10/22(Fri)

今日の生放送

仮想思考とは?ビジネスに活かす方法やスキルアップ方法を解説する

公開日:2021/05/28
更新日:2021/09/08
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
仮想思考とは?ビジネスに活かす方法やスキルアップ方法を解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

仮想思考とは、どんな能力なのでしょうか。仮想思考力をビジネスに活かす方法やスキルアップする方法について解説していきます。仮想思考能力を持つことでビジネスにどう活かせるかについてもご紹介しますので、今後の参考にしていきましょう。

 

仮説思考の定義とは

仮想思考の定義をご紹介します。仮想思考能とは何かを理解し、ビジネスシーンでどう役立てつかを考えることが必要です。ビジネスに役立つ仮想思考についての理解を深めていきましょう。

仮想思考とは

仮説思考は、「課題解決のために情報収集を行い、収集された情報を元に仮説を立て検証、実行し、その後の修正を行うことで効率的な回答を導き出す考え方」と定義することができます。コンサルタントの第一線で活躍する方でも、この仮想思考の考え方を基に課題解決を図るほど重要な考え方で、効率的な分析や誤りの少ない仮説を立てることの有効性を説いています。ビジネスシーンにおいて、この仮想思考は「仮説思考力」とよび、多くの企業で仮説思考力を持つ人材を高く評価しており、企業の経営層は、経営課題の判断を正確かつ、スピーディーに行う能力として推奨されているのです。

 

ビジネスにおいて仮想思考力が求められる理由

ビジネスシーンでは、仮想思考能力をどのような理由で必要としているのでしょうか。仮想思考力を発揮することで得られる効果も踏まえながらご紹介していきます。ビジネスシーンにおいて、仮想思考能力を活用することを意識して理解していきましょう。

仕事の質が向上することを期待できる

仮想思考力を活用することで、仕事の質が上がったということを聞きます。では、この仕事の質が上がるとはどういうことなのでしょうか。仮想思考力が備わることで、必要な情報とそうでない情報を分類、整理し業務に利用することができます。業務を行う上では様々な情報を活用することが必要ですが、多すぎる情報を整理し必要なものだけに分類することは時には長い時間と労力を必要です。仮想思考力が増すと、分析を効率良く行うだけではなく仮説により必要な情報収集に注力することが可能となり、結果的に、集めた情報の有益性が高く仕事に活かせることができるため、仕事全体の質が向上することを期待できと考えましょう。

問題解決力の向上を期待できる

仮説思考力は文字通り、仮説を立てることを得意とする能力を指します。有益な情報を元に、当初立てた仮説を見直しより期待できる仮説を立案することが可能です。仮説に根拠があり正しい場合には、問題解決をする方法を選択することに誤りが起きにくくなり、結果的に正しい問題解決を行える場合が増え、問題解決力の向上を期待できます。問題解決力の向上が上がることは、判断力の向上も期待できると考えておきましょう。経営層は、日々多くの判断を求められており、その1つ1つが重要な判断です。経営課題に対しての判断をスムーズに、かつ、正確に行えることは仮想思考力で得られる大きな効果となります。

処理能力の向上を期待できる

仮説思考力がある人は、何かを行うこと際には仮説を立てそれに伴う情報収集や行動を行います。こうすることで、無駄な工程を省くことができます。限られた時間の中で、無駄な工程を排除することができれば効率的な業務遂行を行うことができるため、処理能力は加速的に向上します。同じ業務を行う人との間では、仮説に基づいた行動を行うことによる処理能力の差は歴然となります。

 

仮想思考の4つのプロセス

説思考を行う際のプロセスについて解説していきます。仮説思考を行う際には4つのプロセスで実施していきます。次に仮説思考の4つのプロセスを段階順に解説していきます。

状況分析

仮説思考で行う第1段階のステップは状況分析です。仮説思考で行う情報分析とは、課題や起きている事象の裏にある背景について考えます。状況分析を行う上で注意するべきことは、新しい情報を収集せず今ある情報を基に背景を考えることです。今ある情報を基に判断できない事柄が生じた場合にのみ、新しい情報を加えることを心掛ける必要があります。仮説がない中で情報を集めた場合には、不要な情報を収集する可能性が高くなり結果的に正しい仮説を立てることができないという問題が起きる可能性があることを理解しておきましょう。

仮説の設定

第2ステップは、仮説の設定です。仮説の設定では「So What?(だからどうした)」「Why So?(なぜそうなのか)」を繰り返し問い続けることで課題の深堀を進めていきます。課題解決においては、課題の深堀を行う必要があり深堀が不十分な場合には表面的な課題のみに焦点があたってしまいます。仮説の設定において重要なのは、最初から100%正しい仮説を立てることを目標としないことです。「So What?(だからどうした)」「Why So?(なぜそうなのか)」を繰り返し行うことで仮説を修正することもある点に注意して進めていきましょう。

仮説の実行と検証

第3ステップは、仮説の実行と検証です。第2ステップで実施した仮説が正しいかを証明するためにリサーチや新たな情報の収集、実際の行動を行います。実行と検証を通して、仮説の打ち手を決めていきます。謝った仮説を基に打ち手を決めた場合には、無駄なリソースを投入するなどの問題を生じさせてしまいます。こうした無駄を行わなわないためには、検証を十分に行う必要があります。仮説の検証には、定性データ・定量データの両方を活用し実施していくこと必要な点も理解しておきましょう。

仮説の修正

最初から100%の仮設はできないと考えておくべきです。仮説の実行と検証を通していけば、100%正解である仮説を立てることの難しさも体感できます。仮説の実行と検証を行う中で、仮説の謝りや軌道修正の必要性が見えてきます。仮説が間違っていれば修正を行いますが、修正をすること自体に問題はありません。早期に修正ができればできただけ、その後の実行にロスを発生させることを減らす効果があることを理解し、修正の必要性が出た場合には仮説を修正していくことを心掛けましょう。

 

仮説立案に必要な条件と観点

仮説立案に必要となる条件と観点があります。この条件と観点を押さえることで、より正確な仮説立案ができます。次に、仮説立案に必要な条件と観点を各々2つご紹介します。仮説立案時には、条件と観点を満たしているか確認を行うことを心掛けましょう。

条件1|仮説が十分検討され掘り下げを行っているのか

条件の1つ目は、深堀についての条件です。仮説を十分検討し深堀が実施されていることが必要です。仮説設定においては、「So What?(だからどうした)」「Why So?(なぜそうなのか)」を繰り返すことが必要だとご紹介しています。また、仮説の立証のプロセスでの検証が正しく行われていることが必要になります。

条件2|行動に結びつく仮説立案をしているか

立案された仮説は、行動に結びついている必要があります。仮説を立てたとしても、行動に移せないものであれば仮説を実行することができません。課題解決に向けた仮説を立てても実際に行動に移せないのであれば、課題解決にはならないということです。この様に仮説立案をする際には、実際の行動に結びつけることが必要だという点を理解しておきましょう。

観点1|相反する立場の視点を持つ必要がある

相反する立場の視点を持って仮説を立て検証、仮説立案を行う必要があります。相反する立場の視点とは、仮説立案の視点が同じ方法のみであれば、その他の可能性を検証することができないことを指しています。検証のフェーズにおいては特に、仮説の内容とは全く異なる仮説の場合にはどうであるかを検討しておくことで、立案した仮説の信憑性を検証することができます。

観点2|0ベースで考える必要がある

仮説立案には、仮説を0ベースで考える必要があります。思い込みなどを捨て考えていくということです。0ベースで考えることには容易ではありません。どこかにこうであろうという思い込みが生じてしまいます。また、過去の事例ではこうだったなども仮説立案時には取り除き仮説立案をすることが必要だと理解しておきましょう。

 

仮想思考力をアップするトレーニング方法

ビジネスに有益な結果をもたらす仮想思考力をアップするトレーニング方法をご紹介します。仮説思考力は、トレーニングをすることで能力アップを図れますが、繰り返しの訓練が必要な能力です。ご紹介するトレーニング方法の中から、自分にあった訓練方法を選択し実践していきましょう。

ロジカルシンキングトレーニング

論理的思考能力(ロジカルシンキング力)をトレーニングすることは仮想思考力をアップする有効なトレーニング方法です。ロジカルシンキングとは、物事を体系的に整理し矛盾なく考える思考法で物事をシンプルに考える訓練となります。常に物事をシンプルに分解して考える訓練を行うことで、意識せずに物事の本質を理解できるようになるでしょう。

アイディア発想の思考法

アイディア発想の思考法は、 「創造技法」 とも言われ、その方法は100種類以上あると言われています。100種類以上もの手法を習得することは難しいため、日常で行える訓練として様々なことに興味を持ち情報を収集することを心掛けておくことです。これが習慣化されることで仮説立案の際に情報ソースを増やすことができるだけではなく、アイディア力が養われるでしょう。何を参考にすることで、新たな気付きが生まれ仮説立案時にアイディアの発想力を高めることにつながりっていきます。

抽象化・具体化の思考法

抽象化・具体化の思考法を訓練するのは、抽象化「物事の共通点を抽出し、より大きなまとまりに分類すること」の後に、具体化「物事の意味や様子を、より正確に明確化する」を行う訓練が必要です。事象を整理する際に、まず抽象化を行い、そのまとまり単位に具体化を行います。最初は、共通点の整理などに手間取ることも多いですが繰り返し行うことでスムーズに行えるようになります。

フレームワーク活用スキル向上

ロジカルシンキングを始め思考方法には、様々なフレームワークが展開されています。フレームワークの活用については、フレームワークの種類や特徴を理解しておく必要があります。ロジックツリー、SWOT分析、PDCAなど日常の業務においても利用できるフレームワークを意識的に利用することで、活用スキルをアップしていきましょう。

 

まとめ

本記事では、仮想思考力をテーマに定義やスキルアップの手法をご紹介しています。仮想思考力は、訓練を行えば能力アップできるスキルです。ビジネスシーンでも活用できる仮想思考力を身に付け企業にとって価値ある人材になっていきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ