9/24(Fri)

今日の生放送

イノベーション人材の育成方法とは?組織づくりのポイントや育成する際の注意点を解説する

公開日:2021/06/30
更新日:2021/07/27
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
イノベーション人材の育成方法とは?組織づくりのポイントや育成する際の注意点を解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

イノベーションを成功に導くための人材育成方法とはどのような方法でしょうか。本記事では、イノベーション人材の育成方法やイノベーションの定義について解説しています。イノベーションを起こすために必要な人材の理解を深めていきましょう。

 

イノベーションとは

企業成長に必要とされているイノベーションとは何を意味しているのでしょうか。最初にイノベーションについての理解を深め、イノベーションとは何かを理解していきましょう。イノベーションの定義や必要性について解説します。

イノベーションの定義

イノベーションとは、「これまでにない製品やサービスを作り出すこと」と定義することができます。イノベーションは「技術革新」と訳されることが多くありますが、ビジネスの側面では、技術には限らず広い意味の概念を持っています。

イノベーションの提唱者

イノベーションの概念は、オーストリアの経済学者ヨーゼフ・シュンペーター(1883~1950)が1912年に『経済発展の理論』でイノベーションを核とした経済発展理論を発表したことから広まりました。日本国内への浸透は、比較的、近年とされていますが現在では多くの企業がイノベーションの概念を取り入れサービスの構築を行っています

イノベーションが求められる背景

経済と企業の反映には、イノベーションが必要と言われています。企業は、常に利益を生むために顧客満足を得る必要があり、そのためにはイノベーションを通じて変革を行う必要性があります。時代背景をもとに企業成長や方向性の変化を行うことがイノベーションが必要な背景だと理解しておきましょう。

リノベーションとの違い

イノベーションと混同しやすい用語として取り上げられるのが「リノベーション」です。リノベーションは不動産用語であり、既存の住宅をこれから住む人が住みやすいように改修することを指します。 意味を考えると全く異なる用語ですが、言葉が類似していることで混同されやすい用語の代表として取り上げられることが多くなっているため注意しましょう。

 

イノベーションの類型とは

イノベーションは、市場や技術に影響を与える内容により4つの類型に分類されます。次にイノベーションの4つの類型について解説します。自社が行うイノベーションがどれに該当するかを見極めていきましょう。

構築的革新

構築的革新とは、斬新な技術によりこれまでとは異なる製品の発明や開発を行い市場に展開することを指します。

  • 【構築的革新の実例】
  • ・トーマス・エジソン:電気
  • ・トーマス・ニューコメン:蒸気機関
  • ・ライト兄弟:飛行機
  • ・米フォード社:一般大衆向け自家用車「T型フォード」

革命的革新

革命的革新とは、既存製品に新しい技術などを負荷し生みだす製品で市場に展開することを指します。

  • 【革命的革新の実例】
  • ・モバイル通信システム「4Gから5G」へ
  • ・自動車の駆動システム「マニュアルからオートマチック」へ
  • ・オーディオの音声信号「アナログからデジタル」へ
  • ・少ない量で汚れが落ちる洗剤

間隙創造的革新

間隙創造的革新とは、既存の技術を用いて新たな市場を生み出すイノベーションで別名「ニッチ創造」とも呼ばれます。

  • 【間隙創造的革新の実例】
  • ・ヘッドフォンステレオ
  • ・家庭用ゲーム機
  • ・スマートフォン

通常的革新

通常的革新とは、従来の技術やプロセスを改善、安価にした上で高品質なコストパフォーマンスの良い製品やサービスを生みだすことで既存の技術と市場の中で生まれるイノベーションを指します。

 

イノベーションの種類と特徴とは

イノベーションは4つの種類に分類することができます。この4種類のイノベーションの特徴について解説していきます。自社が行うイノベーションがどの種類に該当するかを比較しながら確認していきましょう。

オープン・イノベーション

オープン・イノベーションとは、自社の技術に業種や分野などを超えた他社の技術を加えた新たな製品開発や事業開発を行なうイノベーションを指します。製品の製作サイクルのスピード化や市場ニーズに応えるメリットがある一方で、一定期間においては多大な人材コストがかかり機密保持やセキュリティー面での懸念などのデメリットもあります。米P&G社の「プリングルズポテトチップス」が成功事例としては代表的な事例です。食用のインクジェット印刷技術を応用することでポテトチップス1枚1枚にデザインを印刷する画期的なイノベーションを起こしています。

リバース・イノベーション

リバース・イノベーションとは、自社の開発拠点を新興国や途上国に移し、異なる拠点でのニーズをベースにした新たな価値や技術を先進国市場に展開させるイノベーションを指します。現代社会において注目されているイノベーションです。新たな発想や技術を展開しやすいというメリットがある中、多数拠点での組織構築や人員の意識改革など、長期的な経営改革のデメリットがあります。LIXIL社の「循環型無水トイレシステム」が成功事例の代表的なものです。これはベトナムの農村のニーズから生み出されました。

持続的イノベーション

持続的イノベーションとは、自社の技術力によって従来の製品やサービスに高い付加価値を追加し市場で求められている価値自体を向上させるイノベーションを指します。資本金や予算確保ができる企業が得意とするジャンルです。先進国のような成熟した市場で顧客を確保しやすくなるメリットがますが、新たな消費者の獲得は難しいデメリットがあります。

破壊的イノベーション

破壊的イノベーションとは、新たに生み出された製品やサービスが市場開拓を実現するイノベーションを指します。従来には存在しなかった全く新しい価値を生み出すことで、他社が追い付いてくるまでの間は市場をほぼ独占できるメリットがありますが、従来の成熟事業を脅かして主力市場からの撤退せざる可能性を秘めています。

 

IT融合型人材の育成方法とは

次に独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開している「イノベーション創出に向けた IT融合人材の育成」について解説していきましょう。IPAは情報処理試験などを実施しているため認知度が高い機構です。IPAが展開している資料を基IT融合型人材を育成する方法を理解していきます。

参考:独立行政法人情報処理推進機構「イノベーション創出に向けた IT融合人材の育成」/a>

イノベーション創出に向けた組織づくり

IT融合型人材の育成には、イノベーション創出に向けた組織づくりが必要です。この組織づくりには、以下の項目が必要としています。

経営者自らがリーダーシップを取り、イノベーション創出の遂行を果たす必要性があります。特に、リーダーシップでプロジェクトメンバーを率いる必要があるイノベーションには先導力やリーダーシップが特に必要です。

イノベーション創出には、イノベーションの定義は欠かせません。自社が求めるイノベーションとは何か、イノベーションで何を実現するかについて定義付けを行い明確にした上でプロジェクトを遂行する必要があることを理解しましょう。

プロジェクトに参加するメンバーを選出し、各人の役割を明確化し動機付けを行う必要があります。同時に、メンバーのスキルを確認し育成対象者の明確化や育成を実施しますが、知識不足については本人の自覚と研修への参画を意欲的に行えるように対応していきましょう。

IPAではイノベーションの課題として「イノベーションが生まれにくい要因の 一つは、企業など組織が能力ある人材の思いや着想を摘んでしまうことにある。」と明確に記載しています。イノベーションを起こすためには、会社組織全体での取り組みが必要な点を理解しておきましょう。

  • ・経営者のリーダーシップ
  • ・イノベーション定義
  • ・担う役割と育成担当者
  • ・組織文化、風土

イノベーションの「実践の場」の 提供と活用

価値発見の後には、価値を実現することが必要です。価値の実現とは、実際に価値を市場の提供することをも意味していますので、価値の想像と価値実現はセットとして考える必要性があります。

一人でイノベーションを行うことは難しいためイノベーションを遂行するプロジェクトメンバーの相互間での協力体制が必要です。人材については、国内の人材に拘ることではなく時には外部の人材を含め海外からの高スキル人材を活用する方法も検討していきましょう。

多様性でも解説していますが、イノベーションの成功にはが外部コンサルや外部リソースを活用する方法も有効です。特に社内に人材が不足している場合には、外部リソースを上手く活用しイノベーションの成功に繋げていきましょう。

プロトタイプの作成を通して、トライ&エラーを繰り返しイノベーション対象の製品やサービスの完成を行っていきます。繰り返しトライ&エラーを行うことで、製品やサービスの欠陥を見つけ完成度の高い商品やサービスを作りあげていきましょう。

  • ・「価値発見」の場

    ビジネスの場面で「実現可能性」 「収益見込み」のみを優先することなく、イノベーションの価値を見出す必要がります。価値を見出すには、仮説と検証を繰り返し行う必要があり価値発見を行う必要があると定義済みです。

  • ・「価値実現」プロセス
  • ・多様性
  • ・オープンイノベーション
  • ・トライ&エラー

IT融合人材「育成の場」の 提供と活用

IT融合人材には「育成の場」を提供し活用する必要があります。人材育成は継続的に行う必要があります。この継続的育成を行うためには、以下の2つの観点が必要でとIPAでは定義付けています。

IT融合人材のポジションと役割を整理し、各役割に対しての育成フレームを作成し整備します。この整備により、役割別のスキルを整理しスキルの過不足を確認しましょう。不足している箇所については人材育成を実施していきます。

実践的学習の場の提供とは、体験型の学習を通じて実践力を習得することを意味しています。前述している育成フレームに応じた学習内容を決め人材育成を進めていきましょう。

  • ・育成フレーム整備
  • ・「実践的学習の場」の提供
 

まとめ

本記事は、イノベーション人材の育成をテーマに必要なスキルやIPAにおけるIT融合人材の育成までを解説しています。本記事では、イノベーション人材をとは何かを理解し育成を行いイノベーションを成功させていきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ