4/17(Sat)

今日の生放送

社員研修とは?実施する目的や手法、成功させるためのポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社員研修とは?実施する目的や手法、成功させるためのポイントを解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

組織内の人材育成において重要な研修ですが、近年はインターネットの発展がもたらしたリモートワークの普及により、オンライン研修を導入するなど、内容を見直す必要性が生まれてきています。研修内容の見直しを行う際には、研修の目的や種類などを今一度確認した上で手法などを考えていくことが重要です。当記事では社員研修の目的や研修の分類、手法や実施する上でのポイントなどを解説します。

<目次>
社員研修を実施する目的とは?
社員研修の目的に合わせた3つの分類
階層別研修
職種別研修
その他(テーマ別)研修
社員研修の具体的な手法とは?
OJT研修
OFF-JT研修
オンライン研修なら効率的な研修が可能
社員研修を成功させるための3つのポイント
研修の目的を明確に定める
研修のレベルを受講者に合わせる
研修後に効果計測を行う
社員研修後にフォローアップを行う重要性
社員研修ならSchooの企業向けパッケージがおすすめ
まとめ
 

社員研修を実施する目的とは?

社員研修を実施する最大の目的は、業務に必要なスキルを社員に身につけさせることです。役職や職種ごとに必要な知識や技能の他、コンプライアンスなどの企業に所属している限りは把握しておくべき知識などの習得を目指します。また、研修は人材レベルをある程度そろえることができるため、人材の管理が容易になり、人材配置を企画しやすくなるのもポイントです。

個人の視点から見ると、会社の負担で社会で必要な知識や技能を身に付けることができるため、効率的なキャリアアップを目指すことができます。以上のように、社員研修は企業、個人の両者にとって大きなメリットがあるのです。

 

社員研修の目的に合わせた3つの分類

社員研修は大きく分けて以下の3種類に分類されます。

  • ・階層別研修
  • ・職種別研修
  • ・その他(テーマ別)研修

社員研修を実施する前提として、対象の人材に必要な技能を習得させるための研修がどの分類に属しているのかをよく確認しておく必要があります。詳しく見ていきましょう。

階層別研修

階層別研修には年齢や役職に合わせた内容の研修が分類されます。内定者から新入社員、管理職に至るまで、それぞれで必要な事務スキルやマインドセットを身につけられる研修がそろっているのが特徴です。

職種別研修

職種別研修では、職種ごとの専門スキルについて学ぶことが可能です。営業職のためのヒアリングスキル向上研修パッケージや、エンジニア向けのプログラミング言語研修など、特定の業務を行う上で必要となるスキルを広義的に習得できます。

その他(テーマ別)研修

研修の中には、階層別や職種別に分類されないものもあります。Schooではテーマ別研修と分類しており、役職や職種に関係なく必要になる知識や技能を習得できるものとなっています。具体的にはビジネスマナー研修やハラスメント研修など、社会人として理解しておきたい知識が学べるものから、リーダーシップ研修やOJT研修など、組織の生産性向上に役立つスキルが身につく研修まで、様々な研修がそろっているのが特徴です。

 

社員研修の具体的な手法とは?

社員研修では、主に以下のような手法がとられます。

  • ・OJT研修
  • ・OFF-JT研修

一般的にはOJT研修によって担当部署内の具体的な業務について学び、OFFJT研修で階層別研修や職種別研修などを受講することが多いです。また、オンライン研修を利用することも可能で、上手く活用すればより効果的な研修を行うことができます。

OJT研修

OJTは「On the jobTraining」の略で、職場内訓練のことを指します。名前の通り職場で実際に行う業務を習得させるのが目的の研修で、基本的には先輩社員や上司が指導役として就久野が特徴です。研修は実際の業務を通して行われ、部署ごとの業務内容や業務の流れを学びます。研修が終わるころには業務の大枠を理解し、必要なスキルもある程度習得している状態になるため、即戦力として扱うことが可能です。

研修を通じて扱っている商材についての会社のビジョンなどを共有することもできるため、業務を行う意味を把握させられるのも大きなメリットといえるでしょう。ただし、実務を通じた研修だからといって研修の目的設定や具体的なカリキュラムの作成を怠ると、必要なスキルが身につかない可能性があるので注意が必要です。

OFF-JT研修

OFF-JT(Off the job Training)研修は職業外研修のことを指し、外部の研修機関で行う研修を意味します。具体的な業務を学ぶことが多いOJT研修に対し、OFF-JT研修では特定の役職や職種で必要になるスキルを広義的に学ぶことが多いです。汎用性が高いスキルが身につくため、社員をどのような企業でも活躍できるような人材にレベルアップさせることができます。

人材の中長期的な成長を促すことができる研修ですが、個々が習得したスキルを実際の業務に直接結びつけようとしない限り、研修内容を活用することなく忘れてしまうリスクがあるのがデメリットです。OFF-JT研修を実施した後は定期的にアフターフォロー研修などを行い、研修が無駄にならないようにすることが重要になります。

オンライン研修なら効率的な研修が可能

オンライン研修は、ネット上の学習管理システム(LMS)や動画、テレビ電話などを使用し、ネット上で行われる研修になります。OJT、OFFJT問わず、研修を行う際には人件費や会場費といったリソースが必要です。また、実地に受講生を集めて行うため、時間が制限されるという懸念もあります。

オンライン研修は研修がパソコン内で完結するため、会場費や人件費を削減することができる他、時間を選ばずに研修を行うことが可能です。また、遠方の人でも現地に集まることなく研修を受けることができるため、交通費などの経費を削減することができます。

ただし、自由度が高い分受講生の理解度や履修の有無を管理することが難しくなっているため、研修履修後に確認テストを行うなどの対策が必要です。オフラインの研修と組み合わせて上手く利用すれば、より効率的な研修を行うことができるでしょう。

 

社員研修を成功させるための3つのポイント

社員研修で期待している成果を挙げるためには、以下の3つのポイントを意識することが重要です。

  • ・研修の目的を明確に定める
  • ・研修のレベルを受講者に合わせる
  • ・研修後に効果計測を行う

上記のうち2つは研修前、1つは研修後に関係したポイントであり、研修本番の内容以上に準備や事後処理が重要になることが分かります。詳しく見ていきましょう。

研修の目的を明確に定める

まず重要になるのが、研修の目的を明確に定めることです。意識改革や技能の習得など、目的を明確化することによって、より効果的な研修を行えます。一見、一つの研修で様々なスキルを習得できた方が効率的に見えますが、研修の目的を広範囲に設定してしまうと、それぞれの研修内容が薄くなってしまい、受講者が期待通りに成長しない可能性が高いです。

研修で成果を挙げたいのであれば、1つの研修で身につけられるスキルを絞り、受講者が集中的にインプットできるようにしましょう。

研修のレベルを受講者に合わせる

研修のレベルを受講者に合わせることも、研修を成功させる上で重要です。研修のレベルが高すぎると受講者が内容についていけず、ろくに知識や技能を身に付けることができません。また、研修のレベルが低すぎと受講者のモチベーションを維持することができず、時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

研修を行う際には、受講者が目的を達成できるギリギリのレベルを吟味し、研修内容を考えることが重要になります。

研修後に効果計測を行う

研修後はテストやレポート課題などによって受講者の習熟度を把握し、効果測定を行うことが重要です。効果測定を行うことで、研修の内容が目的の達成に適しているかどうかを見極めることができます。また、研修後一定期間にわたって受講者を経過観察することで、研修の効果が業務にどの程度影響を与えているかを確認することが可能です。

効果測定をしたらしっかりとPDCAサイクルを回し、研修内容をより効果的なものに改善していきましょう。外部研修の場合は、依頼した機関にカリキュラムのカスタマイズを提案したり、依頼先を変更するなどの施策を行うことで、自社の研修をより洗練したものにしていくことができます。

 

社員研修後にフォローアップを行う重要性

社員研修の行った後に重要になるのが受講者へのフォローアップです。定期的に研修内容を振り返ることで、研修で習得した知識や技能をスキルとして定着できます。一般的には、3ヶ月と1年後にフォローアップ研修を行うことが多いです。単純な振り返りだけでなく、プレゼンやキャリアプランの作成なども行えば、研修で身に付けたスキルの有用性をより強く感じることができるでしょう。

特にフォローアップが重要になるのが新入社員です。新入社員の場合はまず業務や人間関係に慣れる必要があるため、研修の振り返りだけでなく関係構築の支援やストレスケアなどが重要になってきます。フォローアップの質によって新入社員が良いスタートを切れるかどうかが決まるので、他の研修以上にリソースを割いてフォローを行いましょう。

▼研修の設計に関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】研修スケジュールの作り方 | テンプレートやポイントまで詳しくご紹介

 

社員研修ならSchooの企業向けパッケージがおすすめ

前述したように、オンライン研修は研修の効率化やコスト削減をする上で非常に有用です。しかし、いざオンライン研修を導入しようと思っても、どの企業に依頼すれば良いか分からないという人も多いでしょう。Schooビジネスプランでは、オンラインで学べる企業向け研修パッケージが多数用意しています。

階層別、職種別研修の充実したラインナップに加え、テーマ別研修にはOJT研修を行う指導員のための研修や、ロジカルシンキングについて学べる研修など、あるとうれしい研修パッケージがそろっていおり、低コストで効果的な研修を行うことが可能です。

こちらから資料請求ができますので、研修の実施でお困りの方は是非ご連絡ください。

 

まとめ

社員研修の目的や種類、具体的な手法などについてお話ししてきました。社員研修を成功させる上で重要なのは、研修の目的を明確化し、受講者のレベルに合った内容のカリキュラムを作成することです。また、研修後の効果測定や改善を行うことで。今後より効果的な研修を行うことができます。

オンライン研修による効率化なども駆使しつつ、組織全体のレベルアップを効果的に行い、企業全体の生産性向上を目指しましょう。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
    頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • ビジネス数字の基礎
    ビジネス数字の基礎
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • 「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
    「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • 「交渉力」損しない人の習慣
    「交渉力」損しない人の習慣
  • 「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
    「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
  • 「時間割」で仕事の効率は劇的に上がる
    「時間割」で仕事の効率は劇的に上がる
  • 地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
    地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
  • PowerPoint入門
    PowerPoint入門
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ