6/7(Sun)

今日の生放送

OFF JTとは?OJTとの違いやメリット・デメリット、OFF JTで教育効果を高める方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OFF JTとは?OJTとの違いやメリット・デメリット、OFF JTで教育効果を高める方法を解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

人材育成や教育で行われる方法としてOJTは有名ですが、最近ではOFF JTの効果も見直されています。OJTとは異なり、あまり聞き慣れないOFF JT。この記事では、OFF JTの定義や必要性、OJTとの違いなどを解説し、さらにOFF JTの効果的な活用方法も紹介していきます。

<目次>
1.OFF JTとは
OFF JTの定義について
OJTとは何が違うの?
2.OFF JTの必要性
通常の業務で指導できなかったスキルや知識をインプットさせることができる
業務に関わる内容を集中的に学ばせ、知識やスキルの基盤を作れる
職務や目的、個人の興味にあった専門的な内容を深く学べる
3.OFF JTとOJT、それぞれのメリットとデメリット
OFF JTのメリット
OFF JTのデメリット
OJTのメリット
OJTのデメリット
OFF JT、OJTのそれぞれの良さを活かして研修すると効果的
4.OFF JTを活用しよう!社員教育の効果を高めるポイント
体系的に知識やスキルを学習できる場と位置付ける
普段関わらない社員同士が刺激し合い学べる環境を作る
OFF JTで学んだことを現場で活用する機会をつくる
5.新しいOFF JTの活用方法
まとめ
 

1.OFF JTとは

OFF JTの定義について

 OFF JTは「Off The Job Training」の略称で、職場外研修と訳されます。職場外研修とは、現場から離れて行われる研修やセミナーのことを指し、社内の人材開発担当の部署や外部講師が作成した内容の教育を受け、業務に必要な知識やスキルを習得することを目的とした教育のことです。

OJTとは何が違うの?

 一方OJTは、いつもの業務を行う中で行われる教育です。「On The Job Training」の略称で、一般的には職場の先輩や上司が担当して教育を行います。OJTは、実際にさまざまな業務を行いながら教育が施されるため、より実践的な知識やスキルが身につき即戦力になる人材が育つと考えられています。
 また、OJTは職場の先輩や上司が育成担当になるため、社内コミュニケーション力が高まるという期待もあります。平成30年度に厚生労働省が実施した「能力開発基本調査」によれば、計画的なOJTを正社員に実施した事業所は62.9%、OFF JTを正社員に対して実施した事業所は75.7%でした。調査結果からもわかるように、国内の企業ではOFF JTもOJTも実施する企業が半数以上を占めています。

 では、OJTとOFF JTとの違いは何でしょうか。OJTは、職場で実践的なスキルや知識を身につけるのにふさわしく、OFF JTは、業務に必要な一般的なスキルや知識、例えば新入社員であれば、社会人として必要なスキルなどを習得することにふさわしいと考えます。
 つまり、それぞれの研修方法に適した教育内容があり、その点が異なるということです。

 

2.OFF JTの必要性

通常の業務で指導できなかったスキルや知識をインプットさせることができる

 仕事で必要な知識やスキルは、現場業務を通しながらで十分に習得できるのではと思われるかもしれません。実際にOJTはそういった方法で人材を育成していくものですが、OJTも万能ではありません。なぜなら、OJTで教える側となった人は、通常の業務に加え新人の教育を実施しなくてはなりません。仕事を後回しにすることはできませんから、常に教育や指導に集中できるわけではありません。
 また、指導する人によっても教え方などに差が出てしまうことも考えられます。OJTの場合は、教える側も多忙であることに加え、どうしても業務の中で必要な知識やスキルの習得が中心になってしまうため、習得できるスキルや知識にも偏りが出てしまう可能性もあります。
 その点OFF JTであれば、OJTで指導することができなかったことが、じっくりと時間をかけて習得できます。

業務に関わる内容を集中的に学ばせ、知識やスキルの基盤を作れる

 通常の業務や自社が関わる業界の情報や知識、スキルを体系的に学ぶ際には、OFF JTが適しているでしょう。
 例えば、実際に業務に欠かせないスキルではないけれど、業界に関わる者として持っていた方が望ましい知識やスキルなどは、企業が積極的に機会を与えなければ、社員の自己啓発に対するモチベーションに頼るしかありません。自ら積極的に学びを取り入れる社員もいれば、そうではない社員もいます。あるいは、学ぶ意欲はあっても、子育てや他の業務の兼ね合いなどで時間の確保が難しくなかなか学ぶ機会を得られない社員もいるかもしれません。
 社内の人材スキルを全体的に上げていきたいと思う場合、OFF JTなどで平等に教育機会を設けるほうがよいといえます。

職務や目的、個人の興味にあった専門的な内容を深く学べる

 OFF JTでは、階層別や職務別などに研修を受けることが可能です。ですから、通常の業務で必要となる知識を自分の状況に合わせて、より専門的に学ぶことができます。予算の関係もありますが、OFF JTで社外の専門家を講師として招くことができれば、OJTでの教育よりもさらに広い視野を身につけることも期待できます。

 

3.OFF JTとOJT、それぞれのメリットとデメリット

OFF JTのメリット

 OFF JTのメリットは、社員の持つ知識やスキルのばらつきを防げることです。もちろん、自主的に学びを深められる人や、元々高い知識やスキルを持ち合わせている人もいるため、均一化することは難しい場面も多いですが、少なくとも“こういうことは知っていて欲しい”という基礎的な知識やスキルに関しては、平等に教育を行うことは可能です。
 さらに、階層別や職能別にわかれて研修を行うことができるため、それぞれの段階で必要なスキルの習得や、より専門性を高める教育を行うことも可能です。
 また、他部署の人との交流もあることから、社内に新たなコミュニケーションが生まれたり、情報交換などを通じて刺激を受けたりすることもメリットだと考えられます。

OFF JTのデメリット

 OFF JTのデメリットは、研修講師を招く費用などコストがかかってしまうことと、研修を実施している間、受講者である社員は業務を行えないため仕事がストップしてしまうことです。
いずれも企業側に負担がかかることなので、すぐに実施できる環境にある企業は限られてしまうかもしれ ません。業務を中断して参加することになった社員の立場になって考えてみても、研修に参加することで仕事のしわ寄せが生じる可能性もあります。そうなると、受講者である社員も負担に感じてしまうかもしれません。

OJTのメリット

 OJTのメリットは、現場で求められる実践的な知識やスキルの習得に役立つことです。教育担当者が同じ職場にいるため、わからないところをすぐに教えてもらえるという点も、教育を受ける側にとっては安心できるポイントです。
 また、OJTによって職場内のコミュニケーションも深まります。教育を行う側は、常に側で確認できる環境にいるため、教えている人の理解度や達成度なども正確に把握することができ、教育プランも立てやすく無駄が生じません。

OJTのデメリット

 OJTのデメリットは、教える側の負担が大きいことと、教育のやり方にばらつきがあるため、結果として知識やスキルの質や量に差が出てしまう可能性があることです。
 上でも述べましたが、OJT担当となった人は、普段の自分の業務を進めながら教育を担当することになります。教育を担当する以上、わからないことをその場だけで教えるだけでなく、やはり教育の進め方を計画したり、フィードバックを行なったり、上司などに報告したりすることも求められます。
 それらの業務は、本来やるべきこととは別にある業務ですから、教育担当者となった人の負担が重くなりすぎないように配慮する必要があります。

OFF JT、OJTのそれぞれの良さを活かして研修すると効果的

 OFF JT、OJTのそれぞれのメリット・デメリットからもわかるように、それぞれの異なる特性を活かしながら、研修計画を立てるとよいでしょう。
 例えばOFF JTは、業務の手を止めることなく教育を実施できますが、OJTではそれができません。また、OFF JTでは講師を招くための費用や、大人数を集めて研修を行うための準備や交通費など、企業側の負担はOJTより大きくなります。
 OFF JTにしろOJTにしろ、人材やお金の面での負担はありますが、長期的な視野で見れば自社を支える人材を育てることが、将来の自社の成長や発展につながります。習得すべき知識やスキルの内容に応じて、OFF JTやOJTをうまく組み合わせながら研修を進めていくと効果的です。

 

4.OFF JTを活用しよう!社員教育の効果を高めるポイント

体系的に知識やスキルを学習できる場と位置付ける

 OJTでは職場で業務をしながら教育を受けられますが、その教育の内容はさまざまでどうしてもバラつきが生じてしまいます。
 例えば新入社員がOJTだけで教育を受けていると、半年後、一年後には知識やスキルに大きく差がついてしまうことも考えられます。そうした差は、OFF JTによって縮めることもできると期待できます。
 また、座学が中心になるOFF JTでは普段の業務の意味などを再認識するのにも役立ちます。自分の仕事が自社のどの部分に影響するのか、断片的ではなくて全体を見渡す機会にもなるはずです。

普段関わらない社員同士が刺激し合い学べる環境を作る

 OFF JTは、普段接点のない社員同士の交流の場にもなります。他部署の仕事のやり方や仕事の内容を聞くだけでも刺激になりますし、研修を通じて意気投合すれば、定期的に情報交換を行う仲に発展していくかもしれません。
 職場以外に学べる環境を作り出せれば、学びがより深まるだけでなく社内コミュニケーションも活性化するでしょう。

「学んで満足」で終わらせないために- ”仕事に活かせる”学びを量産するための「3つの本質」
「学んで満足」で終わらせないために- ”仕事に活かせる”学びを量産するための「3つの本質」
 
  • 担当講師:浅田 すぐる先生
    「1枚」ワークス株式会社

    ビジネス書作家・社会人教育の専門家。 愛知県名古屋市出身。旭丘高校、立命館大学卒。在学時はカナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学留学。 トヨタ自動車(株)入社後、海外営業部門に従事。 米国勤務などを経験したのち、6年目で同社のグローバル企業ウェブサイト管理業務を担当。 「伝わるサイト」へのカイゼンを実現し、企業サイトランキングで全業界を通じ日本一を獲得する。 その後、日本最大のビジネススクールである(株)グロービスへの転職を経て、独立。 現在はビジネスコミュニケーションのカイゼンをテーマにした企業研修・講演・コンサルティングなどを多数実施。 累計受講者数は10,000名以上。2017年には海外(中国・広州)での企業研修、2018年にはトヨタ・パナソニック合同の管理職研修にも登壇。 また、独自の教育プログラムとして、"「伝わる」思考×「1枚」の型 1sheet Frame Works"という1年間のスクールプログラム。 ”イチラボ:「1枚」ワークスLab”というシーズン制のオンライン動画学習コミュニティを開講。 日本全国・海外から多くの受講者が集まる人気講座となっている。 ビジネス書作家としてのデビュー作『トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術』(サンマーク出版)は、2015年年間ランク4位、5カ国翻訳のベストセラー・ロングセラーに。 これまでに5冊の著作を上梓し、著者累計は40万部超。全著作が複数か国で海外翻訳される反響となっている。

OFF JTで学んだことを現場で活用する機会をつくる

 OFF JTで学んだことをアウトプットする機会を設けると、受講した本人の理解がより深まるだけでなく、他の職場メンバーの学びや気づきにもつながります。
 例えば、OFF JTとして研修に参加した社員に、学んできたことをまとめてもらい、所属部署やグループ・チーム内でプレゼンしてもらうなどして、共有する機会を設けるのがおすすめです。何かをインプットした後は、アウトプットまで行うと学んだことが定着しやすいといわれています。情報を共有する機会をつくることは、OFF JTに参加した社員にとっても、参加しなかった社員にとってもメリットがあるのではないでしょうか。
 OFF JTのような研修は、参加しても振り返る機会がなくそのままになってしまい、せっかく学んだことを忘れてしまうといった問題を指摘されることがあります。ですが、あらかじめ部署やチームの中でプレゼンする機会があるとわかっていれば、やる気がある社員だけしか振り返りを行わないという状態にもならず、参加する社員もどのようにプレゼンするかを考えながら受講することになるため、研修に積極的に参加できるようになるかもしれません。

プレゼン特講 -伝えたいことを論理的に簡潔に伝える特訓-
リーダーのためのコーチングプレゼン特講 -伝えたいことを論理的に簡潔に伝える特訓-
 
  • 担当講師:西部 直樹先生
    有限会社N&Sラーニング

    企業・官庁・自治体の社員、職員を対象としてディベート、プレゼンテーション、傾聴技法、メンタルタフネスなどのコミュニケーションスキルやメンタルヘルス各種研修講師を務めている。全国教室ディベート連盟。理事産業カウンセラー・論理療法士。 主な著書として『実践ディベート研修』(生産性出版)、『はじめてのディベート』(あさ出版)、『『議論力」が身につく技術』(あさ出版)などがある。
 

5.新しいOFF JTの活用方法

 これまでOFF JTについて、そのメリット・デメリットや活用方法などを紹介してきました。OFF JTを活用するメリットは理解いただけたかと思いますが、やはり気になるのは研修講師を招く費用や、交通費などのコスト面、受講する社員の時間(または工数)の調整などの負担です。これらのハードルがあることで、OFF JTの活用に躊躇してしまう場合に最適なのが、eラーニングを活用したOFF JTの実施です。

 たとえばSchooでは、動画配信という形でさまざまなニーズに応えられる授業を提供しています。授業へのご登壇には、各業界における第一人者や著名な専門家の方々をお迎えしています。ご登壇される講師の方々は、ビジネス現場での経験に基づいた事例などを教えてくださるので授業は具体的でわかりやすく、受講者はチャットなどを通じて講師に直接質問をすることもできるため、eラーニングであっても、実際の研修を受けるのと限りなく近い状態で学習することが可能です。
 受け身型の学習にならないようなコンテンツが多いのも、Schooのeラーニングの特徴です。デバイスや時間、場所に制限されないため、研修の時間を調整するなどの手間は不要で受講する人に合わせた学習スタイルを提供できます。さらに、Schooの研修パッケージでは、階層別・職種別・テーマ別で研修パッケージをご用意しています。必要なコンテンツがわかりやすいため、コンテンツ選びで迷うことなく、効率的に学習することができます。

 

まとめ

  • OFF JTはOff The Job Trainingの略称で、現場から離れて行われる研修やセミナーで、業務に必要な知識やスキルを習得することを目的とした教育のことである。
  • OFF JTのメリットは、社員の持つ知識やスキルのばらつきを防げること。さらに、階層別や職能別にわかれて研修を行うことができるため、それぞれの段階で必要なスキルの習得や、より専門性を高める教育を行うことも可能。
  • OFF JTとOJTはそれぞれ特性が異なるため、習得したいテーマや内容に応じて使い分けたほうがよい。

集合研修やOJTをより効果的にするために。
eラーニング活用方法の資料を無料配布中!

 動画学習を活用することで事前に業務に関する知識をインプットをした上で、OJTで実務に携わりながらスキルを身につけることができます。
 またOJTの中で疑問に思ったことや学びたいと思ったことを、社員一人ひとりのペースに合わせて学習することが可能です。
 ビジネスマナーやコミュニケーション力などの基本スキルから、営業・プログラミング・デザインなどの実務スキルまで学べるので、自発的に学び成長していける人材の育成促進につながります。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • Python超入門
    Python超入門
  • ソフトウェアテスト入門
    ソフトウェアテスト入門
  • 仕事が速い人は「これ」しかやらない
    仕事が速い人は「これ」しかやらない
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 本当に必要なビジネススキルとは
    本当に必要なビジネススキルとは
  • チーム開発入門
    チーム開発入門
  • グローバルマインドセット育成研修 ー世界のどこでも活躍できる人材になるためにー
    グローバルマインドセット育成研修 ー世界のどこでも活躍できる人材になるためにー
  • SQL概論
    SQL概論
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • データベース概論
    データベース概論
  • 社内セキュリティ・情報管理のキモ-新入社員・情報管理担当者編-
    社内セキュリティ・情報管理のキモ-新入社員・情報管理担当者編-
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
    プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
  • 今さら聞けないビジネスメールの書き方
    今さら聞けないビジネスメールの書き方
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ