7/27(Tue)

今日の生放送

DX人材とは?DX時代に求められるスキルとDX人材の育成方法を紹介

公開日:2021/05/28
更新日:2021/05/31
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
DX人材とは?DX時代に求められるスキルとDX人材の育成方法を紹介 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

DX人材とは、DXへの知見があり、社内で主体的に取り組んでいける人物のことです。今回の記事では、企業におけるDX人材の必要性と、DXを担う職種について紹介していきます。DX推進を検討している企業にとって役立つ情報がつまっています。

 

DX人材とは

2018年に経済産業省は「DX推進ガイドライン」にてDX(デジタル・トランスフォーメーション)を定義しました。このなかで、データとデジタル技術を活用したビジネスモデルや業務、また組織、プロセス、社会風土を変革し、競争の優位性を確立することを推奨しています。 このガイドラインを受けて、現在多種多様な企業がDXへの知見を持つ「DX人材」の獲得や育成を進めています。DX人材が社内の煩雑なシステムをデジタルで効率化することで、多くの企業が抱える人手不足の解消を期待できるのです。 複雑化・老朽化した既存システムを使い続けることで、国際競争への遅れや経済停滞を招く「2025年の崖」問題が、すぐそこまで差し迫っています。IT人材が退職し、サポートが終了することで、最大12兆円もの経済損失が発生しうるこの問題を回避するため、一刻も早いDX化が求められています。
参照:「DX推進ガイドライン-経済産業省」

 

DXを担う職種とは

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、企業内でDXを担う職種を以下の6つに定めています。それぞれの職種で求められているのは、デジタルに関する知識だけではありません。ここでは、職種ごとに求められるデジタルビジネススキルを紹介します。

エンジニア・プログラマー

DX人材と聞くと、まずエンジニアやプログラマーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。デジタルシステムの実装やインフラ構築を担うエンジニアやプログラマーにはシステム設計技術だけではなく、プロジェクトマネジメント力も求められます。

プロデューサー

DXにおけるプロデューサーは、顧客やパートナーとの良好な関係を築きつつ、イノベーションの創出から事業化まで、すべてのプロセスを統括する役割を担います。そのため、基本的なITスキルに加えて、ビジネス・マネジメント力や外部環境把握力、また組織牽引力を備えた人物が適任です。

ビジネスデザイナー

DXやデジタルビジネスの企画・立案から推進までを担うビジネスデザイナー。ITの知識はもちろん、市場に求められるビジネスを発想して構築する着想力や企画構成力、また従業員から理解を得られるファシリテーション能力が必要です。チームの核として動くことが多い職種といえます。

アーキテクト

アーキテクトとは、DXやデジタルビジネスに関するシステムの設計が可能な人材のことです。ビジネスの課題を分析し、再構成するコンサルティング能力やアーキテクチャ設計、また設計技法など、さまざまなスキルを求められます。

データサイエンティスト、AIエンジニア

DXに関するAIやIoTなどのデータ解析に精通しているデータサイエンティスト。センサーや通信機器の発達、ネットサービスの普及で収集・蓄積されたビッグデータから、ビジネスに活用する知見を引き出す役割を担っています。

UX・UIデザイナー

DXやデジタルビジネスに関する、システムのユーザー向けデザインを担当するUX・UIデザイナーには、当然のことながらWebデザイン能力が求められます。また、WebビジュアルデザインやWebサイト設計・構築技術があると、より企業で重宝されます。

 

DX人材に求められるスキルとは

DX人材に求められるスキルは、決してひとつだけではないことがおわかりいただけたかと思います。そのなかでも、すべてのDX関連業務に携わる人材が持っていると望ましいスキルはいくつか存在します。この章でひとつずつ見ていきましょう。

基礎的なIT知識

IT関連の情報は、目まぐるしいスピードで日々更新されています。しかし、そのなかでもWebやアプリケーションなど、基本的なITの仕組みは、DX人材であれば身につけておくべきです。また、AIやIoTなど近年耳にする機会が多い技術に関する知識も、備えておいて損はありません。

データの重要性と活用方法を理解するスキル

豊富なIT知識を有していても、それを有効活用できなければ無用の長物となってしまいます。データを分析することで、未来の予測や簡単な認識をできるようになるため、簡易的なデータの抽出・分析スキルは身につけておくべきです。データの重要性を理解し、処理できるようになれば、社内のDXがより発展されます。

ユーザー目線でUI/UXをデザインするスキル

UI/UXをユーザー目線で開発できるようになると、ユーザーの心をつかめ、サービスや商品の売上を改善できるかもしれません。現行のシステムをどのようなユーザーが、どのように使っているのかを正確に分析することで、理想的なシステムが見えてくるはずです。そのため、普段はWebプログラミングを行っているプログラマーにも、UI/UXデザインスキルの習得が勧められています。

 

組織内でDX人材を育成するためには

デジタルによる業務の効率化を進めるために、社内でDX人材を育てたいと考える企業は少なくありません。しかし、いきなり「組織内でDX人材を育てよう」といっても、何から始めたら良いのかわからない方も多いはずです。まず、どのような取り組みから始めるべきでしょうか。この章で詳しく説明します。

まずはデジタルリテラシーから教える

「DXのことはほとんどわからない」という従業員には、まず「ビッグデータ」「AI」「クラウド」など、ITの基礎用語やICTの技術の定義を教えるところから始めましょう。また、DXではセキュリティ管理に関する知識や技術も必要です。社内全体で研修を実施するのであれば、まずはITの基礎知識を教える研修から実施してみるのはいかがでしょうか。

デジタルリテラシーをビジネスに応用する力を教える

将来的にプロデューサーやビジネスデザイナー、アーキテクトとなる人材を育成するのであれば、ビジネスへの応用スキルを身につけてもらう必要があります。市場の動向や社会情勢の変化を敏感に察知し、ビジネスプランを考える能力や、システムを活用できる能力を備えた人物は、有能なDX人材になるはずです。

社外研修を受ける

従業員にデジタルリテラシーを教えたり、ビジネスへの応用力を高めたりするためには、研修の実施がもっとも有効と考えます。社内のプログラマーやエンジニア、デザイナーに声をかけて、社内研修を実施するという手もありますが、これが必ずしも最善策になるとは限りません。 教えることに慣れていないプログラマーたちが、ほとんど知識のない従業員たちにいちから教えるのは、なかなかハードルが高いものです。実施したものの「何を言いたいのかわからなかった」「専門用語が多く、ついていけなかった」という失敗事例を聞くこともあります。 このような失敗を避けるために、最初からITやDX研修を実施している研修業者に依頼をして、実施するのはいかがでしょうか。研修のプロフェッショナルが、これまでに作り上げたメソッドをもとに、わかりやすい研修を実施しています。オンライン研修を実施している業者であれば、自宅での受講も可能です。

 

DX人材を育成するときの注意点

DX人材は大いに越したことはありませんが、そうかといってすべての従業員を育成対象にすれば良いというわけでもありません。また、研修を実施するだけではなく、その後のフォローも重要です。ここではDX育成時の注意点を紹介します。

DX人材に育てるターゲットを定める

従業員全員がDX人材への適性があるとは限りません。「研修を受けても、さっぱり理解できなかった」という方もいるかと思います。それであれば、理解度の高い人材に絞ってフォローアップを実施し、成長をサポートしてあげましょう。 また、デザイナーやプロデューサーにはリーダーシップやマネジメント能力、コミュニケーションスキルが求められるため、元々それらのポテンシャルが高い人材に絞り込んで、研修を実施すると全体を見渡しやすくなります。

DX人材に必要なスキルを学べる環境を整える

DX研修を実施したところで、その知識やスキルを活かせるITシステムがなければ意味がありません。現在組織で使用しているシステムを把握し、それらをどのように活かしていくのか考えてみてください。 また、学習環境の整備や研修費用の確保も重要な要素です。DX関連の資格を取得した従業員に対する表彰やインセンティブ制度を設けると、社員のモチベーションアップにつながります。

全社でDX人材育成の取り組みを可視化する

DX人材の育成に成功したら、社内で表彰をする、また成果を全体に報告するなどして、自社のDX人材育成への取り組みを積極的に周知しましょう。進捗を可視化することで従業員のDX推進意識が高まり、全体的なITリテラシーの向上を実現できるかもしれません。新たなDX人材への立候補者が現れる可能性もあります。

 

まとめ

DX人材の育成が、現在の日本企業に求められている急務であることに間違いはありません。しかし、定義や育成方法を誤るとかえって時間や費用の無駄遣いになってしまう可能性があります。そのようなことがないように、DXに最適と思われる人材を選定し、効果的な研修を実施するようにしてください。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ