10/27(Wed)

今日の生放送

人材育成をするための資格とは?人事部門がおさえておきたい人材育成関連の資格について解説する

公開日:2021/07/20
更新日:2021/08/13
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
人材育成をするための資格とは?人事部門がおさえておきたい人材育成関連の資格について解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

人事部門の最大ともいえるミッションが「人材育成」です。人材育成について役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では、人材育成目的から人事部門が保有しておくと良い資格について解説しています。計画的に資格取得を行い今後の人材育成に役立ててください。

 

人材育成とは

最初に人材育成の定義を解説します。人材育成はどの様なことが定義付けられているのか、知っているようでそうでない定義について今一度、考えていきましょう。人材育成のポイントに気が付くはずです。

人材育成の定義

人材育成とは「企業に貢献できる人材に育てる」と定義することができます。企業における人材育成は、企業貢献ができるために実施され企業貢献に関係のないスキルの研修は多くの場合、実施されていません。ただし、福利厚生の一環として自由なテーマでの研修参加が認められている場合などは除きます。また、人材育成の手法には「OJT(On the Job Training)」「Off-JT(Off the Job Training)」「SD(Self Development)」があり、育成テーマや習得のしやすさなどから決めていきます。

 

人材育成の目的

人材育成の目的には何があるのでしょうか。人材育成を行うことで得られるメリットについて解説していきます。どの様なメリットを期待して人材育成を行うとよいかとういう点を踏まえて確認していきましょう。

企業成長のため

人材育成の最大の目的は企業が成長するためです。育成を行うことで企業への貢献度が増す人材を創出することができます。この貢献が企業成長を促しすため、企業の拡大や発展に期待できるようになります。継続して人材育成をすることで、企業も継続的な成長を期待できるため、企業繁栄には人材育成は欠かせない経営課題でだと認識しておきましょう。

業務の効率化

人材育成を行うことで業務知識やノウハウの蓄積が行われ新たな気付きを生むことができます。人材育成のコンテンツの中に業務の可視化や効率化のテーマがある場合には即戦力として業務の効率化をはかることができます。

離職率の低下

人材育成が進むと、受講者のモチベーションがアップします。モチベーションがアップすると業務への取り組み姿勢も前向きとなり離職率の低下につながります。また、モチベーションアップが進むとコミュニケーション力もアップし周囲との関係性構築にもつながり結果として、組織的に離職率を低下させることにも期待できます。

 

人材育成における課題とは

人材育成における課題には何があるのでしょうか。人材育成を行う上で想定される課題をあらかじめ理解しておくことは、人材育成をスムーズに進めるために必要なことです。課題を理解し自社の人材育成推進を進めるために理解を深めておきましょう。

育成担当者が多忙で時間を割けない

育成担当者が専任でない場合には、既存業務とのバランスを取る必要があります。育成担当者が多忙なため時間を確保できない場合には、充分な準備ができず受講者にとってメリットおる内容にならない可能性があります。育成担当者を社内から推薦する場合には、業務バランスの調整をしっかりと行いましょう。

育成の方法に問題がある

人材育成は、社内で行う場合、社外で行い場合がありますが育成方法に問題がある場合には、受講者のスキル習得は期待通りにはなりません。興味関心の度合い、研修環境などを整備し集中して習得ができる環境構築が必要です。

 

人材育成を成功させるためのポイント

人材育成を成功させるためのポイントについて解説します。どのような点に留意すれば人材育成を成功させるかについてを理解し人材育成のヒントにしていきましょう。また、今後の人材育成の計画立案時にも参考にしてください。

スキルマップの作成

人材育成を行う前には、スキルマップの作成をし階層別、部署別に必要なスキルを整理するようにしましょう。このスキルマップをもとに、部署別、階層別に習得しておくべきスキルを明確に不足しているスキルを整理することにつなげます。不足しているスキルが人材育成対象となると理解しておきましょう。

育成担当者のスキルアップ

育成担当者のスキルアップも必須です。前述のスキルマップを育成担当者用にも作成を行います。また、育成担当者のスキルアップも人材育成においては重要なファクトになっているため計画的に実施することが必要です。

受講者の意識付け

受講者の意識付けも人材育成には必要です。いやいや受ける育成プログラムでは、理解度も低く現場での活用に強い期待をもつことはできません。しかし、参加意義を理解し高いモチベーションでのぞむ場合には、理解度も高く実践で役立てることに期待を持つことができます。このように受講者のモチベーションは人材育成の成功に大きく作用する点をおさえ域しつけを行いましょう。

社内の風土作り

人材育成プログラムを受けている間は、受講者の業務を他の人で対応するなど、相互間での協力が必要になります。こうした対応を行うためにも、社内において人材育成を推進していることを周知し、風土として学びやすい環境を構築しておくことも必要です。

 

人材育成担当者に必要なスキル

次に人材育成担当者に必要なスキルを解説します。人材育成担当者はどのようなスキルを保有しておくといいのでしょうか。ここでは、保有すべきスキルとして紹介していますが、スキル不足の際には、スキルアップのテーマとしてとらえていきましょう。

コミュニケーン能力

研修の講師を行う場合などは特に相手に伝えるスキル、相手の意見を聞くスキルであるコミュニケーション能力が必要です。相手の立場になって理解度を促進することが必要であり、意見を引き出すことも役割として担うためコミュニケーションスキルは必須スキルといえます。

労務知識

育成担当者が人事部門に所属していない場合には、人事部門ほどの専門スキルを必要とはしませんが、休憩時間についてや残業などに関する注意点程度のスキルを保有しておく必要があります。通常の業務とは異なるという視点から休憩時間を短くしたり、定時時間以降の補講を強要することが無いように労務の基本知識を持って講義運営を行う必要があります。

ライティングスキル

テキストの作成から講義中の板書を含め相手に伝えるためのライティングスキルも必要です。自分だけが分かる書き方ではテキストにはなりません。相手に視点にたち伝えるではなく伝わる文章を書いていく必要があります。

 

人材育成担当者が取得しておきたい資格とは

人材育成担当者が取得しておきたい資格には、どのようなスキルがあるのでしょうか。人材育成担当者も継続したスキルアップが必要であり段階をおって資格取得を行っていく事が大切です。資格取得については、それが目的ではなく、あくまで手段だということを忘れずにトライしていきましょう。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルティングに関するスキルを認定する国家資格です。試験に合格するには学科試験と実技試験の両方に合格する必要があり、学科試験は100点満点中70点以上、実技試験は150点満点中90点以上で合格となります。 ※キャリアコンサルタントは平成28年4月より国家資格になりました。
参考:厚生労働省 キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント

メンタルヘルスマネジメント検定

メンタルヘルスに関する基礎的知識を持っていることを証明できる資格です。「I種(マスターコース)」「II種(ラインケアコース)」「III種(セルフケアコース)」の3つのコースがあります。 2019年の合格率は「I種」が15.6%、「II種」が43.3%、「III種」が66.7%ほどです。
参考:大阪商工会議書 メンタルヘルス・マネジメント検定試験

産業カウンセラー

働く人を支援するカウンセラーとしてのスキルを持っていることを証明できる資格です。一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格で企業などで働く従業員のメンタルヘルスやストレスチェック、人間関係やキャリア形成に関するカウンセリングを実施するための資格です。合格率はおよそ60%です。
参考:一般財団法人日本産業カウンセラー協会

衛生管理者

社員が衛生的かつ安全な環境で働ける環境を管理するスキルを認定する国家資格です。労働安全衛生法により、50人以上が働いている企業では1人以上の衛生管理者を配することが義務付けられています。2019年度の合格率は第一種が46.8%、第二種が55.2%ほどです。
参考:公益財団法人 安全衛生技術者試験協会

人事総務検定

人事総務検定は人事総務のスペシャリストとして必要なスキルを持っていることを証明できる資格です。一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催し、LECが実施している、人事総務部の知識や実務能力を評価する試験です。試験には「3級(担当者レベル)」「2級(主任レベル)」「1級(課長レベル)」があり、人事総務職としてスキルアップを行えます。
参考:LEC東京リーガルマインド

 

まとめ

本記事では、人材育成と資格をテーマに人材育成の目的から人材育成担当者が取得しておきたい資格について解説しています。人材育成は企業成長において非常に重要な意味を持つ経営課題です。人材の成長なくしては企業の成長は望めないと言われるほどであり、経営者においては人材の育成を通して企業成長をはかりたいと考えます。多くの企業が人材育成に取り組んでいますが、決して正解という答えが存在しない難しさもあります。本記事では、人材育成においておさえておきたいポイントにしぼりご紹介していますんで、今後の人材育成の参考にして頂ければ幸いです。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ