10/17(Sun)

今日の生放送

企業変革を促す意識改革とは?そのメリットと促進するポイントを解説する

公開日:2021/08/26
更新日:2021/09/14
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
企業変革を促す意識改革とは?そのメリットと促進するポイントを解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ビジネスシーンにおいて、企業の成長や変革には意識改革をしなければならないという話を聞いたことはないでしょうか。本記事では、意識改革をテーマに企業における意識改革のめりとや促進する際のポイントについて解説していきます。本記事を参考に自社内における意識改革を促進していきましょう。

 

意識改革とは

意識改革とは、業務を遂行する時や組織で動く中での考え方や態度を変えていくという意味があります。従来より行っていた業務の優先順位付け、意思決定プロセスや判断基準などについて意識を変えていくことを習慣化していくことを意味しています。意識改革は、簡単に実行し簡単に習慣化できるわけではありません。小さな事柄から積み重ねていくことで習慣化を行っていきましょう。

意識改革は経営者の責任

意識改革を行うのはあくまで社員一人ひとりですが、その変革が成功できるかの責任者は経営者です。意識改革を行うことの必要性や意義を伝え、定着するまで繰り返し発信していくことは経営者の責務としてとらえ、トップメッセージとして伝えていく必要があります。このトップメッセージをおざなりにしていると、意識改革のスピードは低下し最終的には期待している改革を達成できない結果を生みだしてしまう可能性が生まれます。個々人の改革に向けた意識付け、定着化を経営者にて行っていくという認識を持っておきましょう。

 

意識改革を行う目的

次に意識改革を行う目的について整理していきましょう。企業が従業員の意識改革を必要とする場合は、どのような場合であるかを理解しておくことで、どういったアプローチが最適であるかを見極めることが可能になります。意識改革は簡単ではなく、時間も必要とされているため、目的の精査をきちんと行いできるだけ効率的に実践していくようにしましょう。

収入の拡大を目指す

企業としての収入拡大を目指すことを目的とする場合には、従来と同じアプローチではなく新たな顧客アプローチ方の実施や従来からの商品をどう取り扱うかについての意識改革が必要です。従来と同じ考え方では、収入を格段に拡大することは難しい場合があります。そうした場合には、意識改革を行い既存商品の良さであったり販路に関する考え方を変え、今までとは異なるアプロ―チを実践していく意識改革が必要です。意識改革の意味である考え方を変えるという変化が必要になると理解しておきましょう。

業務効率化の改善を図る

業務効率化の改善を図ることが目的の場合にも、従来と同じ考え方ではなく意識改革を行い新たな視点で取り組むことが必要です。既存と同じ手順を実施していくことでは、業務効率化は実現しません。今までの処理で良いのか、他に方法がないかについて見極めを行い手順自体にも変化を起こしていく必要があります。

活躍できる機会の創出

機会の創出を目的とする場合には、トップダウンで意識改革を推進する必要があります。活躍できる機会を創出するということは、時には新しい部門の設立や組織改革が必要となるケースもあるでしょう。この場合、担当者レベルでの意識改革ではなく企業全体の意識改革を図る必要があるため、高いメッセージ性や強い率先力が必要になります。こうした変化については、経営者自らが会社全体へ強いメッセ―ジを発信し企業全体の改革を実現していきます。

パフィーマンスの向上

パフォーマンス向上に向けた意識改革は、業務に対する従来からの価値観、手順や基準を見直すことから開始します。現状業務の可視化を始め、現状業務での課題を整理すること、それを処理する担当者自身のスキル向上も必要です。スキルの向上により、今までとは異なる視点を保有し業務プロセスを変更していっことも意識改革がもたらす目的の1つになります。

企業理念の浸透

企業理念の浸透は、従業員による企業理解を促進し企業の風土を変化させる企業成長には欠かせないことです。しかし、企業理念を変更する場合もあります。内外的な環境の変化により企業理念の変更を行う場合や、今以上に理解をして欲しいと思った場合には、意識改革を行い何を求めているのか、何を目指しているか説明し理解度の促進を図るといいでしょう。これを繰り返すことで、企業理念に込められた思いや企業理解を促進することが可能になります。

 

意識改革を行う際の注意点

次に意識改革を行う際の注意点について解説します。意識改革を行うことで得られる企業メリットが多数ある反面、実施には注意しておくことがあります。あらかじめ注意しておくべきことを理解できていれば、意識改革を実践する前に対策を講じることが可能となりスムーズな実践を行うことにもつながります。

強制的にならない仕組み作りが必要

意識改革における態度やものごとの考え方の変更は、強制的では実現しません。強制的に態度や価値観、考え方の変更をさせても長くは続かず結果として、もとの価値観や態度に戻ることも多々あります。こうなってしまっては、全く意味がありません。意識改革の必要性を正しく理解させ強制的に行われる仕組み作りが必要になります。この仕組みとは、経営層からのトップメッセージや市場の変化など変化をせざるを得ない自体に陥った場合が多いとえいます。変らなければならない環境になれば、必然的に意識改革の必要性が出てくるでしょう。本来であれば、急に変革を求められる前に変化を促進することが必要です。

意識改革の必要性を理解させることが必要

意識改革を進める場合には、その必要性を理解させることも重要になります。ライバル社を始めとする外部環境の変化、自社内で発生する内部環境の変化などを理由に意識改革を進める際には、経営層をはじめ管理職からの強いメッセージをもとに意識改革を促進していきます。最初に経営層からの強いトップダウンメッセージをきっかけとした意識改革を開始することが最も有効な施策です。また、意識改革には時間を有することからも意識改革の必要性を繰り返し伝え変化を促すことも大切な手法になります。意識改革は、一人だけが行っても無意味です。チームや組織全体で行うことにこそ意味がある点からしても、トップダウンをはじめ強いメッセージを発信することは非常に重要なことです。

段階をおいた変革が必要

意識改革とその定着には時間が必要です。今日思い立って、すぐに意識改革が完了するわけではありません。意識改革には、小さな変革から徐々に大きな意識改革へと段階を追って実践していく必要があります。意識改革を成功させるポイントに思い込みを捨てること、ゼロベース思考での視点、包括的な多面的視点、物事をシンプルに関するロジカルシンキングなどの知識も必要です。こうした知識や手法を簡単に習得できる訳がありません。あくまでも最終ゴールに向けたステップを踏み意識改革を行う必要があるのです。同時に焦ってもいけません。意識改革のスピードは人それぞれです。意識改革の完了には、長い時間が掛かることを理解し実践をしていくことが大事だと理解しておきましょう。

 

意識改革を促進するポイント

最後に意識改革を促進するポイントについて解説していきます。意識改革を促進するために考慮しておくべきことを明確にしておくことで、ポイントをおさえた意識改革促進が可能になります。意識改革を行う際に、促進ポイントを考慮した計画の立案や対応を行っていくことを理解しておきましょう。

理想と現実のギャップを整理する

意識改革を促進する際には、理想と現実のギャップについて整理を行いましょう。ギャップがある箇所については、そのギャップを埋める作業を行う必要があります。より具体的にギャップの内容を吟味し、どうすることでギャップが埋まるかを検討し実施していきましょう。このギャップを埋める際にも、意識改革は必要です。実際には意識改革を行うことで、どうなるべきかを最初に定義し、その後に現状とのギャップの整理を行います。その後に、発生しているギャップを埋める方法について吟味し実践していくことです。ゴールだけではなく、ゴールに向けたプロセスの整理と整備が必要であると理解しましょう。

経営層自らが実践する

意識改革については、経営層からのトップメッセージだけではなく、経営層が自ら実践していくことで、メンバーの意識改革促進スピ―ドに変化がおきます。意識改革の方法は、人それぞれであっても何故、意識改革を行うべきかについては共有化し方向性を合わせていきましょう。この方向性の統一は、経営層からの強いトップメッセージで行われます。また、経営層が実践していることは社内で周知されることからも、意識改革を促進する上で大きな意味と影響力を持つことを理解しておきましょう。

改革を具体的に明示する

改革内容は、概要だけではなく、できるだけ具体的に明示をする必要があります。概要だけであれば、受け取り方や対応方法に差が出てきます。こうした差を発生させないためにも、いかに具体的に明示できるかが大事です。ただし、意識改革のスピードや方法は人により異なります。全てのスピードや方法を合わせることはできませんが、目指すべき方向性やゴールイメージは統一化しておくことが必須だと理解しておきましょう。

 

まとめ

本記事では、意識改革をテーマに企業におけるメリットや推進時のポイントについて解説しています。意識改革という言葉は、一人だけが対象となると理解されることも多いのですが、実際には個々人の活動だけではなく企業全体での活動でも利用される用語です。こうした意識改革が本来どういった意味を持つかについても解説していますので、ビジネスにおける意識改革の意味を正しく理解し促進をはかっていきましょう。本記事を参考にして頂き、自社における意識改革を進める際に何を留意すべきかなどを踏まえた促進を行っていきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ