6/20(Sun)

今日の生放送

クリティカルシンキングとは?意味やメリットを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリティカルシンキングとは?意味やメリットを詳しく解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ビジネスにおける問題解決のためにさまざまな思考を巡らせてはいるけれど、どうも適切な答えが導き出せないと悩んでいる方はいませんか?この記事ではそのような悩みを解決する、クリティカルシンキングという思考法について詳しく解説します。

<目次>
クリティカルシンキングとは?
クリティカルシンキングが今の時代に必要とされる理由とは
クリティカルシンキングの基本姿勢について
クリティカルシンキングとロジカルシンキングとの違い
クリティカルシンキングの有用性とは?
問題解決能力が身に付く
物事の本質が見極められるようになる
新たなアイデアを着想できる
クリティカルシンキングにおける思考のステップ
1.ゴールや着地点を明確にする
2.現状を分析し、課題を見つける
3.解決方法を考える
クリティカルシンキングの鍛え方
1.クリティカルシンキングは否定を目的としていないことを理解する
2.多角的な視点で考える
3.客観的な事実と主観的な意見を区別する
4.目的意識を持つ
5.疑問を持ち続ける
クリティカルシンキング・ロジカルシンキング研修にはSchooビジネスプランの特徴
1.研修と自己啓発を両方行うことができる
2.ロジカルシンキング研修におすすめのSchooの研修パッケージ
3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる
まとめ
 

クリティカルシンキングとは?

クリティカルシンキング(critical thinking)とは日本語では「批判的思考」と直訳され、物事の前提が正しいかどうかを分析・検証して最適な結論や解決策を導く思考法です。 ビジネスの場ではたくさんの意思決定や問題解決を必要とするため、クリティカルシンキングは有用な思考法として積極的に活用されています。

クリティカルシンキングが今の時代に必要とされる理由とは

2020年10月に世界経済フォーラムで発表された「仕事の未来レポート2020」によると、クリティカルシンキングは2025年に企業が求める15のビジネススキルのうち4位に入っています。 企業が従業員に求めるビジネススキルは時代と共に変容していきますが、クリティカルシンキングはこれからの企業の成長に必要なスキルとして認められているということです。 ではなぜクリティカルシンキングが必要とされるのでしょうか。 理由を2つご紹介します。 ①ビジネスの環境が常に変化する時代であるため 技術の発達や進歩とともに、ビジネスを取り巻く環境の変化は激しさを増すようになりました。 既存の成功事例に囚われ、常に新しい時代に向けたサービス提供ができない企業は競合他社にターゲット顧客を奪われてしまうでしょう。 物事の前提が「現時点で」正しいかどうかを常に検証できるクリティカルシンキングは、このような問題点を洗い出し、新しい考え方を取り入れるのに最適な方法と言えます。 ②価値観が多様化しているため ニッチな市場が活性化し、多数の人に支持される商品やサービスが少なくなってきている中では、1つの価値観に合わせた思考でビジネスを成功させるのが難しくなってきています。 これまで正しいと考えられてきた成功パターンを前提として考えてよいかどうかを判断できるクリティカルシンキングは、このような価値観の多様化にも柔軟に対応できる思考法といえるでしょう。

<参考>世界経済フォーラム「仕事の未来レポート2020」

クリティカルシンキングの基本姿勢について

2012年5月に発表された「改訂3版グロービスMBA クリティカルシンキング」という本ではクリティカルシンキングを行う上では3つの基本姿勢を意識することが大切だと説明されているのでご紹介します。 ①目的は何かを常に意識する 開始前にゴールや目的を明確にし、それを常に意識しながらクリティカルシンキングをすることが大切です。 目的がずれると論点が定まらなかったり、意味のない議論をしてしまったりする可能性があります。 ②自他に思考の癖がある事を前提に考える 自分にも他人にも異なる前提や常識、経験が存在するためそれを認識した上でできるだけ客観的に思考を積み重ねていきましょう。 推論を重ねるのではなく、根拠となる事実を基に思考することが必要です。 ③問い続ける 意思決定、課題解決といった最終ゴールに辿り着くまで思考を止めないようにしましょう。 一度目的を達成しても思考自体を習慣とし、状況に合わせて考え直す姿勢が重要です。

<参考>改訂3版グロービスMBA クリティカルシンキング 参考:改訂3版グロービスMBA クリティカルシンキング

 

クリティカルシンキングとロジカルシンキングとの違い

クリティカルシンキングと混同されやすいのがロジカルシンキングですが、それぞれの違いを見てみましょう。 ロジカルシンキングはある問いを作り、根拠を用いて結論を導き出す思考法で、論理的な整合性を重視する点ではクリティカルシンキングと同じです。 しかしロジカルシンキングは問い→結論→根拠という一方向で思考し、クリティカルシンキングでは前提を疑い反芻することもあるため一方向ではなく多面的な思考となります。 またロジカルシンキングでは思考の偏りまでは検証しませんが、クリティカルシンキングではそれを検証する点でも異なります。

 

クリティカルシンキングの有用性とは?

クリティカルシンキングのビジネスにおける有用性について3つご紹介します。

問題解決能力が身に付く

クリティカルシンキングでは物事の矛盾や思考の漏れを減らせるため、議論を効率的に進め問題解決につなげることができます。 今まで意思決定に労力や時間をかけていたのがスムーズになるでしょう。

物事の本質が見極められるようになる

クリティカルシンキングでは物事の前提に対して「本当に正しいのか」「どうしてこうなるのか」といった問いかけを続けるため思考が深まり、物事の本質に辿り着きやすくなります。 客観的に物事を捉え、その本質を理解できればビジネスにおける判断の精度がより高まるでしょう。

新たなアイデアを着想できる

クリティカルシンキングでは物事の前提に対して疑問を投げかけるので、ビジネスにおける新たなアイデアを着想しやすくなります。 新しいアイデアが必ずしも最適なものとは限りませんが、選択肢が多い中から比較検討できるので、より望ましい結果につながるでしょう。

 

クリティカルシンキングにおける思考のステップ

クリティカルシンキングにおける思考の流れを3STEPでご紹介します。

1.ゴールや着地点を明確にする

クリティカルシンキングそのものは課題解決の手法であって目的ではないので、まずはゴールや着地点がどこなのかを明確化しましょう。 何を達成したいのか、期限はいつかなどを具体的に決めると無駄な議論が減り、スムーズな問題解決に繋がります。

2.現状を分析し、課題を見つける

現状と目的化した理想の状態とのギャップを整理し、そのギャップを生みだしている原因について考えます。 繰り返し問い続けることで排除している可能性や、根本的な原因について気づくことができるでしょう。 この時できるだけ客観的な視点から議論を行うのがコツです。

3.解決方法を考える

最初に決めた目的を達成するための具体的なアクションプランを決めます。 「誰が」「何を」「いつまでに」「どこで」「どのようにして」行うかを明確化すると取り組みやすいでしょう。

 

クリティカルシンキングの鍛え方

ビジネスにおけるクリティカルシンキングの鍛え方を5つご紹介します。

1.クリティカルシンキングは否定を目的としていないことを理解する

クリティカルシンキングを直訳すると「批判的思考」であることから誤解されやすいのですが、クリティカルシンキングは決して物事を否定するのを目的としてはいません。 物事の前提条件に疑問を投げかけ続け、思考の偏りに気づくことで、より問題解決や、本質を見極めることを目的としています。 否定するだけではそもそも課題解決や新しいアイデアの着想には至らず、ビジネスを停滞させることになりかねません。 クリティカルシンキングはビジネスの意思決定や判断をスムーズにし、より加速化させるための思考法だと理解しましょう。

2.多角的な視点で考える

クリティカルシンキングでは物事を結論づける前に、より多角的な視点・観点から思考することが大切です。 1つの考え方だけに囚われていたのでは、クリティカルシンキングをどれだけ行っても思考が深まることはないからです。 「他の考え方はないか」「別の目線で見るとどうか」と考え直す癖をつけるとよりクリティカルシンキングを鍛えることができるでしょう。

3.客観的な事実と主観的な意見を区別する

クリティカルシンキングでは、客観的な事実と主観的な意見を混ぜないようにすることが重要です。 この2つを見分けることやはっきりと仕分けることはなかなか難しいので、自分にも他人にも「事実か、それとも意見か?」「前提条件や基となる価値観は何か?」と問いかける癖をつけるとクリティカルシンキングが鍛えられるでしょう。 思考の癖や思い込みを議論に参加した全員で、少しずつ減らしていくことができます。

4.目的意識を持つ

ビジネスの場でクリティカルシンキングを続けていくうち、思考すること自体が目的化してしまい、適切な議論を行うことができなくなるということがよくあります。 このようなことを防ぐためには、最初に明確化した目的を忘れずに意識し続けることが必要です。 例えば営業成績を上げるためにノルマを課すといった施策はよくあることですが、ノルマをこなすことが目的化してしまうと業務がルーティーンと化し、新たなビジネスアイディアや取り組みは生まれにくくなるでしょう。 クリティカルシンキングは目的を達成するための思考法であるということを、常に頭に留めておくことが大切です。

5.疑問を持ち続ける

当たり前という言葉はビジネスの場でも日常的に使用されますが、果たしてそれは本当に「当たり前」なのでしょうか。 このようにクリティカルシンキングは常識や思い込みに疑問を持ち、それらを1つ1つ手放していく思考法です。 これは動かすことのできない前提条件だと考えていることや、無意識に感じている制約こそまずは疑問に思ってみましょう。 そこから古い慣習を破り、新たな時代のビジネスチャンスを掴む発想が生まれてくる可能性があるのです。 常に「どうして?」「なぜ?」「本当だろうか?」という問いかけを行う姿勢が大切です。

 

クリティカルシンキング・ロジカルシンキング研修にはSchooビジネスプランの特徴

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.ロジカルシンキング研修におすすめのSchooの研修パッケージ

様々な研修に対応できるSchooビジネスプランの研修パッケージですが、もちろんロジカルシンキング研修にも対応しています。Schooのロジカルシンキング研修パッケージには、基礎レベルのロジカルシンキングから、実践レベルのロジカルシンキング、さらにはマインドマップを活用したロジカルシンキングまでがラインナップされており、ロジカルシンキングに必要なスキルや知識をこの研修パッケージで網羅できます。

さらに、社員に研修動画を受講してもらった後に、意見の共有会やディスカッションを行うことで、学んだことをより効果的に定着させることができます。

  • 若手社員向けのロジカルシンキングに必要な思考法について学ぶカリキュラムです。論理性を高めて業務を遂行していく際に必要な思考法について解説していきます。
  • 若手社員向けのロジカルシンキングに必要な思考法について学ぶカリキュラムです。論理性を高めて業務を遂行していく際に必要な思考法について解説していきます。
  • マインドマップを用いてロジカルシンキングのスキルを磨く研修パッケージです。創造力、記憶力など、人間の脳が持っている可能性を最大限させるための思考ツールであるマインドマップを活用することで、論理的思考力を向上させてビジネス課題解決力を鍛えることができます。
  • 論理的で簡潔なプレゼンテーションスキルを磨くための研修パッケージです。より実践的に論理的な話し方やロジカルプレゼンテーションのポイントについて学ぶことができます。
  • ロジカルシンキングを実践的に学べる研修パッケージです。論理的思考力を仕事に活用する際のポイントを学び、ワークショップを通じてトレーニングしながらロジカルシンキングのスキルを身につけることができます。
  • 論理的な文章を書く力を身につけたい方向けの研修パッケージです。「相手に伝わる」文章を書く技術などを学ぶことができます。

ロジカルシンキング研修パッケージを見る

3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、研修スケジュールの作成を容易に行うことができます。さらに、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、レポート機能を使って学んだことを振り返る機会を作ることも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方1

まず、Schooビジネスプランの管理画面を開き、「研修を作成するという」ページで作成した研修の研修期間を設定します。ここで期間を設定するだけで自動的に受講者の研修アカウントにも研修期間が設定されるため、簡単にスケジュールを組むことができます。

管理画面の使い方2

この、管理者側の管理ツールでは受講者がスケジュール通りに研修を受けているかを確認することができます。もし決められた研修をスケジュール通りに行っていない受講者がいれば注意したり、話を聞くことができるなど、受講者がしっかりスケジュールを守っているかを確認することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

まとめ

クリティカルシンキングは既存の前提条件に疑問を投げかけ、思考の偏りに気づくことで課題解決や新たなビジネスアイディアを生みだすことのできる思考法だとわかりました。 ぜひ積極的に身に付けて、効率的な意思決定や問題解決に繋げてみてください。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ