システム開発研修とは?研修の目的や実施時のポイントを紹介

公開日:2021/12/02
更新日:2022/07/14
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
システム開発研修とは?研修の目的や実施時のポイントを紹介 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

システム開発研修は、自社のSEやプログラマーを育成するための教育プログラムです。本記事では、SE職に必要なスキルを確認したうえでシステム開発研修の狙いをみていきます。研修実施のポイントも紹介しているため、人事担当の方はぜひ参考にしてください。

 

01システム開発研修とは?

IT化およびDXが急速に進むビジネスにおいては、システム開発人材の確保が急務となりつつあります。自社システムの刷新は、外注よりも自社で行った方がコストを抑えられるためです。 そして、SE・プログラマーを用意する手段のひとつが、システム開発研修です。

SE/プログラマーを育成するための研修

SEは、顧客の要求をもとに仕様を決定し設計を行います。SEが設計したシステムが作動するようにプログラムを行うのが、プログラマーです。 システム開発研修は、SE(システムエンジニア)やプログラマーに必要な知識を体系的に学ぶ研修です。また、システム開発の全体的な流れや実践的なスキルも身に付くため、SE職を育成する代表的な手段となっています。

IT研修との違い

システム開発研修と混同されやすいものにIT研修があります。 IT研修で学ぶ主な内容は、インターネットや各種Officeソフトの基本的な操作方法、ITリテラシーやセキュリティです。 どの業種・職種でも必要となる基礎的スキルの体得がIT研修の狙いである一方、システム開発研修ではSE職で必須な実践的スキルを学びます。 IT研修の内容をさらに高度化かつ実践的にしたものが、システム開発研修といえます。

 

02SE/プログラマーに求められるスキル

SEやプログラマーに求められるスキルには、PCに関する知識に加えて、コミュニケーションスキルやプロジェクト管理能力があります。 ここでは、SEおよびプログラマーが業務上必要なスキルについてみていきます。

プログラミング言語

プログラミング言語とは、PC上でのシステムを開発時、コンピュータに指示を出すための言葉です。プログラミング言語は全部で200種類あるといわれていますが、実際に使われているのはそのうち10%程度にとどまります。 自社の事業内容に適したプログラミング言語を、少なくとも2.3言語体得するのが望ましいです。初心者向けとされるプログラミング言語には、RubyとJavaScriptがあります。

デバッグスキル

デバッグは、「デバッガ」というバグ発見ツールを使用して、プログラムや関数の間違いを探し出す作業です。デバッグを行って、システムの動作を仕様書通りに修正する能力を、デバッグスキルと呼びます。 システム開発では必ず何らかのバグが発生するため、デバッグスキルの体得はSE担当者に必須です。

コミュニケーションスキル

SE・プログラマーは、他のチームメンバーと意見交換や協力を行いながら業務を進めることになります。そのため、自分の考えを適切に伝えるコミュニケーションスキルやチームビルディングの心得が必要です。 また、仕様書を設計するうえでは、クライアントの要望を詳細にヒアリングして反映させられるコミュニケーションスキルも求められます。クライアントが抱える課題を見極めて、実装可能なシステムを提案することが、SE職で最も重要な使命です。

プロジェクト管理能力

システム開発の現場では、予定通りに開発が進行せずにトラブルが発生する場面もあります。その時に、クライアントやエンジニアとの調整や話し合いを行って、プロジェクト全体を管理する能力が必要です。 また、プロジェクトが納期に間に合うように、システム開発計画や進行途中での作戦変更を柔軟に行えるスキルも求められます。

 

03システム開発研修で身に付く内容とは

システム開発研修では、SEやプログラマーに必要な知識を体系的に学びます。それでは、システム開発研修を通して、具体的にどのような知識や理解を得られるのでしょうか。ここからはシステム開発研修で身に付く内容を解説します。

コンピュータの構成要素についての理解

SEやプログラマーはPC上でシステム開発を行うため、基本となるコンピュータの仕組みについての理解が欠かせません。コンピュータは、「制御装置」「演算装置」「記憶装置」「入力装置」「出力装置」の5大装置から構成されています。これら5つの構成要素の働きや制御・データの流れを理解するのが、システム開発研修の狙いです。

ネットワーク方式や通信プロトコルに関する知識

社内のネットワーク設計を行う場合は特に、LANやWANなどのネットワーク方式に関する知識が重要です。システム開発研修ではネットワーク方式に加えて、通信時のルールとなる「通信プロトコル」について種類や定義を学べます。 通信プロトコルは、人間における言語のようなものです。日本語で互いに会話ができるように、通信プロトコルを決めることで通信が成り立つようになっています。

データベース形式や設計技法への理解

SE・プログラマーの業務上、データベースの設計や管理が必要です。システム開発研修では、データベースの型の種類やそれぞれの役割、データベース設計手順を学びます。 データベース設計技法は、独学で学ぶのは特に厳しいとされる分野です。そのため、システム開発研修では、専門の講師を招いて正しい知識を体得するのが望ましいです。

システム開発の手法や要件定義についての知識

システム開発研修の内容で大変重要なのが、システム開発の原理原則や基本的な開発手順です。また、運用や障害発生時の対策、システム開発コストなど実践的なスキルを身に付ければ、現場での大きな戦力となるはずです。

 

04システム開発研修実施のステップ

ここまで、システム開発研修で学ぶ内容をみてきました。ここからは、システム開発研修を実施する際の具体的なステップを紹介します。 また、それぞれのステップにおいて行うべきことも詳しくみていきますので、ぜひ参考にしてください。

1.研修の実施目的や目標を設定する

研修すべてに共通する話ですが、研修実施自体は目的ではないため、研修を通して実現したいことの洗い出しがファーストステップとなります。システム開発研修の場合、「新入社員がプログラマーの知識を身に付ける」「SE担当者のスキルアップを図る」などが、研修の実施目的例です。 経営層がいる場で自社の課題や今後のビジョンを確認し、システム開発研修での目標や狙いを策定してください。

2.研修の対象者を決定する

研修の目的を定義すると、研修の対象となる従業員の範囲も自ずと決まるはずです。「新入社員」「マネジメント層」「SE部門」など、システム開発研修に参加を呼びかける従業員について、対象者を決定してください。

3.研修の方法を検討する

研修方法には、外部講師を招く社内研修やeラーニング、社外の施設に通う研修があります。対象者の業務状況やコストを考慮したうえで、最適な研修の方法を検討してください。特に「SE担当者のスキルアップを図る」場合、抱えている業務で忙しいと考えられるため、負担が少ないがおすすめです。

4.研修実施後はフォローアップを行う

研修の効果を高めるため、講師からのアドバイスや確認テストを行うなどのフォローアップを施してください。講師からのアドバイスは学習意欲を向上させて、確認テストは理解していない部分の洗い出しにつながります。

 

05システム開発研修実施のポイント

システム開発研修においてはさまざまな知識を横断的に学ぶため、効果的な人材育成を期待できます。しかし、ただ研修を実施するだけでは効果が薄く、計画段階や研修実施後において気をつけるべきポイントが存在します。

スキルマップを通して従業員のスキルを把握する

スキルマップは、業務上で必要な従業員のスキルを洗い出して一覧表にしたものです。この表の役割は、従業員の不足しているスキルを可視化して、計画的な人材育成を実現する点にあります。 システム開発研修でもスキルマップを活用して、より効果的で実態に即した研修計画を策定するのがおすすめです。

振り返りの機会を定期的に設ける

せっかく研修で知識を学んでも、実践する機会がなければ、時間の経過とともに研修の効果は薄くなってしまいます。研修実施後は、研修で学んだことを業務で活用するようにする、あるいは定期的に確認テストを行うなどの対策を講じてください。

実技演習も取り入れる

机上で知識を学ぶことも大切ですが、現場でスキルを発揮するには実技演習が欠かせません。そのため、システム開発研修では座学だけではなくグループワークなど実技演習を取り入れるのがおすすめです。 インプットに加えて実技演習でアウトプットを行うことで、研修の効果がより一層高まるはずです。

研修形式は効率的なオンライン研修がおすすめ

研修対象者は自分の業務で忙しいことが多いため、時間やコスト面で負担になりにくいオンライン研修がおすすめです。オンライン研修であれば、いつでもどこでも自分の都合に合わせて研修を受講できるうえに、わからない部分を繰り返し確認できます。 人事担当者としても、社外研修や通学研修よりもコストが抑えられる点がメリットです。


 

研修をしてもその場限り」「社員が受け身で学ばない」を解決!
研修と自己啓発で学び続ける組織を作るスクーの資料をダウンロードする


■資料内容抜粋
・大人たちが学び続ける「Schoo for Business」とは?
・研修への活用方法
・自己啓発への活用方法 など


Schoo_banner
 

06まとめ

目まぐるしく変化する昨今のビジネスにおいては、SE・プログラマーを育成してシステム刷新や事業改革を進める必要があります。 しかし、SEやプログラマーに求められるスキルは専門的で高度な内容であるため、自社でノウハウを有していないケースも多いです。そのためシステム開発研修は、外部の専門講師によるオンライン研修が最適といえます。 自社の利益拡大や生産性向上のため、システム開発研修の実施を検討してみてはいかがでしょうか。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ