10/24(Sun)

今日の生放送

企業にとって価値のある情報収集能力の特徴と能力アップの手法について解説する

公開日:2021/05/28
更新日:2021/09/08
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
企業にとって価値のある情報収集能力の特徴と能力アップの手法について解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

企業にとって情報収集能力がある人は、価値のある人材として評価されます。本記事では、情報収集能力とは何か、ビジネスでどう役立つか、能力アップの手法について解説していきます。企業にとって価値ある人材になるために、情報収集能力を身に付けて活用していきましょう。

 

情報収集能力とは

情報収集能力とはどのような能力でしょうか。ビジネスにおいて情報収集能力が必要とされる理由について解説していきます。情報収集能力を持つことがどのように必要であるかを理解していきましょう。

ビジネスで情報収集能力が求められる理由とは

日常の業務において、想定以上に情報を収集することに時間が掛かることがあります。情報収集を効率的に行うことで、質の高いアプトプットを出せる「情報収集能力」がビジネスにおいて必須のスキルといえます。現在は、情報の収集はインターネット上でも行うことができ、短時間に情報を集めることも可能です。しかし、その中で本当に必要な情報を分類し整理するためには「情報の正確性」「情報の有益性」が求められます。ただ情報を集めてくることではなく、利用できる情報を集めることができる人材はビジネスを行う上で必要な人材となり、さまざまな場面で中心的な存在として活躍することができます。このように「情報の正確性」「情報の有益性」をもった情報を収集できる情報管理能力を保有した人材は、企業において必要不可欠な人材といえます。

 

報収集能力を身に付けるメリット

情報収集能力を身に付けることで起きる変化にはどのようなものがあるのでしょうか。情報収集能力を身に付けることで起きるメリットについて、5つの視点で解説していきます。ビジネスに役立つ情報収集能力の特徴と合わせて理解していきましょう。

インプットする情報量と質が高くなる

インターネットを検索すれば情報が溢れかえる現在では、全ての情報をインプットすることは不可能です。情報収集能力を保有していれば、多くの情報の中からビジネスにいて有効、有益な情報のみを選択し収集することが可能です。無作為に集める情報とは異なり、有益な情報の量が増えることで、必然的に情報の質が高まります。このように有効かつ有益な情報を集めることができる人材は、企業において必要な人材といえます。

アウトプットされる情報量と質の向上

質の良いインプットがあれば、必然的にアウトプットの質は向上していきます。また、質の良い情報が多く集まることで、分析できる内容も増えアウトプットの量も増やすことが可能になります。このように、インプットとアウトプットが関係し質を上げた情報を作り上げることが可能になります。アウトプットを行うことで、より理解力が増えることで次に情報を収集する際にも役立てることができ相乗効果を期待できることにもなります。

業務の処理スピードが上がる

むやみに情報を集めてしまうことで、情報の整理、分析や共有、そして活用スピードは落ちてしまいます。しかし、情報収集能力を活かすことにより、無駄な情報がなく整理のスピードがあがり、結果として分析や活用までのスピードも向上します。この効果により業務全体のスピードアップを実現し効率的な業務を行うことを実現していきます。

情報に基づいた仮説力が増す

有益な情報を活用することで、仮説の信憑性がまし様々な仮説力を向上させます。物事の行動や結果を予測する際に必要となる仮説には、仮説を立てる上で情報が必要となります。この仮説を立てる上で必要となる情報に誤りがあれば、誤った仮説を立ててしまうことになりますが、有益な情報を元にすることで仮説の信憑性が増し決断や判断を行う上でも良い作用をもたらしていくことが可能です。

判断力の精度が上がる

仮説力が増した情報を元に行う判断は、誤りや失敗を最小限にします。正しい情報を元にした仮説を元に行う判断であれば、企業における失敗のリスクを避け、短時間での判断を行うことも可能となりビジネスチャンスや機会損失を防ぐ効果にも繋がります。判断力の精度があがることは、企業成長において不可欠な要素です。

 

情報収集力が高い人の特徴とは

次に情報収集力の高い人の特徴をご紹介しましょう。自社内において、情報収集力の高い人材を見つける上で参考にしてください。情報収集力が高い人材が多くいることで、企業の成長が格段に上がっていきます。

様々な情報ソースを用いる

情報収集力が高い人材は、必要な情報を収集するために複数の情報ソースを活用する特徴があります。複数の情報ソースを利用する際にも、効果的なソースを分類し収集を行います。場面、場面に応じ適切な情報ソースを使い分けることで、情報収集スピードや情報量、正確性があがります。同じ目的の情報収集を行った場合には、その情報量や質の違いが異なるため、情報収集力がある人材であることが分かりやすくなります。

質問力がある

情報収集力のある人材の特徴に質問力があります。質問力とは文字通り「質問をする能力やスキル」」を指します。質問力があることで、疑問に思うことや確認しなければいけないことを正しく相手に伝えることができます。質問力が高いことで、どのような情報を必要としているのか、何を目的に情報を集めるのかを正しく理解、それにそった情報収集を行うことが可能になります。

必要な情報の取捨選択ができる

集まった情報の中から、必要な情報だけを取捨選択できることも情報収集力が高い人の特徴です。集まる情報が膨大な場合にも、集めた情報を何に利用するのか、何をしりたいのか、何を判断したいのかなどの基準で整理し取捨選択していきます。必要な情報のみに整理することができれば、情報の活用も有効に行うことができ、仮説を立てる、判断を行う際にも誤りを軽減することが可能になります。

 

注意しておきたい情報収集能力活用の失敗事例

情報収集能力を活用する中で、注意したいこととはどんなことがあるのでしょうか。次に、情報収集能力活用の失敗について事例を交えてご紹介します。実際に起きやすい失敗事例となるため、今後の情報収集能力活用の際の参考にしていきましょう。

適切な情報の取捨選択ができない

集める情報の幅が広く情報を適切に取捨選択できない失敗は起きやすい失敗事例です。膨大な情報の中から有益な情報に整理できないと、誤った分析結果を出す、仮説が誤ることが起きてしまいます。これでは、集めた情報を活用することが難しくなります。原因は、情報を集める目的の理解が不十分であり、得たい情報以外の情報も広く集めてしまうことにあります。情報を集める際には、どのような目的で利用される情報であるかを確認し、それに付随する情報収集を行うことが必要です。

情報収集が目的となってしまう

情報収集はビジネスにおいても重要な行為です。また、集めた情報の取り扱いについても理解しておくことが必要ですが、情報収集能力が高いことで情報を集めることが目的となってしまい集めることだけに捕らわれる失敗も起きやすいと理解しておく必要があります。あくまで情報収集とは、目的を達成するために行うことであり、情報収集自体が目的となっては意味がありません。情報収集力があることで、これがあればよりいいのではないかという判断から必要ではない情報収集も行う傾向がある場合には、注意が必要です。

集めた情報を活用できない

情報収集力がある人すべてが、情報を整理し活用できるとは限りません。集めた情報を整理し分析し活用することができない場合もあり、情報収集のみが得意な人がいることも理解しておく必要があります。このような場合には、情報収集を行うことに専念をさせ、整理や分析については、段階を踏み育成していくことが大事です。

 

情報収集能力を高める方法

最後に情報収集力を高める方法についてご紹介していきます。情報収集力を高めたいと考えた場合には、日常のビジネスシーンを活用し訓練を行うことが有効です。決して、数日で情報収集力が高まるとは考えず訓練を行っていきましょう。

情報収集の目的やゴールを常に見直す

日々のビジネスシーンにおいて、業務の指示があった場合には必要に応じて都度、方向性の確認や軌道修正を行うことを実施していきます。同じ質問を繰り返し行うのではなく、指示を受けた際、途中経過の報告と確認、最終的な確認など必要なポイントで確認を行うことで、方向性を理解し実践する訓練を行います。実際に自分が行っていることは、依頼の希望にそっているかを意識することは、情報収集を行う際に目的を正しく理解することができるようになる訓練になります。

仮説立案に基づく情報収集を行う

情報収集を行う際には、仮説をたて、それに付随する情報の収集を行う訓練を行います。ただし、最初から正しい仮説を導きだせるわけはありません。業務指示の内容に基づき、この情報が必要だ、この情報は有効だなどの仮設から始めていくことが最適です。これは、業務指示の内容や目的を正しく理解していなければできないため、質問力も高め欲しい情報が何かを理解した上で実践していきましょう。

論理的思考能力を養う

ロジカルシンキングをはじめとする論理的思考能力を高めることも情報収集能力を高めるためには有効です。論理的思考で、物事をシンプルに整理することで集める情報の種類や内容についても正確性を高めます。同時に、集めた情報もシンプルに整理し分析することも可能になるため、情報の活用力もアップします。

習慣化の促進

情報収集能力を高める訓練は、繰り返し行う習慣化が必要です。意識的に繰り返すことで、情報収集力を身に付けるだけはなく、高めることも可能です。情報収集能力は、ここまでできればいいというゴールがある訳ではなく、高め続けることが可能な能力です。一度、習慣化したやり方や観点が無くなることもないため、身に付ける訓練を繰り返し行うようにしましょう。

 

まとめ

本記事では、情報収集力をテーマに情報収集力があることでのメリットや失敗事例、訓練の方法について解説しています。企業において情報収集能力がある人材は、必要不可欠な人材です。本記事を参考に、情報収集能力が高い人材を育成し企業経営に役立ててください。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ