10/17(Sun)

今日の生放送

人材の定着率とは?その現状や定着率をアップさせる方法について解説する

公開日:2021/08/26
更新日:2021/09/09
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
人材の定着率とは?その現状や定着率をアップさせる方法について解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

経営課題の一つに人材の職場定着率があります。定着率の課題は、企業運営上における永遠の課題となっています。では、定着率とはどのような意味を持つのでしょうか。本記事では、定着率の定義やメリットについて解説していきます。自社の経営課題である定着率についての理解を深めて対策を講じていきましょう。

 

企業における重要な指標「定着率」とは

企業における重要な指標「定着率」とは、従業員が入社してからN年(ヵ月)後にどのくらいの割合で定着しているかを示す指標です。定着率が高いほど従業員が長期的に働いていることの証です。定着率が高く従業員が長く勤務しているということは、離職率が低いことと同義になります。定着率が高い企業は、求職者からの注目度も高くなる良いスパイラルが構築されます。

定着率の計算方法

定着率の計算方法は以下の公式で計算します。

  • 定着率(%)=(一定期間が過ぎても勤続している人数 ÷ 一定期間の開始時の人数)× 100

求人票などに掲載される定着率は、一般的に3年間で計算して表記しています。この数字が高い程、定着率が高く反対に離職率が低いことを示します。求職者は、この定着率を確認し長く勤められる企業であるかを判断していると理解しましょう。

定着率と離職率の違い

定着率が人材の定着度合いを表しているのに対して、離職率は一定期間に退職した人の割合を示しているのが離職率です。離職率が高い場合には、従業員の入れ替わりが高く安定して在籍していないことです。離職率が高いことは、長期的なキャリア形成が難しいと感じる場合も多く、良い人材が集まりにくくなります。求職者は、離職率を確認し離職率が高ければエントリーを避けるなど採用活動におけるリスクを生じさせます。

 

定着率の現状

近年の定着率の現状を把握しておきましょう。現在の定着率がどのような傾向にあるかを把握し自社の定着率との比較や動向を把握し対策を講じる際の参考にしていきましょう。定着率においても多くの課題があります。その点についても解説していきます。

新入社員の離職率は特に高い傾向にある

新規学卒就職者の就職後3年以内の離職率は新規高卒就職者39.5%、新規大卒就職者32.8%との発表を厚生労働省が発生しています。新入社員の離職率年々増加していることを課題として捉えています。言い換えれば、定着率に課題が残っているということです。新入社員の離職率を低下させることは企業にとっても大きな課題であることを理解しておきましょう。
参考:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査の概況」
参考:厚生労働省「令和2年上半期雇用動向調査結果の概要

定着率の向上は企業存続に関する必須条件である

定着率については、業種によっても大きな違いがあります。定着率が向上させることは企業存続の必須条件といえ、企業において人材が安定して勤務をしなければ、常に採用や育成をし続ける必要が起きます。採用が上手くいかない場合には、人材不足の課題が常について回わい最悪の場合には、企業運営ができなくなる可能性を秘めています。このように定着率の向上は企業存続に関する必須条件といえます。

 

人材の定着率を上げるメリット

次に人材の定着率を上げるメリットについて解説していきます。定着率を上げることでは、どの様な企業メリットを生んでいくのでしょうか。人材の定着率を上げることで企業にはどのような変化を起こしていくかについても理解していきます。

優秀な人材の流出を防ぐ

定着率が上がることで最も有効なのは、優秀な人材の退職を減らし人材の流出そのものを防ぐことにあります。継続して勤務する社員がいることは、業務ノウハウの蓄積が実現すると同時に業務の精度もアップしていきます。このスパイラルを繰り返すことで、人材の流出を防ぐだけではなく、人材を集めることにも効果を発揮していきます。

採用コストの削減が可能となる

人材が定着することで、人材不足の問題が解消していきます。当然ですが、退職者が0名ということを約束するものではありませんが、定着率が上がることで不足する人数が減り採用を行う人数も徐々に低下していきます。その結果、採用コストの削減が可能となります。

従業員のモチベーションアップ

定着率の向上とは、従業員がその企業で働き続けたいと思っている証拠でもあります。この理由は、従業員のモチベーションが高いことです。周囲の人間が自社で働くことを楽しいと思っている、意義があると感じているなどの高いモチベーションは周囲の人材にも影響しています。この良いスパイラルにより、より一層モチベーションを高くすることにつながっていきます。

企業文化の熟成を促進する

継続して働く人材が居る事は、企業文化の熟成を促進することにもつながります。企業に長く勤めることで風土や企業文化を定着させることが可能になり、定着が進むことで、文化の熟成を促進することができれば、企業内部の満足度向上にもつながり、結果的によりよいモチベーションをアップを図ることが可能です。

 

離職率が高い企業の特徴とは

次に離職率が高い企業の特徴について解説していきます。どのような企業が、離職率が高くなる傾向があるかを理解し、そうならないための方法を立案し実施していくことで定着いつを向上させていきます。

福利厚生の整備が不十分

福利厚生の整備が不十分であれば、離職率があがります。福利厚生の充実は従業員の満足度に大きな影響を与えます。満足度が向上することは離職率の低下につながり、長く働き続けたいと感じさせる大きな要素になります。福利厚生という言葉で定義される項目は複数あるため、一度に全ての改善を行うことはできません。満足度の向上に有効な福利厚生内容について優先順位を付けて改善を図ることが必要です。

労働環境や条件が厳しい

休日日数が少ない、残業時間が長いなど労働環境や条件が厳しい場合には、従業員は心身を疲労させ物理的な視点でも労働をし続けることが難しい状況に陥ります。こうなってしまうと、就業すること自体が厳しくなり最悪の場合には離職せざるを得ない状況です。こうした状況を起こさないためには、労働基準法をもとに労働環境の整備を急務として行う必要があります。

教育制度が整っていない

人材育成に必要な教育制度の整備も離職率に大きな影響を与えます。人は自分自身が成長していると感じることに、大きな喜びや満足感を得られます。これらは、満足度の向上にも大きく影響するだけではなく、より学びを行い成長したいという意欲にもつながります。このスパイラルが繰り返させることで、自社内での人材育成や成長が格段に進み、企業運営にも大きな期待を持つことにが期待できると理解しましょう。

評価制度が整備されていない

評価制度の整備も離職率低下に有効な施策です。自分が行っていることを評価して貰えることは承認欲求を満たすことです。承認欲求が満たされることで、より一層努力をしたいと感じることになりますが、その反対に、評価されないことが続いた場合には、継続して頑張れないと感じてしまいます。

 

人材の定着率をアップさせる方法とは

最後に定着率をアップする方法について解説します。企業における定着率アップには、どのような方法があるかを理解し自社の定着率アップに向けた施策として導入を進めていきましょう。この際には、注意点で紹介している内容も十分に理解して実施していきましょう。

労働環境の整備を積極的に行う

労働環境の整備は、積極的に行うことです。残業削減の対策や休日日数の見直しなど、十分な休息が取れる環境を構築することで、ONとOFFの使い分けを行い日中の勤務に集中できる環境を構築していきましょう。こうした労働環境の整備は、人材採用時にも有効な方法となり、優秀な人材確保も有利になるメリットがあります。

教育訓練環境の整備による人材育成を行う

教育訓練環境の整備を行い人材育成を行うことも定着率には有効です。人は成長することに喜びを感じます。教育訓練制度は社内の人材育成を促進させ企業の成長にもつながります。人材が成長することで、今まで以上に様々な取り組みが可能になり、やりがいを感じやすくなる点でも定着率向上に大きな影響を与えます。

ワークライフバランスの充実を促進させる

福利厚生、労働環境の整備と同時にワークライフバランスの充実をはかります。働きやすさとは何か、働く環境としてはどのような環境が良いかについて議論し、可能な手法を優先順位を付けて実施します。ワークライフバランスが整うと、働きやすさが改善され、この環境で働き続けたいという感情を生み定着率を向上につながっていきます。

公平な人事評価制度の導入

人事評価の整備も定着率の向上につながります。成果について、目標に対してのプロセスを公平な評価をされることが従業員の満足度の向上にもつながるだけではなく、今後もより一層頑張りたいという気持ちにつながる要因です。人事評価は、常に公平に行うことでその効果は一層高まります。

メンタルケア制度の充実

メンタルケア制度を充実させ、メンタル問題に対応できる環境を構築していきましょう。ストレスや悩んでいることを早期に発見し解決することで、改めて業務に従事することが可能になります。メンタルの問題は、早期退職につながる問題でもあります。メンタルケア制度の対応も企業において経営課題を解決する1つの方法です。

 

まとめ

本記事では、定着率をテーマにメリットや注意点について解説しています。定着率が向上することは、企業成長、企業の経営課題に大きな影響を与えます。本記事を参考に、自社の定着率向上に向けた施策を実施していきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ