マネジメント に関するコラム記事

127
バーンアウトとは?人材損失を回避するために企業ができる予防方法を解説
近年、労働環境の急激な変化によって、バーンアウトを起こす社員の増加が懸念されています。企業にとって、社員の精神的健康や心の安定は重要なテーマといえるでしょう。本記事では、バーンアウトの概要や特徴的な症状と要因、予防方法について解説します
新人教育を効果的に行うコツとは?手法や下手な人の特徴などもご紹介!
新人教育とは企業が実施する教育のうち新人社員を対象に行われるものです。しかし、どのように新人社員を教育すればいいのか、従来通りの教育でいいのか悩まれる企業様も多いと思います。 今回は、新人社員教育を行う意味や内容とは何か、失敗しないためのポイントなども紹介します。長期的な人材育成に繋げ、早期離職を防ぐための参考にしてください。
マネジメント層を育成するために必要なスキルとは?
マネジメント層を育成するためには、様々なスキルが必要です。マネジメントの重要性を多くの人が理解している一方で、どのようなスキルが必要なのか、詳しく説明できる人は決して多くありません。 そこで今回は、マネジメント層を育成するために必要なスキルについて詳しくご紹介します。
リーダーシップ開発とは?その手法から今求められるZ世代以降のリーダーシップについても解説
リーダーシップ開発は、会社の次世代を担うメンバーだけでなく、あらゆる世代やメンバーに必要となります。この記事ではリーダーシップ開発の手法や、Z世代以降の若い世代への対応をどうすべきかについて解説していきます。
キャリアマネジメントの必要性と実現するための施策
同一企業で定年まで働く終身雇用を適用する企業は徐々に少なくなり、転職が一般的な世の中になりました。また、本業以外に副業に取り組む人やフリーランスとして働く人など、働き方も多様な方法が認められるようになりました。 このような中、自身のキャリアに対してオーナーシップを持って、積極的に選択していくことの重要性が高まっています。そこで注目されているのが「キャリアマネジメント」です。 本記事では、キャリアマネジメントの概念や必要性、組織においてキャリアマネジメントを実現するための施策などを詳しくご紹介します。
スムーズなプロジェクト進行に必要なステークホルダーマネジメントとは?
ステークホルダーマネジメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。円滑にプロジェクトを進める際のマネジメント手法として注目されているステークホルダーマネジメントですが、実際のところどのような手法なのか詳しく知らない方がたくさんいます。そこで今回はステークホルダーマネジメントの概念や、具体的なプロセスについてご紹介します。
ストレスマネジメントとは?求められる理由や具体的な施策・ポイントを解説
過度のストレスによるメンタルヘルス上の理由で、休職もしくは退職する社員が増加しています。そのことによって、他の社員への負担となり、生産性の低下を招きかねません。本記事では、ストレスマネジメントの概要や企業に求められる理由、社員に対するストレスマネジメント施策とそのポイントについて解説します。
セルフモチベーションとは|実践するメリットや向上させる方法について解説
仕事では目標達成のためにも、モチベーションを常に高く維持し続けたいものです。かし、自分自身のモチベーションを高めることは容易ではありません。頭ではわかっていても、思い通りにいかない事が多くあります。そこで効果的なものが、自分自身でモチベーションを管理する「セルフモチベーション」です。本記事では、セルフモチベーションを実践するメリットや、モチベーションを向上させる方法について解説します。
リーダーシップにはどのような種類がある?各タイプの概要や育成のポイントについて解説
本記事では、リーダーシップの定義づけや種類、必要とされる理由について紹介します。また、リーダーシップを身につける取り組みについても紹介しているため、人事担当者や自分のリーダーシップを強化したいと考えている方は、ぜひ本記事をお役立てください。
キャリアビジョンとは?キャリアビジョンを描くメリットや方法を紹介
キャリアビジョンとは、人生や仕事において、将来こうなりたいと思う姿のことです。本記事では、キャリアビジョンの重要性やメリットを解説しています。キャリアビジョンを思い描く方法も紹介しているため、人材育成の担当者は、ぜひ本記事を参考にしてください。
Know Whoとは?社内で活用する方法やメリットについて解説
Know Whoとは、組織内で誰がどのような知識を持っているのか把握・共有する仕組みです。この仕組みを取り入れることで、社内のナレッジを効率良く活用できるといったことが期待できます。今知りたい情報を誰が理解しているのか、誰にヒアリングしてたらいいのかわからないという経験は多くのビジネスパーソンが直面したことがあるのではないでしょうか。本記事では、Know Whoを社内で活用する方法やメリットについて紹介します。
社員のスキル管理の重要性とは?種類と実践方法を解説
スキル管理とは、社員が保有しているスキルをデータ化して、社内で情報を管理することです。本記事では、スキルの種類、社員のスキル管理における重要性を解説しています。また、スキル管理の実践方法も紹介しているため、人事担当者はぜひ参考にしてください。
PM理論とは?4タイプのリーダー像やPM型リーダーを育成する方法を解説
PM理論は、リーダーがとるべき行動に着目した行動理論の1つです。この理論を知っておくと、リーダーシップを発揮する場面で、きっと役立つでしょう。本記事では、PM理論の概要から、4タイプのリーダー像やリーダーシップ機能を高めるポイント、PM型リーダーを育成する方法までを解説します。
人材育成の9つの目的とは|企業における人材育成の効果的な目標の立て方
人材育成は会社が成長する上で重要な要素の1つです。多くの企業でも、この人材育成は行われていると思いますが、明確な目的を持って行われているでしょうか?そこで、この記事では企業における人材育成がいかに重要なのか、その目的について9つご紹介します。また、その9つの目的を達成するため、目標の立て方とおすすめの人材育成の手法もご紹介します。
自己管理能力とは?意味や高める方法を解説
ビジネスでは多くの管理業務が発生します。在庫の管理、売上の管理、部下の管理、納期の管理など、担当する業務や規模、役職などの立場に応じ、様々な対象を管理しています。その中ですべての人が等しく行う管理が「セルフマネジメント」です。 セルフマネジメントは企業において、社員が自分の役割を果たし貢献していくために欠かせないものです。この記事ではセルフマネジメント、中でも「時間の管理」に着目し、セルフマネジメント力の高い社員を育成することが、企業にどのようなメリットをもたらすかを解説していきます。
セルフマネジメントを身につける方法とは?|セルフマネジメントの必要性も解説
セルフマネジメントとは、自分の心身をより良い状態へ持っていくための取り組みのことです。今回はセルフマネジメントの重要性や、セルフマネジメントを身につけるための方法について紹介します。これからセルフマネジメント能力を高めていこうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
中間管理職の役割と効果的な研修を紹介
中間管理職は、ミドルマネジメントとも呼ばれ、経営者(トップマネジメント)の下で部下のマネジメントや担当する組織の事業を管理し、指示を出す立場です。 多くの企業では部長や課長が中間管理職に当たり、企業が成長していくために欠かせない存在です。 それでは、企業の成長を促進させられるような中間管理職を育成するためには、どのようなことを行えばよいのでしょうか。 この記事では、中間管理職の役割と現状解説し、それらを踏まえたうえで求められるスキルや効果的な研修例、実施ポイントを解説します。
フィッシュ哲学とはどんな考え方?またメリットや注意点について
フィッシュ哲学は、組織全体を活性化するためのマネジメント方法の1つで、職場の労働環境や人間関係を活性化させることができる手段として、多くの企業が取り入れ始めています。本記事では、フィッシュ哲学を企業が活用するメリットや活用する時の注意点について紹介します。
パフォーマンスマネジメントとは?期待できる効果や流れを解説
パフォーマンスマネジメントは組織の生産性を向上させる上で大切なマネジメント手法です。社員のパフォーマンスを戦略的に管理することで、能力やモチベーションを引き上げます。この記事ではパフォーマンスマネジメントの概要や期待できる効果、流れを解説します。
リーンマネジメントとは?結果を最短で生み出す方法を徹底解説
リーンマネジメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。経営の最適化を図りながら、最短距離で結果を出すことができるリーンマネジメントは、現在注目を集めているマネジメント手法です。 今回は、リーンマネジメントの概念や、リーンマネジメントが注目されている背景について詳しくご紹介します。
事業にイノベーションをもたらすゾーンマネジメントとは?
ゾーンマネジメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ゾーンマネジメントとは、破壊的変化が起きているこの時代に重要なマネジメントの手法です。 自社で新規事業の創出に取り組まれている方はもちろん、既存事業を守りながらビジネスを展開していく方にとっても、重要な手法であるゾーンマネジメントについて、概念から詳しくご紹介します。
なぜ組織にはイノベーションマネジメントが必要なのか?
組織が常に進化し続けるためには、常に新しい刺激が必要です。中でもイノベーションは、組織が後退せずに進化し続けていくために非常に重要です。しかし、簡単にはイノベーションは起きません。 そこで求められるのがイノベーションマネジメントです。本記事ではイノベーションマネジメントについての概念や、組織としてイノベーションマネジメントを活性化させるポイントなどをご紹介します。
組織にポジティブな影響をもたらすチェンジマネジメントとは?
現在日本社会は、様々な環境変化の狭間にあります。働き方改革やDXなど、企業単位で取り組むべき課題が散見されています。そんな中、注目を集めているのがチェンジマネジメントです。組織へのポジティブな影響が期待されるチェンジマネジメントとは、どのようなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。
パーパス・ドリブンな組織へ進化させるマネジメントとは?
近年広く注目されるようになったパーパス。マネージャーがきちんとパーパスを理解していれば、パーパス・ドリブンな組織へ進化させていくことが可能です。 こちらではそもそもパーパスとは何か、パーパスを活用したマネジメントのポイントなどを詳しくご紹介します。
従業員を活躍へ導く人的資源管理とは?
多くの企業は、多種多様な人材を抱えています。しかし、それぞれの人材が持つポテンシャルを、十分に発揮させることができていないと考える人事担当者は少なくありません。一方で、人材のポテンシャルを最大化するためには何が必要なのか、検討がつかないという方も多いのではないでしょうか。 そんな時に役立つのが、人材を適切に管理する人的資源管理という考え方です。今回は人的資源制度の定義やモデルなどを解説します。
ビジネスを成功させるために重要なビジネスロードマップとは?
ビジネスを成功させるためには、ビジネスロードマップが非常に重要です。一般的には新規事業や営業関連の仕事で活用するイメージがあるかもしれませんが、ビジネスロードマップは職種を問わず活用することが可能です。そこで今回は、ビジネスを成功させるために重要なビジネスロードマップについて詳しく解説します。
人材育成の目標例を紹介|効果的な目標を設定するための3つのポイント
人材育成の目標を設定する上で重要なポイントは3つあり、それらを押さえておくことで効果検証も忘れることなく行うことができます。このコラムでは効果的な目標を設定するためのポイントと、実際にどのような目標を設定しているかの事例も併せてご紹介します。
「エンゲージメント」とは?従業員エンゲージメントを高めるメリットを解説
ビジネスシーンにおけるエンゲージメントとは社員の会社に対する愛着心や思いの大きさの指標となるものです。社員のエンゲージメントは高めることでモチベーションが維持され、組織の成長にもつながる重要な要素です。本記事ではエンゲージメントを高めるメリットや方法について詳しく解説します。
目標設定が重要な理由とは?役立つフレームワーク5選を紹介
目標設定は成果に直結する大切なポイントです。多くの企業でも、さまざまな方法を駆使して、目標設定に取り組んでいます。本記事では、目標設定に役立つ5つのフレームワークを紹介します。自社に適したフレームワークを導入することで、成果アップに繋げることができるでしょう。
目標達成ができない社員の原因は?目標達成ができる人とできない人の違い
企業の中には様々な社員や組織があります。しかし目標達成できる人とできない人がいて、目標達成できる人とできない人にはどのような違いがあるのでしょうか。 この記事では、目標達成ののために取り組むべきことや、注意点などを分かりやすく紹介します。
人材育成は目標設定から始まる|効果的な目標設定をするための4つのポイント
人材育成を会社内で浸透させるには、適切な目標設定をすることが鍵になります。効果的な人材育成を行うために、目標設定をする上で重要なポイントは4つあります。それらを押さえておくことで、人材育成を会社内に根付かせることは十分に可能でしょう。この記事では、効果的な目標設定をするための4つのポイントを中心に、企業として人材育成をする上での目標設定もご紹介します。
行動科学マネジメントとは? 従業員のやる気を引き出す仕組みを解説
近年、行動科学を用いたマネジメント手法が注目を集めています。個々の性格や資質に影響されることなく、誰にでも同じ効果を発揮するマネジメント手法として、実践する企業も増えているようです。当記事では行動科学を用いたマネジメントにより、従業員のやる気を引き出す仕組みについて解説していきます。
チームビルディング研修の目的や効果的に研修を行うためのポイントを紹介
チームビルディングは、企業の成長だけでなく各社員の成長にも非常に重要です。強いチームが強い企業を産むといっても過言ではないくらい、チームの力というのは他部署だけでなく会社全体に波及します。このコラムではチームビルディングの効果と実際の研修事例を併せて紹介いたします。
動機付け理論とは?代表的な例とビジネスにおける活用方法を詳しく解説
ビジネスの成果をより出しやすくするための考え方のひとつに、動機付け理論があります。動機付け理論はどのような時に活用され、またビジネスにおける、代表的な活用方法にはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、動機付け理論の概要や、実際の活用例などを紹介し、動機付け理論について詳しく解説していきます。
コンフリクトとは?発生する要因やマネジメントする上での方法について解説する
コンフリクトは、論争・争い・衝突などを意味する言葉です。従来より、コンフリクトが起きることは、企業成長を抑制すると考えられてきました。しかし、現在では、コンフリクトの特性を活かせることができれば、企業が得られるメリットは高いと考える考え方が増えてきています。本記事では、コンフリクトに関する定義や、コンフリクトマネジメントからくるメリットについて解説しています。
チームワークとは?必要な理由や最大化させるためのポイントを解説
チームワークは、組織を活性化させるために欠かせない要素です。仕事において、個人プレーよりもチームワークが必要とされる場面が多いためです。本記事では、チームワークの意味や必要な理由、最大化させるためのポイントを解説します。また、面接採用時にチームワーク力のある人材を見極める方法についてもご紹介します。
ナラティブアプローチとは|職場における対立を解消する方法を解説
職場ではさまざまな個性をもつ人が、それぞれの役割を果たすために仕事をしています。各人の役割を果たす上で、同じ社内であっても、部署間・従業員間に利害の対立が生まれることもあるでしょう。多様性・複雑性を増す現代のビジネス環境において、その傾向は強くなる一方です。当記事は、こうした職場での対立を解消する可能性を秘めた新しい手法「ナラティブアプローチ」について解説していきます。
チームマネジメントに失敗しないために、必要なスキルやポイントを解説
マネジメントはチームが成果を上げるために欠かせません。マネジメントの父であるドラッカーはマネジメントを「組織をして成果を上げさせるための道具、機能、機関」(引用:明日を支配するもの)と定義しました。しかし、マネジメントは誰もが簡単にできるものではありません。当記事ではチームマネジメントに必要なスキルやマインドセットについて紹介します。
なぜ人事評価には不満が生まれるのか?基礎から課題、活用法まで解説
組織の成長や目標達成、人材育成の観点から人事評価制度の見直しを検討することもあるかもしれません。これから初めて人事評価を正式に制定する、という比較的若い企業の方もいるでしょう。どうすれば従業員の不満を減らし、目的達成につながる制度を制定できるのでしょうか。本記事では人事評価制度の目的を踏まえたうえで、その基礎から制度が抱える課題、そして解決策を解説します。
フォロワーシップとは?主な分類やメンバーが発揮するためのポイントを解説
フォロワーシップとは、フォロワーが自律的かつ主体的に考え、行動することを指します。仕事を進めていく上で、重要とされるフォロワーシップですが、いくつかの分類があります。本記事では、フォロワーシップについて詳しく解説しながら、その具体例やポイントについて解説します。
社員の成長意欲が高まる会社になるには?その方法やマネジメント手法を解説
社員の育成は、会社の人事担当者としての永遠の課題の1つではないでしょうか。社員がモチベーション高く働き、成果を出し続ける会社になるためにはどうすればいいのでしょうか。この記事では、社員の成長意欲の高まりの仕組みに注目し、成長意欲を高める方法について解説します。
指示待ち人間とは?その特徴や原因から社内での改善法を解説する
指示しなければ働かない「指示待ち人間」に悩んでいる上司・人事担当者は少なくありません。同じく「指示待ち人間と言われたけどどうしたら主体的に動けるだろう」と悩んでいる従業員も多いはず。 本記事では、指示待ち人間が生まれてしまう原因から改善法まで解説します。
コンフリクトマネジメントとは?対立を解消して成長につなげるための方法と事例を解説
働き方が多様化していくなかで、職場環境はより複雑になっています。現場では日々さまざまな対立や葛藤が生まれています。コンフリクトマネジメントを効果的に使うことで、そのような対立や葛藤を解消するばかりでなく、組織をさらに成長させることも可能です。現代において欠かせない、コンフリクトマネジメントについて解説します。
組織の三要素とは?組織に必要な3つ要素を理解し導入するためのポイントを解説
「組織の三要素」は、組織を構築していく過程において念頭に置くべき重要な要素です。この3つの要素を正しく理解し組織運営に活用することにより、しっかりとした組織の基盤が完成し、ブレない組織を形成することが可能となります。 当記事では、「組織の三要素」について詳しく解説するとともに、具体的に組織に導入するためのポイントをご紹介します。
3年で3割は本当? 新入社員の離職率を防ぐ方法や注意点を解説
年々増える新入社員の利息率をどう食い止めるかは、企業にとって大きな課題となっています。時間やコストを割いて行う新入社員採用は人事部門にとっても重要な業務です。しかし、残念なことに新入社員の離職率には歯止めがきかない状況が続いています。本記事では、自社において新入社員の離職を避けるために行いたいことや実施に際しての注意点を解説していきます。
新入社員の適切な研修期間とは?目的や職種別の方法・事例を紹介
学生から社会人へと移りかわる段階において、企業への入社時に新入社員へ向けて研修を行うところがほとんどです。新入社員研修は、これから社会人として仕事をするうえで必要な知識を取得させるために行います。 企業にとって大切な戦力となっていく人材を育てるために、新入社員の研修期間はどのくらいにするのが適切なのでしょうか。また、スムーズに進行するためにおさえておきたい・気をつけたいポイントなどはあるのでしょうか。今回の記事で詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までご一読ください。
新入社員の配属先を決める方法と配属後に留意すべきポイントを解説する
新入社員にとって配属先が決まることは大きな期待と不安を持つイベントです。企業においても、どの人材をどこに配属するかは今後の成長や経営課題を解決するために大きな意味を持ちます。本記事では、新入社員に配属先を決める方法や配属後に留意しておきたいポイントについて解説していきます。
新入社員に求めることはどんな資質かを解説する
新入社員には無限の可能性があります。これからどう成長していくのか、どう変わっていくかは未知数ですが、新入社員に求める資質を整理しておくことは新入社員研修を行う場年や配属後の指導にとても重要なことです。本記事では、新入社員に求める資質をテーマに解説しています。新入社員に求める資質は企業により異なりますが、今後、自社において新入社員に求める資質を整理する際の参考にしてください。
フォローアップとは?重要性や具体的な方法、行うタイミングなどを解説
「研修を実施したものの、実践に結び付いているのか、知識が定着しているのか、研修の効果があるか分からない。若手社員の離職率の高さに悩んでいる。」という企業は多いでしょう。そのようなお悩みを解決する方法の一つとして、「フォローアップ」があります。今回は、フォローアップとは何か、重要性や具体的な方法、行うタイミング、実施するポイントなどをご紹介します。
アシミレーションとは?部下の本音を引き出す効果的なやり方を解説
アシミレーションとは、上司と部下の相互関係を促進するのに効果的な組織開発の手法です。上司と部下の円滑なコミュニケーションは、チームの生産性にも影響する需要なポイントです。本記事では、アシミレーションのメリットや部下の本音を引き出す効果的なやり方を解説します。
人材育成の考え方とは?自発的に学ぶ社員を育成する方法をご紹介
人材育成の最終的な目標は、企業の成長に貢献できる社員を育てることです。そのためには、社員一人ひとりが自分で考え、行動に移すことができるようにならなければなりません。そこで、この記事ではどういった考え方を持って、人材育成に取り組むことが必要なのか?について解説します。すでに人材育成に取り組んでいる方、またはこれから始める方も参考にしてみてください。
企業でMVVが重要な理由とは?導入する手順・浸透させるために重要なことを解説
企業としてMVVを定め社内に周知させることは、企業の生産性を高めるうえで重要です。しかしながら、MVVを重要視していない企業も多いのではないでしょうか。本記事ではMVVが重要な理由、MVVを導入する手順、MVVを浸透させるために重要なことについて解説します。
ハーズバーグの二要因理論とは?最大限に活かすための5つの方法と3つの注意点を解説
ハーズバーグの二要因理論とは、モチベーションに関わる要因を、満足に関わるものと不満足に関わるものとに分けた考え方です。本記事では、二要因理論を企業のマネジメントに活かすための方法と、注意点を解説しています。人事担当者やマネジメント担当者は、ぜひ参考にしてください。
パルスサーベイとは?関連するテストとの違いや導入メリットから注意点まで解説
従業員調査の一つとしてパルスサーベイがあります。そもそも、パルスサーベイとは何なのでしょうか。また、同様のテストとはないが違うのでしょうか。この記事では、パルスサーベイについての基礎知識を、導入メリットや注意点も含めて解説します。
新入社員にありがちな悩みとは?入社後にぶつかる問題や早期退職を防ぐための対処法を解説
企業の人事担当者にとって、学卒者の早期退職は採用活動から入社までにかかった時間やコストを考えると大きな問題です。では、新入社員の早期退職を避けるために、会社はどんな対応を心掛ければ良いのでしょうか。早期退職の理由や新入社員の現状を知ることで、その対応方法を考えてみましょう。
離職率を低下させるメリットとは?離職率の平均値や低下させる方法を解説
一定期間内に、どれだけの社員が離職したかを示す離職率。離職率の低下によって、人材採用に多くのメリットを期待できます。本記事では、国内における離職率平均や離職率を低下させるメリット、低下させる方法を解説しているため、人事担当者はぜひ参考にしてください。
ナレッジマネジメントとは?定義から企業が行うメリットまで詳しく解説
ナレッジマネジメントとは個人や企業が持つ知恵を企業全体で共有する経営手法のことを指します。転職市場が活発化し、企業が得た知識やノウハウを社内に効率良く残したり、継承したりするのが難しくなっている現在、競争力を維持するためにもナレッジマネジメントは企業にとって重要な手法だと言えるでしょう。この記事ではナレッジマネジメントとは何かから企業が行うメリットまで詳しく解説します。
マネジメント能力を身につけるカリキュラムとは?マネージャーの役割や育成方法を解説
マネジメントとは、組織の成果を上げるための手段のことです。マネージャーが高いマネジメント能力を身につけられれば、チームの目標達成に近づけます。ここでは、マネージャーに求められるスキルや知識・マネージャーの育成方法を解説します。
マネジメントにおいて役立つ資格を解説
組織においてマネジメントは必ず必要になります。そして経営者だけでなく、組織のなかで部下をもつ人には、マネジメントの能力が求められます。では、マネジメントにおいて資格はどの程度有用なのでしょうか。また、そもそも必要なのでしょうか。そして、もし有用であるならば、どのような資格があればいいのでしょうか。当記事では、それらについて解説します。
インポスター症候群とは?当てはまる人にみられる特徴や原因から対処法まで解説
インポスター症候群とは、仕事で成功し評価されているにも関わらず自分自身を過小評価しネガティブに捉えてしまいがちな人々のことを指します。 本記事では、インポスター症候群の特徴や原因、防止するための対策や改善方法まで含めて詳しく解説していきます。
コンピテンシーとは?意味から人事教育・評価に活用する方法まで詳しく解説
近年、人事評価や採用、人材育成に少しずつ取り入れられてきているコンピテンシーですが、従来の職能資格制度との違いや、特徴などをしっかりと理解している人はまだそれほど多くありません。この記事では、コンピテンシーの意味から企業での適切な活用方法まで詳しく解説します。
フィードバック面談はなぜ重要?効果的な方法と注意点を紹介
人事評価や考課の結果やその根拠を、上司が部下に伝える面談を「フィードバック面談」と呼びます。当記事ではフィードバック面談を適切に行う方法や、コミュニケーションの取り方について説明しています。フィードバック面談を予定している方は、ぜひ参考にしてください。
SL理論とは?定義から育成や指導への活かし方まで詳しく解説
リーダーシップについての理論は、これまでも時代に合わせてさまざまな変遷を遂げてきました。全ての部下や状況に最適なリーダーシップ論は存在しないため、上司としてはどれを取り入れるか悩ましい所ですが、この記事では比較的活用しやすいSL理論について解説します。
ビジネスにおけるフィードバックとは?効果的なフィードバックのポイントを紹介
フィードバックは日々の業務において頻繁に行われています。何気なく行われているフィードバックですが、正しく実践できると、人材育成や業務効率化に役立ちます。では、具体的にはどのように行えばいいのでしょうか。 この記事では、フィードバックを効果的に行うためにフィードバックの意味や適切なタイミングやポイント、フィードバックスキルを向上させる方法をご紹介します。
人材育成計画とは|具体的な立て方や計画書のフォーマット例を紹介
労働人口が減少している今の時代、優秀な人材を採用だけで確保することは難しく、企業内から人材育成をしていくことの重要度は増しています。人材育成に力を入れたいけれど、どうしたら良いのかわからないとお悩みの経営者、育成担当者の方は多いのではないでしょうか。 この記事では人材育成の目的とポイントをご紹介します。ポイントを押さえて効果的に人材を育成していくことで課題を解決し、企業力の底上げを行っていきましょう。
マネジメントとは?定義や種類からその手法・ポイントについて解説
現在はどの業界でも人手不足という大きな問題に直面していますが、そのなかで人材を確保して育成し、なおかつ生産向上をあげるマネジメントスキルが必要とされています。組織のもつ理念とビジョンを明確にして社員一人ひとりの目標とつなぎ、やる気に結びつける。 マネジメントとは企業を発展させるだけでなく、そこで働く社員を成長させることにもなるのです。今回はそんなマネジメントの定義とスキルアップの秘けつを紹介します。
セルフマネジメント能力を強化するメリットとは?能力のある人材の特徴や育成する方法について解説する
ビジネスシーンにおいて、セルフマネジメント能力という単語を聞くことが多々あります。では、セルフマネジメント能力とはどのような能力でしょうか。本記事では、セルフマネジメント能力をテーマのその特徴や高め方について、解説しています。本記事を参考にセルフマネジメント能力を高めビジネスで活用していきましょう。
プレイングマネージャーとは?求められるスキルや設置する際の注意点を解決
プレイングマネージャーは、現場で業務に携わる「プレイヤー」でありながら、管理職として部下に指示を与える「マネージャー」でもあります。この記事では、プレイングマネージャーと管理職との違いや求められるスキル、設置する際の注意点について解説します。
リテンションとは?人材の流出を防ぐための施策と効果的な手法を解説
リテンションとは、人事領域で「人材の流出防止」という意味で使われる場合と、マーケティング用語で「既存顧客との関係維持」という意味で使われる場合があります。本記事では人事領域での意味に絞って解説を行います。 人材の流出を防ぐために効果的な施策もご紹介します。
1on1とは?問題点や効果的に実施するための7つのコツを紹介
人材育成の新たなトレンドとして注目されている「1on1」。国内でもヤフーをはじめとする大手企業が取り入れて、メディアなどでも話題になりました。しかし有名企業の成功例とは裏腹に、思ったような成果が得られないという声も聞かれます。 本記事では、1on1のメリットや期待される効果について振り返ります。それから問題点として指摘される4つのポイントと、1on1を効果的に実施するための7つのコツを紹介します。有意義な1on1となるようぜひ参考にしてください。
人材育成とは|効果的に社員を育成して組織に定着させる3つの方法
「人材が育たない」という課題は、どの企業どの組織にも共通するものです。優秀な人材を確保することが難しいと言われる昨今、社内の人材育成に力を入れる企業が増えてきています。この記事では、人材育成を組織に定着させる方法について紹介していきます。
自己効力感とは?定義から高める方法まで詳しく解説
さまざまなビジネスシーンにおいて成果を挙げるため努力を続けていたとしても、目標達成のために適切な行動を取れると自信を持って言える人は、それほど多くないのではないでしょうか。この記事では目標を達成するために必要な根拠のある自信、自己効力感について解説します。
マネジメントゲームによる研修とは?戦略的にノウハウを身につける手法・メリットを解説
マネジメントゲームとは、経営シミュレーションゲームを活用した経営者育成研修です。マネジメントのノウハウを、ゲームを用いて楽しく戦略的に学ぶことができます。当記事では、マネジメントゲームの手法・有用性やメリット・活用法を解説します。
1on1マネジメントとは? 1on1マネジメントに必要なスキルを解説
昨今、1on1ミーティングはマネジメントの手法として注目を集めています。1on1ミーティングとは多くの場合、上司と部下が1対1で面談による対話を行い、業務におけるさまざまな課題を解決していく手法です。当記事では1on1ミーティングを活用したマネジメントに必要なスキルと、上司と部下の望ましい関係について解説していきます。
管理職とは?求められる役割やスキルを解説
近年は会社の内部統制が社会的に昔以上に重要となっていますが、その中でキーマンとなるのが管理職です。しかし、管理職はなにと言われると意外とすんなりとは答えられないのではないでしょうか。本記事では管理職の定義を明らかにした上で求められる役割やスキルを解説しています。
クライシスマネジメントとは?プロセスや事例から学べるポイントを解説
予想外の事故や災害に対する適切な対応や、二次災害を防いで早期復旧を目指すためにも、クライシスマネジメントは企業が取り組むべき重要な課題であると言えます。本記事では、クライシスマネジメントのプロセスや、事例から学べるポイントについて解説します。
コンティンジェンシー理論とは?リーダーのあり方や手にできるメリットを紹介
人事担当者のなかには、「コンティンジェンシー理論ってなに?」「コンティンジェンシー理論の具体的な使い方は?」といった疑問をもっている方も多いのではないでしょうか。この記事では、コンティンジェンシー理論の内容をわかりやすく解説していきます。ほかの理論との違いや、企業で用いる際の注意点にも触れていきます。
マネジメント能力が高い人材を企業が必要とする理由と注意点を解説する
どの企業においても、マネジメント能力が高い人材の価値は高いだけでなく、人材育成・開発の中でも最もニーズが高いスキルであるといえます。本記事では、マネジメント能力が高い人材を必要とする理由や、その能力を高める方法について解説します。
評価者研修とは?主なプログラム事例やエラーを防止するためのポイントを解説
人事評価制度を設けている企業の多くが、評価者研修を実施しています。では、評価者研修とはどのような意味をもつのでしょうか。本記事では、人事評価制度に伴う評価者研修に関してプログラム事例や実施のポイントについて解説しています。評価者研修の目的を理解し実施していきましょう。
職務分析の方法は?4つの手法と職場での活かし方を徹底解説
仕事の生産性を最大限に高めたいと考えるならば、職務が生み出す価値を分析・理解し、測定評価する必要があります。当記事では、職務分析の方法や職場での活かし方を解説します。これから職務分析を導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
アンガーマネジメントの資格とは? 概要と各種資格、人材育成への活用について解説
アンガーマネジメントとは、怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングのことです。怒らないことを目指すのではなく怒りをコントロールし、必要なときには上手に怒ることを目的としています。当記事ではアンガーマネジメントの概要と各種資格、人材育成への活用方法について解説します。
過労死ラインは何時間から? 部下を疲弊させない管理職の役割について解説
過労死ラインとは、働きすぎによる健康障害が発生する恐れのある、時間外労働の目安とされています。ワークライフバランスや働き方改革が求められる昨今、企業にとって長時間労働の是正は必須の課題といえます。当記事では過労死ラインの概要と、労務管理における管理職の役割について解説します。
コンプライアンスとリスクマネジメントとは?意味や違反事例、内部統制の手法を解説
コンプライアンスとは、企業が法律や社会規範といった規則を遵守することです。コンプライアンス違反をしてしまうと、企業の信頼を大きく損ねてしまいます。当記事では、リスクマネジメントの対象や内部統制の方法・コンプライアンス違反の事例を解説します。
ミドルマネジメントとは?役割や求められるスキル、効果的に行う方法をご紹介
企業において、ミドルマネジメントは経営層のビジョンをしっかりと捉え、部下に落とし込み、管理もしていくという観点から、非常に重要な位置付けになっています。本記事では、ミドルマネジメントの役割や求められるスキル、よくある課題などをご紹介します。
人材育成の効果測定方法とは|3つの指標で人材育成の効果を測定
人材育成は「人を育成する施策」を行うことなので、通常の業務上の施策と同様に効果測定をする必要があります。何にどのくらい費用や工数を使った結果、どのような成果を得られたのかという視点は常に持ち続けておかないといけません。そこで、このコラムでは人材育成の効果測定の方法を企業側の視点と社員側の視点から紹介していきます。
ピグマリオン効果とは?定義からマネジメントでの活用法まで詳しく解説
近年、ビジネスの場で効率的にマネジメントを行うために、心理学を活用することが増えています。この記事では、上司と部下の間のコミュニケーションを円滑化し、高いモチベーションを持つ人材を育成することにも役立つ、ピグマリオン効果について詳しく解説します。
セルフコーチングとは?自分を目標達成へと導くための手法やポイントを解説
人手不足が蔓延している日本国内の企業では、従業員一人ひとりの生産性の向上が求められています。セルフコーチングは自主的に成長できる人材を育てる有効な方法です。セルフコーチングを効果的に行う上で、有効な質問を自分に問いかけることは欠かせません。セルフコーチングの基礎から効果的な質問まで、例を交えつつ解説します。
リアリティショックはなぜ起きる?4つの要因と対策について解説
入社後にリアリティショックに悩まされる従業員は少なくありません。また、リアリティショックは新入社員のみならず、昇進や育休復帰のタイミングでも起こることもあります。本記事では、リアリティショックが起きる4つの要因と、企業ができる対策について解説します。
リーダーシップとマネジメントの違いとは?ドラッカー流リーダーシップの定義や特徴・スキルアップの方法を解説
リーダーシップは、役職や職種に関係なくすべての人が身につけるべきスキルです。マネジメントと混同されがちですが、これらの2つは異なる概念です。当記事では、ドラッカー流リーダーシップの定義や特徴、スキルアップの方法を解説します。
ドラッカーのマネジメントとは?組織の活性化に欠かせないマネジメント手法を解説
マネジメントは組織において欠かせない重要な概念です。マネジメントという考え方はドラッカーが提唱したものです。ドラッカーの理論は今でも多くの書籍が発売されており、多くの人に読まれています。しかし、ドラッカーの著書は専門的で非常に難解です。当記事ではマネジメントの基礎である、「ドラッカーが提唱したマネジメント理論」についてわかりやすく解説します。
ポートフォリオマネジメントとは?最適な経営戦略のために手法と事例を解説
経営活動において、資源の適切な配分は重要です。資源は有限であるため、有効に配分しなければなりません。ポートフォリオマネジメントは最適な投資の意思決定を、合理的に行うマネジメント手法です。分析により合理的な判断が可能ですが、そこには注意点もあります。当記事では、ポートフォリオマネジメントの手法について、事例を交えて紹介します。
統率力の意味とは?統率力がある人の5つの特徴と身につける方法を解説
組織のリーダーに求められる資質として「統率力」を挙げることができます。人手不足の日本社会において、リーダー人材の育成は重要課題のひとつです。本記事では、統率力の意味や統率力のある人の5つの特徴、統率力を身につける方法について解説します。
ティーチングとコーチングの違いは?それぞれのメリットやデメリット、有効なケースをご紹介
部下に対する育成方法として「ティーチング」と「コーチング」を耳にすることが多いのではないでしょうか。 両者は混同されがちですが、それぞれ有効なケースが違うため、適切に使い分ける必要があります。 それぞれのメリットやデメリット、有効なケースを解説します。
部下からのハラスメントの事例や対応策について解説する
本記事では、部下からのハラスメントについての事例や対応策について解説しています。以前であれば、上司からのハラスメントが取り上げられ問題視されていましたが、現在では部下からのハラスメントの問題も大きく取り上げられる様になってきました。部下から受けるハラスメントにはどのようなものがあるかなどを解説していますので、自社におけるハラスメント対策に役立てていきましょう。
リーダーに求められる資質とは?基本的な考え方を具体的に解説
リーダーに求められる資質は年々増えてきています。優れた企業や組織、チームにおいて優秀なリーダーというのは不可欠な存在です。ではどのようなリーダーが優秀なリーダーと言えるのでしょうか。本記事ではリーダーに求められる資質から、優れたリーダーになるための方法まで解説を行っていきます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ