10/17(Sun)

今日の生放送

タレントプールとは?活用するメリットや方法を解説

公開日:2021/09/09
更新日:2021/09/10
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
タレントプールとは?活用するメリットや方法を解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

タレントプールとは、会社にとって必要な人材の情報を、中期的に管理していくためのデータベースのことをさします。本記事ではタレントプールについてのメリットやデメリット、ステップの方法や導入事例について紹介します。タレントプール導入を検討している企業はぜひ内容を参考にしてください。

 

タレントプールとは

タレントプールは、会社にとって必要な人材の情報を、中期的に管理していくためのデータベースです。「タレント」は才能、「プール」は蓄えるという意味で、つまり「才能を蓄える」という意味です。 企業は必要な人材を確保することで、会社の業務を効果的に行え、新しい事業にもチャレンジできます。しかし、人材獲得は激化していて、人材育成も難しくなってきているため、必要な人材の確保には工夫が求められています。 タレントプールを利用すると、ポテンシャルの高い人材とコンタクトを取り、関係性を持続でき、採用の機会を逃さないため注目されています。

 

タレントプールを活用するメリットとは

タレントプールをすると、どのようなメリットが得られるかみていきます。あらかじめメリットを把握しておくことで、企業側は導入を前向きに検討しやすくなります。以下のようなメリットをひとつずつ詳しく解説します。

採用活動の効率化が図れる

タレントプールは採用活動の効率化を図ることが可能です。企業は、たとえ良い人材を見つけても、既に新規で人材を採用した直後などタイミングによりすぐに採用できないケースがあります。 しかし、タレントプールで関係性を維持しておき、情報収集を行っていると、次に人材が必要になった際、すぐにアプローチをして自社への入社をアピールできます。さらに、すでに人材の情報収集ができているため、適材適所な人材を最短時間で確保することが可能です。

採用コストの削減につながる

タレントプールの活用は採用コストの削減を期待できます。人材不足が生じると、求人募集のための広告の準備や登録など出費が生じます。人手不足のたびに求人募集の出費が生じ、会社の収益にも影響が出ます。 しかし、タレントプールで人材情報の収集をしておくと、採用候補の中からアプローチできるため、広告などの費用は必要なく時間も節約可能です。情報の収集により一定のデータが揃っているため、選考の工数も少なく手間がかかりません。

マッチング精度を高められる

タレントプールはマッチングの精度が高いです。登録した人材に継続的にアプローチを続けるため、どのような仕事や待遇を受けられるのか詳細な点を理解できます。条件を納得したうえで入社するため、ミスマッチを防げます。ミスマッチがあると、せっかく採用した人材がすぐに辞めてしまいかねず、さらに手間と時間を注ぎ込むことになります。マッチングの精度を高められる点が、大きなメリットといえます。

 

タレントプールのデメリットとは

採用コストの削減やマッチング精度を高められるメリットがある一方で、タレントプールには以下のようなデメリットもあります。ここからは、主にふたつのデメリットを解説しますので、タレントプールを導入する際の参考にしてください。

再アプローチのタイミングの見定めが難しい

タレントプールは、再アプローチのタイミングを見定めることがが難しい点があげられます。人材の情報収集をしても、自社に採用のポジションに空きがない場合や企業の方針として採用の話がまとまっていない場合、採用のアプローチを行えません。 仮に、優秀な人材だとしても、タイミングが合わなければ採用できず、リストにあった人材が他の企業に採用されてしまうと、アプローチがさらに難しくなります。そのため、タレントプールは再アプローチの見極めが困難な点がデメリットと考えられます。

人材データベースの管理が難しい

人材データベースの管理も難しいといえます。タレントプールは必要な人材をリスト化して適切なアプローチをするようにしますが、長期間行うとリスト量が膨大になります。リストアップする人材が多くなると、アプローチの精度が薄まるため、再アプローチする候補者を精査して再選考する必要があります。 また、会社の方針により、急に人材候補が変わる可能性もあるため、人材データベースの管理は、優先順位付けやグループ化を活用し整理することが重要です。

 

タレントプールを活用するためのステップとは

メリットとデメリットについてみてきましたが、ここからはタレントプールを活用するために踏むべきステップについて確認します。採用候補者の選定や人材データベースの構築方法、採用候補者へのアプローチ方法などについて解説します。

採用候補者の選定を行う

まず、自社にとって必要な採用者候補を選定します。採用候補は企業の都合で不採用になった人、内定辞退をした人などがありますが、自社の理念に合致する人材をリストアップすることが重要です。 自社の理念や経営方針に合致した人材であれば、会社に長く留まり、貢献してくれる期待が持てるからです。そのため、SNSや勉強などのイベントを利用するなど、広い範囲で採用者候補の選定を行うことが重要です。選定は慎重に行うようにしてください。

優秀な人材のデータベースを構築する

自社の理念に合う人や自社が求めている人物像に出会えたなら、データベースを作成して管理します。データベース上で優秀な人材を管理することで、適切にアプローチすべき人材を絞ることができます。 データベースは、専用サービスなどを活用し、個人情報が流出しないよう効率よく管理できるように計画してください。

採用候補者と定期的にアプローチを行う

採用候補者に定期的にアプローチを行います。アプローチを行わなければ、自社のビジョンや業務内容などを把握できません。アプローチを定期的に続けることで、採用候補者は状況を把握でき、自社への就職を決定しやすくなります。 積極的に良い関係を築くことができるように、ビデオ通話やチャットツールなどSNSを利用するのもひとつの方法です。候補者のモチベーションを維持できるように連絡を行ってください。

適切なタイミングで求人案内を行う

タレントプールの目的は採用することであるため、適切なタイミングを見計らいスカウトすることが重要です。そのため、自社に空きのポジションができた際や、専門スキルを持った人材が必要になった時、求人案内などを通してスカウトします。 タイミングよくアプローチできるように、常に社内の動向に注意をして、準備をしておくようにしてください。

 

人材のプールに役立つツールとは

人材のプールに役立つツールについてみていきます。優秀な人材や自社の理念に合致する人材を確保するためには、SNSや採用管理システムなどのツールを有効活用することが重要なポイントです。自社に適した方法を検討してください。

SNS

SNSのFacebookやLinkedlnを活用すると、データベースの構築や管理を行うことができ、人材のプールとして活用できます。SNSを見て、相手が自社に合うスキルや経験をしていることが分かれば、メッセージを送信してコンタクトを取り、すぐにコミュニケーシをがとれます。 また、優秀な人材を集めるため、SNSを活用してイベントの宣伝を行えば、条件に合う人が参加しつながることができます。

採用管理システムを活用する

採用管理システムを活用して、情報の管理をするのもひとつの方法です。採用管理システムは管理しやすいように構築されているため、採用の質やアプローチのタイミングを効果的にコントロールできます。 例えば、SNSでプールした人材の一元管理や自社専用のタレントプールを作成し、その後チャットツールを通して人材を紹介してもらうなどの機能が組み込まれています。採用管理システムで人材の情報を把握しやすくすれば、無駄な工数や手間を省けます。

 

タレントプールの導入事例

タレントプールを活用するためのステップやツールについてみてきました。ここからは、タレントプールを実際に導入している企業の事例を3つ紹介します。具体的な活用内容を知ることで、自社にタレントプールを導入する際の参考にしてください。

デル株式会社

デル株式会社は公式採用ページに、求人情報を受け取るための登録フォームがあります。利用者が登録フォームに自分の情報を入力することでタレントプールに登録され、その人に合わせた情報が配信される仕組みです。 希望したポジションに合わせて情報が発信され、さらにSNSと連携して知人に募集を紹介できるようなシステムにしているため、効果的にアプローチが可能です。この活用により、必要なポジションに人材を確保できるようにしています。
参考:DELL Technologies

日本ミシュラン株式会社

日本ミシュラン株式会社は、採用ページ情報を閲覧するためにフォーム登録を必須にしています。閲覧する利用者が登録フォームの入力有無により、転職や就職のやる気の有無が明確にわかるからです。 さらに、フォームに入力することでタレントプールに登録され、利用者に合わせた情報が配信されるようになります。このシステムにより、企業はアプローチを行いつつ、利用者は自分のやりたい業務を理解すでき、前向きに入社を考えられるようになっています。
参考:ミシュラン

ゼネラルモーターズ

ゼネラルモーターズは、キャリアサイト内にタレントプールへの登録ページを設けています。名前や所属、職務経歴を登録してLinkedlnとアカウント連携が可能となっています。このシステムににより、企業側はコンタクトを取りやすく、登録者のスキルや経歴に合わせたアプローチを定期的に行えます。人材確保のひとつとして活用しています。
参考:ゼネラルモーターズ

 

まとめ

タレントプールを活用することで必要な人材確保を行え、人材不足が生じた際もすぐに対処できます。優秀な人材確保は企業にとって必須の業務です。その業務がスムーズに行えるように、タレントプールの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ