1/17(Sun)

今日の生放送

チームビルディングとは?定義やその目的、組織作りに効果的なポイント・手法について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チームビルディングとは?定義やその目的、組織作りに効果的なポイント・手法について解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

最近新しいプロジェクトを社内で立ち上げたものの、全体の士気が上がらずお悩みの方もいらっしゃるでしょう。 この記事ではチームの仲間が一丸となって目標に向かうことのできる組織作り、チームビルディングについて詳しく解説します。

<目次>
チームビルディングとは?
チームビルディングの目的とは?
マインドセットの形成
チームの展望や目標の共有
コミュニケーションの活性化
チームビルディングの発展段階と段階別に有効な施策について
形成期(Forming)
混乱期(Storming)
統一期(Norming)
機能期(Performing)
散会期(Adjourning)
チームビルディングを実践する時のポイントと成功させるコツ
1:リーダーシップを発揮できる存在がいること
2:チームメンバーに相談できる相手がいること
3:チームビルディング研修を行うこと
チームビルディング研修のご相談はSchooまで
schooのチームビルディング研修パッケージ
まとめ
 

チームビルディングとは?

チームビルディングとは個人のスキル・能力・経験を最大限に発揮しながら一人では達成できない目標に対して一丸となって取り組むことのできる組織作りのことを言います。 チームビルディングは企業に所属する人全てを対象とした取り組みであり、一人一人の強みを認め合うことでパフォーマンスを上げることを目的としているのです。 また新入社員は主体性、中堅社員はリーダーシップが身につくなど立場や役職によっても違う効果があらわれるのが特徴的と言えるでしょう。 チームビルディングの理論的背景をさかのぼってみると、古くは1920~30年代に行われたホーソン研究による組織行動論(企業の業績や生産性に影響を与える行動を個人行動、集団行動、組織行動の3つに分類して研究する、経営学の分野のひとつ)だと言われているのです。 その後組織心理学者の小林 惠智(こばやし けいち)氏によって提唱されたFFS理論(自分がどういう時にストレスを感じる人間かという観点から自分の強みや特性を導き出す診断方法)により、2000年代から広く企業にその考え方が取り入れられるようになりました。 チームビルディングは現在、組織を開発する方法として広く知られています。

 

チームビルディングの目的とは?

それではチームビルディングの目的とはいったい何なのでしょうか。 3つご紹介します。

マインドセットの形成

マインドセットとは、人間が無意識のうちに行っている習慣化した思考・感情のパターンのことを言います。 マインドセットには2種類あり、それぞれfixed(固定)マインドセットとgrowth(成長)マインドセットと呼ばれているのです。 fixed(固定)マインドセットとは自分の能力は成長せず固定していると思い込む心の状態を言い、growth(成長)マインドセットとは自分の能力は開発すれば高まっていくと信じられる心の状態を言います。 もし1つのチーム内にこの2種類のマインドセットを持つ人が混在していたら、チームが同じ目標を目指して進むことはできません。 そのためチームビルディングではgrowth(成長)マインドセットを全員が持つことが1つの目的となります。

チームの展望や目標の共有

チームが同じ方向を向いて走るためには、そのチームが達成する目標や展望を全員が共有する必要があるため、チームビルディングでは少しずつこれらを浸透させるのを目的としているのです。

コミュニケーションの活性化

組織がうまく機能しなくなる原因の1つにコミュニケーションの不足が考えられます。 コミュニケーションが活発な組織であればメンバーの価値観や考え方、得意な仕事の分野などを少しずつ理解していくことができるので、チームのパフォーマンスがよくなり適切な人員配置や役割分担にもつながるでしょう。 そのためチームビルディングではコミュニケーションの活性化も目的とされるのです。

 

チームビルディングの発展段階と段階別に有効な施策について

チームビルディングの発展段階について心理学の観点から解説した理論に「タックマンモデル」があります。 1965年に心理学者のブルース.W.タックマン(Bruce Wayne Tuckman)により初めて提唱され、チームビルディングの発展段階を形成期 (Forming)→混乱期 (Storming)→統一期 (Norming)→機能期( Performing)の4つの段階で示しました。 その後タックマンとジェンセン(Mary Ann Jensen)が1977年に共同研究で発表した「Tuckman’s stages of group development」で散会期(Adjourning)が加えられ現在の5段階のタックマンモデルとなったのです。 それぞれの発展段階の持つ意味と、段階別に取り入れるとチームビルディングに有効な施策について説明します。

形成期(Forming)

形成期とはチームメンバーがそれぞれに紹介される段階です。 自己紹介で第一印象が形成されますが、チームの目標やチーム内でのお互いの役割や責任については理解できていません。 チームメンバー間のコミュニケーションにおいては遠慮や緊張感があり、チームメンバーそれぞれに不安を抱えているでしょう。 リーダーが形成期において次のステップへと進むために行うのは、チームの協力体制を早く作るためにチームのルール、目標を明確に説明し具体的な指示を出して仕事を進めることです。 形成期のチームには短時間で気軽に楽しめるゲームやアクティビティがチームビルディングを行う上で有効です。

形成期におすすめのゲーム:バースデーライン

言葉ではなく身振りや手振りなどの非言語的コミュニケーションだけを用いて制限時間内に誕生日順に並ぶというゲームです。 より正確な順番で並べたチームが優勝です。 誕生日がお互いにわかってしまうため1度しか行うことができないのがデメリットですが、言葉で伝えることの大切さや情報共有時のコミュニケーション方法などを自然に感じてもらえるのがメリットだと言えるでしょう。

混乱期(Storming)

混乱期とはチームメンバーが一緒に仕事を始めてアイデアや意見がたくさん出てくるため、チームの目標に対する認識の違いが明らかになったり、チームメンバー間のすれ違いや対立が起こったりとモチベーションが下がりやすくなる段階です。 一部のチームは混乱期を乗り越えられず、チームビルディングに失敗する例も見受けられます。 チームメンバーにとっては非常に居心地の良くない環境と言えるでしょう。 リーダーが混乱期において次のステップへと進むために行うのは、課題を解決する際リーダーのトップダウンとせず、チームメンバー全員で解決方法にアプローチすること、チームメンバーの意見を出してもらいお互いが納得するまで話し合うようサポートすることです。 混乱期のチームにはお互いを理解するためのディスカッションがチームビルディングを行う上で有効と言えるでしょう。

混乱期におすすめのゲーム:選択型ディスカッション

「今から習い事を始めるなら楽器・英会話・ゴルフのうちどれか?」のように問いかけに選択肢があるディスカッションです。 正解を導き出すことではなく、チームメンバーが自分の考えを論理的に説明できるようになることを目的とします。 チームメンバー一人一人の意見が明確に分かれますが、問いかけの内容次第でチームメンバーの好みや考え方などがより深く理解できるようになるのがメリットです。

統一期(Norming)

チームの目標が浸透し、チームメンバー間では信頼関係、尊重しあえる関係が出来上がった段階です。 チームメンバー同士が積極的に助け合いながら仕事を進めていくためチームは活性化し、モチベーションも高まるでしょう。 リーダーが統一期において次のステップへと進むために行うのは、チームが何らかの理由で停滞した時にその阻害要因を取り除き、チームとして業務がうまく遂行できているかどうか確認を行うことです。 統一期のチームにはメンバー間のより深いコミュニケーションを推進していくことが混乱期へと後戻りしないためにも重要なため、ビジネスゲームを取り入れるのがチームビルディングを行う上で有効と言えるでしょう。

統一期におすすめのゲーム:マネジメントゲーム

4~6人のボードゲームで企業を疑似経営します。 ソフトバンクの孫正義社長も実践していることで有名です。 仕事上のチームワークを自然と意識でき、仕入れから販売、決算まで1人で行うため簿記の貸借対照表や損益計算書などもゲームをしながらできるようになるのがメリットと言えます。

機能期(Performing)

チームが一致団結しながらも個人は自立して能力を発揮し、パフォーマンスとモチベーションが非常に高い段階です。 いくつかのチームは統一期で成長が停止する中、チームとして課題解決し成果を生み出せる理想的な状態と言えるでしょう。 リーダーが機能期において次のステップへと進むために行うのは、細かな指示は避けよりチームメンバーの自主性を重んじることです。 機能期のチームには仕事から離れたスポーツやアクティビティでリフレッシュすることがチームビルディングとして有効です。

機能期におすすめのゲーム:ブラインドサッカー

目隠しをして行うサッカーです。 視覚以外の感覚を研ぎ澄ませる効果があります。 見えないことでよりコミュニケーションを深く取る必要があるため、遊びながら信頼関係が深まるのがメリットです。

散会期(Adjourning)

目的の達成や時間の制約によりチームが解散する段階です。 チームメンバーは次のミッションへと向かってチームを卒業していきます。

 

チームビルディングを実践する時のポイントと成功させるコツ

チームビルディングを成功させるためのポイントとコツを3つご紹介します。

1:リーダーシップを発揮できる存在がいること

チームビルディングを行う上で起こりやすい問題が認識のずれや意見の相違です。 チームで認識を共有したり、一人一人の意見を尊重しながらも方向性を指し示したりできるリーダーがチームビルディングには不可欠だと言えるでしょう。

2:チームメンバーに相談できる相手がいること

個人個人が仕事についての悩みを相談できる相手を持つことは重要です。 仕事が効率化するだけではなく、チームとして極端な意見へと暴走するのを食い止める効果もあります。

3:チームビルディング研修を行うこと

タックマンモデルの段階ごとにご紹介した、ゲームやスポーツを取り入れたチームビルディング研修を適宜行うのもチームビルディングには有効です。 しかし研修内容や行うタイミングについて社内にノウハウがない場合は、社員研修のプロである専門会社の手を借りるというのも1つの選択肢だと言えるでしょう。

▼チームビルディングに関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】チームビルディング研修における3つの効果とおすすめのゲームを紹介

 

チームビルディング研修のご相談はSchooまで

SchooではSchooビジネスプラン(5,700本の授業が1ID1,500円で受け放題のオンライン学習サービス)を利用することでビジネスの最前線で活躍する講師からチームビルディングについて学ぶことができます。 またオンライン講習ではチャットで受講生同士がディスカッションを行うこともできるため受け身にならず、主体的に学ぶことが可能です。 Schooの提供する最新のチームビルディング研修の詳細については次の記事をごらんください。

schooのチームビルディング研修パッケージ

チームビルディング研修パッケージを見る

 

まとめ

チームビルディングとは個人の能力やスキルを最大限に発揮しながら目標に向かって一丸となって取り組むことのできるチーム作りですが、うまく実践できればチームとして課題解決し成果を生み出せる理想的な状態を作り出すことが可能だとわかりました。 ぜひ自社の社風に合った形で取り入れて、より企業としてのパフォーマンスを高く発揮するために役立ててください。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
  • 60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
    60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • 科学的に証明されているズルイ資料作成のポイント
    科学的に証明されているズルイ資料作成のポイント
  • テーマパークで学ぶビジネスの教科書
    テーマパークで学ぶビジネスの教科書
  • リーダーのためのコーチング
    リーダーのためのコーチング
  • 今さら聞けないビジネスメールの書き方
    今さら聞けないビジネスメールの書き方
  • 意外と知らない「マーケティング」の基本中の基本
    意外と知らない「マーケティング」の基本中の基本
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 心理的安全性のつくり方
    心理的安全性のつくり方
  • どんな時代にも左右されない副業力 ー インターネットでローリスク×良コスパ ー
    どんな時代にも左右されない副業力 ー インターネットでローリスク×良コスパ ー
  • 30歳までに知っておきたい経済の知識
    30歳までに知っておきたい経済の知識
  • 実践基礎知識~「情報セキュリティ10⼤脅威2020」~
    実践基礎知識~「情報セキュリティ10⼤脅威2020」~
  • プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
    プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
  • 興味ゼロの人を巻き込む「共感プレゼン」
    興味ゼロの人を巻き込む「共感プレゼン」
  • 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
    博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 不安とストレスに悩まない7つの習慣
    不安とストレスに悩まない7つの習慣
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ