 数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。 これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 8冊の著作の累計発行部数は18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)「指示待ち部下が自ら考え動き出す!」(かんき出版)などがある。 日刊メルマガ「行動イノベーション365・ネクストステージを目指す! 行動のヒント」を毎日配信中!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!を無料視聴する

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル
 

この授業では「決算情報から、企業を研究する方法を学び、事業・戦略・財務などを読み解く力」を解説します。

 
担当講師:野添 雄介先生
株式会社ストレイナー 代表取締役CEO

2014年にDeNA入社。フィンテックベンチャーを経てStockclip株式会社(現・株式会社ストレイナー)を創業。「経済情報をもっとシンプルに」をミッションに掲げ、決算資料を中心とした"ファクト情報"を中心に社会のトレンドを考える経済メディア『Strainer』を運営。

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキルを無料視聴する

アイデア量産の思考法

アイデア量産の思考法

本授業は、努力しているのにアイデアが浮かばない人のために新しいマーケティング手法の1つである「新奇事象」を通じて「アイデアの種」をゲットしてもらう授業です。

 
担当講師:松本 健太郎先生
株式会社JX通信社

1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。 その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャーJX通信社にてマーケティング全般を担当している。 政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。 ◇主な著書 「なぜ「つい買ってしまう」のか?~「人を動かす隠れた心理」の見つけ方~」(光文社)2019 「誤解だらけの人工知能」(光文社)2018 「データサイエンス「超」入門 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい」(毎日新聞出版)2018

アイデア量産の思考法を無料視聴する

3.受講者の学習状況を把握し、人材育成に役立てることができる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、受講者がどんな内容の講座をどれくらいの長さ見ていたのかも把握することができるため、社員のキャリアプランの傾向を掴むことも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方2

管理画面では受講者それぞれの総受講時間を管理者が確認できるようになっており、いつ見たのか、いくつの講座を見たのか、どのくらいの時間見たのか、ということが一目でわかるようになっています。

管理画面の使い方1

さらに、受講履歴からは受講者がどのような分野の動画を頻繁に見ているかが簡単にわかるようになっており、受講者の興味のある分野を可視化することが可能です。これにより、社員がどのようなキャリアプランを持っているのかを把握できるだけでなく、社員のモチベーションを高めながら人材育成するためのヒントを得ることができます。

さらに、社員に自己啓発を目的として受講してもらっている場合、社員がどのような内容の授業を受講する傾向があるのかを把握できるため、社員のキャリアプランを把握することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

まとめ

CSRは、ステークホルダーや環境への影響を考慮した企業活動です。自社の利益のみならず、周囲がWIn-Winになる活動を行うことは、企業活動範囲がより広くなった現代のグローバル社会において、欠かせない要素です。 CSRという言葉字体は、比較的新しい言葉とはいえ、日本において同じ商倫理はもっと以前から存在します。それは、中世から近代にかけて活動した「近江商人」の「三方よし」という考え方です。三方よしとは「売り手・買い手・世間」の3方が「良し」つまりWIn-Winの状態になることを目指す理念です。物の売買で売り手と買い手が繁盛するのはもちろん、日本経済全体の発展につながることを、近江商人は真の商売の在り方と考えていました。 企業なくしては社会は成り立ちませんが、社会なくしても企業は成り立ちません。財力や影響力を持つ企業だからこそ、CSRへの真摯な取り組みが今、必要とされています。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ