10/27(Wed)

今日の生放送

人事部門がおさえておくべきサーベイとは?サーベイの種類と類似用語との違いを解説する

公開日:2021/07/13
更新日:2021/08/13
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
人事部門がおさえておくべきサーベイとは?サーベイの種類と類似用語との違いを解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

サーベイという用語を利用することはビジネスシーンでも多々あります。本記事では、人事部門がおさえておくべきサーベイをテーマに解説しています。人事部門がおさえておくべきサーベイの種類や類似用語についての理解を深めていきましょう。

 

サーベイとは

サーベイが持つ意味や定義について解説します。サーベイという単語には本来どのような意味があるかについて理解し人事部門におけるサーベイがどういう意味を持つかの理解を深めていきましょう。

サーベイの定義

「サーベイ(survey)」という英単語には調査や測定、測量などの意味があります。アメリカが月面着陸に使っていた探査機は「サーベイヤー(Surveyer)」という名前で「調査をする者」という意味をもっていました。英語で監視カメラはこのサーベイから派生し「サーベイヤンス・カメラ(surveillance camera)」と呼ばれています。日本におけるサーベイおは、一般的に「物事の全体像を捉えるために広い範囲で行う動向調査」定義されています。現在では、大規模なアンケートや調査をサーベイと呼んでいます。

 

類似用語と比較

サーベイと類似している用語にリサーチとアンケートがあります。サーベイと他の2つの用語の違いについて理解し正しく使い分けを行っていきましょう。それぞれには、利用目的や対象規模が異なる点に注意して違いを理解してください。

リサーチとの違い

サーベイは大規模に全体像を調査するものに対して、リサーチはより細かく詳細を調査していく時に使用される用語です。2つは対象となる規模により使い分けられると考えておきましょう。

アンケートとの違い

アンケートとは、対象者に対して意見を聞く手法のことです。サーベイと違いは調査と意見を聞くの違いと考えて問題ありません。2つは、取得する情報の聞き方や目的の違いにあります。実際には、アンケートとサーベイを区別することなくビジネスシーンで利用している場合もありますが、本来の意味合いには相違点があることを理解しておきましょう。

 

サーベイを実施するメリット

人事部門が従業員に対してサーベイを実施するメリットはどんなものがあるのでしょうか。次に、サーベイを実施するメリットについて解説していきます。メリットを理解しサーベイの活用シーンを想定していきましょう。

課題の早期発見に繋がる

サーベイを実施することで社内における課題の早期発見につなげることができます。日常の業務中には見つけにくい課題であっても、サーベイを実施することで意見を吸上げられることも多く、社内でおきていう問題や課題の早期発見が可能です。課題を早期発見できたら、問題が大きくなる前に対応することができ従業員の安心にもつながっていくメリットがあると理解しておきましょう。

従業員の定着率の向上

サーベイを行い課題の早期発見ができれば、従業員に対しての対応も早期に行うことができます。従業員にとっては安心できる印象を受けることにつながります。この安心感により従業員がか会社に対しての信頼を高め、結果的には定着率の向上に寄与することが可能となります。逆に定期的なサーベイを実施しても、改善が実施されない場合には、不信感に繋がるためサーベイの結果の公開や対策の実施は必ず行う必要があると考えておきましょう。

会社変革の判断材料となる

サーベイで調査する内容にもよりますが、サーベイで集まった情報は会社変革の判断材料となる場合もあります。従業員からの意見を集め集約する中で、複数人からの意見や会社運営に影響すると判断できる意見については、会社変革の判断材料として扱う必要があり早急な対応を行うことが必要な場合もある点を理解しておきましょう。貴重な意見を収集できるサーベイの結果は、経営層が予測している結果と同じではないことが多々あります。こうした場合には、経営層は意見を事実として受け入れ変えるべきことと維持することを冷静に見極めて対応する必要がある点を理解しておきましょう。

 

人事部門が行うサーベイの種類とは

人事部門がサーベイを行うには、いくつかの種類があります。次に、人事部門が実施するサーベイの種類について解説します。人事部門が主体となり実施するサーベイの種類を理解し必要に応じて実施していきましょう。

エンゲージメントサーベイ

エンゲージメントサーベイとは、働く従業員が会社や商品に対してどれくらい愛着心を持っているかを測定するサーベイです。愛社精神を判断する材料とされており、数値が高いほど離職率が低く、企業成長が高いと言われています。

パルスサーベイ

パルスサーベイとは、従業員に対して簡易的な質問を短期間に繰り返し実施する意識調査のサーベイです。比較的、質問数が少なく結果の変化や動向を調査する目的で実施します。質問内容は固定され、同じ質問を繰り返し実施する点に注意が必要です。

従業員サーベイ

エンゲージメントサーベイと同様に従業員の現状把握のために行われる従業員向け調査のこを指します。社内サービスや福利厚生などの満足度などをはかる際にもちいられるサーベイとなり、必要に応じて実施されます。

組織サーベイ

従業員のモチベーションや満足度、エンゲージメント、周囲との関係などの組織状況を特定するためのサーベイです。企業の健康診断とも言われ、現在の会社状況を把握するために実施されるサーベイを示します。

モラールサーベイ

従業員意識調査と呼ばれ、社員が組織や同僚に対して抱えている思いや社内改善へとつなげていく際に活用するサーベイです。現在では、パワハラなどの問題に対しての調査として実施している企業が増えてきています。企業において、モラル面での課題は経営課題として捉えられるため実施をしている企業は年々増加していると言われています。

 

サーベイを行う上での注意点とは

次にサーベイを実施する際の注意点について解説します。サーベイを実施しても、従業員の考えが正しく収集できないとサーベイを実施する意味そのものがありません。従業員に率直な意見を出してもらう上でも、いくつかの注意点に留意してサーベイを実施していきましょう。

匿名制にする

サーベイを匿名にすることで、従業員は率直な意見を出しやすくなります。制服のサイズを聞くヒヤリングとなどのように回答者を特定しなければいけない場合を除きサーベイは匿名制での実施が原則です。自分が言ったと知られたくない、記名制にするのであれば回答したくないという誰もが持つ心理を理解し匿名性でのサーベイを実施するようにしましょう。必ず匿名制にしなければいけないということではなく、回答しにくい質問や悪い意見を含めて率直な意見を収集したい場合には匿名制を適用すると理解してください。

質問設計の工夫を行う

質問の設計にも工夫が必要です。全てをフリーアンサーにしてしまうと回答率は格段に下がってしまいます。YES、NOで回答できる質問や、5段階で表すなどの数値を選択する質問にフリーアンサーを組み合わせる方法がベストです。ただし、5段階評価などは普通となる「3」を選択する人も多いため、無効とする基準も設けておく必要があります。サーベイやアンケートについては、回答することを面倒だと思う方もいるため、全てを「3」にしていう場合には無効等の基準を設けることも必要です。こうした基準は、サーベイを実施する際にあらかじめ調査対象者へ通知しておく必要があり、理解を促しておくことも大切だと考えておきましょう。

回答方法を複数用意する

回答方法については、WEB版、手書きなどのように複数の回答方法を選択できる仕組み作りも必要です。普段からPCを利用している人にはWEB版などのように回答しやすい方法を選択できる工夫も必要ですが、手書きなどが加わることで集計工程の負荷が増す可能性もあります。現在では、PC、携帯を利用し、自由な時間やタイミングで回答できる仕組みも提供されているため、全体の工程を含め回答方法を検討するようにしましょう。

回答期間は長めに設定する

回答期間は長めに設定する工夫も必要です。短期間の場合には、回答しわすれている、取りあえず出せばいいということが発生しがちになります。通常の業務で書類を提出する期間を意識し通常よりは長めの期間を設定するようにしましょう。この間には、現在の回答率は何%であるかなどの情報を提供し未回答者へ回答を促す動きをする必要もあることに注意しておきましょう。

結果の開示を行う

回答の集計後には、結果の開示を行います。結果の開示がない場合には、答えるだけという風土となってしまい回答自体を適当に処理してしまいがちになります。こうしたことを防ぎ、疎直な意見を収集するためには、結果の開示を行う必要があります。また、結果の開示だけではなく、問題点などに対してどう対応していくのかについても公表をする必要があります。聞くだけで終わることではなく、貴重な意見を基に何かを変えるなど意見を出したことが反映されるということを従業員に理解してもらうことが必要です。これを繰り返すことで、積極的に意見を出そうという風土に繋がっていく大切なプロセスであると理解しておきましょう。

 

まとめ

本記事では、サーベイをテーマに人事部門が実施するサーベイの種類や実施の注意点について解説しています。貴重な意見を回答してもらうサーベイは、企業成長や企業変化にとって重要な情報源です。意見を無駄にせず会社を変えていくためには、サーベイの持つ意味や実施に関する注意点を充分に理解しサーベイを活用していきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ