4/13(Tue)

今日の生放送

研修制度を導入するメリットや設計・運用のポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修制度を導入するメリットや設計・運用のポイントを解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

企業では研修制度を社内で用意し、人材育成に取り組んでいます。これから研修制度を整えていく企業としては、そもそも研修制度を整える必要があるのか、研修方法やその内容など、様々な疑問があるかと思います。 そこでこの記事では、研修制度の設計・整備を検討している企業に向けに、目的やメリット、具体的にどのような設計にすればよいのかなどを解説します。

<目次>
研修制度を導入する目的
市場競争に負けない強い組織を作る
必要な知識・スキルを体系的に学べる環境の構築
研修制度を導入するメリット
社員の学習意欲の向上
社内の風土を改善できる
人材育成に注力していることを社外にアピールできる
研修制度の設計に必要な要素
目指す組織像・人物像
人材育成の方針
研修体系
研修方法
研修制度を運用する際のポイント
研修制度の導入は小規模から始める
研修制度を利用した社員からフィードバックをもらう
Schooのオンライン学習サービスを利用した研修制度の導入も可能
特定の分野に捉われない豊富なコンテンツをご用意
生放送の研修も実施
まとめ
 

研修制度を導入する目的

研修制度の大まかな説明として、社員一人ひとりが自分のキャリアビジョンを考え、その実現に向けてスキルアップをは図れるよう、企業側で全面的にバックアップする制度と言えます。 それでは、企業が社内で研修制度を設計・導入する目的として何が考えられるのか、ここでは2つ解説します。

市場競争に負けない強い組織を作る

昨今では、IT技術の進化や市場の変化が激しいことから、競争に負けないために常に新しいスキルを取り込んでいくことが求められています。 もし、スキルアップを支援する研修制度が整っていなければ、スキルやノウハウが陳腐化してしまう可能性があるだけでなく、現状以上の生産性向上も見込めなくなってしまいます。 研修制度は社員のスキルのアップデートをサポートし、個々の社員のパフォーマンスを高めることで、結果的に企業の業績向上につなげていくことが大きな目的です。

必要な知識・スキルを体系的に学べる環境の構築

企業規模に関係なく、多くの企業では実務を通してスキルや経験を積むOJTを研修として実施しているところがほとんどだと思われます。 OJTは座学で知識をインプットする場合と異なり、業務に対するイメージがしやすいメリットがある一方で、学べる内容はその時に担当する業務に限られるため、抜け漏れが生じてしまいがちです。 研修制度として、業務に必要な知識を体系的に網羅し、学べる環境があればOJTではカバーできない内容を補完できるだけでなく、業務全体に対する理解も深めることができます。

 

研修制度を導入するメリット

研修制度は単に人材育成のコストがかさんでしまうといったデメリットが考えられますが、それ以上に多くのメリットがありますので、ここで解説します。

社員の学習意欲の向上

研修制度がない場合、社員自ら必要なスキルを身に着けるには時間や費用の面で大きな負担となり、学習に対するハードルが高く感じてしまうものです。 例えば、社員が個人で外部のワークショップに参加するには、1回数万円の費用が発生するケースが多いです。また、ビジネススクールに通うとなると数十万円と高額になることもあります。 社内で研修制度として外部セミナーの参加費をバックアップしたり、社内で独自に研修を実施すれば、ハードルを下げることができるだけでなく、むしろレベルの高い内容にチャレンジしてみようという学習意欲の向上にもつながります。

社内の風土を改善できる

どのような企業にも独自の社風が存在し、長年をかけて社内で培われたものですが、時代の流れに合わせて変化が必要となるケースもあります。 研修制度を導入することで、社内風土にも変化をもたらすことが可能です。 例えば、管理職の育成に課題を抱えている企業は、部下を育てることに対して関心が薄い社内風土であることが要因となっており、そのことで管理職を志望する人材が減少する状況に陥っているケースがあります。 そういった場合には、マネジメントスキルやコーチング研修を制度として設けることで、管理職や管理職候補の人材育成に対する意識や行動を改善させることができます。 そして、人材育成に対する重要性が社内で認識され、管理職の育成の課題解決につなげることができるでしょう。 研修制度を導入することは、人材育成だけでなく社内の風土の改善にも役立てることも可能なのです。

人材育成に注力していることを社外にアピールできる

新卒、中途採用の希望者は研修制度の充実度も就職先を選ぶうえで参考としていることも少なくありません。 特に新卒採用であれば、社会人に必要な基礎スキルがまだ身についていないことがほとんどですから、研修制度が整っていないとなると不安を与えてしまいかねません。 また、中途採用の場合であっても、入社後も自分のキャリアアップを支援してもらえる環境であるかどうかも重要視しています。 そのため、研修制度が充実していることを社外にアピールすることで、社内の人材育成だけでなく採用面でもメリットを発揮することが期待できるでしょう。

 

研修制度の設計に必要な要素

研修制度を導入するメリットを解説しましたが、実際に研修制度を設計するうえで「具体的に何をすればいいのか?」わからないという方も少なくないと思われます。 そこで、ここでは研修制度を設計するうえで必要な要素について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目指す組織像・人物像

人材育成の目的を考えるにあたり、目指すべき組織像・人物像を先に明確にしておく必要があります。 どの企業にも経営理念があり、その経営理念をもとに経営戦略・事業戦略が作成されています。そして、その戦略を遂行するための組織像・人物像を考え、目指すべき姿になるためにどのような育成が必要なのかを検討する流れになります。 組織像・人物像がぶれてしまっていると、その次の研修制度も行き当たりばったりな施策となってしまい、うまくワークしなくなってしまう可能性が高まります。 そのため、まずは目指すべき組織像・人物像を明確にしてみましょう。

人材育成の方針

次に必要な要素は、研修制度における人材育成の方針です。 目指すべき経営理念や経営戦略・事業戦略をもとに一貫性のある方針を立てる必要があります。 それは、さまざまな社員のキャリアプランに合うように複数の綿密な研修プログラムを用意するのか、社員が自分の興味のある分野を好きに学べるような自由な形にするのかなど、さまざまな方針が考えられます。 自社の課題と照らし合わせて、検討してみるのもよいでしょう。

研修体系

研修体系とは、ある組織や集団に属している人材に対して、必要とされる知識やスキルを習得させるために構成された研修プログラムやカリキュラムのことを指します。 新入社員・中堅社員・管理職といった階層別に分けたり、職種や部門別に分けてプログラムを構成するなどさまざまな方法があります。 いずれにしても、短期的な視点だけでなく、中長期でじっくりと育成するためのプログラムも同時に作成することで、研修制度がうまくワークしやすくなります。

研修方法

研修体系が固まれば、具体的にどういった方法で研修を実施していくのかを検討します。 研修方法は座学で知識やスキルをインプットするOff-JTをメインに検討することになると思われますが、一口にOff-JTといっても主に3つの種類に分けられます。

1.社内研修

研修資料の作成や研修会場を抑えるためのリソース負担が発生しますが、独自の内容を盛り込めるといったメリットがあります。

2.外部研修

公開されているワークショップなどに参加します。プロの講師による専門性の高い指導が受けられる一方で、人材育成のコストがかさんでしまうデメリットがあります。

3.オンライン学習サービス

スマホやPCを使って動画を視聴して学習する形式です。時間や場所を選ばないため、社員の都合に合わせて学習できるだけでなく、外部サービスでも安価で利用可能です。一方で、集合研修ならではの緊張感がなく、モチベーション維持が難しいというデメリットがあります。 このように、Off-JTにもさまざまな種類があり、それぞれメリット・デメリットも異なります。そのため、自社に合った研修方法を採用することが重要です。

 

研修制度を運用する際のポイント

完成した研修制度を導入し、ただ単に運用するだけでは高い効果を発揮できないことも少なくありません。 研修制度を運用するにあたり最低限押さえておきたいポイントをここで解説します。

研修制度の導入は小規模から始める

ある程度の規模が大きな組織の場合、設計した研修制度をいきなり全社的に導入してしまうと、混乱を招いてしまう可能性があります。 また、研修制度の設計にミスがあった場合に見直すための負担も大きくなってしまいます。 そのため、まずは一部の役職や部門だけに絞って試験的に導入して、成果が出れば全社に展開していく形が望ましいでしょう。

研修制度を利用した社員からフィードバックをもらう

一度導入した研修制度もより効果を高めるために改善していく必要があります。改善にあたって重要となるのが、実際に研修制度を利用した社員からのフィードバックです。 研修はわかりやすかったか、研修のタイミングは適切であるか、学んだ内容は実務に生かせそうかなど、さまざまな意見を取り込み改善を加えていくこことが大切です。

 

Schooのオンライン学習サービスを利用した研修制度の導入も可能

Schooビジネスプランでは、前述したオンライン学習サービスを活用した企業の人材育成向けの研修サービスを提供しています。 ここでは、社内の研修制度としてSchooが利用できると言える特徴について解説します。

特定の分野に捉われない豊富なコンテンツをご用意

新入社員や管理職といった階層別、あるいは営業職やエンジニアといった職種別など、さまざまなニーズに合った研修ができることがSchooの大きな特徴です。 また、契約期間中は約4,700本に及ぶ幅広い分野の研修動画を全て視聴することができ、社員の興味のある分野を自由に学習することができるため、自発的に学ぶ文化を社内に根付かせることに役立てられます。

生放送の研修も実施

オンライン学習サービスのデメリットとして集合研修のような緊張感がないと前述しましたが、Schooでは生放送も実施しており、講師と視聴者がコミュニケーションをとりながら進行します。チャットを使って講師に質問したり、視聴者同士でもコミュニケーションをとれるため、集合研修と同様の感覚で学習が可能です。 また、講師もその分野の第一線で活躍されているビジネスパーソンや専門家の方をお招きしており、レベルの高い指導を受けることができます。 ここでSchooが実際に提供している研修動画の一部をご紹介するので、興味のある方はぜひご覧ください。

仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
 

社会人として、どんなスキルを覚えるよりもまず初めに覚えたいビジネスマナー。なぜなら、社会では10代から上は60代、70代と幅広い年齢層の方々が活躍しています。その中で円滑に仕事を進めるためにはマナーは必要不可欠。 すでに社会人の方もここで改めてマナーを復習しましょう。 好印象を与えるために、営業で新規獲得するために、選ばれるためにまず基本となるマナーを磨いてきましょう。 「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ社)の著書、北條久美子先生にわかりやすく解説していただきます。

担当講師:北條 久美子先生
キャリアカウンセラー/BRILLIANCE+執行役員

東京外国語大学を卒業し、ウェディング司会・研修講師を経て、2007年 エイベックスグループホールディングス株式会社人事部にて教育担当に。2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。全国の企業や大学などで年間 約2,500人へビジネスマナーやコミュニケーション、キャリアの研修・セミナ―を行う。 現在はライフスタイリストとしてワーク(仕事)寄りだった人生を、生きること=ライフにシフト。自分らしく、かつ生き方を自分らしく美しくすることを自らも目指し、それを広める場作りに力を入れる。 2016年4月、著書「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ)発行。

仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本を無料視聴する

リーダーのためのコーチング
 

リーダーとして、チームをマネジメントする上で、「メンバーとの信頼関係を高めたい」「やる気を上げたい」「主体性を引き出したい」 このような目標・テーマをお持ちの方は多いのではないでしょうか? 1人でも部下がいるリーダーなら必ず役に立つコーチングスキルの基本をご紹介します。 第1回目は、コーチングとはなにか、それによってもたらされるものを理解し、チームメンバーと信頼関係をともに築くためのスキルを学びます。 第2回目は、「質問」がテーマです。 コーチングでは、基本的にはアドバイスや助言を行いません。相手が、自分で考え、自分の責任で行動するような主体性を高めるための「質問力」を磨きます。

担当講師:本間 達哉先生
株式会社コーチ・エィ  国際コーチ連盟マスター認定コーチ

上智大学文学部卒業。 日本で最初のコーチング・ファームである株式会社コーチ・エィのエグゼクティブ・コーチとして、これまで約300人の経営者や管理職を対象にコーチングを実施。組織の風土改革や業績向上のために、リーダー自身の意識や行動をどう変革するかをテーマとしてきた。 また、リーダーが実践的、体系的にコーチングを学べる「Coachacademia」の講師を18年勤めており、2万人以上のコーチ型リーダーを養成している。

リーダーのためのコーチングを無料視聴する

営業の鬼5/100則 -AI時代にすべての職種で必要とされる営業力を身に付ける-
 

この授業では厳しい生保業界において、プレーヤーとして、管理職として、29年間にわたり圧倒的な実績を出し続け、「No.1マネジャー」と呼ばれる早川勝先生を講師にお迎えします。 著書の合計売り上げ部数が10万部を突破している早川先生が最新作『営業の鬼100則』の中でご解説されている営業の為の鬼100則の中からよりすぐりの5則について学ぶことができます。

担当講師:早川 勝先生
作家・生命保険会社エグゼクティブトレーナー兼部長職

世界有数のフィナンシャルグループを母体とする外資系生命保険会社に入社以来、圧倒的なトップクラスの成果を上げ続け、数々のタイトルを獲得。 営業所長、支社長として、どん底の組織を再生させるなど、最大かつ最高の生産性を誇るコンサルティングセールス集団を創り上げ、No.1マネジャーの称号を得る。その後も大手生保各社からのオファーを受け、統括部長や営業本部長として歴史的改革や新規プロジェクトの指揮を執る。現在もマネジメントの最前線で活躍中。 その一方で、豊富なキャリアの中で培った能力開発に関する執筆や講演活動などを行い、主な著書に、「やる気があふれて、止まらない」(きずな出版)他10作がある。

営業の鬼5/100則 -AI時代にすべての職種で必要とされる営業力を身に付ける-を無料視聴する

 

まとめ

研修制度は変化の激しい市場環境で競争に負けないために必要な制度です。導入時にはリソースや費用面で負担がかかってしまうものの、社員の学習欲の向上や社内風土の改善といったメリットも多く享受できます。 研修制度を設計するうえでは、経営理念や経営戦略・事業戦略といった全体から人材育成の方針や方法に落とし込むことが重要です。 また、研修方法にもさまざまな方法があるので、メリット・デメリットを比較しながら自社に合ったものを採用することが望ましいでしょう。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
    頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
  • 仕事のミスを減らす頭の使い方
    仕事のミスを減らす頭の使い方
  • 「交渉力」損しない人の習慣
    「交渉力」損しない人の習慣
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • PowerPoint入門
    PowerPoint入門
  • ビジネス数字の基礎
    ビジネス数字の基礎
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • 「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
    「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
  • 交渉術の基礎と実践
    交渉術の基礎と実践
  • 一流の学び方 -稼ぎに繋げる大人の勉強法-
    一流の学び方 -稼ぎに繋げる大人の勉強法-
  • 今さら聞けないビジネスメールの書き方
    今さら聞けないビジネスメールの書き方
  • 書く・聴く・話すに徹底コミット:社会人基礎力ゼミ
    書く・聴く・話すに徹底コミット:社会人基礎力ゼミ
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ