中間管理職の役割と効果的な研修を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中間管理職の役割と効果的な研修を紹介 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

中間管理職は、ミドルマネジメントとも呼ばれ、経営者(トップマネジメント)の下で部下のマネジメントや担当する組織の事業を管理し、指示を出す立場です。 多くの企業では部長や課長が中間管理職に当たり、企業が成長していくために欠かせない存在です。 それでは、企業の成長を促進させられるような中間管理職を育成するためには、どのようなことを行えばよいのでしょうか。 この記事では、中間管理職の役割と現状解説し、それらを踏まえたうえで求められるスキルや効果的な研修例、実施ポイントを解説します。

<目次>
中間管理職の役割とは
組織のマネジメント
良好な労働環境の確保
人材育成
中間管理職が直面しやすい課題
ノウハウ・経験の不足
中間管理職への多重責務
研修で身に着けたい中間管理職としてのスキル
マネジメント能力
コミュニケーション能力
問題解決能力
中間管理職向けの効果的な研修例
チームビルディング研修
コーチング研修
ロジカルシンキング研修
中間管理職向けの研修における実施ポイント
社内の課題から実施内容を選定する
研修後もフォローを欠かさない
受講者からのフィードバックでより良い研修を作り上げる
管理職研修にはSchooビジネスプランがおすすめ
1.研修と自己啓発を両方行うことができる
2.管理職研修におすすめの研修パッケージ
3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる
まとめ
 

中間管理職の役割とは

そもそも中間管理職に求められる役割についてですが、主には「組織のマネジメント」、「良好な労働環境の確保」、「人材育成」の3つが挙げられます。 以下では、それらについて具体的に解説していきます。

組織のマネジメント

中間管理職ともなると、担当する組織全体のマネジメントを能動的に行う必要があり、目標達成に向けた努力を日々取り組まなければなりません。 企業によっては前線で仕事をすることもあるかと思われますが、ほとんどの場合は指示を出して部下を動かすことになります。 組織のマネジメントにおいて、業務の進捗を管理するだけではありません。一部の業務にリソースが集中している場合には、業務の分担や業務フローの見直しといった業務プロセスの改善も行っていく必要があります。 そのためには、部下の特性や強み・弱みを理解した適切な人材配置や、予算管理などの経営者に近い目線を持った役割が求められます。

良好な労働環境の確保

部下が生産性高く働ける労働環境を確保するのも中間管理職の役割の一つです。 生産性向上の観点で言うと、部下がメインの業務に専念できるよう、無駄な業務を無くしたり、事務処理などの業務を外注するなどを判断していきます。 また、部下が気持ちよく働けるよう、組織内のコミュニケーションを円滑にするための施策立案・実行や、組織のビジョンを明確に伝えることも重要です。 組織として同じ目標に向くことで、部下のモチベーションが向上し、生産性の向上にもつながります。

人材育成

組織として成長していくためには、中間管理職だけでなく、部下の育成も重要です。 中間管理職は、業務を通じて部下に様々な経験を積ませる機会の提供や、資格取得を促したりすることはもちろんのこと、自身が見本となるよう行動していかなければなりません。 また、単に業務を割り振るだけでなく、部下の悩みを汲み取ってアドバイスをするような、成長のサポートをする役割も担います。

 

中間管理職が直面しやすい課題

中間管理職は、自分をマネジメントする上位の管理職が存在しながらも、部下のマネジメントを行わなければならない立場です。 こういった中間管理職は、さまざまな課題を抱えやすくなります。そこで、ここでは研修内容の参考となるような、中間管理職が直面しやすい2つの課題について解説します。

ノウハウ・経験の不足

どうすれば組織や部下の生産性を向上させられるのかといったノウハウや経験が不足は、多くの中間管理職が抱えやすい課題の一つです。 また、部下の育て方についても、自分の経験のみに頼りがちになってしまい、それぞれの性格や特徴に合わせた育成ができず、部下が育たないということもあります。 特に人事異動が少ない中小企業などでは、さまざまな上司のマネジメントを経験する機会が十分ではありません。そのため、さまざまなマネジメント手法を知ることがなく、自分に合ったマネジメントスタイルを確立することが難しくなります。

中間管理職への多重責務

昨今では、中間管理職の負担が大きくなっていると言われます。 その理由として、目標達成に向けた計画設計・着実な遂行といった短期成果と部下の育成や組織の変革といった中長期の成果が高い水準で求められることが挙げられます。 また、業務が増大することにより、自身もプレイヤーとして業務を行うことも必要となってしまい、マネジメントが疎かになり、組織全体に悪影響を起こしてしまうのです。 結果として、マネジメントスキルが身につかないだけでなく、中にはストレスを抱えて精神的に押しつぶされてしまう中間管理職も少なく内容です。

 

研修で身に着けたい中間管理職としてのスキル

中間管理職は多くの役割が求められますが、自身ではなかなか解決できずにストレスに押しつぶされてしまっては、企業の成長において足かせになってしまう可能性があります。 しかし、そうした課題も研修でサポートできる部分は多くあります。ここでは、研修で身に着けておきたい中間管理職に必要なスキルを解説します。

マネジメント能力

中間管理職は、事業を管理する立場として、部下を通じて成果を上げる必要があります。 主な能力としては、組織の方針や外部環境を考慮したうえで的確な目標の設定。また、組織の成果を最大限に発揮するための、適切な人材配置などがあります。 また、他にも部下に個別の目標を設定し、進捗を管理したり、アドバイスをしたりといった部下へのマネジメントも必要です。 中間管理職として業務に携わるには、早い段階で基礎的なマネジメント能力を身に着けておく必要があります。 基礎を疎かにしたまま我流のマネジメント手法を続けてしまうと、その時は良くとも将来的に行き詰ってしまう可能性があるので、ぜひとも研修で基礎を身に着けておきたいものです。

コミュニケーション能力

部下との円滑な交流を取るうえでコミュニケーション能力は欠かせません。 単に指示をするだけ部下の意見に耳を傾ける傾聴力がなければ、部下の反発を受けたり、モチベーションの低下につながります。 中間管理職は業務や予算だけでなく、人をマネジメントする立場であるため、相手によって適切なコミュニケーション方法を身に着けなければなりません。 また、コミュニケーションの方法だけでなく、どうすれば部下のモチベーションが上がる指導ができるのかといった、コーチングの能力もコミュニケーション能力のひとつとして必要です。

問題解決能力

業務で問題が起きた際に、問題の発生要因を素早く特定し、解決に向けて施策を実行できることも中間管理職に必要なスキルの一つです。 特に中間管理職になりたてだと、これまで上司が行っていた判断を、自分で行うことになるわけですから、分析や判断に迷いが生じがちです。 そのため、研修においても分析手法や、適切な対応方法などを身に着けておき、損失を最小限に抑えられるようにしておきたいものです。

 

中間管理職向けの効果的な研修例

中間管理職を育成する研修にはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは、中間管理職に必要なスキルを身に着けられる効果的な研修内容を解説します。

チームビルディング研修

チームビルディングとは、部下が自分の能力を最大限に発揮しつつ、組織の目標を達成するための組織開発のことを指します。 部下の生産性向上や組織の関係強化を目的として、多くの企業で行われている研修です。 より良い組織はどのような段階を経て形成されていくのか、また組織内のコミュニケーションを活発にする方法などを学ぶことが多いようです。 チームビルディングの手法を学ぶことで、成果を出す組織作りの基盤構築につなげられるでしょう。

コーチング研修

コーチングとは、相手の話に耳を傾け、観察や質問、提案などをして相手の内面にある答え引き出す手法のことを指します。 実際のビジネスにおけるコーチング研修は、部下に自分自身での気づきを促し、自らの力で問題解決や目標達成を進められるようなコミュニケーションの取り方を学びます。 部下をうまく育てられていないという場合、上司である中間管理職がうまく課題を引き出せていないということが考えられます。 コーチングの能力は、そういった部下の育成をサポートするための研修として多くの企業で行われている研修の一つです。

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングは、論理的思考と翻訳され、物事に筋道を立てて各段階・要素別に分類・分解して思考することを指します。 問題解決能力を高めたいという場合には、ロジカルシンキング研修を通して物事を本質的に捉える癖を身に着けさせるのがおすすめです。 ビジネスで発生する問題はさまざまな要素が複雑に絡み合っているケースが少なくありません。そのため、問題を表面的に捉えるだけでは、最適な対応を取ることができず、傷口を広げてしまうことにつながりかねません。 ロジカルシンキング研修では、問題を要素ごとに分解するためのフレームワークを学び、問題の発生要因の特定に役立てる能力を身に着けることができます。

 

中間管理職向けの研修における実施ポイント

中間管理職向けの研修をより効果的なものにするために、研修の実施前・実施後それぞれにおいてポイントがあるのでここで解説します。

社内の課題から実施内容を選定する

研修内容の選定や実施タイミングを検討するにあたっては、実際に社内の中間管理職が抱えている課題をまずは把握しましょう。 内容にもよりますが、直面している課題を解決するサポートするための研修を実施するほうが企業としても成果が出やすくなります。 また、同じような課題を抱えている中間管理職が多くいる場合、その数によって研修実施の優先度も決めやすくなります。

研修後もフォローを欠かさない

研修で知識をインプットしても、実際の業務で活かすことができないというケースは少なくありません。 そういった場合、研修内容を実践するイメージが沸いていないことが大きな要因の一つとして挙げられます。 そのため、研修内で社内独自の行動目標を設定し、その進捗を管理しながら発生した問題などの相談に乗ったりと、実践におけるフォローを行ってあげることも有効です。

受講者からのフィードバックでより良い研修を作り上げる

研修内容を受講者が十分に理解できているのか、といった研修に対するフィードバックや感想はもらっておくようにしましょう。 他の企業では効果があったとされる研修であっても、自社では効果が薄かったなどといったケースは少なくありません。 内容の理解度や研修タイミングの適切さなど、それらの内容は次の中間管理職に対する研修をアップデートさせる材料として役立ちます。

 

管理職研修にはSchooビジネスプランがおすすめ

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料をもらう

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.管理職研修におすすめの研修パッケージ

管理職研修には、Schooの管理職研修パッケージがおすすめです。管理職研修パッケージでは、マネジメントスキルや、部下の育成スキルなど、管理職に必要なスキルに関する知識を、体系的に学ぶことができます。

さらに、約6000本近くにもなる数々n講座の中から、自社の育成方針に則った研修プログラムを作ることも可能です。ぜひ一度ご覧ください。

管理職研修パッケージを見る

3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、研修スケジュールの作成を容易に行うことができます。さらに、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、レポート機能を使って学んだことを振り返る機会を作ることも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方1

まず、Schooビジネスプランの管理画面を開き、「研修を作成するという」ページで作成した研修の研修期間を設定します。ここで期間を設定するだけで自動的に受講者の研修アカウントにも研修期間が設定されるため、簡単にスケジュールを組むことができます。

管理画面の使い方2

この、管理者側の管理ツールでは受講者がスケジュール通りに研修を受けているかを確認することができます。もし決められた研修をスケジュール通りに行っていない受講者がいれば注意したり、話を聞くことができるなど、受講者がしっかりスケジュールを守っているかを確認することができます。

Schooビジネスプランの資料をもらう

 

まとめ

中間管理職はさまざまな役割を担うこともあり、その責任の重さやノウハウの不足により、マネジメントが崩壊してしまうということも少なくありません。 しかし、研修を通して中間管理職が抱える課題を解決することは可能です。組織としての成果を最大限にできるよう、自社の課題に合わせて適切な内容を選定し、適切なタイミングで実施していくことが重要です。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
    頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • ビジネス数字の基礎
    ビジネス数字の基礎
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • 「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
    「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • 「交渉力」損しない人の習慣
    「交渉力」損しない人の習慣
  • 「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
    「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
  • 「時間割」で仕事の効率は劇的に上がる
    「時間割」で仕事の効率は劇的に上がる
  • 地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
    地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
  • PowerPoint入門
    PowerPoint入門
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ